« オオタカの巣立ち | トップページ | ニコン1 V3が届く(シリーズ1) »

2014年8月27日 (水)

カイツブリ1号にも赤ちゃん誕生

暫くの間は、在庫からの投稿になりそうです。

7月29日の観察から少し日が経ってしましましたが、月が替わった8月5日、久しぶりに、カイツブリの様子を見に行ってみます。

すると・・・・・・

1号の巣では、可愛い赤ちゃんが誕生してます。

7653_r

3羽の雛が元気に動き回っていますが、巣の中には卵がまだ一つ残ってます。

無精卵なのか???それとも少し遅れて孵るのか???

親はまだあきらめず、残った卵を温めてるようです。

7686_r

一方、先に巣立ちをした2号の雛たちは、ガマの草むらの中で声がするだけで、姿は見えません。

3号の巣では、卵が5つ見えます。

7631_r

巣の周りでは、親が巣の補強に専念。

7679_r

4号の巣も変わりなく、まだ赤ちゃんの誕生は最後になりそうです。

7627_r

今日のおまけは、池に住むアメンボ。

たまたまカイツブリを撮ってる時、足元にいたので、面白半分で撮った写真です。

体が小さい雄が、雌の上に乗っかってます。

アメンボ・・・・・・・・・・・昔からお馴染みですが、今まで特に関心が無く、なんとなく見過ごしてきた昆虫。

今回初めて、このアメンボの事を調べてみました。

7518_r

アメンボ(水黽、水馬、飴坊)

実は、このアメンボ、カメムシの仲間だとか・・・・・

先日、ここでもカメムシの事を書いたのですが、実に奇遇ですね。

世界中に約500種ほどいて、日本では、22から26種類ほどいるそうですから驚きです。

最も多く見られるのが、アメンボ(ナミアメンボ)とヒメアメンボ。

ここに写ってるのはナミアメンボでしょうか??

7526_r

翅や口吻など体の基本的な構造はカメムシ類と同じで、カメムシ類と同じように、体に臭腺を持っており、捕えると匂いを放つようです。

「アメンボ」という呼称も、この匂いが飴のようだと捉えられたことに由来するそうです。

水の表面張力を利用して水面上に立ち、自由に移動しますが、石鹸などの界面活性剤が水に含まれて表面張力が弱まると、アメンボは浮くことができず、溺れ死んでしまうのは、水鳥が同じような状態で沈んでしまうのと、よく似てますね。

こんなアメンボ、池などで見かけたら、ちょっと思い出してください。

ポチッとよろしく!

|

« オオタカの巣立ち | トップページ | ニコン1 V3が届く(シリーズ1) »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 
カイツブリさんたちの子育てはなかなか順調のようですね。
けれど、1号巣に残っている卵がちょっと気になります。
オオタカの巣で遅れて誕生した子が育たなかったと拝見したばかりだけに。
せっせと巣を修繕しながら、雛のお世話もがんばる親鳥たちの
かいがいしさには、ほんとホンワカします。
 
アメンボって、よく見かけますが、ちゃんと観察したことはありません。
そんなに多くの種類がいるんですね。カメムシの仲間でニオイも出すとのこと。
でも、飴のようなニオイならカメムシにニオイを出された時のような
不快な思いはせずにすむかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2014年8月27日 (水) 11時06分

こんばんは。
1号のカイツブリ1羽を残して無事孵ってよかったです。
もう1羽も孵るといいですね。それにしても雛たちのかわいらしいこと。
思わず頬が緩みます。
アメンボウよく見かけますが、なかなか撮らないですね。
持つと胴体は堅くて、臭いのがなかなか抜けなかったことを思い出しました。
飴のようなそんないい匂いではなかった気がします。

投稿: nampoo | 2014年8月27日 (水) 21時00分

こんばんは

 カイツブリの赤ちゃん、かわいいですね^^。
ほっこりする光景ですね。
残ってる卵、ちょっと心配・・・。
無事雛の誕生見られるといいですね。

アメンボは、池でよく見かけます。
カメムシの仲間だったんですね。
お勉強になりました。

投稿: みい | 2014年8月27日 (水) 21時23分

こんばんは。

1号の赤ちゃんが産まれて嬉しいものですね!!
私も顔をほころびながら見ました。
ヒナ達がお母さんのすぐそばにいてお母さんもヒナ達を見守っていて
微笑ましい写真です。
あと3号と4号がまだ卵を温めているのですね・・・
早く生まれて安心したいものです、、、楽しみですね!!
拝見しているほうは楽しいですがソングバードさん頑張って下さいね。

