« 原市の古代ハス2013・ブログ開設まる3年 | トップページ | 白い蓮の花 »

2013年7月19日 (金)

セッカ物語(2)デジスコの魅力

今回は、ブログ4年目に突入の記念(?)記事です。

 

デジスコ写真の醍醐味はやはり大きく撮れること。

折角なので、今回もちょうど上手い具合に杭の上に止まったセッカを狙ってみます。

こうして見ると、セッカも足長ですが、なぜこんなに脚が長いのでしょう??羨ましい~!

セッカの雄姿(?)、じっくりご覧ください。

02916_r

今回掲載する写真は35ミリ換算約1200~1500mmで撮ったものですが、このセッカ君は杭がお気に入りなのか、なんども近くの杭に止まってくれました。

02943_r

こうして大きく見ると、なかなか凛々しい顔をしてます。

足が長いので、じっと見てると、鳥というよりもほかの生き物に見えてきませんか?

02948_r

このセッカ、鳥の仲間では一夫一妻が多い中で、オオヨシキリなどと同じように、男性諸君たちには羨ましい(?)一夫多妻なんですよ。

立教大学の上田先生の研究では、一番多い雄で、11羽の雌と配偶していることが分かってるそうですから驚きです。

もちろん、雄と雌の比率がが50:50だとすると。あぶれる雄がたくさん出てくることになります。

02955_r

次の写真はまさに飛び立とうとする瞬間です。この後の写真では姿が消えてましたが、デジイチで撮っていたらその瞬間も見れたかもしれません。

02958_r

セッカは、留鳥または漂鳥で、MFでも1年中見る事が出来ますが、夏羽は冬羽に比べてやや黒っぽくなります。

そして、雄は、繁殖期のこの時期には、口の中が黒くなって、お得意のお歯黒セッカになります。

03029_r

この日は暑かったので、さすがのセッカも口を開けて暑さ対策??

お蔭で、ご自慢(?)のお歯黒を見る事が出来ます。

03047_r

03054_r

最後に、今回ちょっと気になるポイントを載せておきますね。

先日、ブログでお世話になってるてっちゃんから、鳥類の分類が変更になった旨教えて頂きました。(以前、他のどなたかからもそんな話を聞いたことがあったような・・・・)

そう云えば、以前、新聞に、ハヤブサの分類が変わって、「ハヤブサはスズメやインコの仲間に近い!」記事が載っていたことを思い出し、改めて調べてみました。

 

 

参考になれば・・・・・・・・・・

昨年(2012年)、日本鳥学会の創立100周年を記念して最新の「日本鳥類目録」(第7版)が発行され、24目81科260属633種が掲載され、DNA鑑定をもとに、分類上の目・科が統廃合されました。

例えば、ハヤブサの仲間はタカ目ハヤブサ科から独立して、ハヤブサ目が新設されて、よりインコ目やスズメ目に近くなったということです。

今回掲載のセッカ(雪加)も、以前はスズメ目ウグイス科に属して、ウグイスの仲間だと紹介していたのですが、単独のセッカ科に分類されています。

新たに鳥類図鑑を購入する際は、第7版対応の物も徐々に出版されていますので、確認して買った方が良さそうです。

 

てっちゃんに紹介されたサイトは・・・・

http://ornithology.jp/osj/japanese/katsudo/Publications/Checklist7.html

改訂版で変更点が詳しく書かれたサイトは・・・・

http://www.hira-birding.info/mokuroku7/index.html

 

 

 

今回のおまけは・・・・・・・・・・・

7月20日から、スタジオジブリ、宮崎駿監督の「風立ちぬ」のロードショーが始まります。

この主題歌に使われてる松任谷由美ことユーミンの「ひこうき雲」が好きで、何度聞いても心に何か伝わってくる曲。

YouTubeにもいくつかアップされてる中の一つですが、聞いてみて下さい。(冒頭、広告が出てきますがスキップしてください)

http://youtu.be/21kuS6VdiJE

「ひこうき雲」は、松任谷由実が旧姓の荒井由実として1973年に発表したデビューアルバム「ひこうき雲」の表題曲。ユーミンが高校生時代に作った楽曲で、彼女がシンガーソングライターとしてデビューするきっかけとなった1曲だそうです。

暑い毎日、少しは清涼感に浸れるかもしれませんよ。

 

 

ポチッとよろしく!

