« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

サクジロー・サクヒヨ・サクモズ(?)

桜と鳥のコラボ、毎年同じような写真で、目新しさはないのですが、なぜか撮る方も見る方も心がウキウキ!

春の陽気のせいでしょうか!!

今回は満開の河津桜に集まるメジロとヒヨドリです。

まずはメジロから・・・・・・

この日は快晴、青空が綺麗でした。

桜の花にはヒヨドリが再三訪れますが、メジロがなかなか来てくれません。

2659_r

暫く我慢して、他の写真を撮りながら待ってると、やっと2羽のメジロがやって来ました。

2784_r

一所懸命背伸びしながら蜜を美味しそうに・・・・・・

2795_r

2816_r

こんな恰好もお得意です。

2823_r

上空に突然現れたタカの仲間。オオタカのようですね。のんびりと春の光を楽しんでるようです。

2484_r

白いモクレンももうすぐ満開になりそうです。

7033_r

そして今度は、賑やかなヒヨドリです。

大きな体で細い枝にとまりながら器用に花の蜜を吸っています。

2532_r

河津桜には、メジロよりもヒヨドリの方が似合ってるかもしれませんね。

2606_r

こんな姿も絵になります。

2844_r

地面ではモズが一生懸命餌捕りに専念していましたが、突然桜の樹に・・・・・

それを見逃さなかったところはさすがでしょう!!(自画自賛?)

残念ながら、小さな樹で、すでに葉桜状態ですが、一応「サクモズ?」

2637_r

もう少し枝ぶりのいい樹に止まってくれればいいのに・・・・・・            

ポチッとよろしく!

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

早咲きのサクラが咲いた~!

M公園には10数本の河津桜が植えられています。

まだまだ若くて小さな樹ですが、春にはいち早く、綺麗な花を咲かせてくれて、ヒヨドリやメジロなども集まってきます。

3月19日の時点ではまだチラホラ状態。去年は3月16日には開花が始まっていましたから、4~5日遅い開花でしょうか。

開花が始まったころは、ヒヨドリなどが先を争って、蜜を吸いに来るため、5弁揃った花を見つけるのが大変です。

6831_r

次の写真の桜は???

実はこの公園には、河津桜とほぼ同じ時期に咲きだす早咲き桜があります。

桜の種類は分かりませんが、白っぽい花の桜が3本とピンク色の花の桜が1本。

6961_r

この日は曇りで、空にに溶け込んでしまいました。なんだかおしくら饅頭をしながら咲いてるようです。

6936_r

樹の幹からまっすぐ天に向かって伸びる枝にも綺麗な花が・・・・・

6959_r

足元のナズナを真上から撮ると・・・・・こんな風に見えます。

6966_r

同じ足元にはホトケノザの群生が・・・・・・まるで紫色の絨毯です。

6972_r

1輪だけ咲いていた日本タンポポ。

6923_r

サンシュユの花も満開です。

6881_r

6890_r

ここのユキヤナギは、日当たりが悪いのか、まだこんな状態です。

6869_r

このところの暖かさで、一斉に花が咲き始めて春モード全開です。

         

ポチッとよろしく!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

国営武蔵丘陵森林公園(パート2)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続き

この森林公園の「野草コース」、入り口は北と南の2か所あります。

この日は北口側の道が一部水没してるとのことで今回は南入口の方から入ることにします。

まずは北入口に咲いていたオオミスミソウ(大三角草)

オオミスミソウ(大三角草)は別名「雪割草」と呼ばれてるそうですが、初見の花です。

「雪割草」は、キンポウゲ科ミスミソウ属の園芸名だそうで、北半球に9種類の分布が知られています。

日本にはその中の1種類から分かれたミスミソウ・スハマソウ・オオミスミソウ・ケスハマソウが自生しています。

5373_r

このオオミスミソウ、自生地は新潟県を中心とする日本海側に多いそうで、雪割草の中でも最も変異の幅が広く、さまざまな色や形が楽しめ、愛好家も多いそうですから、奥が深いのでしょうね。

ここに咲いていたのはこの2種類の色の他に赤い種類もありました。

5439_r

傍らにはキクザキイチゲ(菊咲一華)も咲いています。

キクザキイチゲはキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草でキクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)とも呼ばれるそうです。

