« 久しぶりの鳥見(オオルリ・エゾビタキなど) | トップページ | ニコンV3試し撮りシリーズ最終章ー2 »

2014年10月15日 (水)

ニコンV3試し撮りシリーズ最終章の1

ニコンV3の試し撮りを何回かに分けて載せてきましたが、いよいよ最終章です。

 

先日、次男坊宅へ寄ったついでに、その近くの公園にニコンV3を持ち込んでみた。

もちろんレンズは、1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6(35ミリ換算:約190~810mm)

幸い公園の池にはゴイサギ(五位鷺)が居るので、いいモデルになってくれた。

この日は初秋にも拘らず、汗ばむような陽気で、午後の日差しがきつい!

まずは、ゴイサギの幼鳥ホシゴイ(星五位)、今年ここで生まれた個体のようだ。

ゴイサギの幼鳥をホシゴイと呼ぶのは、文字通り星模様があるからだが、幼鳥をわざわざ別名で呼ぶのは珍しいことかもしれない。

昔人は別の種類と思ったのだろうか??

そのゴイサギが池の畔で、のんびり休憩中?

1090_r

今回も、すべて焦点距離:300mm(35ミリ換算:810mm)の手持ち撮影。

この池の真ん中にある小さな島には、カワウもたくさんいて、樹の葉は糞で真っ白!!

その内の1本の葉影にいるホシゴイを狙ってみる。

かなり暗いが、シングルポイントで、AFは迷うことが無く合焦。

ただ、この日、遠くの枝の陰にいたカワセミを狙ってみたが、小さな対象物ではAFが迷うことがあり、小さな対象物の場合、周辺に引っ張られることが多いようだ。

(ISO:160 f:5.6 SS:1/60 補正:+1.7)

1108_r

池をまわりこんでみると、成鳥が1羽いた。この日は暑いので、身体を冷やしてる???

1242_r

暫くすると、完全に水浴状態だが、水浴びをする様子はない。ただただじっと水に浸かってるだけ!!

1263_r

少し離れたところに、別の成鳥が居て、ジッと水面を眺めてるかと思うと・・・・・

1302_r

こちらの方に、そろそろ歩み寄ってくる。エサの小魚でも探してるのか。

ゴイサギは、サギの中では一番、胴長短足かもしれない。その姿ゆえ、なんとも愛嬌があるように思う。

このような動きが少ない対象は、実に小気味よく撮れるので、機材が軽い分、得をしたような気分になる。

1304_r

この2羽が飛び去った方へ、追いかけて見ると・・・・・・・・何と、そこにはゴイサギの集団がいた。数えて見ると10羽近くいる。

この池ではゴイサギ2家族が暮らしてるのか???

1351_r

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・次回へ続く!!

 

*今回は、コメント欄を閉じてます。

ポチッとよろしく!

|

« 久しぶりの鳥見(オオルリ・エゾビタキなど) | トップページ | ニコンV3試し撮りシリーズ最終章ー2 »

機材」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/57677010

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンV3試し撮りシリーズ最終章の1:

« 久しぶりの鳥見(オオルリ・エゾビタキなど) | トップページ | ニコンV3試し撮りシリーズ最終章ー2 »