« 太田吉沢「ゆりの里」を訪ねて(PartⅡ) | トップページ | 太田吉沢「ゆりの里」のゆり色々 »

2013年6月28日 (金)

モンキチョウの横恋慕?

ゆりの花が続いたのでちょっと息抜きに・・・・・・

先日の武蔵野丘陵森林公園のルピナスの所で、モンキチョウの面白い光景を見ることが出来ました。

鳥や蝶も春から初夏にかけて、まさに恋愛シーズン!heart04

このルピナスのお花畑でも、モンキチョウのランデブー飛行があちこちで見られました。

4297_r

モンキチョウの仲間はメスが黄色と白色の型があります(オスはありません)。これは、白い型を出す遺伝子が、メスの遺伝子にあるからと言われていますが、黄色いタイプの個体が一緒に飛んでる時は、オス・メスの区別がつきにくいです。

この場合、生殖器の形状で判断する事が多いようです。

この写真の白いのはメスで、黄色い方はオスだと思いますが・・・・・仲良く、時々絡みながら飛んでます。

4298_r

別の場所では、3頭のモンキチョウが絡みながら飛んでます。

もともとのカップルに、もう1頭の雄(?)が横恋慕???

4289_r

メスが葉っぱに止まると・・・・・・・オスらしい2頭が盛んに牽制し合ってます。

4319_r

次の写真をよく見て下さい。

白いメスが尾を上に突き出してるのが分かりますか!!!(後で解説しますね。)

4320_r

モンキチョウ

和名は紋のあるキチョウの意で、ユーラシア大陸から日本全国に広く分布していて,海岸から高山帯までの草原,河原,牧草地,堤防などに見られます。

シロチョウ科の蝶は蛹や成虫での越冬が多いのですが、モンキチョウは近似種のミヤマモンキチョウと同じように、幼虫で越冬します。

日だまりのレンゲやクローバーなどマメ科の植物の葉が食草で、寒冷地でも年2回は発生し,暖地では6回前後出現し、なかなかの多産系ですね。幼虫は冬の間でも僅かですが成長するから驚きです。

4321_r

蝶の交尾で面白いのは、メスがすでに交尾が終わっていると、交尾拒否をすることです。

交尾を迫られたメスはすでに交尾済みであれば、多くの場合、交尾拒否します。シロチョウの仲間の場合、メスは翅を広げ、尾端を持ち上げます。(ほかの蝶でも同じような行動が見られることが多いです)

もう一度下の写真を見て下さい。

アレ!アレ!みんなお尻を上げてますね。

なんだか、3頭とも交尾が終わったメス??????まさか同性愛でもないでしょうに・・・・・卵を産む場所を探して争奪戦??

それとも飛ぶ時にはお尻を持ち上げるのかな??

4326_r

結局、最後に残ったのは黄色と白の2頭だけ。

4331_r

この間、わずか2~3分くらいの出来事ですが、この騒ぎは一体なんだったのでしょうか?

4336_r

ルピナスもマメ科の仲間、きっとこの葉にもたくさんの卵が産み付けられてるのかも知れませんね。

ルピナスのお花畑の一角で、こんな営みが繰り返されてるなんて、自然界は面白いですね。

ポチッとよろしく!

|

« 太田吉沢「ゆりの里」を訪ねて(PartⅡ) | トップページ | 太田吉沢「ゆりの里」のゆり色々 »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございま~す、happy01毎日、々雨の四万十です、rainrain
も~ウンザリしてた時の何とも可愛いheart02チョウの姿に見とれてしまいました。
ほんとにソングさんは 何にでもお詳しいですね?ビックリします、
何もかも分かったうえで、チョウを観察しながらカメラすると又撮り形も違って来るんでしょうね?
鮮やかなグリーンの葉の中でのチョウの姿が又綺麗です。shine

≪恋の季節≫は良いですね~heart01happy01同性愛は笑えましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ、

投稿: 御前です☆ | 2013年6月28日 (金) 09時05分

こんにちは♪
 
わぉ 蝶が空中に浮かんで静止しているみたい!
綺麗です。どこかおとぎ話の世界の光景のようにも見えます。
モンキチョウの雌に黄色と白といること知りませんでした。
交尾拒否のボディランゲージも。無駄なエネルギー使わないに
こしたことありませんものね。厳しい自然界では。
雄と雌の恋の鞘当かと思いきや、みんな雌だったとはビックリですね。
こんなにたくさんあるのに卵を産む場所の取り合い?
蝶の目には、ここが特に良いのだ、という何かが見えるのかしら。
昆虫たちの生態も面白いですね。奥がもの無限大に深そうですが。

投稿: ポージィ | 2013年6月28日 (金) 11時07分

ヽ(´▽`)/なんと!!

