« 田島ヶ原のサクラソウ自生地 | トップページ | 日光東照宮を訪ねて »

2013年4月19日 (金)

ヒキノカサ(蛙の傘)や関東タンポポなど・・・・

前回に続いて、秋ヶ瀬公園「田島ヶ原」の野草です。

ここ田島ヶ原の周辺にはサクラソウやノウルシの他にも、春の野草がたくさん見ることが出来ます。

前回少し紹介したヒキノカサの群生もノウルシの間で小さな花を咲かせています。

0886_r
ヒキノカサ(蛙の傘)

キンポウゲの仲間で、湿った場所を好む多年草です。

光沢のある黄色い5弁の花が特徴ですが、この花も絶滅危惧種に指定されています。

名前の由来が面白くて、花を蛙の傘に見立てて「蛙の傘」。

蛙が傘をさすとは思えませんが、昔人は、同じように湿ったところが好きな蛙の傘にちょうどいい大きさだと思ったのでしょうか。

ウマノアシガタの花によく似ています。

3474_r
ツボスミレ(坪菫)の花も咲いていました。

昨年は気付かなかったのですが、1センチほどの小さな花です。

唇弁(しんべん)にはいった紫色が綺麗です。

漢字では「坪菫」と書きますが、「坪」は庭の事で、「庭に咲く菫」ということで付けられたようです。

3464_r
アマドコロの群生も見られましたが、この日はまだ花を咲かせていません。

アマドコロ(甘野老)は、スズラン亜科アマドコロ属の植物の一種で多年草で、ヨーロッパ・東アジアに分布しています。

山地などに自生していますが、最近は栽培されることも多く、ポピュラーな花かも知れません。

同じ仲間のナルコユリ とよく似ていますが、ナルコユリは、花と花柄のつなぎ目が緑色の突起状になるのに対して、「アマドコロは突起状にならない。また、ナルコユリの茎は丸いが、アマドコロの茎には6本の稜があり触ると少し角張った感じがする。」ことで見分けがつきそうです。(ウィキペディアより)

0892_r
次の写真はなんでしょうか???

3484_r
カントウタンポポの花です。

タンポポと一口に言っても日本にはいろいろな種類のタンポポがあります。

関東から中部地方に分布する日本原産のカントウタンポポの他にも、東北・北海道に分布するエゾタンポポ、関西地方に多いカンサイタンポポ、関西以南に多いシロバナタンポポ、全国に分布しほとんど一年中咲いているセイヨウタンポポなどがあります。

普段、野原で普通に見かけるタンポポはほとんどセイヨウタンポポで、カントウタンポポを見かけることは少なくなりました。

カントウタンポポ(関東蒲公英)

もちろんキクの仲間で、名前の通り、関東で多くみられます。

花期は3~5月で、セイヨウタンポポがほぼ1年中見られるのに対して、春しか見ることが出来ません。

カントウタンポポの特長は総苞外片の部分が反り返っていないことです。セイヨウタンポポは大きく反り返っているので、花をちょっと裏返してみると見分けがつきます。

0878_r
次の写真はノウルシの間から顔を出したカントウタンポポですが、花の下の総苞(そうほう)外片の部分が反り返ることなく閉まってるのが分かります。

0899_r_2
次はシロバナタンポポ(白花蒲公英)です。

名前の通り、白い花をつけるタンポポですが、カントウタンポポと同じように花期は3~5月です。

本種は日本在来種で、本州関東以西、四国、九州に分布し、西の方ほど多く見られ、 北限ははっきりしませんが、北海道松前町龍雲院の境内で確認されているそうです。

0874_r
菊の仲間の特徴である、花びらのように見える舌状花は、他のタンポポと比べても少ないことが分かります。

0873_r
タンポポも、最近か交雑種が増えたりして見分けがつきにくいものもあるようですが、一度足元のタンポポをゆっくり観察しても面白いかもしれません。

以前にも書いたことがあるのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「セイヨウタンポポが日本古来のタンポポを駆逐してしまった」と良く言われることがあります。

