« 再び登場!コアジサシ | トップページ | カイツブリの子育て日記2014 »

2014年8月15日 (金)

真夏の公園散歩

真夏の日差しが射す、公園へ、ホウジャクを見つけに出かけてみますが、肝心のホウジャクの姿は見えず。

ただただ強い日差しがジリジリ射して、汗が噴き出してきます。

それでも、せっかく来たからにはと、花に集まる虫たちを適当に撮って帰ることに・・・・・

まず見つけたのが、アカスジカメムシ

黒地に赤い縦線が入って、なかなかお洒落なカメムシ。

このアカスジカメムシの鳴き声が収録されてるサイトを見つけました。まさかカメムシが鳴く???興味のある方は、この記事の最後に載せておきますので聞いてみて下さい。

7069_r

ところで、カメムシの仲間って何種類くらいいるのでしょうか?

カメムシの事には全く無知だったので、暇に任せて調べてみました。

普段、私たちが総称してカメムシと呼んでる仲間は、日本には1150種ほどいるようで、その数は研究が進むにつれてさらに増えてるようですから驚きです。

カメムシは、その名前の通り、亀の甲羅のような形をしていますが、頭は先端が尖った三角形、前胸は左右に張り、羽根に覆われた胴体は後ろすぼみになっているので、全体はおおよそ五角形の底を引き伸ばしたような形になっています。

一部の地域ではヘッピリ、またはクサンボと呼ばれているようです。

またカメムシの仲間は、臭いことでも有名ですが、このにおいは、敵の攻撃など、外部からの刺激を受けると発せられ、、捕食者に対しての防御であると考えられています。

この悪臭、自身にとっても有害だそうで、瓶の中にカメムシを入れ、つついて臭いを出させたあと、蓋を閉めておくと、死んでしまうことがあるそうですよ。

害虫として、昔から馴染みが深く、各地でいろいろな方言で呼ばれてきたそうです。

ワクサ・ワックサ(群馬県・埼玉県北部)、ヘコキムシ・ヘッピリムシ(多くの地方)、クセンコ(クセンコムシとも・青森県)、アネコムシ・ヘメコムシ・ヒメコムシ・ドンベムシ(秋田県南部山間部など)、ヘタガニ又はヘチガネ・ジョロピン、(新潟県の一部)、ヘクサクンまたはトモコチャン(長野県南部)、ヘクサンボ(富山県の一部)、ヘクサムシまたはヘクソムシ(山形県?福島県)、ガメ(岐阜県の一部)、マナゴ(和歌山県)、ジョンソン・ジョロムシ・オヒメサマ(兵庫県日本海側の一部)、ヒメムシ・ヨメサンムシ(京都府丹後地方)、ガイザ・ガイダ・カイダ(ムシ)(兵庫県?岡山県の山間部)、ホウムシ(島根県西部)、ハットウジまたはハトウジ(岡山県?広島県の山間部)、ホウジ(山口県)、ジャクジ・ジャクゼン・ブイブイ(愛媛県)、フウ(九州地方)などがある。特に今日九州で用いられている「フウ」あるいは「フウムシ」は、カメムシを指す古語のひとつの系譜を引いているとも言われており、ホオズキの語源ともされています。(以上、ウィキペディアなどより)

ちなみに、私が育った大坂ではヘコキムシ???

次の写真は、ブチヒゲカメムシ?

触角が白と黒のブチ模様だから付けられた名前でしょうか。

7084_r

ヒメアカタテハもいました。

7109_r

ホウジャクの代わりに、辺りをブンブン音をたてながら飛んでいたのは、このクマバチ。(クマンバチとも呼ばれます。)

体が大きく、大きな羽音がするために、恐ろしそうですが、性質はきわめて温厚で、花が大好きで、近づいても人間にはほとんど関心を示しません。

オスには針が無いため刺すことはなく、毒針を持つのはメスのみであり、個体を脅かしたりすると刺すことがありますが、たとえ刺されても重症に至ることは少ないです。

7046_r

普段見慣れたモンキチョウですが、やっぱり小さな花にはお似合いです。

7091_r

公園の中には、アメリカフヨウも、大きな花を咲かせています。

7147_r

アメリカフヨウの近くには、こんな花も・・・・・・なんだか分かりますか??

タイタンビカス、初めて見たのですが、花の横に解説がありました。

アメリカフヨウとモミジアオイの交配だそうです。

もう少し調べて見ると・・・・・・・・赤塚植物園が開発したそうで、ブライトレッド、ピーチホワイト、ピンクの三色が発売されています。

7150_r

フウセンカズラも咲いてます。(ピンずれですがご容赦を・・・)

7142_r

もちろん実もありましたよ。

7143_r

さて、この花は???

ムラサキバレンギク(紫馬簾菊)でしょうか??間違ってるかも??