本州近畿地方以北~北海道に分布し、落葉広葉樹林の林床などに生育し、山梨県など複数の都道府県で、レッドリストの絶滅危惧種(絶滅危惧I類)や絶滅危惧II類などに指定されています。

「菊咲」は菊に似た花を咲かせるという意味で、「一華」は1輪の花を咲かせるという意味だそうです。(ウィキペディアなどより)

5366_r

野草コースの入り口付近でも、フクジュソウがたくさん咲いていました。

それらを見ながら奥に進むと、セツブンソウ(節分草)が咲いてるところに出ますが・・・・・・

時期的に遅かったのか、ほとんどの株は痛んで、見るも無残。

ただ一輪だけ、何とか見つけたものの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こんな姿です。

5395_r

ちょうど3年前、東日本大震災の日でした。小鹿野町のセツブンソウを見に行ったときの写真ですが、セツブンソウに興味のある方は・・・・・・・こちら

 

セツブンソウを諦めて、野草コースを散策してると、1輪だけですが、ザゼンソウが咲いていました。

ザゼンソウ(座禅草)は、サトイモ科ザゼンソウ属の多年草で、仏像の光背に似た形の花弁の重なりが僧侶が座禅を組む姿に見えることが、名称の由来とされています。

また、花を達磨大師の座禅する姿に見立てて、ダルマソウ(達磨草)とも呼ばれていますが、ユニークな形をした花ですね。。

5398_r

結局、野草コースをぐるっと1周してみましたが、これ以外の野草には会えませんでした。

四季折々約150種類の野草が楽しめるそうですから、別の機会に訪れることにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

梅林から中央レストランに向かうものの、レストランは定休日!!

園外へ出ないと昼食にはありつけそうにありません。

空腹を我慢しながら、昼食後見る予定だったシクラメンの原種が咲いてる「針葉樹園」へ向かいます。

幸いな事に、中央口からすぐの所で、助かりました。

5441_r

原種のシクラメンは、人の改良の手が加えられていない野生のシクラメンのことです。

クリスマスの時期に華やかに大きな花を咲かせるシクラメンに対し、原種シクラメンは小柄で可愛らしいのが一番の魅力。

5449_r

原種シクラメンは約20種が知られる球根植物だそうですが、原種とは品種改良されていない野生種を指します。

最近はガーデニングブームで、野趣の富む「原種シクラメン」にも注目が集まり、園芸種の原種のほか、別の種に属する野生種が一部の収集家によって栽培されることが多くなったそうです。

5452_r

それにしても可愛いシクラメンです。

5453_r

原種シクラメンを堪能して、中央口に戻ろうと「山田大沼」を覗いてみると・・・・・・・・・こんな光景が・・・・・

白樺の林???????

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ではありません。

6824_r

少し引いてみると・・・・・・・・・・・・カワウがいっぱい。

実はこの辺りにはカワウがコロニーをつくっていて、その糞で木々は真っ白で枯れてしまってます。

6825_r

以前はサギ山などでよくこんな光景が見られたのですが、最近カワウのこんな被害があちこちで起こってるようです。

具体的な対策もなく、今は放置されていますが、困ったものですね。      

   

ポチッとよろしく!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

国営武蔵丘陵森林公園を歩く(パート1)

3月18日、朝からポカポカ陽気で、久しぶりに「武蔵丘陵森林公園」に出かけてみます。

中央口に着いたのはちょうど開園時間の午前9時半。

今回は野草コースに咲くセツブンソウや梅が目的で、開園直後で人一人いない林をのんびり歩きます。

あちこちでウグイスのさえずりが聞こえ、いよいよ春本番ですね。

相変わらずガビチョウの賑やかな声に混じって頭の上をエナガの群れが通り過ぎていきます。

中央口からおよそ15分ほどで「野草コース北口」付近に到着します。

その付近から見える「あざみくぼ沼」です。

5355_r

今回歩いたコースは、「中央口」ー「野草コース」-「梅林」ー「針葉樹園」ー「中央口」なのですが、パート1では、「梅林」の様子を先に載せたいと思います。(野草コースは次回載せる予定です。)

野草コース北口地点からさらにゆっくり歩いて15分ほどで「梅林」に到着。

さすがにアップダウンがある道を歩くと息が切れます。

梅の花はすでにピークを過ぎてると思っていたのですが、まだまだ十分に楽しめる状態で、感謝感激!!