これは正確には誤りだという説があります。セイヨウタンポポの名誉挽回(?)の為にももう一度書いておきたいと思います。

セイヨウタンポポは在来種よりも生育可能場所が多く、かつ繁殖力が高いが、その反面で多くの在来種よりも低温に弱く、初春から初夏にかけての寒暖差が激しい条件下では生育できない場合も多い。

セイヨウタンポポの個体数が多いために相対的に在来種の割合が減っただけで、在来種も一定の個数で存在している。また、茎を大きく伸ばさないため、かえって都市部で在来種が見られる場合もままある。(ウィキペディアより)

 

 

こに時期の公園では八重桜も綺麗に咲いていました。

0922_r
0924_r

ポチッとよろしく!

|

« 田島ヶ原のサクラソウ自生地 | トップページ | 日光東照宮を訪ねて »

」カテゴリの記事

コメント

子供の頃に見ていた(@富山県)タンポポは花茎がとても長く、花の集合体も奥行があったので、
あれは日本タンポポだったのでしょうね。東京ではセイヨウタンポポしか見ないです。

最初のキンポウゲ科の植物はヒキノカサというのですか。イギリスでは牧草地などに自生していて
バターカップ(Buttercup)という名で親しまれていますが、毒草なのですよね。
面白いことに、学名のRanunculusは「小さなカエル」を意味するそうで、やはり蛙のように
湿地を好むことから由来したのだろうというこです。

投稿: sky | 2013年4月19日 (金) 16時50分

タンポポ 奥が深いですね~!
公園や里山で見かけるタンポポですが じっくり見て見たいです。

投稿: りり | 2013年4月19日 (金) 18時19分

(* ̄ー ̄*)そうですね。

ゆっくり見てみます。eye

黄色も白も一まとまりに見ていました。
なんの不思議もなく・・・sweat01

こうして、ここで勉強して・・ふふ・・得した気分で
タンポポ観察をしてみます。eyeeye

今年は、色々な花が 時期をずらせて咲いてくれるので楽しみが多いです。
今日は,PC仲間とお出かけしてましたよ。空気もおいしかったなぁ~happy01

投稿: こころぐ郁美 | 2013年4月19日 (金) 18時59分

ソングバードさんの解説を読んでいると、とても勉強になります。鳥だけではなく、花や虫にも詳しく、羨ましい限りです。さらに、掲載のマクロ写真の素晴らしさ…。参考にさせていただきます。

投稿: ヨッシー | 2013年4月19日 (金) 21時17分

ツボスミレとは珍しいですね。昨年湿原で初めて見ました。
関東タンポポと日本タンポポとは違う種類ですか?
こちらでは関東タンポポと呼ぶのは見かけないようですが、
日本タンポポと呼ぶのも総苞は締まっています。

ヒキノカサは本当にウマノアシガタに似ていますね。
でも名前を聞くと童話の世界の花のようですね。

投稿: nampoo | 2013年4月19日 (金) 21時37分

タンポポのシベって、とっても可愛らしい形をしているんですねぇ。

白い花をつけるタンポポ、これは実際にはみたことがないですねぇ。
公園のどこかにあるのだろうか...
じっくりと下をみながら歩いて探してみようと思います^^

投稿: 音函 | 2013年4月19日 (金) 21時44分

こんばんは
 
色々なお花が盛りだくさん。豊かな緑のかなで美しく映えていますね。
 
最初の「ヒキノカサ」は見るも聞くも初めての植物です。
似ているとあげていらっしゃる「ウマノアシガタ」も、こちらは一応
知ってはいますが会ったことはありません。
初めましての「ヒキノカサ」は一目見て、うちの近くでも見られる
「ケキツネノボタン」と似ているなと思いました。「ケキツネ…」は
もっとずっとがっしり頑丈な雰囲気ですが。
「ヒキノカサ」名前の由来を伺って「鳥獣戯画」を思い出しました。
 
タンポポも可愛いですね。うちの敷地内に何年か前ひょっこりやって来て
以来咲いているタンポポがあるのですが、在来種のタンポポです。
多分カントウタンポポでしょうね。そうそう、シロバナタンポポも見ましたよ。
まだ2度しか見ていません。

