« ノカンゾウも咲いてました | トップページ | 原市の古代ハス2013・ブログ開設まる3年 »

2013年7月14日 (日)

セッカ物語(1)子育て奮戦記

このところ花や虫ばかり追いかけていた為、鳥の撮り方を忘れてしまいそうです。coldsweats01

そんな訳で、ほぼ1か月ぶりにデジスコ担いで田圃を歩いてみました。

久しぶりにズシリと肩にかかる重量感、1か月ぶりのデジスコ写真、果たして腕が鈍っていないか心配です。

今の時期の田圃はオオヨシキリやコヨシキリ・セッカなど。ヨシゴイもいつもの場所で子育てをしてるようです。

この日は大好きな鳥の一つ、セッカを探します。

田圃では、、オオヨシキリがあちこちでギョギョシ、ギョギョシと大きな声で囀ってますが、なかなか葦の上に上がってくれません。

取り敢えず久しぶりに腕試し・・・・・・・・距離がありますが、オオヨシキリ(大葦切)を撮ります。

気のせいか、どことなくピント合わせがぎこちない!!

02887_r

オオヨシキリの声に混じって上空ではセッカの鳴き声があちこちで・・・・・・・・・・・

上昇しながらヒッ、ヒッ、ヒッ・・・・・・・下降しながらチャッ、チャッ、チャッ・・・・、賑やかな声が聞こえます。

個体数はかなり多い為か、縄張り範囲が狭そうです。

双眼鏡片手に歩いてると、突然足元の草薮から小さな鳥が飛び出します。

コヨシキリ????暫く待ってると、虫を咥えた鳥が草薮に飛び込みます。

02922_r

一見、コヨシキリに似てますが、セッカ(雪加)です。

この草薮の中に巣があるようで、雄と雌が交互に、かなり頻繁に餌を運びこんでいます。

この頻度の餌運びでは、雛もだいぶ大きくなってるのかも知れません。

02933_r

草薮を掻き分けて巣を覗いてみたい衝動に駆られますが、ここは我慢、我慢!!

02936_r

良く観察してると、餌を運び込むとき、1羽は周辺の様子も見ず、そのまま真っ直ぐ、巣のある場所に飛び込みますが、もう1羽は、必ず周辺を確認してから巣に入ります。

だからここに写ってるのは同じ個体ということになるのでしょうか。

02938_r

次の写真は、まさに巣に飛び込もうとしてるところですが、この真下に巣がありそうです。

02940_r

近くの草の上で周辺を警戒することもあります。

02962_r

今度はちょっと違う角度から・・・・・・

02985_r

あと少しすると、この周辺で、巣立った雛と親の姿が見られるようになるでしょね。楽しみです。

この日は結局セッカ三昧、たくさんの写真が撮れたのでシリーズで載せていきたいと思います。

 

 

(おまけ)

セッカとコヨシキリは一見よく似てるのですが、背中を見れば一目瞭然。尾の形状も違います。比較のためにコヨシキリの写真を張っておきます。(在庫より)

00203_edited1_r

ポチッとよろしく!

|

« ノカンゾウも咲いてました | トップページ | 原市の古代ハス2013・ブログ開設まる3年 »

」カテゴリの記事

コメント

> このところ花や虫ばかり追いかけていた為、鳥の撮り方を忘れてしまいそうですcoldsweats01

バッチリじゃないですか!
これだけ撮れていれば、申し分ないかと・・・

来年6月まで、ライチョウの撮影が出来ないので、自分の方が忘れてしまいそうです・・・weep

そして、読者にも、忘れ去られていくのかなあ・・・・


投稿: R.Ptarmigan | 2013年7月14日 (日) 08時46分

ウデの冴えは変っていませんでしたね。
オオヨシキリは時々出かける湖でいくらでも見ることは出来ますがセッカが・・・
毎日歩く堤防上で鳴き声と飛翔しているところは何時でも声を聞いたり見られるのですが、留まったところは一度も見たことがないのです。
コヨシキリは当地にも居るのかなぁ・・・

投稿: country walker | 2013年7月14日 (日) 11時33分

こんにちは
 
腕はちっとも衰えてなどいらっしゃいませんよぅ。
でも、久し振りの鳥撮りへの期待感わくわくやドキドキが
伝わってきました。
雛にせっせと餌を運ぶセッカのカップル発見ですね♪
こんな草むらの中の足もとに巣を作るのですか。
うっかりすると踏んづけられてしまうような所へ?
上空の猛禽などからは見つけられにくいのかもしれませんね。
無事育ってからの親子の姿もご覧になれると良いですね!