紅白の梅の樹に混じって黄色いサンシュユの花も満開で、梅の花に溶け込んで綺麗でした。

6822_r

今回この時期にここを訪れたのは初めてですが、想像してた以上に広くて、白梅や紅梅など120品種600本の梅の木がバランスよく配されて、甘い梅の香りが漂っています。

6789_r

もちろん枝垂れ梅系も満開。

6796_r

紅と白の梅の花に混じってピンク色の花のコントラストも綺麗です。

6804_r

穏やかな光の中で、ピンク色が引き立ちます。

5401_r

青空に映えて・・・・・・・・・・・・・・・・園内にはジョウビタキが飛び回ってますが、さすがに今日のレンズでは・・・・・・・・

6797_r

今回使用したマクロレンズはタムロンの180ミリマクロ、柔らかい雰囲気を出してくれるので好きなレンズの一つです。

5403_r

5427_r

どこか高台から見下ろすことが出来れば、この梅園の美しさが表現できると思うのですが、見渡したところ、見下ろす場所がありません。(事前に調べておけばあったかもしれませんが・・・・)

6821_r

梅林の一角には黄色い水仙がいっぱい咲いてます。

5419_r

そして足元にはクロッカスフクジュソウがいっぱい。

5434_r

5435_r

5386_r

この梅林で、予想以上に時間をとった為、気が付くと、正午を過ぎてました。

南口まで出て、園内バスで中央口へ出るつもりだったのですが、園内バスの時間に間に合わず、仕方なく、来た道を戻って中央レストランまで再び歩くことに・・・・・・・・

久しぶりのウォーキングに疲れましたが、途中バードウォッチングしながらのんびりと歩きます。

さすがにルリビタキなどは見れませんでしたが、ジョウビタキ・ヒヨドリ・ツグミ・アオジ・ホオジロ・エナガ・ウグイス・ガビチョウ・メジロ・シジュウカラなどがいました。

そして、やっとたどり着いた中央レストラン。

ドアを開けて中に入ると、人っ子一人いません。今日は休み????

事前に調べておけばよかったのですが、まさか定休日だとは・・・・・・・・・crying 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く。          

ポチッとよろしく!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

掲載忘れの記事(ホオジロガモあ・ら・か・る・と)

ココログの記事一覧の中に、1月に掲載しようとして書いた記事が、忘れ去られたまま、残ってました。

その頃はいくつかの記事をまとめて書いていたので、投稿しないまま忘れてしまったようです。

暇な時にまとめて記事を書くことがあるので、時々こんなチョンボも・・・・・・weep

せっかく書いた記事なので、ちょっと時季外れですが、載せることにします。

今は懐かしいホオジロガモです。

 

 

ホオジロカモは、今までたくさん載せてきたのですが、今回は、ちょっと面白い写真を載せてみますね。

まずは・・・・・・・身体を器用に横に傾けながら、のびのび~!!

0708_r

次の写真は、雌にデモンストレーションでもやってくれるのかと、期待していたのですが、首の体操??????

後ろに頭をそらせたかと思うと、次は・・・・・・・・首をコキッ!!

09082_r

09083_r

正面顔もユニークです。まるでお多福のようです。

0914_r

今度はカップルで仲良く・・・・・・・・・・・・亭主関白????雌は3歩下って・・・・

0900_r

お嬢さんの一団が早い水の流れに乗ってすいすいと餌場にお出かけです。

0607_r

何故か雌が多くいて、雌ばかりの集団でいる事が多いです。

09146_r

今頃は、このホオジロガモ達も、旅立ってどこかで途中下車してるかもしれませんね。

無事目的地まで着けるように・・・・・・・・・・!   

 

*今回はコメント欄を閉じています。   

ポチッとよろしく!

| | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

再びネコヤナギ

3月15日、久しぶりに暖かい日差しが射してる中、そろそろM公園の河津桜も咲く頃だろうと、午後から出かけてみました。

肝心の河津桜は、だいぶ蕾が膨らんできたものの、満開まであと数日はかかりそうです。

昨年は3月16日には満開に近い状態だったので、今年は少し開花が遅いようです。

まだ若い小さな樹に、たった一輪だけ咲いていました。

6707_r

お馴染みのネコヤナギは7割がた開花していて、ユニークな形の花がいっぱい咲いてます。

6721_r

6716_r

青空に向かってまっすぐ伸びてる枝もあって、ちょっと面白いワンショット!!