こんな光景を捕まえちゃうなんて!!

声が聞こえてきそうですね・・・恋物語?heart04

あなただったら・・・なんて声かけてる?なんてねぇ~・・ふふ・・

こんな光景見てると、若いころ思い出しちゃう?それとも・・?

優しい気持ちになれました。ありがとうございまーすheart

投稿: こころぐ郁美 | 2013年6月28日 (金) 12時33分

蝶の生態にも お詳しいんですね~!
蝶が飛んでる風景は とても優雅でステキなんだけど……
葉っぱに卵が産みつけられると~~
青虫さんがいっぱい出てきて~~
ルピナスさん 葉っぱを食べられちゃうんですね~!
自然の摂理を思い知らされます。

投稿: りり | 2013年6月28日 (金) 16時54分

こんばんは、蝶の恋のバトル三つ巴良くとらえましたね素晴らしいです。heart04

投稿: 花の伝道師 | 2013年6月28日 (金) 17時27分

なんとも不可解なモンキチョウの生態です。
自分もナノハナに纏わりつくモンシロチョウをマクロレンズで追ったことがありますが、一見遅いように見えてもチョウの動きの早さに驚きました。
そのときはマクロを諦め長いレンズに切り替えましたがそれでも随分と苦労しました。
流石は鳥で鍛えられた「ソングバードさん」やはり鮮やかなものですね。

投稿: country walker | 2013年6月28日 (金) 19時34分

モンキチョウの飛んでる姿とても綺麗に撮れていますね。
なかなかこんなにきれいにはとれませんものね。
のどかな風景堪能させていただきました。

投稿: nampoo | 2013年6月28日 (金) 22時55分

>御前さん
おはようございます。
毎日うっとうしいと、気が滅入りますね。
別に蝶の事が詳しいわけでもないのですが、分からないことを調べてるだけなんですよ。
ただ写真を撮る時、鳥や蝶の生態を知っておくと楽ですね。
ありふれたモンキチョウですが、婚活も大変みたいですよ。(笑)


>ポージィさん
おはようございます。
たまにこうして蝶の飛ぶ姿も撮ってみるのですが、なかなか上手くいきません。
蝶の中には、かなり個体差があるものも多く、春型・夏型によっても違うんですよ。
花ほど複雑ではありませんが・・・・
卵も一か所に産み付けるのではなく、何ヶ所にも分けて生むんです。(リスク回避)
自然界は上手くできてるんですね。


>こころぐ郁美さん
おはよ~!!
蝶々もこうしてみると優雅でしょう!!
若い頃を思い出した???lovely
どんな恋をしたのかな~!!きっと楽しい思い出がいっぱいだったのでしょう。
でも蝶々たちは良き伴侶を見つけるのに必死でしたよ。
自然界はなかなか厳しいみたいです。

投稿: ソングバード | 2013年6月29日 (土) 06時34分

>りりさん
おはようございます。
確かに卵を産み付けられる葉っぱの方は大迷惑ですね。
でも面白いことに、蝶が産み付ける植物は種類によってきまってるんですよ。
それに、蝶が花から花へ飛びまやることによって、花の受精に一役買ってることを考えると、
やっぱり、自然界は上手くできてるんですね。
(青虫は嫌いですけど・・・・)


>花の伝道師さん
おはようございます。
花撮りの合間に見つけたモンキチョウですが、自然界は上手くできてますね。
いつも感心してしまいます。

投稿: ソングバード | 2013年6月29日 (土) 06時42分

>country walkerさん
おはようございます。
蝶も鳥みたいにホバってくれると楽なんですが・・・・
この日の望遠は花撮り用の3世代前の40Dに70-200だったので、
鈍足AFではさすがに厳しかったです。
仰る通り、一見撮りやすそうなのですが、飛ぶ方向の予想が付かないので難しいですね。
鳥枯れの間、花の後は虫撮りになりそうです。


>nampooさん
おはようございます。
蝶がヒラヒラ飛ぶさがたには癒されることが多いですね。
今の時期、蝶が雄と雌とが絡み合うことが多いのでチャンスです。
今度挑戦してみて下さい。

