« 久しぶりのプチ遠征 | トップページ | タンポポの旅立ち »

2014年5月13日 (火)

サンショウクイ(山椒喰)2014

プチ遠征の第2弾です。

今回取り上げるのはサンショウクイ(山椒喰)

「山椒はピリリと辛い!」    ピリリ!ピリリ!と鳴きながら飛ぶサンショウクイ。

・・・・・・・・・・・・かといって山椒の実を食べるわけではありません。

この山では、サンショウクイの出会うことが多く、あちこちで、あの独特な鳴き声を聞くことが出来ます。

3376_r

特に、雄のツートンカラーは目立ちます。

サンショウクイ、普段は比較的高い所を飛ぶことが多く、数年前に初めてサンショウクイを撮った時は感動ものでしたが、その後、どういう訳か、相性が良くて、毎年撮っています。

3421_r

サンショウクイの事は2011年に詳しく書いてるのですが、今回は、江副 水城著「鳥名源」より引用したものを少し記しておきます。

中国には「山椒鳥」という名の数種の鳥が棲息していて、いずれも美しい色彩の鳥です。

その中で、日本のサンショウクイに相当する鳥は、最も地味な色彩なので、「灰山椒鳥」と書かれます。

漢語の「山椒」の意味は・・・・山(シャン)は善(シャン)に通じていて、「素晴らしい」という意味で、椒(チャオ)は姣(コウ)に通じていて「美しい」という意味になっています。

すなわち、山椒鳥とは善姣鳥であり、直訳すると「素晴らしい、美しい鳥」という意味になります。

3371_r

日本語では、サンショウクイのサンとは、一音節読みした時の嗓(サン)の事で、「声」の事を意味し、ショウとは韶(シャオ)のことで、「音や声が美しい」という意味です。

クは咕(ク)と書き、「鳴く、囀る」ことを意味し、イは異(イ)の事で、「異なっている、変っている」ことを言います。

つまり、さんしょうくいとは、嗓韶咕異の訛り読みの事であり、直訳すると、「声が美しくて、囀りが異なっている(鳥)」という意味になり、これがこの鳥の語源です。

3354_r

この周辺では、まだ山桜が満開で、葉桜状態の桜の樹も残っています。

そんな葉桜にサンショウクイが・・・・・・・・・・典型的な空抜けですが、ラッキー!!!

3396_r

ここからはデジスコで撮った写真ですが、さすがにデカく撮れます。

3380_r

次の写真は今にも飛び出しそうな姿勢。デジスコではこの先、飛び出すところまでは追えません。

3394_r

枝の上で、ちょっと武者震い????

09916_r

道路わきには、ヤマツツジでしょうか、綺麗に咲いています。

8108_r

この後、カワガラス狙いで、渓谷まで降りてみますが、その姿は見る事が出来ず断念。

2011年のサンショウクイを書いた記事に興味のある方は・・・・・・こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く! 

ポチッとよろしく!

      

|

« 久しぶりのプチ遠征 | トップページ | タンポポの旅立ち »

鳥見行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
中国では見目麗しいと称えられ、日本では美声と称えられる
鳥さんなんですね。新緑や山桜とサンショウクイ。
どちらも華美ではないすっきりと美しいものどうしの共演が
とてもすてきです。
山中に自生して(?)咲くツツジたちの鮮やかさがハッと目を
引きますね。

投稿: ポージィ | 2014年5月13日 (火) 10時02分

サンショウクイの記事覚えていますよ。
でも自分はこの鳥は見たことがありません、少し高地まで行かなければ見られないのでしょうか?
カワガラスが生息する周辺となればそれ程山奥でもないような・・・
一度見てみたい野鳥のひとつです。やっぱり無理かな??

投稿: country walker | 2014年5月13日 (火) 11時01分

サンショウクイの名前の由来、おもしろいですね。
名前を付けた方はなかなかウィットに富んでいるんでしょうか(*^_^*)
きれいな鳥で思わず、「編み物の色合い」の参考にしたくなってしまいました。
山ツツジも、緑の中に見つけるとハッとして、目に飛び込んでくるようです♪

投稿: うずまき | 2014年5月13日 (火) 11時49分

お腹が真っ白で綺麗な鳥ですね。
一瞬、山椒を食べる鳥かと思いました(*^^)v
ピリリピリリと鳴くからサンショウクイなんて、名前を付けた人もユーモアがありますね。
若葉とヤマツツジ、そして山桜も咲いていて、今が一番良い時季ですよね。
オオルリの綺麗な声も聴かせていただきました(^^♪。