|

« 原市の古代ハス2013・ブログ開設まる3年 | トップページ | 白い蓮の花 »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 
ほんとだ! セッカさん、足が長いですね~
こんなに長かったかな、これまで見せていただいた時、
全然気付きませんでした。
逞しい足の付け根を見ていたら、ダチョウの足やカエルの足を
思い出しましたよ(^^;)
おや、一夫多妻なんですか~
それじゃ子育てはどうするんでしょ? この前の(1)では、
両親が交互に餌を運んでいるのかと思っていました。
繁殖期に口の中の色まで変わるというのも面白いですね。
どういう理由があるのやら。

宮崎監督の「風立ちぬ」、いつ観られるかわかりませんが
とても楽しみです。ユーミンの「ひこうき雲」もすてきな歌ですね。

投稿: ポージィ | 2013年7月19日 (金) 11時31分

セッカってこんなに足が長かったんですね。
驚きました。
繁殖期にはお歯黒セッカになるのも初めて知りました。
ありがとうございました。

投稿: nampoo | 2013年7月19日 (金) 21時38分

ひこうき雲、私も大好きです^^
何か心に響く歌ですねheart

大好きなセッカ、一夫多妻は知っていましたが、11羽とは(≧∇≦)
それでは、雛が出来たら忙しくて大変ですね^^

投稿: ケチャップ姉さん | 2013年7月20日 (土) 07時44分

自分も先日、自分にとっては近くて遠い鳥「セッカ」を初めて撮ることが出来ました。
鉄漿ではなかっ様に思いますが雌だったのかもしれませんね。
次回にブログアップいたします。

投稿: country walker | 2013年7月20日 (土) 10時29分

;:゙;`(゚∀゚)`;おそうなりました!!

ヒマワリコメントありがとうございました。

記念すべき日のも見せて頂きましたよ。
もう4年ですか~・・私は・・そうですね。3年目ですもんね。

こうして巡り合えて、幸せいっぱいいただいてます。
これからも、皆さんの心を癒して下さいね。
あ~~~・・いつになったら、講師として四万十に来てもらえるかな?
四万十巡りの計画して下さいなぁ~・・( ´艸`)プププheart04

投稿: こころぐ郁美 | 2013年7月20日 (土) 12時09分

ソングさん こんにちは^^
セッカさんの足は長いのですね・・(@@)ビックリ!
お歯黒セッカさんは まだ撮った事が ありません(^^;
図鑑の内容・・成る程 変わっているのですね・・
デジスコの醍醐味・・大きく綺麗に撮れて とまり物
には良いですね!機材も軽くて^^
ユーミンの「ひこうき雲」は大好きでリピートして
車で聞きながらドライブしてます(*^^*)

投稿: ミント | 2013年7月20日 (土) 19時12分

こんばんは。

セッカの脚長いのと安定した大きな足、
足の先まで見たことないです。
このような杭のような所に止まると足の先まで見えてな~るほどです。

繁殖期にだけお歯黒になるのですか?

投稿: でこっち | 2013年7月20日 (土) 20時15分

ほんとだわぁ^^足なが~~い^^
鳥さんにも、スタイルのいい鳥さんがいるんですねぇ。
繁殖期に口の中の色が変化するのですか。
こういう体の変化って、はじめて知りました。
ひこうき雲、最近テレビでよく流れているので、
一緒に口ずさんだりしています^^
いい曲ですよねぇ♪

投稿: 音函 | 2013年7月20日 (土) 21時14分

セッカさん 凛々しいですね~!
バックのグリーンのボケが効いててステキ!

ユーミン大好きです。
いつもかけるCDはユーミンです。
この曲も大好きな一曲です。

投稿: りり | 2013年7月20日 (土) 22時40分

>ポージィさん
おはようございます。
確かにダチョウや蛙の足に似てますね。
でも走ったり跳んだりはできませんけど・・・・・(笑)
一夫多妻、一度に11個の巣が出来て雛が生まれたら大変ですね。
多分少しずつずれてるのだと思いますけど・・・・
繁殖期にお歯黒になるのは、多分雌にアピールするためのお洒落の一つなのでしょう。


>nampooさん
おはようございます。
お歯黒セッカは、この夏のシーズンしか見る事が出来ません。
近くにいるようでしたら、是非確かめて下さい。
ただし、雄だけですから・・・・・


>ケチャップ姉さん
おはようございます。
「ひこうき雲」、メロディも歌詞も素敵ですよね。
大好きな歌の一つなんです。
セッカの一夫多妻、11羽の相手をするなんて驚きですよね。
私も初めて知ったんです。

投稿: ソングバード | 2013年7月21日 (日) 05時52分

>country walkerさん
おはようございます。
セッカ、撮ってこられましたか。
雌雄同色なので、雄雌の判断は難しいですね。
ヒっ・ヒッ、チャッ・チャッと鳴いてる方が雄ですが、口の中を確認するのが一番わかりやすいかもしれません。