投稿: ポージィ | 2013年7月14日 (日) 17時41分

こんばんは。

可愛い鳥さんですね。
草むらの中に巣があるのですか?
赤ちゃんと巣の様子を見たいです。

ず~と見ていても飽きない!可愛いなhappy01

投稿: 水彩画 | 2013年7月14日 (日) 20時58分

とっても可愛らしい表情をしていますね~^^
緑がとても綺麗な色をしていますね。

投稿: 音函 | 2013年7月14日 (日) 22時47分

この夏はあまりセッカの鳴き声を聞いていません。東縁でいつも歩くコースでは、葦原がかなり減ってしまいオオヨシキリやセッカの鳴き声が少なくなってしまいました。こういう姿を見ると安心します。

投稿: noharatugumi | 2013年7月15日 (月) 12時11分

こんにちは。
久しぶりの野鳥撮影ですね。
オオヨシキリの囀りは何処にいるかすぐに分かりますね。
セッカは子育て中のようですが口ばしに虫を運んでいるのでしょうか?
緑が綺麗で自然の様子がとても素敵です。
私もこのような写真が撮りたいです。

投稿: でこっち | 2013年7月15日 (月) 17時47分

流石です、久しぶりでもバッチリですねhappy01
やはり風景を綺麗に撮られているので、1枚目のオオヨシキリの構図好きですnote

投稿: ケチャップ姉さん | 2013年7月16日 (火) 05時42分

>R.Ptarmiganさん
おはようございます。
有難うございます。
デジスコはやはりブランクが怖いです。
対象を捉えてからの一連の動作がやはり微妙に遅くなってました。
来年6月までの我慢ですか、残念ですね。
その間、下界で花でもいかがですか。


>country walkerさん
おはようございます。
セッカは縄張りを持っていますので、行動範囲が決まってます。
降りる場所もある程度決まってるので根気よく観察すると撮れますよ。
コヨシキリはオオヨシキリに比べて圧倒的に数が少ないです。
探すのに苦労しますが・・・・・


>ポージィさん
おはようございます。
有難うございます。
今回は久しぶりの鳥撮りで、ドキドキワクワク???
鳥の巣って意外なところに造ることが多いんです。
ここも道端に近い所で、こちらの方がビックリです。
今頃は雛も元気に巣立ってるかもしれません。

投稿: ソングバード | 2013年7月16日 (火) 06時01分

>水彩画さん
おはようございます。
セッカはスズメより少し小さいくらいでしょうか。
草むらの中の巣、見てみたかったのですが、変に探ると親が巣を放棄してしまうかもしれないので諦めました。
きっと可愛い雛が口を開けて親を待ってるんでしょうね。


>音函さん
おはようございます。
この時期の田圃は緑一色。
その緑に溶け込んだ鳥が撮れる時期なんですよ。
(ちょっと暑いですが・・・・・・)


>noharatugumiさん
おはようございます。
そう云えば見沼地区のオオヨシキリ、例年より少ない気がしますね。
夏の風物詩、少ないとやはりさびしいです。
こちらの田圃は相変わらずオオヨシキリが賑やかですよ。

投稿: ソングバード | 2013年7月16日 (火) 06時09分

>でこっちさん
おはようございます。
約1か月ぶりの鳥撮りです。
オオヨシキリやコヨシキリ、夏の風物詩ですね。
毎年一度は撮っておきたい鳥の一つです。
セッカがくわえてるのは小さなバッタなどですが、雛のために一生懸命でしたよ。
でも親の力はすごいですね。多い時は3~4分間隔で運んでました。


>ケチャップ姉さん
おはようございます。
有難うございます。
デジスコはすべてがマニュアルなので、ブランクがあると、勘を取り戻すまで苦労します。
最近は遠見の写真を多く撮るようにしてます。
動く対象物だけに、背景を考えてカメラを移動するのも大変ですね。

投稿: ソングバード | 2013年7月16日 (火) 06時19分

オオヨシキリは、僕は1度しか見たことありません、北海道でも中央から南の方は、普通にいるようですが?
セッカは、たぶん北海道では見られない鳥なので、羨ましいです。

コヨシキリは、北海道で見られる小鳥の中でも、かなり警戒心の少ない鳥かも知れませんね?さえずりの最中は、割りと近くまで、寄ることができます。

投稿: てっちゃん | 2013年7月18日 (木) 00時32分

>てっちゃん
おはようございます。
オオヨシキリ、こちらではあちこちの葦原で鳴いていて、うるさいほどなんですよ。
セッカ、冬羽の時期は綺麗ですよ。
もっと体が白っぽくなって……
羨ましいでしょう!!(笑)

投稿: ソングバード | 2013年7月18日 (木) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/52423281

この記事へのトラックバック一覧です: セッカ物語(1)子育て奮戦記:

« ノカンゾウも咲いてました | トップページ | 原市の古代ハス2013・ブログ開設まる3年 »