投稿: ひこ | 2014年8月27日 (水) 22時13分

>ポージィさん
おはようございます。
1号の、ひとつだけ残った卵は、結局、孵らなかったようです。
それでも、カイツブリの子育ても、この辺りまでは順調だったのですが・・・・・
アメンボを撮ったのは初めてでしたが、調べてみてビックリ!
カメムシの仲間だとは思いませんでした。
しかも、日本には20数種類もいるとは・・・・


>nampooさん
おはようございます。
今回も在庫からの投稿ですが、この子たちも、今頃は、独り立ちしてる頃でしょうね。
アメンボ、小さい時はよく網ですくって、捕っていた記憶があるのですが、
匂いの事は記憶にありません。
今度機会があれば、捕まえて、試してみますね。

投稿: ソングバード | 2014年8月28日 (木) 06時14分

>みいさん
おはようございます。
残念ながら、残った卵は孵らなかったみたいです。
無精卵だったのかもしれませんね。
カイツブリの子育て観察も、今年が2年目ですが、
見慣れたシーンでも、やっぱり雛が孵ると、ウキウキしてきますよ。
アメンボ、驚きですよね!カメムシの仲間だとは思えません。


>ひこさん
おはようございます。
この池のカイツブリの子育て、あちこちに巣があるので、昨年ほどの鳥撮りさんたちのにぎわいはありません。
その分、日陰で、のんびり観察できるんですよ。
時間つぶしには最高!!(笑)
後ほど、載せる予定ですが、3・4号に悲劇が・・・・

投稿: ソングバード | 2014年8月28日 (木) 06時22分

アメンボがカメムシの仲間とは。
これは全く知らなかったことです。
水の表面張力を利用して水面上をスイスイと移動することはおぼろげながらも想像しておりましたが水鳥も結果的には表面張力を利用しているわけですね。

投稿: country walker | 2014年8月28日 (木) 08時58分

こんばんは^^
カイツブリさんの卵・・気になりますね・・
自分が親だったら・・いつまでも暖めて・・孵るのを待ちます!
可愛い雛の誕生・・楽しみですね!しかし・・毎年、カイツブリ
さんの巣を見つけるの 上手ですよね!素晴らしい!
巣の修復作業・・そして子育て・・おんぶして可愛いですよね♪
アメンボは見た事は ありますが・・よく浮いていられるなぁ・・って
カメムシとは・・驚きです!

投稿: ミント | 2014年8月28日 (木) 20時15分

>country walkerさん
おはようございます。
アメンボ、案外知ってるようで、知らないことが多いですね。
水鳥が、水の中でも平気なのも、羽に特殊能力があるんですよ。
羽づくろいとも大いに関係があります。
洗剤を溶かした水槽では浮かぶことが出来ません。面白いですね。


>ミントさん
おはようございます。
残念ながら残った1個の卵は孵らなかったようです。
この池は、昨年あたりから、カイツブリの集団営巣(?)が始まりました。
「巣を見つける」というより、「巣が見える」という感じなんですよ。
アメンボは、おまけですが、調べて見ると、面白そうなので、載せてみました。

投稿: ソングバード | 2014年8月29日 (金) 06時05分

カイツブリの赤ちゃん、かわいいですね^^
巣の様子がよくわかりました。
貴重なお写真をありがとうございます。
アメンボ、撮ろうと思うと、すぐに動いてしまって、
まったくまともな写真は撮れませんでした(T T)

投稿: 音函 | 2014年8月31日 (日) 22時15分

>音函さん
おはようございます。
大分涼しくなりましたね。
このカイツブリのシリーズも次回まで。

アメンボは近づくとすぐに逃げてしまいますね。
望遠でないと難しいかもしれませんが、いろいろ試してみて下さい。
きっとうまく撮れますよ!

投稿: ソングバード | 2014年9月 1日 (月) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/57112396

この記事へのトラックバック一覧です: カイツブリ1号にも赤ちゃん誕生:

« オオタカの巣立ち | トップページ | ニコン1 V3が届く(シリーズ1) »