« 今年もオシドリがやってきた | トップページ | デジスコでユリカモメ »

2012年11月13日 (火)

デジスコってなに??

デジスコやデジイチで写真撮り始めて、自分ではあまり意識してなかったのですが、最近「デジスコって???」ということをよく聞かれます。

そこで、今回はデジスコの事を少し触れてみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沼にはユリカモメが毎年やってくるのですが、飛び物を撮る練習をするのに、格好のモデルさんです。

この日もユリカモメが5~6羽、時々飛び立っては水面の小魚などを捕ってます。

飛び物というと、本来デジイチの出番なのですが、今回はデジスコの練習です。

少し前に書いたように、新しく導入したソニーのコンデジDSC-RX100がなかなかの優れもので、飛び物も何とかなりそうな予感がします。

まずは水面に飛び込むところの連続写真から・・・・・

06910

06911

06912

06913

そして飛び出します。餌捕りは失敗したようですね。

飛び込んでから飛び出すまで、ボケ写真の為5枚ほどコマ抜けしてますが、1回の連写で撮ったものです。

06919

06920

もちろんデジイチで撮った写真に比べると少しピントが甘いのですが、何とか撮れそうな雰囲気がしてきます。

ここでちょっと本題に戻して・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「デジスコって何???」って最近よく聞かれますので、分かりやすく説明をしておきますね。

簡単に云うと・・・・・・

バードウォッチングなどに使うスコープの接眼レンズ(アイピース)の部分にデジカメを押し付けて写真を撮る仕組みのことなんです。(もちろん双眼鏡でも可能です)

証拠写真程度でもよければ、携帯電話のカメラを押し付けて撮ることもできます。

この方法を、「コメリート法」と云いますが、ここでは詳しいことは割愛しますね。(詳しく知りたい方は末尾に紹介するサイトをご覧ください)

スコープを覗いて、目に映った像をそのままデジカメで撮るんです。

基本的なシステムの構成は、下の写真の通りです。

Img_1651_r

通常は①と②だけで野鳥観察などで使います。(接眼レンズはメーカーによってはそのまま使えず、デジスコ用に変える必要があるものもあります)

③のブラケットを介して、⑤のデジカメをセットし、ピントの山がよく見えるように液晶フードを付けます。

④の照準器は、素早く遠くの鳥を補足するために必要なもので、また、カメラのブレを防ぐためにはレリーズも必携です。

使用するカメラはデジイチでもコンデジでも可能ですが、しっかり撮ろうとすると、光軸合わせなどが必要で、何でもOKという訳にはいきません。

器用な方はこれらのシステムを自作される方もおられますが、私はDIGISCO.com製の既製品を使ってます。

そしてこれを組み立てたのが、次の写真です。

Img_1656_r

もちろん、デジスコでは35ミリ換算で概算1000~3000ミリ程度の合成焦点距離になりますから、しっかりした雲台や三脚も必要になりますね。

撮り方はシンプルで、鳥を照準器で補足して、液晶フードを覗きながら、スコープのピントリングを回してピントを合わせ、レリーズを半押ししてカメラを合焦させてからレリーズを押し込んでシャッターを切ります。

この一連の動作を出来るだけ素早くするには多少のコツと慣れが必要ですが、慣れてしまえばそれほど難しくはありません。

(合成焦点距離の計算式も書いておきます)

[合成焦点距離] = [接眼レンズ倍率]×[デジカメの焦点距離]

上の写真のデジスコのシステムで計算してみると、使用している接眼レンズ:38倍、DSC-RX100の焦点距離:10.4~37.1mmなので・・・・・・

合成焦点距離=38×10.4~37.1=395.2~1409.8mm

35ミリ換算では、約2.7倍しますので、約1060~3800mmになります。(実用的な範囲は1100~2000ミリ程度でしょうか)

ちなみに、大砲レンズの800mmにAPS-Cのデジイチを使用すると、35ミリ換算:1280mmです。(価格的にもシステムで150万円超)