6736_r

こうして撮ると、なんだかモクレンの蕾のようにも見えます。

6737_r

逆光に綿毛(?)が輝いてました。まさに芋虫のようですね。

6725_r

横に伸び枝に垂直に咲いて花です。花自体も引力に逆らってまっすぐ天に向かって伸びてます。なんでこんな咲き方????

6733_r

地面にはオオイヌノフグリの花がいっぱい。遠目で見ると、まるで紫色の絨毯が敷かれてるよう!!

6758_r

ナズナでしょうか??小さな白い花が紫の絨毯に溶け込んでます。

6765_r

サンシュユの花も満開。

6786_r

アップで撮ろうとしても、背が高い木のため、一苦労。

やっと撮れた1枚です。

6777_r

公園に草木も、徐々に開花し始め、まさに春モード。

これからの散歩も楽しくなってきます。          

ポチッとよろしく!

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

久々の探鳥散歩

3月11日(火)、K公園のアリスイが比較的見やすい所に出てるとの事なので、久しぶりに出かけてみました。

この公園に来るのは今シーズン2度目、例年7~8回くらいは来るのですが、最近の鳥撮りのズボラさを物語っています。coldsweats01

早速アリスイポイントに行ってみると・・・・・・・・「今日はまだ一度も姿を見せていない!」とのこと。

直前にまで居たというアオゲラやルリビタキの姿もすでに林の中へ・・・・・

人馴れしたキジが悠々と散歩しているだけ。

2316_r

このキジ君、よく登場するらしく、アリスイ待ちのCMさん達もあまり関心を示していません。

2298_r

そしてモズが当たりを飛び回っています。ここのモズたちは餌が良いのか、かなり体が大きい!!

09467_r

シメも顔を見せてくれますが、肝心のアリスイは、待てど暮らせど姿を見せてくれません。

09472_r

結局アリスイを諦めて、梅林の方へ場所を移動します。

ここでもモズが・・・・・・・こちらはお嬢さんですね。やっぱり体が大きいです。

2370_r

もう少し梅の花が咲いてるところに止まってくれるといいのですが・・・・・・花が少なすぎて「ウメモズ」には程遠いですね。

2374_r

ジョウビタキも見つけたのですが、これは大きな枝の隙間からしか撮れませんでした。

2386_r

ここの名物、人馴れジョウビタキはあちこちで見られました。

09488_r

池では、コガモなどの姿はほとんど見られず、マガモがほとんど。

09459_r

結局、この日は目的のアリスイやルリビタキには会えませんでした。

帰り際に、管理棟に寄ってみます。

中では「バードカービング展」が催されていたので、しばし見学。(そう云えば長らくカービングにはご無沙汰してます。)

そして最後の写真は、2010年10月にこの公園で見つかったピンク色のシマヘビです。

突然変異の部分白化個体ですが、今まで34回脱皮したそうです。

飼育箱にいるせいか34回脱皮した割には体が小さいような気がします。

ピンク色に見えるのは、皮が透明に近く、体の内部が透けて見えるからだとか・・・・・

もう少し脱皮を繰り返して大きくなると白くなるかも知れませんね。

09480_r

この日観察できた鳥は、コガモ・マガモ・アオジ・ホオジロ・キジ・シメ・ジョウビタキ・カルガモ・モズ・ノスリ・ツグミ・ヒヨドリ・・・・でした。

 

翌3月12日(水)はA公園へレンジャクを見に出かけるものの、居たのはたくさんの鳥撮りさん達だけ。

この日は5~60人ぐらいいたでしょうか。

ところが、肝心のレンジャクは朝から一度も顔を見せていないようです。

午後から姿を見せる事が多いようなので、昼過ぎから午後2時ごろまで待機してみましたが、この日は、結局姿を見せてくれませんでした。

今年も、気まぐれなレンジャクに、振り回されそうな気配ですね。

2日連ちゃんの探鳥は久しぶりでしたが、肝心の成果のほどは・・・・・・・coldsweats01      

   

ポチッとよろしく!