投稿: mio | 2014年5月13日 (火) 18時06分

サンショウクイ、初めて見ました。遠征して、毎年のように出会えるなんてさすがソングバードさん!いろいろな場面での写真もいつもながら素敵ですね。

投稿: ヨッシー | 2014年5月13日 (火) 18時45分

happy01こんばんは~

 サンショウクイ、スマートな感じの鳥ですね。
ぴりり!と鳴くんですか?聴いてみたいな。
名前の由来、詳しく解説ありがとうございます。
山つつじきれいです。
今日も、きれいな写真に和みました

投稿: みい | 2014年5月13日 (火) 18時51分

こんばんは。
サンショウクイはツートンカラーのスマートな鳥ですねぇ。
こんな鳥に出会ったら感動するでしょうねえ。
桜の木に止まった写真なんて最高に素敵です。

投稿: nampoo | 2014年5月13日 (火) 21時24分

こんばんは。

サンショウクイは白と黒っぽいツートンカラーでとってもスッキリ
した鳥さんなんですね!!
ビりり、、ビりリと何とも辛そうな鳴き方なんですね!
聞いてみたいし見てみたいし何と言っても撮りたい鳥さんになりました。

投稿: ひこ | 2014年5月13日 (火) 23時26分

>ポージィさん
おはようございます。
名前の由来を知ってみると、やっぱり昔人の感性の豊かさを感じます。
多分、花の名前もそうでしょうね。
サンショウクイは、特に新緑の時期が一番お似合いの鳥かもしれません。
ヤマツツジ(?)は自然のものだと思います。
山のあちこちで奇麗な花を咲かせてましたよ。


>country walkerさん
おはようございます。
サンショウクイは、典型的な夏鳥ですが、キビタキやオオルリなどと同じような環境にいるようです。
深い山に入らなくても低山でも見る事が出来ますよ。
ただ、普段は比較的高い所にいるので、鳴き声で見つける方が容易いです。
見れるといいですね。


>うずまきさん
おはようございます。
サンショウクイは濃淡がはっきりしてるので、編み物のデザインには向いてるかも??
昔人はエライですね。
現代人より自然に対する感性が勝ってたのかもしれません。
ヤマツツジは、緑の中に鮮やかに生えて綺麗でしたよ。

投稿: ソングバード | 2014年5月14日 (水) 06時20分

>mioさん
おはようございます。
このサンショウクイ、もし山椒の実を食べたらどんな声を出すのでしょうね。(笑)
人間様の感覚だけで、名前を付けられて、ちょっと可愛そうな気もします。
ヤマツツジ、園芸種のツツジと違う華やかさがあります。
山中の緑の中に、ポツンポツンと咲いてるのが何とも言えません。


>ヨッシーさん
おはようございます。
サンショウクイ、やっぱり少し遠征する必要がありますが、なかなか綺麗な鳥ですよ。
キビタキのように、移動中、公園などに立ち寄ってくれるといいのですが・・・・・


>みいさん
おはようございます。
サンショウクイ、スズメより大きい体してますが、ご指摘のようにスマートな体型なんですよ。
鳴き声も独特で、すぐに分かります。
今度機会があれば動画でも撮ってみますね。
お山のツツジは、これから合見頃です。

投稿: ソングバード | 2014年5月14日 (水) 06時30分

>nampooさん
おはようございます。
サンショウクイ、特にオスはコントラストがはっきりしてて奇麗ですよ。
今回は偶然、桜の樹に止まってくれました。
たまにはこんなラッキーもあるので、止められませんね。


>ひこさん
おはようございます。
サンショウクイ、どこかで撮れるといいですね。
キビタキやオオルリなどと比べて、案外マイナーな鳥なのですが、綺麗な鳥ですよ。
ひこさんの最近の活動からすると、きっと近いうちに撮れると思いますよ。
頑張ってください。

投稿: ソングバード | 2014年5月14日 (水) 06時35分

サンショウクイ、北海道に来たら、間違いなく、珍鳥でしょうね。
見てみたいものですね~

桜とサンショウクイも、良いですね~今年は、桜とツツドリは、撮れませんでした・・・

投稿: てっちゃん | 2014年5月19日 (月) 00時17分

>てっちゃん
サンショウクイ、北海道では見れないんですね。
色や形から、北海道にはお似合いの鳥だと思うのですが・・・・・
山ではまだ桜が残ってました。
葉桜とはいえ、ちょっと珍しいでしょう。

投稿: ソングバード | 2014年5月19日 (月) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/56160449

この記事へのトラックバック一覧です: サンショウクイ(山椒喰)2014:

« 久しぶりのプチ遠征 | トップページ | タンポポの旅立ち »