ちょっと話が難しくなってきましたね。

それでは、次に今まで使ってきた拙い経験からデジスコの特徴を書いておきます。

・デジイチの大砲レンズのシステムに比べて、圧倒的に軽くて、価格が安い。

・遠くのものを撮るのに有利で、鳥にもストレスを与えにくい。

・動く物や近くの物に対しては苦手で、デジイチとは勝負になりません。

・高倍率で、画角が狭く被写界深度も浅い為、慣れるまではちょっと苦労します。

・画質は、使用するカメラによってはかなり差が出てきますが、最近のカメラの性能進歩が著しいので、一概には判断できないと思います。(好みもありますし…)

今回はユリカモメの飛び物を載せていますが、前回載せたオシドリやタゲリ、イソシギ、アオアシシギなどの写真はすべてデジスコで撮ったものです。

もう一つ、デジスコの得意なドアップ写真を載せておきます。(在庫からですが、以前の記事にも載せた写真です。)

こんな写真もデジスコの得意分野かもしれません。

0293_r

このようにデジスコやデジイチにはそれぞれ長所も短所もあります。

どちらをメインにするか?最終的には自分のライフワークに合わせた機材をそろえるのが一番だと思います。

私も鳥の写真に関しては、60%ぐらいがデジスコ写真で、デジイチ写真は40%ぐらいです。

そんな中で、何とかデジスコで飛び物を撮りたい!・・・・・・・という私は、最近ちょっと無謀な挑戦を始めたところです。

そんな練習台になってくれたユリカモメもどうぞ見てやって下さい。

デジスコは高倍率で撮るために、被写界深度(簡単に云うと、ピントの合う範囲)が浅くて、特に飛び物はピントが甘い写真になってしまします。

大量のボケボケ写真の中ならいいものだけ取り出します。

06216

06234

デジスコの解説でもう少し詳しく知りたい方は、下記サイトをご覧ください。詳しく説明されてます。

http://www.digisco.jp/blog/archives/cat144/index.html

なお、記事のデジスコについて誤った記載があるかもしれませんので、お気づきの方は教えて下さいね。

次回はこの続きです。

ポチッとよろしく!

|

« 今年もオシドリがやってきた | トップページ | デジスコでユリカモメ »

」カテゴリの記事

コメント

1000ミリを超える世界、魅力的です。カワセミのアップには思わず「うーん」と唸りました。
「野鳥写真の研究室」、これからゆっくり読ませていただきます。関心は大ですが・・・

投稿: country walker | 2012年11月13日 (火) 09時38分

ありがとうございます。いい勉強になりました。

投稿: 旅の駱駝 | 2012年11月13日 (火) 12時11分

こんにちは。
まだちょっと分からない部分もあるものの(私がドシロウト過ぎるんです)、
丁寧なご説明で仕組みについてはとっても良く分かりました。

そういえば、以前10倍ズームのコンデジに10倍の双眼鏡を手で押し付けて
月を撮ってみたことがあったのを思い出しましたよ(^^;)
コンデジに追尾機能がついていたら、デジスコでも飛び物のピントが
さらに合いやすいのかもしれませんね?
カワセミ嬢のドアップには惚れ惚れしました。

投稿: ポージィ | 2012年11月13日 (火) 16時28分

難しいお話で よく解りませんが……
いつも美しい写真を載せて居られるソングバードさんの、舞台裏を覗かせて頂いた気持ちです。
これからも~ステキな写真を見せてください~。

投稿: りり | 2012年11月13日 (火) 16時28分

こんばんは、デジスコのこと勉強に成りました。いずれにしても三脚はじめセットが大変ですね、
車に機材積んで場所取りも、根気、撮る気、元気、で後の編集の楽しみですね、有難う御座いました。

投稿: 花の伝道師 | 2012年11月13日 (火) 17時13分

o(*^▽^*)oキャーー❣❣大学の講義見たいだった!!

ソングさんの、お蔵の中をちょっぴり覗かせていただいたなぁ~
こんなもんじゃないぞ❣❣・・・解ってまーす!!