投稿: ソングバード | 2013年6月29日 (土) 06時51分

ご無沙汰してます。
ルピナス、北海道では道路の法面などに一時雑草のようにはびこったのですが、いつの間にか花畑でしか見られなくなってしまいました。
自然界の植物にも盛衰があるようです。

投稿: やまちゃん | 2013年6月29日 (土) 08時53分

こんにちは。

モンキチョウのこのような光景は見たことあるような気がします。
がちゃんとした意味があったのですね・・・
ただ戯れていたのかと思っていました。
飛んでいる蝶を的確に捉えてさすがです。

投稿: でこっち | 2013年6月29日 (土) 14時13分

すごぉ~~い!!!
蝶が舞っている瞬間写真をクッキリハッキリと、
すばらしいですね~!!!
いっぱい咲いているルピナスの中で、
このような恋物語が咲いていたとは!!

投稿: 音函 | 2013年6月29日 (土) 14時34分

こんにちは。
緑の葉の上でモンキチョウさんが舞って可愛いですね。
蝶を見つけても すぐ逃げられて! 

優しい蝶々さんをゆっくり見せていただきました。happy01

投稿: 水彩画 | 2013年6月29日 (土) 16時18分

蝶が空中で止まっているみたい(^O^)
どんな会話をしていたのかな。
恋は成就したのかな~
ソングバードさんの解説を読んで、自然界って面白いなと思いました(*^-^)

投稿: うずまき | 2013年6月29日 (土) 19時54分

ソングさん、こんばんわ(*^_^*)
蝶の生態も面白そうですねnote 私も先日畑の上を
3頭のモンシロチョウが飛んでいて、何やら揉めている感じでした…(笑)
結局それぞれが別々に飛んで行ったのですが、どのような意味があったのか
気になっていたトコでしたup
あれも三角関係だったかもhappy02興味津々ですhappy01

投稿: momoちゃん | 2013年6月29日 (土) 21時49分

>やまちゃん
おはようございます。
ルピナスも北海道では普通に見られる花だったようですね。
最近は花畑ブームなのか、こちらでもサクラソウやチューリプ園などがたくさんできました。


>でこっちさん
おはようございます。
鳥もそうですが、いろんな生き物の生態を調べると面白いことがいっぱい発見できますよ。
何気なく見える行動にも意味があるんですね。
鳥枯れなので、暇な時はこんなことして遊んでます。(笑)


>音函さん
おはようございます。
たまにはこんな写真も面白いでしょう。
蝶の飛んでる写真も慣れると、案外うまく撮れますよ!
試してみて下さい。

投稿: ソングバード | 2013年6月30日 (日) 06時25分

>水彩画さん
おはようございます。
蝶が舞う姿を見てると癒されますね。
自然界にもいろいろルールがあるようで、蝶の世界も婚活には苦労してるようですよ。(笑)
蝶は逃げても同じところに戻ってくる習性もあるので、暫く待てば・・・・eyeかも!!


>うずまきさん
おはようございます。
蝶の婚活も大変そうです。
タイにはいろんなハデハデの蝶がいっぱいいるのでしょうね。
我が女房殿からは、息子が駐在中に、「鳥や蝶の写真撮りに行ってみては・・!」と云われるのですが・・・・


>momoちゃん
おはようございます。
蝶々も無駄には飛んでないみたいですよ!(笑)
自然界には調べてみると、いろいろ面白いことが多くて、興味津々!!
momoちゃんもチビちゃんと一緒に調べてみませんか!!

投稿: ソングバード | 2013年6月30日 (日) 06時38分

こんばんは^^
蝶も綺麗に撮られますね・・花も素晴らしいし・・
もちろん・・鳥も・・この花はクリスマスローズかしら?

投稿: ミント | 2013年7月 1日 (月) 23時15分

>ミントさん
いつもコメント有難うございます。
蝶も撮ってみると楽しいですよ。
さすがに花写真だけは、いつも花の名前が難しくて苦戦してます。
名前の特定は、まだ鳥の方が、楽みたいです。(笑)

投稿: ソングバード | 2013年7月 2日 (火) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/52139145

この記事へのトラックバック一覧です: モンキチョウの横恋慕?:

« 太田吉沢「ゆりの里」を訪ねて(PartⅡ) | トップページ | 太田吉沢「ゆりの里」のゆり色々 »