« 鳥居観音の紅葉(その2) | トップページ | アシ原の鳥たち »

2012年11月24日 (土)

ちょっと変わった冬の人気者(アリスイ)

毎年冬になると、変な容姿のキツツキの仲間が人気者になります。

この日はなかなか姿を見せてくれなかったのですが、それでも待つこと4~50分、やっと

姿を見せてくれました。

その鳥の名はアリスイ(蟻吸)

名前も変わってますが、とてもキツツキの仲間と思えない姿をしています。

07802_r

日本では北海道・東北の一部で夏鳥として繁殖しますが、冬鳥として全国に渡来するキツツキの仲間です。

草原や葦原などで生息していて、他のキツツキのように、樹をコンコン突っつく姿は見られません。

関東地区でも、この時期なると葦原などで、鳥撮りさん達がいつ出てくるか分からないアリスイをじっと待つ姿がよく見られます。(私もその一人ですが・・・・)

07844_r_2

このアリスイの主食はアリなどの小昆虫ですが、キツツキ特有の長い舌で舐めるように捕食します。

漢字が「蟻吸」となってますが、吸い取ってるのではありません。本来なら「蟻舐」なのかもしれませんね。(笑)

07790_r

それでは、この鳥の名称はどこから来たのか???

「鳥字源」によりますと・・・・・・

アリスイの「ス」は、一音節読みの俗(ス)の事で、俗の字には「欲」の意味があるとされてます。

欲は「欲する、希望する」という意味の字ですね。

食という字は一音読みでイとも読み、「食べる」という意味です。

従って、スイとは「俗食」つまり、「欲食」の事であり、直訳すると「欲して食べる、食べるのを欲する、食べたがる」の意味であり、すなわち、「好んで食べる」という意味になります。

以上の事から、アリスイとは、「蟻俗食」、つまり、「蟻欲食」であり、直訳すると「蟻を食べたがる(鳥)」という意味です。(以上「鳥字源」より)

07814_r_2

それでは、なぜ、姿形や捕食の形態が異なるのに、似ても似つかぬキツツキの仲間にされているのか???

それは足の形態と長い舌にあります。

足の形は鳥の種類によっていくつかに分けられますが、多くの鳥は「三前趾足(さんぜんしそく)」と云って、前に三本の脚指で第一趾が後ろ向きにあって枝などに止まり易い構造になっています。

ここではイカルの足の写真を載せてみますね。(在庫から大きくトリミングしてます)

1_r
キツツキの仲間は、オームなどと同じように、前に二本、後ろに二本が配置されてる「対趾足(たいしそく)」の部類に入りますが、木の幹などを登る時は、第四趾が水平の位置まで動く「外対趾足(がいたいしそく)」に変わります。

キツツキの仲間のアカゲラの足を載せてみます。(やはり、大きくトリミングしてます)

5492_r
違いが分かるでしょうか??

足の爪の位置をよく見て下さいね。足の形状の違いが分かるはずです。(アリスイはキツツキの仲間ですから下の写真の足の格好をしてます)

しかもアリなどを舐める為の長い舌は20センチほどもあり、この長い舌は他のキツツキ同様、頭の中の収納されてるから驚きです。

アリスイも、このようにキツツキの特徴を持っているため、姿・行動は違っても同じ仲間なんです。

次の写真は、ちょっと身体のお手入れ中です!!

07818_r

モヒカン刈りのような模様が入った後頭部も見て下さい。なかなかお洒落です。

07838_r

他の枝に飛び移ろうとしてるのかな??

07842_r

横顔も、なかなかのものです。飛び移った枝でお澄まし顔??

07849_r

今回は長い舌を出した恐竜顔は見れませんでしたが、このアリスイ、やはり一年に一度は撮らないと年を越せない鳥の一つになってしまいました。(笑)

アリスイの事は以前にも載せていますが、長い舌を出した恐竜顔をご覧になりたい方は・・・・・こちら

ポチッとよろしく!

|

« 鳥居観音の紅葉(その2) | トップページ | アシ原の鳥たち »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
「アリスイ」という鳥のこと、初めて知りました。
キツツキの仲間にしては口ばしちっちゃい~と思いましたら、
コンコンして穴を開けることはしないんですね。
アリスイの名前の由来、足のこと、長い舌のこと(過去記事も拝見)
へぇ~ほぉ~なるほど~ と、興味深く拝見しました。
模様も独特で面白い鳥さんですね。
見た目で好き嫌いが分かれるとのお話に、ヨタカを思い出しました。
 
↓ カヌー工房のデカワンはニューファンドランド・シープドッグ
でしたか。カヌーにニューファ、ぴたっりですね!
ストロボ焚いて驚かしてはいけないとのワンちゃんへのご配慮、
さすがはソングバードさん♪

投稿: ポージィ | 2012年11月24日 (土) 16時24分

アリスイのこと、「そうなんだ!」と感心することばかりです。脚指の説明も素敵な写真付きで分かりやすいです。なかなか、脚指が入った写真は、撮れません。さすがです。

投稿: ヨッシー | 2012年11月24日 (土) 16時47分

昨年、初めて見たのですが、関西の知人に、「見た事がない」と言ったら、驚かれてしまいました。
(北陸では、渡り通過の時期にしか見られないので、太平洋側に行くしかない)

アリスイは、金属的な音で鳴くのも、特徴ですね
(チョウゲンボウの声に似ているとも言えるかな?)

去冬の撮影ポイントに、工事が入っているらしく、見られるのか懸念が残りますwobbly

投稿: R.Ptarmigan | 2012年11月24日 (土) 18時54分

アリスイ、図鑑では見たことがありますが本物は勿論見たことはありません。
過去の記事も拝見いたしましたが鳥なのに長い舌を出してアリを捕食、実に珍しい鳥ですね。

投稿: country walker | 2012年11月24日 (土) 19時41分

アリスイ…初めて聞く名前です。
タイトル見た時、植物の名前かな~なんて思いました。
生態よりも、姿・形で分類されている鳥さんなんですね~!
長~い舌の映像も見ました。おもしろいですね~!

投稿: りり | 2012年11月24日 (土) 20時33分

珍しい鳥の写真びっくりです。
この鳥がキツツキの仲間だなんて、詳しい説明をしてくださっていなかったら、
ほんとかしら? と思うところでした。
色々勉強させて頂きありがとうございました。
羽の生え方も変わっていますね。

投稿: nampoo | 2012年11月24日 (土) 20時37分

ソングバードさん こんばんは^^
アリスイ・・偶然・・今日 撮って来ましたぁ~♪
詳しい解説 大変参考になりました!
成るほど・・それでキツツキ科なのですね!
前回の・・こちら をクリックして長い舌の恐竜顔も
見てみました!爪の詳しい解説も写真入りで・・
大変 勉強になりました。ありがとうございました^^

投稿: ミント | 2012年11月24日 (土) 21時28分

木の幹をつっつかないキツツキの仲間ですか。鳥さんも種類が多いですねcoldsweats01

投稿: 山の風 | 2012年11月24日 (土) 22時22分

私も『アリスイ』という鳥は初めて知りました。
読んでいるとどんどん疑問を解決してくださって
なるほど~と納得!キツツキの仲間は、あんなに
鋭い爪をしているんですね~

投稿: きなこもち | 2012年11月25日 (日) 12時12分

こんにちは。
アリスイはちょっと見は地味でパッとしないように
見えましたが、何のその、キツツキの仲間でアリを舐める
長が~い20cmもの舌、モヒカン刈の模様、足の指の爪、、
いっぱい特徴があるのがわかりました。
大きな画像で見たらソングバ-ドさんのおっしゃるとおり
可愛い鳥さんでした。

投稿: でこっち | 2012年11月25日 (日) 16時17分

今晩は~。

身体のこと、ご心配を頂き有り難うございます。お陰様で、以前と変わりなく、元気で過ごしております。

アリスイ・・・存じませんでした。意識して探したことはありませんが、飛騨では見かけません。

以前の記事も拝見しました。何となく、は虫類を思わせるような、長い舌ですね。

生き物は、長い長い歴史のなかで、生きるために色々な進化や特化をしたのですね。
面白くも愛おしくもありますね。

投稿: けんいちろう | 2012年11月25日 (日) 16時59分

確かに今日も、何時出てくるか分からない主を待つ人が数人いました。
顔に似合わず人気者ですね。

投稿: key | 2012年11月25日 (日) 21時02分

>ポージィさん
こんばんは。
アリスイ、普段はあまり見る事がないので、気づきませんよね。
鳥撮りさんでも、そんなに簡単に出会える鳥でもないんですよ。
そう云えば、ヨタカもそうかもしれませんね。
ワンちゃん、図体はでかいですが、優しそうな顔と目をしてて可愛かったですよ。

 
 

>ヨッシーさん
今晩は。
アシの事は以前、詳しく調べたことがあるんです。
実は、バードカービングの場合、足の寸法まで計りながら造るので・・・・
第1~第4趾まで、その位置を確認するんですよ。
バードカービングをやってなければここまで気づかないですよね。

 
 

>R.Ptarmiganさん
こんばんは。
アリスイ、北陸では見れないんですか。知りませんでした。
本州では冬場どこでも見れると思ってました。
確かにアリスイの声はすぐに判別できますね。
なかなか姿は見せませんが・・・・・

投稿: ソングバード | 2012年11月25日 (日) 21時38分

こんばんわ(#^.^#)
変わった鳥さんですねup 身体の模様は保護色なのでしょうか?
目立たないので見つけにくいのでは…happy01
鳥さんの足って、それぞれ違っているんだ…全然知らないことでしたcoldsweats01
長い舌の映像もしっかり見てきましたよ、なるほどhappy02と思うと同時に
よくその瞬間が撮れましたね~すごいすごいshine

投稿: momoちゃん | 2012年11月25日 (日) 22時38分

ずいぶんと後頭部の模様がクッキリとした鳥なんですね^^
周囲の木々と同じような色をしているから、
見つけるのが難しそうですね。

投稿: 音函 | 2012年11月25日 (日) 23時27分

>country walkerさん
おはようございます。
アリスイは、なかなか見つけにくい鳥ですが、冬の間、ほとんど同じところに留まることが多いです。
アシ原などに鳥撮りさんが待機してる所を見つける方が早いかもしれませんね。(笑)

 
 

>りりさん
おはようございます。
普段、アリスイに気づくことはないでしょうね。
綺麗な声で鳴くわけでもないし、かなりマイナーな鳥かもしれません。
でも、よく見ると、案外可愛いでしょう!!

 
 

>nampooさん
おはようございます。
初めてこの鳥を見た時は、びっくりしましたよ。
とても普通の鳥には見えませんでした。それに、まさかキツツキの仲間とは・・・・・!!
羽も地味ですが、愛嬌ありますよ。

投稿: ソングバード | 2012年11月26日 (月) 07時52分

>ミントさん
おはようございます。
ミントさんのアリスイ拝見しましたよ。
この鳥の生態調べてみると面白いことがいっぱい分かります。
鳥撮りさんたちの間では、冬の人気者ですよね。
愛嬌者で、しばらくは楽しませてくれそうです。

 
 

>山の風さん
おはようございます。
普段あまり見ることが出来ませんが、れっきとしたキツツキの仲間なんです。
ちょっと怪獣顔ですけどね。

 
 

>きなこもちさん
おはようございます。
アリスイ、名前も姿も変わってるでしょう!!
キツツキの仲間は垂直の幹を登り降りするので、それに合った足に進化したんでしょうね。
それぞれ特徴があって面白いですね。

投稿: ソングバード | 2012年11月26日 (月) 08時02分

>でこっちさん
おはようございます。
アリスイはまだご覧になった事なかったですか。
冬の間同じところにいてくれることが多いので、見る機会があるかもしれませんね。
アシ原などに多いので、出てくるまで待つ根気が必要ですが・・・・・・(笑)

 
 

 
>けんいちろうさん
おはようございます。
体調戻ってよかったですね。これからも飛騨の美しい景色、楽しみにしてます。
アリスイは、アシ原などに多いので、飛騨では見れないかも知れませんね。
なかなかユニークな鳥で、鳥撮りさんたちの間では、人気者なんです。

 
 

>keyさん
おはようございます。
この冬の間、賑わうかもしれませんね。
A公園でもいつも賑わう場所があるのですが、今年はウソにその人気を奪われたみたいです。(ウソはもういなくなったようですが・・・)

投稿: ソングバード | 2012年11月26日 (月) 08時11分

o(*^▽^*)oおそくなりました!!

アイリス・・・可愛いですね。heart04

ソングさんが、年が越せないって言うのが解ります。

見る度に、可愛くいとしくなってきますね。

止まっている枝もいい感じで採れてます。

超可愛いアイリスさんでした。kissmarkshineshine

投稿: こころぐ郁美 | 2012年11月26日 (月) 08時18分

>momoちゃん
おはよう!!
高知も、秋らしくなって黄葉が綺麗になってきたころでしょうか。maple
この鳥、まるで古代の化石みたいでしょう。
恐竜顔も、よく見ると愛好があって面白いですよ。
確かに保護色の役目を果たしてると思いますよ。
ソング君の衰えた目で探すのは大変です。eyeweep

 
 

>音函さん
おはようございます。
この鳥を見つけるのはちょっと苦労しますね。
かなり恥ずかしがりやがさんで、なかなか見えるところに出てくれないんです。
地味ですが、可愛いですよ。

投稿: ソングバード | 2012年11月26日 (月) 08時19分

>こころぐ郁美さん
おはようございます。
朝コメ有難うございま~す!!
同類相憐れむで、この醜い子の方が親しみを感じますよ!!(笑)
普段の行いが良いのでしょうか、今回はいいところに止まってくれました。
いつもはアシの中なら覗いてることが多いのに・・・・・

投稿: ソングバード | 2012年11月26日 (月) 08時24分

こんばんは。
アリスイと言う鳥の存在すら知りませんでした。
キツツキの仲間とはびっくりです。
前年の写真、見てきました。
舌がホント、長いですねdog

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2012年11月26日 (月) 20時22分

アリスイ、撮りまくりですね~
夏にこちらで繁殖したのが、そちらに行ってるかも知れませんね?

やっぱり、面白い鳥ですよね、アリスイって・・・そうそう、フクロウの仲間も、脚の指が、前2本、後ろ2本ですね。

投稿: てっちゃん | 2012年11月26日 (月) 23時22分

>ジャネット・ぽこ・リンさん
おはようございます。
面白い鳥でしょう。
普段見る事が少ないので、馴染みがないでしょうね。
長い舌で、アリなどをペロリッ!!まさに恐竜そのものです。

 
 

>てっちゃん
おはようございます。
そうですね。
北海道から来てるかもしれません。
こちらでは冬鳥ですが、なかなかの人気者ですよ。
カーバーのてっちゃんにとっては、足の形状などお手の物でしょう。
指が前2本の鳥って案外多いですね。

投稿: ソングバード | 2012年11月27日 (火) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/47949434

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと変わった冬の人気者(アリスイ):

« 鳥居観音の紅葉(その2) | トップページ | アシ原の鳥たち »