やっぱり、私には無理でーす。でも、こうして楽しませて下さい。
いつもワクワクして来てますよ。ここに・・・happy01heart04
なんてったって、胸躍るひと時ですもんね。

ただ、もうちょっと良いデジカメは欲しいです。
夫のボーナスの時に話してみまーす(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャズフフフフかな?

投稿: こころぐ郁美 | 2012年11月13日 (火) 17時41分

こんばんは。
昼休みに じっくり読ませていただきました。
カメラ雑誌のデジスコ特集のように詳しく書かれていますね。
飛び物にチャレンジされるのは凄いことです。
オートフォーカスのデジスコがあったら、「鬼に金棒」ですね!!
 ↓ オシドリ、水面の色といい綺麗ですね~

投稿: 森の樹 | 2012年11月13日 (火) 17時51分

さすが、わかりやすく、書かれていますねwink

自分も、今シーズンのライチョウの記事を書き終えたら、デジスコの話を書こうと思っていたので・・・
(といっても、今春の信州は、いまいちでしたが・・・)

いきなり、デジスコって書いても、?ですし、デジスコ.comのハイパーリンクを貼るだけでは、
無責任な感じもしますし。

元々、デジイチを食うだけのシステムですから、
動画を組み合わせれば、もっと、発展性に期待できますしね


ただ、昔に比べて、カメラの選択肢が少なすぎるのがcrying

COOLPIX 4300、DSC-W5が懐かしい(全域ケラレなしは、最大の武器でした)

ニコン V2が出たけど、V1のアダプター一式、流用可能である事を願う・・・

投稿: R.Ptarmigan | 2012年11月13日 (火) 19時49分

とても詳しく写真付きで説明していただけて、
デジスコについてしっかりとお勉強できました^^
しかも、水面めがけての飛翔写真も見ることができて、
とても楽しかったです^^

投稿: 音函 | 2012年11月13日 (火) 20時45分

こんばんは~。
カメラが凄すぎです。
こういうカメラで撮られてるんですね。
翡翠の写真は圧巻ですね。
こういう写真を撮ってみたいものですが、夢のまた夢ですね。
カメラが重そうというか、立派過ぎですわ~~~dog

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2012年11月13日 (火) 20時59分

デジスコって凄いですね。
あんなに色んな部品を組み立てるなんて、とても私には無理のようです。
しかし、分かりやすく説明していただいてありがとうございました。
ユリカモメの連続写真素晴らしいですね。
カワセミのドアップ凄~~い!

投稿: nampoo | 2012年11月13日 (火) 22時54分

こんばんわ(#^.^#)
うわ~、わからんよ~coldsweats01色んな機材が合体してるんですねwobbly
楽しく感動して見せて頂けて、私は十分です(笑)
出来の悪いファンですが、よろしくですhappy01heart04
ポージィさんが言ってるように、カワセミのアップは、ホントに美しいですねshine

投稿: momoちゃん | 2012年11月13日 (火) 23時26分

デジスコの構成…よくわかりました。プロミナは持っているのですが…どうカメラと接続していくのか…実はよく知りませんでした。笑
それぞれ長所短所生かしてですね。デジスコは僕もそろえて行きたいと思っています。

投稿: noharatugumi | 2012年11月13日 (火) 23時28分

country walkerさんところから来ました。

デジスコって、まさしく狙った獲物は逃さないライフルのようですね。

動きの激しい小鳥の表情までバッチリなんですね。

ポチ。

投稿: tac-phen | 2012年11月14日 (水) 02時56分

>country walkerさん
おはようございます。
デジスコもデジイチもそれぞれの楽しみ方があるので、どちらが良いとは言えませんね。
もちろんお金と体力があれば、両方楽しめますけど・・・・(笑)
ドアップ写真はさすがデジスコの出番ですね。

 
 

>旅の駱駝さん
コメント有難うございます。
鳥の世界ではこんな機材も使うんですよ。
先人はよく考えたと思います。

 
 

>ポージィさん
おはようございます。
初めてデジスコを見た方は一様にびっくりされますね。
誰が考えたのか、鳥を撮るにはなかなかすぐれものなんです。
カワセミのドアップ写真、気に入って頂けましたか。
もともとバードカービングの資料用に撮ったものなんですよ。