>こころぐ郁美さん
有難うございます。
いつの間にかまる3年過ぎてました。早いものですね。
郁美さんはじめ、四万十の皆さんにもいろいろ励まして頂いたおかげで続けてこれたのかも知れません。
これからも宜しくね!!
四万十には、行きたい行きたいと思いながら・・・・・・・まだ行けてません。weep
もし行けた折には、大歓待してくださいね。happy01


>ミントさん
おはようございます。
セッカの脚、長いでしょう!!
この長い脚で、器用に止まるのが滑稽で面白いです。
お歯黒セッカ、ミントさんがまだ撮ってないなんて・・・・ビックリです。
是非今シーズンはトライしてみて下さいね。
ユーミンの曲は私も聞きながら車を運転してることが多いです。
いい曲ですよね。

投稿: ソングバード | 2013年7月21日 (日) 06時06分

>でこっちさん
おはようございます。
セッカ、普段草の茎などに止まってる時は、脚の長さに気が付かないのですが、
こうして、杭などに止まると、よく分かりますね。
こちらでは、周りを見渡すためか、時々、杭に止まってくれるんです。
お歯黒セッカは、この時期しか見れないので、今度よく観察してみて下さいね。


>音函さん
おはようございます。
鳥の中には、繁殖時期になると、羽の模様や色が変わるものが多いです。
夏羽・冬羽という呼び方をしますが、中には、全く別の種類のように衣替えをするのもいて、面白いですよ。
ひこうき雲、かなり昔の曲ですが、新鮮味がありますよね。


>りりさん
おはようございます。
この時期の草原の緑、バックには最高ですね。
たまたまいいところに止まってくれました。
「ひこうき雲」、ユーミンの曲の中では一番好きな曲なんです。
PCを操作する時のBGMに使ってるほどです。

投稿: ソングバード | 2013年7月21日 (日) 06時18分

ほんと足の長いセッカですね。とってももてそうです。笑
新しい鳥類目録、僕も気になっています。コジュケイが野鳥でなくなったとか…
毎回ではありませんが、僕がブログに本日見た鳥を羅列する時は鳥類目録の順番です。新しいのに変えなければです。

投稿: noharatugumi | 2013年7月21日 (日) 14時04分

4年目突入おめでとうございます。
こまめな更新、見習わなくてはと思いつつ最近はさぼってばかりで・・・(:_;)
足長セッカ君は一夫多妻なんですか、人間のように足が長い方がもてるなんてことは無いでしょうが。
それにしても11羽もお相手がいるなんて凄いですね、もしかしてプレゼント攻勢?

投稿: mio | 2013年7月21日 (日) 18時12分

>noharatugumiさん
おはようございます。
こんなに脚が長いとは・・・・この写真を撮るまで????でした。
鳥類も黒く、今回はかなり大幅に改訂されたようで、要注意ですね。


>mioさん
おはようございます。
有難うございます。
私も2~3日に一度は更新しようと頑張ってるのですが、難しいですね。
セッカやオオヨシキリの一夫多妻はよく知られてるのですが、さすが11羽を相手にはビックリです。
プレゼントもたくさんいりますね。

投稿: ソングバード | 2013年7月22日 (月) 06時25分

セッカって、こんなに足が長いのですね。
ノゴマも意外と長くて、走るのも結構早いです。
口の中が黒いのも、ノゴマに似ていますね。。

僕の名前出していただいて、ありがとうございます、種も
DNA鑑定が進んで、かなり変わって来ているようですね?

ハヤブサがインコの仲間というのも、驚きですが、DNAの種の近さと
見た目の近さは一致しないようですね。。

ただでさえ判別の難しいメボソムシクイが3種に別れて、わけわかりませんね。。

投稿: てっちゃん | 2013年7月22日 (月) 07時08分

>てっちゃん
おはようございます。
そう云えば、ノゴマもそうでしたね。
てっちゃんに教えてっ貰って、改訂版をじっくり見てみました。
予想以上に改定が多いのにびっりして、今回ブログに載せてみました。
今使ってる鳥類図鑑にだいぶ書き込みを入れないと、そのまま使えませんね。
改めて・・・・・有難うございました。

投稿: ソングバード | 2013年7月23日 (火) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/52469088

この記事へのトラックバック一覧です: セッカ物語(2)デジスコの魅力:

« 原市の古代ハス2013・ブログ開設まる3年 | トップページ | 白い蓮の花 »