« 「紅葉見ナイト」2012 | トップページ | 公園の身近な小鳥たち(2) »

2012年12月 5日 (水)

公園の身近な小鳥たち(1)

自宅から車で30~40分圏内に、いくつかの公園があり、その公園には冬鳥がたくさん来る季節になりました。

特に珍しい鳥たちではないのですが、今回は、最近のM公園、K公園の散歩で見つけた鳥たちを載せてみました。

別に何かを撮るつもりではなく、ぶらぶらと散策の途中に撮ったものです。

まずがシジュウカラ(四十雀)ですが、この鳥はいつでも見れるお馴染みの鳥ですね。

適応力も強く、最近は町中でも繁殖していますが、身近にいる割にはスズメ同様、なかなか用心深い鳥です。

7630_r

次は、これもお馴染みのカワラヒワ(河原鶸)です。まさに河原に住む鶸の仲間ということでしょうか。

日本では留鳥または冬鳥ですが、年中見ることが出来ます。

08513_r

非繁殖期には群れをつくって飛び回っているのですぐに分かりますが、よく見るとなかなかなのお洒落な装いです。

7472_r

次はヤマガラ(山雀)です。上のシジュウカラが街の近くに棲むカラだとすると、ヤマガラは山に棲むカラの仲間で、兄弟分に当たります。

ヒガラやコガラなども同じ仲間ですね。

冬になると街の近くまで降りてきますが、人懐っこいことでも有名です。

7510_r

このヤマガラも、年によってはあまり姿を見せない年もあるのですが、今年は例年より多いみたいであちこちで目にします。

7520_r

次は、シメ(鳹)です。

日本では中部以北で繁殖するほか、冬鳥として全国に渡来します。

7547_r

鳴き方も独特で、すぐに見つけることが出来ます。嘴が大きくて、ちょっと怖い顔をしてますが、冬の人気者です。

上のカワラヒワと同じアトリの仲間です。

08539_r
そして、冬鳥の定番、人気者のジョウビタキ(尉鶲)です。

K公園のジョウビタキは、毎年すぐ近くで愛嬌を振りまいてくれます。

08317_r

次の写真はドアップ写真ですが、あまりにも暗い所で、色が出てませんが、こんな近い所で見ることが出来ます。

08310_r
このようにちょっと気を付けて探してみるといろんな小鳥が見つかります。

すでに何度か登場してるマヒワやコゲラ・ヒヨドリ・ツグミ・カワセミ・ハクセキレイ・キセキレイなども見ることが出来るの冬の公園散歩はちょっと寒いですが面白いですよ。

今回のおまけは、そんな散策の途中に撮ったススキです。

7618_r

7578_r_2

次の写真はススキではなさそうですね。キラキラ輝いてました。何だろう???

7601_r

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く!!

今回はコメント欄を閉じてます。

ポチッとよろしく!

|

« 「紅葉見ナイト」2012 | トップページ | 公園の身近な小鳥たち(2) »

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/48084226

この記事へのトラックバック一覧です: 公園の身近な小鳥たち(1):

« 「紅葉見ナイト」2012 | トップページ | 公園の身近な小鳥たち(2) »