投稿: ポージィ | 2013年4月19日 (金) 21時52分

セイヨウタンポポと日本古来のタンポポとの違いや、在来タンポポを駆逐してしまったと思っていた外来タンポポの事が良く分かりました。
毎日歩く堤防には白も含めて数え切れないほどのタンポポが咲いています。明日はタンポポの裏側を見てみます。

投稿: country walker | 2013年4月19日 (金) 21時53分

こんばんは。
今、草花が最盛期を迎えていますね。
セイヨウタンポポ、カントウタンポポ
普段は意識していませんが、よく観察しないと
いけませんね。

投稿: 森の樹 | 2013年4月19日 (金) 22時42分

ソングバードさん こんばんは^^
花にも詳しいのですね・・勉強になりました。
白いタンポポ・・見た事ないです!
関東タンポポの写真・・メシベが クルっとカールして
いるのですね!可愛いですね♪
八重は今、満開ですね^^
アマドコロ(甘野老)ですか・・ナルコユリかと思いました(^^;

投稿: ミント | 2013年4月19日 (金) 23時35分

>SKYさん
おはようございます。
東京でも春先にはカントウタンポポがあちこちで見られるようですよ。
今度探してみて下さいね。
キンポウゲの仲間の中には有毒のものも多いそうですが、ヒキノカサが有毒かどうかは分かりません。
(有毒で有名なトリカブトもキンポウゲの仲間だそうです)
イギリスのバターカップ、花が少し違うようですが、同じ仲間なんでしょうね。


>りりさん
おはようございます。
何気なく見てるタンポポですが、いろんな種類があって面白いですよ。
散歩の途中で、花をひっくり返しながら一喜一憂してますが、顔がみんな同じようなので苦労します。(笑)


>こころぐ郁美さん
おはようございます。
またまたお仲間とお出かけですか。
楽しい仲間がいっぱいで賑やかそうですね。
タンポポもいろんな顔があるので、今度ゆっくり見てやって下さいね。
小型ヒマワリですよ~!!happy01

投稿: ソングバード | 2013年4月20日 (土) 07時25分

>ヨッシーさん
おはようございます。
お褒め頂いて恐縮ですが、実は、写真を撮ってから後で調べてるだけなんですよ。coldsweats01
初めから知識があって撮れればいいのですが・・・・・


>nampooさん
おはようございます。
日本古来のタンポポを総称して日本タンポポと呼んでるのでしょうか。
在来種だけでも20種類ほどあるそうですよ。
九州ではカンサイタンポポが多いのでしょうか??
(九州タンポポとは言わないかも(笑))
ヒキノカサ、なかなか可愛い花でしょう。


>音函さん
おはようございます。
タンポポの蕊は面白い形してるでしょう。
音函さんが好きそうな材料かも知れませんね。
タンポポの綿毛も面白いので、撮ってみて下さい。
シロバナタンポポは数が少ないようですが、今度公園で探してみて下さい。

投稿: ソングバード | 2013年4月20日 (土) 07時37分

>ポージィさん
おはようございます。
ヒキノカサはまだご覧になった事なかったですか。
小さな花ですが、群生してるところはなかなか存在感がありますよ。
キンポウゲの仲間はよく似てる花がいっぱいありそうですね。
なるほど、「鳥獣戯画」ですか、確かに蛙が蓮の葉か何かを頭にかざしてますね。good
タンポポも写真の材料には面白そうですよ。


>country walkerさん
おはようございます。
何気なく見てるタンポポですが、いろんな種類があって面白いですよ。
鳥枯れの時期はkんな写真撮って楽しんでます。
そろそろ鳥にも会いに行きたいのですが・・・・・

投稿: ソングバード | 2013年4月20日 (土) 07時45分

>森の樹さん
おはようございます。
タンポポも、セイヨウタンポポしか目に付かなかったのですが、
こんなに種類があってビックリです。
草花も鳥以上に難しいですね。


>ミントさん
おはようございます。
ミントさんも鳥撮りの合間にいかがですか!!!
花に詳しいわけではなく、老化防止に撮った写真を調べてるだけなんですよ。(笑)
でも鳥以上に奥が深いので、調べるのに苦労します。
そろそろシギチの到来で忙しくなりますね。

