« サギの仲間が勢ぞろい | トップページ | アオスジアゲハ2014 »

2014年9月16日 (火)

初秋のヒマワリ(向日葵)

久しぶりに、デジイチだけで、I沼をぶらぶら歩いて一周してみる事にします。

水位はだいぶ下がってきたというものの、まだ大きな潟が出来るほどではなく、シギチの到来には少し時間がかかりそうです。

道の傍らの畑には、今年は背の低いひまわりがたくさん植えられて、ちょうど今が見頃です。

散歩カメラにと、サブで持参してたニコンV3で撮ってみます。

0659_r

背が低い為、しゃがみ込まなければ青空を入れることが出来ません。

花も小ぶりですが、やっぱり、ひまわりには青空が一番お似合いです。

0671_r

ちょっと近づいて・・・・・

0672_r

花の中に何か見えますね。分かりますか????保護色????

0667_r

花粉にまみれて黄色くなったミツバチが1匹いるのが分かりますか。

今度は、さらに大きく、ヒマワリの中心を・・・・・幾何学模様で奇麗です。

0674_r

今度は、鳥撮り用のレンズで撮ってみると・・・・・・・(7D+456)

同じヒマワリですが、雰囲気が違ってきます。(こちらは少しハイキー調に)

8191_r

たまにはこんな長いレンズで撮ってみるのもいいですね。

8204_r

ここのヒマワリは、勝手に刈り取って、持ち帰りが出来るんですよ。

8207_r

通りかかりの車が立ち寄って、写真を撮ったり、花を採ったり。

畑の一角にある小さなひまわり畑でした。


ポチッとよろしく!

|

« サギの仲間が勢ぞろい | トップページ | アオスジアゲハ2014 »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 
わぁ きれい!! みんな元気いっぱい、花盛りですね。
小振りの花でも、ヒマワリにはやっぱり青空がお似合いですね♪
ヒマワリの種の部分の並びも、なんて美しいのでしょう。
なんでもフィボナッチ数列というのに則って並んでいるのだそうですね。
(ただし大きな花になるほど途中から崩れるようですが)
この数列は自然界のたくさんの形において見られる法則で、
黄金比(いちばん美しいと感じる比率)といわれるものと
ほぼイコールなんだとか。
そういう比率を美しいと感じる人間も、やはり自然の一部ってこと
なんでしょうね。
 
後半3枚の、ハイキー気味の長いレンズ(←望遠ということ?)での
お写真の柔らかい雰囲気もだいすきです~
 

投稿: ポージィ | 2014年9月16日 (火) 16時25分

真ん中が茶色になるフツーのヒマワリとはちょっと違うのですね。
幾何学模様が何ともきれいです。みごとですね。
うちのフツーのヒマワリは葉っぱを虫にやられて惨めです!

投稿: tidori | 2014年9月16日 (火) 18時21分

こんばんは~

 ひまわりと青い空、ここだけ夏ですねhappy01
きれいなお写真ですgood
確かの青い空を背景にすると、一段ときれいですね!

ミツバチだあ~ほんと保護色です^^。
ひまわりの中心てこんな模様なんですね。
よく見たことがなかったので、きれい~
持ち帰りOKなんていいなhappy01

投稿: みい | 2014年9月16日 (火) 18時42分

へ~!秋のひまわり❀ですか~?
知らなかった~!
夏のひまわりと違って なんだか涼しげに見えますね~1
ロングで撮られたのが特に秋の風情が………!
ハイキー調だからですかね~~!
とに角 ステキ~shine

投稿: りり | 2014年9月16日 (火) 19時36分

こんばんは。
ヒマワリには青空が一番ですね。
それにしてもソングバード様が撮られると同じヒマワリも、
違った雰囲気になるんですね。
ただただ凄いと思いながら拝見してます。

投稿: nampoo | 2014年9月16日 (火) 20時28分

(* ̄ー ̄*)いいなぁ~・・いいなぁ~・・
本物よりも迫って来てる感じです。
とってもうっとりの世界を感じました。(*^_^*)

*今夜は夢の世界でひまわり姫になってみようかなぁ~(笑)sweat01

投稿: こころぐ郁美です | 2014年9月16日 (火) 20時33分

ソングさん こんばんは^^
難しい・・ヒマワリの花もソングさんに かかれば・・
こんなに素敵に見えるのですねー!
流石です!撮り方の勉強に なりました^^
ロングのレンズの方が ボケが背景が綺麗にボケテ・・
こんな優しい感じ・・柔らかい感じ 大好きです(*^^*)
やはり・・お上手ですね・・・

投稿: ミント | 2014年9月16日 (火) 20時56分

>ポージィさん
おはようございます。
ひまわりの幾何学模様、やっぱり、ある法則の元に並んでるんですね。
自然界には、こんな現象が良く見られますが、不思議な世界です。
長いレンズ(望遠)で撮ると、周辺が大きくボケるので、ちょっと違う雰囲気の写真になります。
機会があれば試してみて下さい。(コンデジでも、焦点距離を最大にして)


>tidoriさん
おはようございます。
最近はヒマワリもいろんな種類があるようですね。
真ん中が射色で大きなひまわりとは見かけもだいぶ違うようです。
葉っぱが無視にやられて残念でしたね。
来年は、こんな小ぶりのヒマワリはいかがですか!