投稿: ソングバード | 2012年11月14日 (水) 07時30分

>りりさん
おはようございます。
鳥を撮る方以外では難しすぎるかもしれませんね。
こんな機会で撮ってるんですよ。
もちろんデジイチでも撮るんですが、こちらの方がドアップ写真も撮れるんです。
これからもいっぱい撮ってきますね。

 
 

>花の伝道師さん
おはようございます。
大砲レンズより軽くて楽なんですが、さすがに長時間の歩きは疲れますね。
確かに、準備して思い通りのものが撮れると、編集ひとつにも力が入ります。

 
 

>こころぐ郁美さん
おはようございます。
長い講義見て頂いて有難う!!
居眠りしませんでしたかぁ~!
普段こんな器械を担いで写真撮ってるんですよ。
最近のデジカメ、オッ!と思うような機能が付いてて楽しいですよ。
是非おねだりして、手に入れて下さい。lovely

投稿: ソングバード | 2012年11月14日 (水) 07時42分

>森の樹さん
おはようございます。
デジスコ使いの森の樹さんには、当たり前の話かもしれませんね。coldsweats01
今回飛び物にも挑戦してみたのですが、さすがにカワセミのよな小さくて速いものは難しいですね。
でも、大きな鳥は何とかなりそうです。
仰るようにオートフォーカスのスコープがあれば楽勝ですが、多分価格は・・・・・????(笑)
オシドリ、有難うございます。

 
 

>R.Ptamiganさん
有難うございます。
よくデジスコの質問をされるので、今回載せてみました。
確かに最近、カメラの選択肢がなくなってきましたね。
それにカメラを変えるたびにブラケットも変える必要があり、結構コストアップになります。
ニコンビジョンが新しく出したシステムにはちょっと興味があるのですが、・・・・・
ニコンあたりがもっと積極的に出してくれれば面白いですね。
Ptamiganさんのデジスコ特集も是非載せて下さいね。

 
 

>音函さん
おはようございます。
こんな機材担ぎながら、鳥さんを探してるんですよ。(笑)
今度、展望台などで望遠鏡などがあれば、お手持ちのコンデジか携帯電話を押し当てて試してみて下さい。
面白い風景写真が撮れるかも???

投稿: ソングバード | 2012年11月14日 (水) 08時02分

>ジャネット・ぽこ・リンさん
こんにちは。
カメラそのものはそんなに大層なものではないのですが、全部組み立てるとちょっと大げさに見えるかもしれませんね。
カワセミのドアップなど時々撮るんですが、なかなか面白いでしょう。
ここまで大きなカワセミ、普段見れませんものね。(笑)

 
 

>nampooさん
こんにちは。
部品だけ見ると、ちょっと大げさですが、大砲レンズに比べると軽いんですよ。
マニュアル撮影なので、早く動く物は苦手なんです。
今度、試しに、望遠鏡や双眼鏡にカメラ押しつけて撮ってみて下さい。

 
 

>momoちゃん
こんにちは。
カワセミもこうしてみると色が綺麗で、澄んだ目がかわいいでしょう。
部品がいっぱいで面倒臭いですが、こんな写真が撮れると・・・・・happy01
これからもいっぱい楽しんでください。

投稿: ソングバード | 2012年11月14日 (水) 16時11分

こんにちは。
デジスコって色々の機材をつけて組み立てて使うのですね・・
驚きました。コンデジや携帯電話につけても使えるとは・・
私にはとっても難しく無理ですが。。
今、使っているデジイチでも手こずっているのに・・
凄いです。
でもこの説明でデジスコが何となくわかりました。
動きのある写真にもってこいなんですね・・・

投稿: でこっち | 2012年11月14日 (水) 16時18分

>noharatugumiさん
こんにちは。
大分冬鳥も増えてきましたね。
ちょっといろいろ面倒臭いですが、遠くの静止してるものを撮るには便利ですよ。
慣れるのにちょっとしたコツが必要ですが、機会があれば試してみて下さい。