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

マンサクとネコヤナギ

今日は3月11日、あの東日本大震災から丸3年。

あの日は、早朝からIさんと秩父のセツブンソウを撮りに行った帰り、車を運転中に地震に遭遇し、余震の続く中を自宅まで苦労しながら帰った事を鮮明に思い出してしまいます。

あれから3年たったのに、現地ではまだまだ復興道半ば。

今も残る傷跡の場面を見たり聞いたりすると、心が痛みます。

1日も早い復興が現実のものになるようお祈り申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

さて、久しぶりのM公園、そろそろ河津桜でも咲いてるかと、期待していたのですが・・・・・・・

肝心の河津桜は・・・・・蕾はだいぶ膨らんできたものの、まだ少し時間がかかりそうです。

しからばと、ネコヤナギが植わってる場所へ移動してみますが、ここでも、花が数輪咲いてるだけで、まだ蕾の方が多いです。

ネコヤナギ(猫柳)の事は以前にも触れていますので、詳しいことは省きますが、ヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。山間部の渓流から町中の小川まで、広く川辺に自生するヤナギの1種です。

この公園では池の傍にひっそりと咲いています。

6636_r

他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物と云われています。

雌雄異株で、雄株と雌株がそれぞれ雄花と雌花を咲かせますが、銀白色の毛で目立つ花穂が特徴的であり、「ネコヤナギ」の和名はこれをネコの尾に見立てて付けられたそうです。

逆光のネコヤナギもちょっとも白いですね。

6607_r

6627_r

蕾のカラが付いたままのものもありました。

6634_r

咲いていた花は2~3輪。若い雄花序は葯(やく)が紅色なので、全体が紅色に見えますがやがて葯が黒色になって長くなることから、このネコヤナギは雄花でしょうか???

6624_r

また、公園の一角にはマンサクが綺麗に咲いています。

先日の雪で一部の枝が折れて枯れていますが、綺麗な花を咲かせています。

マンサク(満作、万作、金縷梅)は、マンサク科マンサク属の落葉小高木ですが、亜種や変種が多く、各地にいろんなマンサクの種類の花があるようです。

よく見られる代表的なのはマンサクとシナマンサク。

マンサクは日本固有種ですが、シナマンサクは中国原産で、花の芳香が強く、冬の枯れ葉が春まで落ちずに残る特徴があり、日本でもよく植栽されるそうですが、果たしてここのマンサクは????

6588_r

マンサクの語源は明らかでないそうですが、早春に咲くことから、「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛ったものともいわれていますし、また、「豊年満作」の「マンサク」をとったという説もあるそうですから、果たしてどちらが正解なのでしょうね。

6597_r

6591_r

この公園にはこんな紅色をしたマンサクも咲いています。

ベニバナマンサクでしょうか???

ベニバナマンサクは、マルバマンサクの品種の1つとされている。マルバマンサクはマンサクの日本海型変種で日本海側に多くみられる品種だそうですが・・・・・??

6678_r

それにしても、このひも状の細長い花弁、見かけは面白い花ですが、写真に撮るには苦労します。

何ともとらえどころのない花です。(私だけ????)

         

ポチッとよろしく!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

ウメジロー

梅の花の蜜に誘われて、メジロやヒヨドリがやって来ます。

毎年繰り返される光景ですが、その光景を求めて、鳥撮りさんたちが集まるのもこの季節です。

午後から、いつものO公園の梅林に出かけてみました。

この日は快晴、なかなかメジロは来てくれませんでしたが、やっと5~6羽のメジロが・・・・

1969_r

この公園には紅梅もあるのですが、来てくれたのは白梅の樹です。

1999_r

個人的には、メジロは白梅の方がお似合いだと思うのですが・・・・・・

2031_r

嘴の周りに花粉をいっぱい付けながら一生懸命蜜を吸う姿はいつ見ても可愛いですね。

2075_r

メジロ得意のポーズ!!前に紅梅がかかるよう移動してみたのですが、これが限度。coldsweats01

もう少し左に寄って~!!!

2113_r

2129_r

今度は縦位置で・・・・・・メジロの背中もウグイス色。

周りの花見の方達の中から、「わ~!ウグイスだ~!!・・・・・・・・・・????????

2146_r

飛び出したところを撮ろうとしたものの・・・・・・・・・・・・フレームアウトでした。weep

2178_r

2羽並んでるところも撮りたかったのですが、これもなかなか思い通りにはいきません。

2210_r

しからばと・・・・・・・・・・・・・・・これもよく見られるキョンシー飛び!!(古い??)

2214_r

梅が終われば今度は桜のシーズン。

サクジローも狙ってみたいものです。

ポチッとよろしく!