投稿: ソングバード | 2013年4月20日 (土) 07時51分

こんにちは、自分が行く近所の公園で観るのは、
やはり西洋蒲公英が多いですが、
シロバナ蒲公英は初めて観ました、珍しいですね。

投稿: 花の伝道師 | 2013年4月20日 (土) 13時51分

こんにちは。

タンポポにも西洋タンポポと日本タンポポがあるくらいで
詳しい事は分かりませんでした。
一年中見られるタンポポが西洋タンポポで
今地面に顔を出して花を咲かせているのが日本タンポポ
位しか知識がありません。
それも定かではありませんが・・・
ここではカントウタンポポというのですね。
白いタンポポ、見たことありませんでした。

投稿: でこっち | 2013年4月20日 (土) 17時32分

ソングさん、こんばんわ(#^.^#)
タンポポのお馴染みさんが道端でたくさん綿帽子になっていますよ~happy01
関心を持つって重要ですね、いくらでも楽しませてもらえるねheart04

投稿: momoちゃん | 2013年4月20日 (土) 22時40分

ご無沙汰です~
息子の家で家政婦などをやっていた間に季節が進んでしまいました。
でもアマドコロまで開き始めていたなんて・・・。
いつも撮りに行く牧場の八重桜も終わってしまったようでこちらで楽しませていただきました。
ヒキノカサの名前はは初めて知りましたが、本当にウマノアシガタそっくりですよね。
面白い名前を考え付くものですね(^^♪

投稿: mio | 2013年4月21日 (日) 10時09分

>花の伝道師さん
おはようございます。
シロバナタンポポ、関東ではあまり見かけませんね。
私も2度目くらいで、写真に収めたのは初めてなんです。
普通のタンポポとちょっと雰囲気が違うと思います。


>でこっちさん
おはようございます。
植物は鳥以上に奥が深いみたいですね。
種類が多すぎて、とても手に負えません。
日本タンポポの見分けも難しそうです。
見た目だけではみんな一緒に見えてしまいます。(笑)

投稿: ソングバード | 2013年4月22日 (月) 06時30分

>momoちゃん
おはようございます。
四万十川の土手もタンポポでいっぱいかな???
もう綿帽子付け始めましたか。
こちらはまだチラホラ!!
今は鳥も少なく、下ばかり見ながら歩いてますよ。


>mioさん
おはようございます。
孫ちゃん、だいぶ大きくなって来たかな??
お手伝いで忙しそうですが、「それもまた楽し!!」ですかね。(笑)
野山は春いっぱい!!たくさんの花が咲いてますよ。
今は鳥の数も少なく、花を楽しんでます。

投稿: ソングバード | 2013年4月22日 (月) 06時38分

タンポポ、昔は道端みよく咲いていましたが、
最近は公園などでしか見掛けなくなりましたね。
白いタンポポは初めて知りました!

蛙の傘とは面白いネーミングflair実際に鼻を見た事のない私にとっては
鼻の大きさが良く分かりましたhappy02
もし、本当に蛙が傘をさしたとしたら・・・色・大きさともにグッドですsign01

投稿: うずまき | 2013年4月22日 (月) 16時07分

>うずまきさん
おはようございます。
夏のひまわりにに比べて、春のタンポポはほのぼのしてて季節を感じる花の一つですね。
白いタンポポはこちらでもあまり見ることができません。
ヒキノカサ、誰が考えたのか、面白い名前ですね。
今度小さなかえると一緒のところを撮りたいなあ!!(笑)

投稿: ソングバード | 2013年4月23日 (火) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/51272802

この記事へのトラックバック一覧です: ヒキノカサ(蛙の傘)や関東タンポポなど・・・・:

« 田島ヶ原のサクラソウ自生地 | トップページ | 日光東照宮を訪ねて »