 
 

>tac-phenさん
ご来店頂いた上にコメントもいただき、有難うございます。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
埼玉で鳥写真を中心に勝手気ままな写真日記を書いてます。
まだまだ稚拙なブログですが、これからも宜しく!!。
tac-phenさんのブログにもお邪魔しますね。


投稿: ソングバード | 2012年11月14日 (水) 16時27分

>でこっちさん
こんばんは。
冬の鳥もだいぶ活発になってきましたね。
でこっちさんのフィールドでも、デジスコを使ってる人がおられるかもしれませんね。
デジスコは、動きの速い鳥は難しいです。
普段はデジスコで動きの速い鳥を撮ることはありません。
今回はたまたま飛び物を載せましたが、でこっちさんのカメラの方が飛び物には向いてますよ。

投稿: ソングバード | 2012年11月14日 (水) 17時13分

デジスコでの飛び物に挑戦ですか。成果を期待しています。
私はゆっくり飛ぶ大型の鳥なら狙うことがありますが、ユリカモメやコアジサシなどは諦めています。

投稿: key | 2012年11月14日 (水) 21時29分

デジスコも、すべての機材を、最初から揃えると、結構掛かりますものね・・・
ただ、スコープだけは、最初に良いのを一度買えば、ほとんど一生モノかも知れませんね?

スワロも、新しいのが出たようですが、今のところ、今使っているので十分です。

これだけ、デジスコが使われているんですから、メーカーも、もっとデジスコにピッタリの、コンデジを作ってくれても良いのかなと、思いますよね。
せめて、コンデジのレンズ部分にも、アダプターを付ける、ネジ山をつけて欲しいですよね。

投稿: てっちゃん | 2012年11月14日 (水) 23時28分

ソングバードさん こんばんは^^
流石ですね・・デジスコ・・良く解りました^^
カワセミのドアップ写真・・羽根の1本1本まで鮮明で
流石・・デジスコですね・・
一眼とデジスコ・・使い分けて撮ってる・・ソングバードさん
すごいですねー!

投稿: ミント | 2012年11月15日 (木) 00時23分

>keyさん
おはようございます。
デジスコで、飛び物でも撮れればいいなあ~・・・なんて・・・挑戦してますが、難しいですね。
先日久しぶりに葦原でチュウヒを撮りに行ってみましたが、ボケ写真の連発でした。(笑)

 
 

>てっちゃん
確かにそうですね。
特にカメラやブラケットは新製品が出るたびに買い替えるのはバカになりません。
メーカーも、もう少し考えてほしいものです。
スコープだけは、そのまま使ってますから助かりますけど・・・・・

 
 

>ミントさん
おはようございます。
両方を使い分けるのが一番いいのですが、大砲レンズまでは手が届きません。
デジスコは慣れるまでが大変で、途中で諦めてしまう人が多かったのですが、最近のカメラは結構解像度も良くなってきたので使えますよ。
カワセミのドアップ写真など撮って遊べますし・・・・・(笑)

投稿: ソングバード | 2012年11月15日 (木) 06時52分

デジスコ、とても関心のある機器で、ソングバードさんの説明で判りました^^

毎回、シギチの時には買おうか迷っています。。
でも、歩き回るのが好きな私では、負担が多いので、諦めていますが。。
やはり、UP画像に魅力を感じます。。。
迷って3年です。。

投稿: ケチャプ姉さん | 2012年11月15日 (木) 09時35分

>ケチャップ姉さん
コメント有難うございます。
シギチの撮影にはデジスコは向いてるかもしれませんね。
慣れるまでちょっと大変ですが、鳥撮り仲間の方にデジスコ使いの方がおられるのでは??
自分でよく確認してから検討された方がいいと思います。
早計に導入して、途中で諦める方も結構多いようです。

投稿: ソングバード | 2012年11月15日 (木) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/47816756

この記事へのトラックバック一覧です: デジスコってなに??:

« 今年もオシドリがやってきた | トップページ | デジスコでユリカモメ »