中央の筒状花が印象的です。

7081_r
*上に書いた、アカスジカメムシの鳴き声を聞きたい方は、下記サイトをクリックしてくださいね。どんな鳴き声が聞こえるか???

http://www1.nhk.or.jp/creative/material/03/D0002031433_00000.html

ポチッとよろしく!

|

« 再び登場!コアジサシ | トップページ | カイツブリの子育て日記2014 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

カメムシが鳴くとは・・・・
私のPCディスプレーにはスピーカーが無いので聞けませんが、後から家内のノートで聞いてみます。
フヨウとアオイの区別が分らず、毎年調べては納得、次の年にはまた忘れて調べ直す・・・この繰り返しなのでタイタンビカスとくれば頭が混乱してしまいそうです(笑)
一般的なカメムシ、当地方ではヘコキムシ・ヘッピリムシです。

投稿: country walker | 2014年8月15日 (金) 09時37分

こんにちは~
 カメムシの鳴き声聞きました~
初めて聞いたけれど、面白いなあ~
ちなみに、当地では「カメムシ」と呼びます^^。
アカスジカメムシ、おしゃれな衣装ね(笑)
今年まだカメムシ見てないです。
ここで見られてよかったです^^。
花と蝶はにあいますね!
芙蓉は、ご近所さんに咲いて楽しませてくれています。
花たちには、いつも癒されますねhappy01

投稿: みい | 2014年8月15日 (金) 15時11分

カメムシも奥が深そうだなとは思ってはいたのですが…
千種類もいるんですか。識別が大変ですね。
虫たちはやはり花にいるのが一番良い構図になりますね。

投稿: noharatugumi | 2014年8月15日 (金) 20時01分

カメムシの種類、ずいぶん多いんですね~、しかも鳴くとはビックリです。
鳴き声も種類によって違うのかしら、ちょっと気になりますね。
そう言えば何年か前に緑色の綺麗なカメムシを見ましたよ(^^♪。
タイタンビカス、説明が無ければハイビスカスのようにもフヨウのようにも見えますね。

投稿: mio | 2014年8月15日 (金) 20時50分

こんばんは。
アカスジカメムシなかなか洒落ていますね。
昆虫は好きですからよく図鑑を眺めますがカメムシはおしゃれな模様が多いですね。
しかし、このアカスジ君も実物を見たことがありません。
確かに臭い虫ではありますが。
フウセンカズラの花かわいらしいですねえ。

投稿: nampoo | 2014年8月15日 (金) 21時09分

>country walkerさん
おはようございます。
カメムシの鳴き声、私も初めて知ったんですよ。
カメムシの知識は皆無だったのですが、調べてみて初めて、案外身近な虫だったのがよく分かりました。
タイタンビカスも、もちろん初めて見た花ですが、まさにハイビカスですよね。


>みいさん
カメムシの声、聞こえましたかぁ~!
カメムシは害虫として、嫌われてるようですが、模様が綺麗ので、撮ってみました。
蝶にはやっぱり花がお似合いですね。
フヨウの花に来てくれればいいのですが・・・・・
フヨウの種類もたくさんあるようで、毎年悩んでしまいます。


>noharatugumiさん
おはようございます。
カメムシの研究する人が少ないらしく、いまだに新種が発見されるようですよ。
私も今回初めて、カメムシの事を調べてみたのですが、なかなか面白そうな虫ですね。
今度見つけたら、積極的に撮ってみたいと思います。

投稿: ソングバード | 2014年8月16日 (土) 05時52分

>mioさん
おはようございます。
カメムシの鳴き比べでもしたら面白いかもしれませんね。(笑)
緑色のカメムシはクサカメムシだと思いますが、一番ポピュラーな種類ですね。
カメムシの中には、ハデハデの色を持った者が多いらしく、これから機会があれば、もっと撮ってみたいです。
mioさんも、タイタンビカスは初めてでしたか。


>nampooさん
おはようございます。
カメムシの事は、今回初めて、いろいろ調べてみました。
なかなか面白そうな虫ですね。
鮮やかな色をした種類も多く、写真の対象としては面白そうです。
フウセンカズラの花を見たのも初めてなんですよ。

投稿: ソングバード | 2014年8月16日 (土) 06時00分

おはようございます。

何とかPCを使う事ができましたがまだ前と違うので少しずつやっていきます。
真夏の暑い公園の中、散策お疲れさまでした。
目を凝らして見ていると意外と変わった昆虫類に出会う事もあるんですよね・・・
カメムシも2種類も見つけて蝶やクマバチも写真に収めると絵になります。
フウセンカズラは庭の隅に植わっていたのですが知らないうちに今はなくなっています。
タイタンビカスは説明を読むまでフヨウの仲間と思っていました。

投稿: ひこ | 2014年8月16日 (土) 10時21分

>ひこさん
おはようございます。
PCの調子、一度ご機嫌を損ねると、なかなか元通りになってくれませんね。
公園では、いろんな面白いものに出会うことが出来ますよ。
目的のホウジャクは見つけることが出来ませんでしたが、他の虫と遊んできました。
タイタンビカスは、初めて見たのですが、解説板が無かったら、フヨウと思って見過ごしていたでしょうね。

投稿: ソングバード | 2014年8月17日 (日) 06時29分

いろいろな虫や花、どれも素敵ですね。アカスジカメムシの赤い色が一段ときれいですね。花もこんな風に撮るといいんですね。勉強になります。ちなみに、花はマクロレンズを使うのですか。

投稿: ヨッシー | 2014年8月17日 (日) 19時06分

まさか、あの、カメムシが、鳴く?まさか。
な!鳴いた!!鳴いてる!!
音量めいっぱい大きくして、何度も聞いちゃいました^^
もぉ、ただただ、驚きでした!

投稿: 音函 | 2014年8月17日 (日) 20時49分

>ヨッシーさん
おはようございます。
この日はホウジャクを撮りに行ってみたのですが、目的を果たせず、やむなくカメムシなど・・・・
この日使用のレンズが、100ミリマクロです。
花にはやっぱりマクロが良いですね。


>音函さん
おはようございます。
カメムシが鳴くなんて・・・・・誰も思わないですよね。
私も、ビックリしました。
さすが、NHKさん、すごい所に目を付けますね。

投稿: ソングバード | 2014年8月18日 (月) 05時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/56963291

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の公園散歩:

« 再び登場!コアジサシ | トップページ | カイツブリの子育て日記2014 »