   

      

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

東京スカイツリー??

月に一度の会社OB写真部の例会の後、久しぶりに押上駅から浅草まで北十間川沿いに歩いてみます。

北十間川(きたじっけんがわ)は、東京都を流れる川です。

総延長3.24kmの荒川水系の一級河川で、江戸時代初期に開削された運河で、西に隅田川、東に旧中川と接続し、横十間川との合流点より西は墨田区内を通り、東は墨田区と江東区の区界となっています。

名称は、本所の「北」を流れる、川幅が「10間」の川であることに由来するそうです。(以上、ウィキペディアより)

この川沿いに歩くのは初めてですが、東京スカイツリーが出来たお蔭で、特にスカイツリー周辺は綺麗に整備されています。

浅草に向かって歩いてほぼ中間地点には「源森橋」があり、東武鉄道とスカイツリーがセットで撮れる、有名な撮影ポイントになっています。

時刻は午後4時頃、あと1時間ほどすると、夕日に染まるスカイツリーが撮れたかもしれませんが、今回はこの写真で我慢することに・・・・・・

6440_r

屋形船の横の水面にはスカイツリーの影が映ってました。

6451_r

さらにその先の隅田川寄りの「枕橋」ではこんな光景が・・・・・なんだか分かりますか??

6491_r

6464_r

実はこの正体はこれなんです。

北十間川の川面に映った東京スカイツリーです。

6499_r

奥の方に小さく見えるのは、1枚目の写真を撮った「源森橋」です。

川の水面に映った東京スカイツリーが、面白いように、いろんな形に変化していきます。

まずはスカイツリーの先端部分です。波がある訳ではないのですが、水面のうねりに合わせて、刻々と模様が変化していきます。

6475_r

見晴らし台のある中央部分です。

6491_r_2

そして、下の部分です。縞模様が何とも言えず綺麗で、思わずパチリ!!です。

6492_r

そして最後の写真は、吾妻橋東づめの橋の下に、川面から反射した光が綺麗な幾何学模様を映し出していました。(写真ではうまく表現できませんでしたが・・・・・)

6551_r

この頃には陽がだいぶ落ちてきていたのですが、まだ夕日に映える東京スカイツリーには早かったようです。

なんだか変なフォト散歩になってしまいましたが、たまにはこんな写真も撮ってます。happy01       

ポチッとよろしく!

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

残雪を飛ぶヘラサギ

・・・・・・・・・・・・・・続き

この日のヘラサギは旅立ちの準備体操なのか、あちこちに移動しながらよく飛んでくれます。

少し離れたところで食事をしていたかと思うと、突然こちらに向かって飛んできます。

1900_r

まっすぐこちらに向かってくるかと思いきや、左へ急旋回。

1908_r

1911_r

うまい具合に、日陰のまだ雪がたくさん残ってるところをバックに飛んでくれます。

1925_r

1928_r

1933_r

フッと!考えて見ると、このヘラサギ君(?)あの大雪の時はどうしていたのかなあ??

1時間ほど、観察していたのですが、この間、一度の休憩もなく、ただひたすらに餌を探していました。

そして、こんな大きな魚をゲット!!

1752_r

そのままパクリ!と一口です。今回こんな大きな魚を食べるところは初めて見ました。

1753_r

最後はおまけで・・・・・・・すぐそばを飛んでくれたイソシギとコチドリです。

まずはイソシギ

1883_r

そしてコチドリです。こちらが気になるのか、睨まれてるみたいです。

SSが早すぎて、完全静止状態になってしまいました。 なんだか飛んでるって感じより宙に浮いてるように見えますね。coldsweats01

黄色い目の周りのリングが良く目立ちます。

1740_r

 

(余談ですが・・・・)

*ブラウザーIE10に脆弱性が見つかったとのことで、急遽IE11にアップデートしてみましたが、ココログ側がまだIE11に対応していない為、記事が書きづらくて困ります。

(最近は自動アップデートされて、いつの間にかIE11に変わってる場合もあります。)

絵文字もカラー文字なども入らないし・・・・・・・weep

この現象を解決する方法は・・・・・・ココログサポートの下記サイトに記載されてましたので、IE11の方はご参考まで・・・・

http://cocolog.kaiketsu.nifty.com/tips/87521/thread

ポチッとよろしく!

| | コメント (21) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »