« アオアシシギとイソシギ | トップページ | 今年もオシドリがやってきた »

2012年11月 8日 (木)

タゲリも来た

ある日の沼の様子です。

前日は強風が吹き荒れていたので、もしかすると、何か珍しい鳥でも避難していないかと、午前中に出かけてみました。

ところが、いつもいる場所にいつものアオアシシギが1羽もいません。

その代わりにいたのは、4羽のタゲリです。この沼でタゲリを見る事はあまりないのですが、岸から結構遠い浅瀬に、コガモなどと一緒にいました。

05912

タゲリも毎年取り上げる鳥の一つですが、春先の田圃などで見る事が多く、今回この時期にこの沼で見るのは初めてです。

05915

タゲリ(田鳧)

チドリの仲間で、日本には冬鳥として本州中部以西で越冬しますが、春の田植えに時期に田圃などでよく群れで見ることが出来ます。

同じ仲間でケリという留鳥がいますが、金属光沢の色と黒くて長い換羽が特徴で、すぐ見分けがつきます。

「鳥名源」によると・・・・・・ちょっと面白い解釈がされてるので紹介しますね。

ケリとタゲリ、チドリの仲間でありながら「**チドリ」が省かれてるのはちょっと特徴があるからだそうです。

チドリは前脚指だけが3本だけで後ろ脚指が無いのですが、ケリやタゲリはチドリの仲間でありながら踵(かかと)の所から出ている後ろ脚指が1本あります。

この鳥の名前は、その特徴から付けられているそうです。

一音節読みで、踵(かかと)の事を跟(ケン)と云い、「別に」の事を叧(リン)と云います。

つまりケリとはこの跟叧の訛り読みの事で、直訳すると「踵に別のものがある(千鳥)」の事だそうです。

タゲリの「タ」は、田圃にいるケリだという意味だと思うのですが、「鳥名源」では、違う解釈をしています。

すなわち、タゲリは採食する時に、地面を片足でたたくという特徴があり、一音節読みでは、「タ」とは撻(タ)の事で、この字は「叩く」という意味なので、タゲリとは・・・・直訳すると「地面をたたくケリ」の意味だそうです。

果たしてどちらの解釈があっているのか??????

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと解説が長くなってしましましたが、今度がぐるっと回り込んで撮ってみました。

3羽が同じ方向を向いてますね。

05975

そしてその左側に、もう1羽。写真を撮ってる間に風がどんどん強くなってきて、デジスコの高倍率撮影がだんだん難しくなってきます。

06015

風が強くなってきたためか、盛んに体の向きを変えます。

05963

06009

ここにいつまで留まってくれるか分かりませんが、少しの間楽しめそうです。

タゲリの間をチョロチョロ動き回るハマシギも動画で撮ってみました。

風が強くてカメラがブルブル震えてブレてたのでスタビライザーを効かせたところ、画質が低下してしまい、ちょっとボケてますが・・・・・・ご容赦を・・・・・

途中CMが煩わしい時はCMを×で閉じて下さい。

                              

このタゲリ達も、11月8日時点では姿を確認できませんでした。

関東エリアに留まっているのか、さらに西を目指して旅だったのか????

この後、沼を1周してみましたが、結局アオアシシギの姿はなく、どこかへ旅立ったようです。

ハマシギやコチドリ・イソシギなどは相変わらず元気でした。

ユリカモメの数が増えて5~6羽ぐらいが飛び回ってます。これからもっと増えるのだと思います。

ユリカモメの飛翔をデジスコで撮ってみました。

この後、詳しく載せる予定ですが、ちょっと予告編!!!!

06805

ポチッとよろしく!

|

« アオアシシギとイソシギ | トップページ | 今年もオシドリがやってきた »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~☆
タゲリ 頭の羽が立派でステキですね~!
翅の色も玉虫みたいで きれいです。
ハマシギ可愛いですね~!
今日の動画は音楽入りで、リズムがハマシギの動きにドンピシャリ!、楽しませていただきました。
どこから こんなに良いバックミュージックを見つけるのですか~?

投稿: りり | 2012年11月 8日 (木) 19時51分

こんばんは。
頭の後ろに、ヒュンと伸びている羽が良いですね。
こちらでは見かけないです。
まだまだ、知らない色々な鳥がいるんでしょうねdog

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2012年11月 8日 (木) 20時03分

タゲリは一度見たら忘れられない個性的な頭をしていますね。
可愛らしいですね。
タゲリのいわれも大変勉強になりました。
ありがとうございました。

投稿: nampoo | 2012年11月 8日 (木) 20時04分

鳥さんの様子が 可愛いですね。heart04
ユリカモメの白い姿 とても綺麗です。

タゲリとハマシギの動きにあった音楽ですね。動画楽しみました。scissors
知らない鳥の名前ばかりで 勉強になります。happy01

投稿: 初心者水彩画 | 2012年11月 8日 (木) 20時55分

こんばんは。りりさんのコメントを読んで、ボリュームを上げてもう一度動画を見ました。(いつもボリュームをゼロにしてあります。)この時期のタゲリ、珍しいですね。ハマシギとの大きさの違いもよく分かります。

投稿: ヨッシー | 2012年11月 8日 (木) 21時13分

タゲリは、一度だけ見たことがありますが、メタリックなグリーンがとても綺麗な鳥ですよね。

こちらでは、滅多には見られない鳥なので、羨ましいです。

ユリカモメは、こちらは逆に少なくなってきたようなので、そろそろそちらに渡って行く頃でしょうね?

投稿: てっちゃん | 2012年11月 8日 (木) 22時06分

こんばんわ(*^_^*)
頭の羽はピンと立って面白いですねhappy01
首の回りはマフラーですかね~(笑)上手く色が違っていて羽も
綺麗なグラデ―ションheart01

投稿: momoちゃん | 2012年11月 8日 (木) 22時25分

こんばんは。
タゲリはチドリの仲間なのですね・・・
いつも見ているコチドリと同じ仲間とは知りませんでした。
後ろの頭に長い冠羽があって金属光沢が特徴とか・・
珍しいですね。こちらの池にも来るといいのですが・・
ユリカモメはこちらでもいっぱい見れます。
でもまだ見ていません。

投稿: でこっち | 2012年11月 8日 (木) 23時01分

>りりさん
おはようございます。
今回は上手く日が当たったので、羽の色が綺麗に出てくれました。
ハマシギもチョロチョロしてユニークでしょう。
音楽は、YouTubeから提供されたものの中から選んでます。
選曲にはちょっとだけ苦労しますが、楽しんで頂ければ・・・・・happy01

 
 

>ジャネット・ぽこ・リンさん
おはようございます。
北の方では見れないかも知れませんね。
ちょっと南国風でお洒落でしょう。羽の色も綺麗ですよ。
田圃で見かけることが多いです。

 
 

>nampooさん
おはようございます。
花や鳥の名前の語源を調べてみると、面白いですね。
調べていて、驚かされることがいっぱいあります。
タゲリは日本で普通に見られる鳥の中では派手な方かもしれませんね。

投稿: ソングバード | 2012年11月 9日 (金) 06時50分

>初心者水彩画さん
おはようございます。
ユリカモメの写真は後でいっぱい載せますのでゆっくりご覧くださいね。
動画はたまたまタゲリを撮っていたらハマシギが突然割り込んできたんです。
タゲリは顔に似合わず、「ミュー・ミュー・・・」ってかわいい声で鳴くんですよ。

 
 

>ヨッシーさん
おはようございます。
動画、改めて音楽も聞いて頂いて有難うございます。
選曲するのに苦労します。(笑)
確かにこの時期のタゲリは珍しいですね。
秋ヶ瀬近辺でも確認されてるようです。

 
 

>てっちゃん
おはようございます。
タゲリ、北海道ではめったに見ることが出来ない貴重品かもしれませんね。
こちらでも春の田植え時期では群れで見れるのですが、今の時期はあまり見ることが出来ません。
デジスコでユリカモメの飛び物撮ってみましたよ。

投稿: ソングバード | 2012年11月 9日 (金) 07時02分

>momoちゃん
おはようございます。
タゲリ、クジャクの羽をまとってるようでしょう!!
光が当たってキラキラ輝いでましたよ。
こんなマフラーして街を歩いたら、目立つかも~!!

 
 

>でこっちさん
おはようございます。
そうなんです。姿だけ見ればチドリの仲間だとは思いませんよね。
ユリカモメだけは海岸だけでなく、川を登って内陸部まで来てくれる唯一のカモメの仲間なんです。
こちらでも、群れでいるところをよく見かけますよ。

投稿: ソングバード | 2012年11月 9日 (金) 07時10分

そちらの沼は常時色々な野鳥が来るのですね。羨ましいです!
近くの池には鴨にサギ類と川鵜の常連さんばかりです。
デジスコ、タゲリの写真は何ミリ位なのでしょうか?
遠くの物を大きく見る・・・やはり願望です。
今コンデジで光学50倍(35mm換算1200mm)とか42倍(1000mm)のものに関心があるのですがマニュアルフォーカスがないので一歩が踏み出せないところです。

投稿: country walker | 2012年11月 9日 (金) 10時57分

タゲリが既に来ているんですね。例年に較べて早いような気がします。
それにしても強風の中でのデジスコ撮影は大変だったでしょう。

投稿: key | 2012年11月 9日 (金) 16時20分

>country walkerさん
こんばんは。
この沼も現時点ではカモとサギ・ハマシギくらいしかいません。
今の時期は長居してくれないのでタイミングが必要ですね。
デジスコの件ですが・・・・
1枚目がカメラの焦点距離:21ミリ(35ミリ換算:約56mm)
2枚目のカメラの焦点距離:34ミリ(35ミリ換算:約91mm)

スコープの接眼レンズが38倍のものを使用してますので、1枚目が35ミリ換算約2100ミリ、2枚目が同じく3400mmになります。
さらに1枚目は全体の20%ほどをカットしてトリミングしています。
2枚目はわずか端をカットしただけです。
デジスコの機材など、来週あたり特集を組みますので参考にしていただければ・・・・・

 
 

>keyさん
こんばんは。
タゲリも来てくれたんですが、すぐに抜けたようです。
今年は昨年と比べて様変わりの様子ですね。かなり期待できそうです。
風のある時のデジスコの高倍率での撮影はつらいですね。
ピント合わせの最中でもビリビリ震えます。

投稿: ソングバード | 2012年11月 9日 (金) 19時59分

タゲリさん、後頭部から出ている、シュッ!としたとこが、
とっても目立ちますね。
羽が、虹色っぽく光っていて、とても綺麗な鳥ですね^^
予告写真、華やかですね^^
どんな飛翔写真が飛び出してくるのか楽しみです^^

投稿: 音函 | 2012年11月 9日 (金) 22時07分

こんばんは。
イソシギは、一羽で居ることが多いようですね。群れは見たことがありません。
アオアシシギは。もう旅立ったのでしょうか。
タケリ、名前の由来、難しいですね!!
冬鳥がぞくぞくと入っているようですが、仕事をしていると中々撮りにいけず、やきもきしています。仕事場の周囲でもジョウビタキの カッカの声が毎日響いています!
リンク、ありがとうございました。

投稿: 森の樹 | 2012年11月 9日 (金) 23時37分

o(*^▽^*)oこんばんは~!!

動画・・・楽しく覗きましたよ。
曲が良いですね。
ソングさんは、何でもやっているんですね~(*^ω^*)ノ彡

momoちゃんも言ってるけど、背中の羽のグラデーション!!
とっても気に入りました。鳩の背中もこんなに光ることありますよね。
あら❣低次元だったかな?
なんか可愛い鳥さんですね~愛きょうありまーすheart04

投稿: こころぐ郁美 | 2012年11月10日 (土) 00時24分

>音函さん
おはようございます。
ピント立った冠羽が目立ちますよね。
この日は風が強かったので、この冠羽が稲穂のようになびいてました。(笑)
ユリカモメは次次回で載せますね。
お楽しみに・・・・・!!

 
 

>森の樹さん
おはようございます。
そうですね、イソシギは単独行動が多いです。
アオアシシギは、みんな旅立ったようです。
風が強い日や雨の翌日、たまに面白い鳥が入ることがあるので目が離せません。
何もいない日もあるんですよ。

 
 

>こころぐ郁美さん
こちら、今日も快晴、秋晴れです~。happy01
動画の曲を探すのって結構楽しいですよ。
タゲリの羽の色は玉虫やクジャクの羽を思い出させるほど綺麗です。
光線の具合で鳩の首筋などで見えることがありますね。
人間様も、こんなマフラーを身にまとったら綺麗かな???

投稿: ソングバード | 2012年11月10日 (土) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/47759972

この記事へのトラックバック一覧です: タゲリも来た:

« アオアシシギとイソシギ | トップページ | 今年もオシドリがやってきた »