>みいさん
おはようございます。
青空とひまわり、やっぱり一番似合うと思います。
ミツバチも、花粉まみれになってますが、ひまわりの受粉には大切な役目を果たしてるんですね。
ひまわりの真ん中だけ撮ることはないと思いますが、よく見ると奇麗な模様になってるんですよ。
ここの畑、何本刈り取ってもOKだそうで、ワンニャンにもお送りしましょうかね。(笑)

投稿: ソングバード | 2014年9月17日 (水) 06時27分

>りりさん
おはようございます。
だいぶ秋らしくなってきましたね。
私も、この時期のヒマワリを見るのは初めてなのですが、この種類は時期が遅いのかも知れません。
長玉で撮ると、ボケが効いて面白い写真になりますね。
最近はたまにこんな写真も撮ってます。


>nampooさん
おはようございます。
小ぶりのヒマワリですが、やっぱり青空がお似合いです。
写真もいろんな撮り方を試すようにしてますが、今回はたまたま鳥撮りの合間に撮ってみました。
今度一度試してみて下さい。

投稿: ソングバード | 2014年9月17日 (水) 06時34分

>こころぐ郁美さん
おはようございます。
天高く、馬・・・・・・・秋!
四万十のヒマワリに比べたら、比較にもなりませんが、畑の小さな一角に咲いてる小さなひまわりを撮ってみました。
郁美さんのヒマワリ姫・・・・・・想像してみましたよ~!!happy01
アナ姫みたい??


>ミントさん
おはようございます。
ミントさんに褒められるとは・・・・嬉しいです。
こんなお花畑には長玉も面白いですね。
やっぱり、ボケが効いて、雰囲気が違って見えます。
ここの沼にも、やっとシギチがき始めましたよ。
珍客が入ってくれるといいのですが・・・・

投稿: ソングバード | 2014年9月17日 (水) 06時44分

かつては真夏の風物詩でしたヒマワリ。
今では秋ごろまで咲いているところもあり、それに花の形状も様々で昔のような背の高さぐらいある花は少なくなってきましたね。
当地方でも10月に咲くヒマワリ畑があり、其処へノビタキがやってくるので昨年も随分通いました。
今年も出掛けてみるつもりです。

投稿: C.walker | 2014年9月17日 (水) 16時24分

青空に元気いっぱいのヒマワリ、見ているだけで力が湧いてきそうです。
超アップの幾何学模様も面白いですが、鳥用で撮った動きのある写真も良いですね。
ミツバチは花の中にすっかり溶け込んでいますね。
この写真を見ていると夏真っ盛りかな?と錯覚しそうですが、朝晩はめっきり涼しくなりましたね。

投稿: mio | 2014年9月17日 (水) 17時09分

ヒマワリ…なんとも明るいです。
元気が出る花です。
ほんとよく見ると素敵な幾何学模様をしていますね。
持ち帰りOKとは…ビックリしました。

投稿: noharatugumi | 2014年9月17日 (水) 23時16分

>country walkerさん
おはようございます。
ひまわりも、いろいろ品種改良されたものが出回ってるようですね。
ひまわりとノビタキ、私もまだ一度も撮った事が無いですが、撮りたいですね。
そろそろノビタキも来てるようですし・・・・


>mioさん
おはようございます。
だいぶ秋らしくなってきましたね。
こんな時期のヒマワリですが、やっぱり真夏の方がお似合いかもしれません。
ミツバチは、花粉にまみれて、そろそろ冬の準備をし始めてるのかも知れませんネ。


>noharatugumiさん
おはよございます。
ここのヒマワリは、毎年持ち帰りOKなんですよ。
観光目的でもなく、土壌改良のために植えてるのでしょうか。
周辺の畑でも何ヶ所か見る事が出来ます。
この沼では、シギチがだいぶ増えましたよ。

投稿: ソングバード | 2014年9月18日 (木) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/57383821

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋のヒマワリ(向日葵):

« サギの仲間が勢ぞろい | トップページ | アオスジアゲハ2014 »