« 京都・奈良、駆け足道中記パートⅡ | トップページ | クロハラアジサシシリーズ最終回 »

2012年10月24日 (水)

「川越まつり」

ブログの記事があっちこっちに飛んでしまって申し訳ありません。

今回は10月20~21日の「川越まつり」の様子を載せることにしました。

1776

川越まつりは、川越氷川神社の神幸祭の付け祭りが発展したもので、神田祭や三社祭などに見られる神輿のお祭りではなく関東では数少ない山車のお祭りです。

平成17年(2005年)、江戸の天下祭の様式や風流を伝える貴重な都市型祭礼として、この「川越氷川祭の山車行事」が国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

以前書いた大宮氷川神社の例大祭に行われる「おおみや祭り」も山車のお祭りでしたね。

今年は特に市制施行90周年を記念して、10年ぶりに29台の山車が出揃うとのことで、急遽思いついて出かけて見る事にしました。

本来、夜の巡行が見ものだそうですが、時間の都合で午前中しか行けませんでしたが・・・・・

埼玉に住んで長いのですが、それでも今回初めての見物です。

「川越まつり参加の山車」は29台あって、町内の象徴であり神が天降る座である山車のほとんどは三層、人形上下、枠上下型の江戸型(江戸系川越型)だそうです。

二重鉾の最上部には山車ごとに異なった人形を飾りつけ、人形の名前が山車の名前にもなってます。

大宮駅から埼京線に乗って20分程でJR[川越駅」に着きます。

駅前の通りに出ると早速、菅原町「菅原道真」の山車に出会います。

1747

そして商店街を、蔵造の街に向かって歩いてると、こんどはこの細い商店街ぎりぎりに前から新富町1丁目の「徳川家光」の山車がやって来ます。今にも看板にぶつかりそうです。

1756

こんな山車が29台が一堂に揃うと迫力ありそうですが、この時間帯は、休憩中の山車や、街中を練り歩いてる山車など様々です。

山車の構成や種類の詳細は、変な説明をするより、最後に公式HPを紹介しますので、そちらをご覧くださいね。

そしていよいよ蔵造の街のメイン通りです。

04844

正面から来るのは幸町下五ヶ町の「小狐丸」の山車のようです。

その山車が急に狭い路地の奥にある「養寿院」に向かうため、急に右に曲がり始めます。

の人たちが器用に山車を回転させます。

1796

そして奥でUターンをして、慣れたものでこの路地をどこにもぶつからずに戻ってきます。

見てる方がヒヤヒヤします。

1840

そして大通りでちょっと休憩。

手古舞姿に身を包んだ艶やかな小江戸小町さんたちも暫し休憩で、くつろいでますね。

可愛い小手舞さんたちは、先触れ露払いの後に続いて山車巡行の大事な役割を果たしてます。

1773

山車同士が向かい合って囃子の腕を競う「曳っかわせ」が見どころなのですが、残念ながら一度しか見れませんでした。

後ろからやってきたのがこの幸町上五ヶ町の「翁」です。

1805

手前が幸町の「小狐丸」で左が幸町上五ヶ町の「翁」が「曳っかわせ」の最中です。

1867

後ろからさらにもう1台の山車が来ます。これで3台が並ぶことになります。

1877

後ろから来たのは町一丁目の「牛若丸」のようですね。

この後午後からは山車のそろい踏みがみられそうなのですが、残念ながら時間切れで、戻ることにします。

帰り際に見れたのは連雀町の「太田道灌」です。

1892

帰る頃には人も増えてすんなり歩けない状態になってきましたが、この後、午後から夕刻にかけてがピークになりそうです。

今回は結局29台のうち6台しか見れませんでしたが、来年はぜひ揃い踏みを見てみたいものです。

1823

最後に載せる動画を忘れてましたので追加します。

                         

山車が回転する様子ですが、少しタイミングがずれてしましました。

                         

【おまけ】

川越の街の象徴「時の鐘」です。

時の鐘は、寛永4年から11年(1627~1634)の間に川越城主酒井忠勝が、城下多賀町 (いまの幸町)に建てたものが最初といわれています。

現在の鐘楼は、明治26年(1893)に起きた川越大火の翌年に再建されたもので高さはおよそ16メートルです。

1845

川越まつりや山車の詳細を知りたい方は、公式HPをご覧ください・・・・・・・こちら 

ポチッとよろしく!

|

« 京都・奈良、駆け足道中記パートⅡ | トップページ | クロハラアジサシシリーズ最終回 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、今年は市制90年と10年ぶりの山車の勢ぞろいでかなり盛大ににぎわったようですね、
実は家内の実家が川越ですが、昔、夜に一度見に行っただけです。義母が亡くなってからは、家内が行きたがらず、義兄からの招待が無く昼間に見に行ったことが有りません。
21日は地元の秋の例大祭に一人で獅子舞を初めて観に行きましたが。

投稿: 花の伝道師 | 2012年10月24日 (水) 12時24分

秋ですね~~
至るところでお祭りが行われているようですね。
こちらも、今年になってやっと、いつものお祭りが行われるようになりました。残念ながら、私の住んでる町には
お祭りはありませんが。(泣)内陸部や山間部に多いようです。

投稿: ムーミンママ | 2012年10月24日 (水) 13時02分

先日、川越を歩いた時に、川越祭りの有る事を知りました。
見に行きたかったナ~weep

投稿: 山の風 | 2012年10月24日 (水) 15時39分

とても大きなお祭りなのですね。川越には何度か行ったことがありますが、風情のあるステキな町ですね。
小江戸小町さん可愛い!色とりどりの山車が華やかで見ているだけで
お祭りの気分を味あわせていただきました!

投稿: きなこもち | 2012年10月24日 (水) 17時37分

なんと・なんと 見事な山車・雲一つ無い青空に綺麗な画像がくっきりと 感動です( ;∀;) カンドーシタ
TVなどで見たような気がしますが 本物(笑い)は凄いでしょうね~圧巻ですね~

投稿: 御前です | 2012年10月24日 (水) 18時00分

川越は凄く以前から興味を持つ町です。
屋根瓦が風情があって素晴らしいですよね。
それにしても29台の山車は、飛騨高山の屋台よりも豪華なように見えます。

投稿: SILVIAおじさん | 2012年10月24日 (水) 18時34分

(* ̄ー ̄*)全国至る所で、立派なお祭りがおこなわれるこの頃。

ここもまた、素晴らしいヽ(´▽`)/heart04

歴史を感じますね。街全体で頑張って続けているんですよね。

賑やかさが、画像からも聞こえてきます。

子ども達も、大人になっても引き継いでくれるといいなぁ~

色々な催しを見せて頂いて、目がeye皿のようになって見てまーす!!

投稿: こころぐ郁美 | 2012年10月24日 (水) 21時10分

こんばんは。
川越祭り、見応えありそうですね! 29台の山車とはすごい。
ソングバードさんの記事からも迫力が伝わってきました。
それぞれの山車も凝った意匠ですね。
川越という街、実は何年か前にNHKの朝ドラで舞台になるまで
知りませんでした。そのとき蔵造通りを何度も目にして
すっかり関心を持ちました。といってもまだ埼玉県内へは
一度も遊びに行くことができていないのですが。
重要無形民俗文化財の貴重なお祭りを見せていただけて
感動です。ありがとうございました♪

投稿: ポージィ | 2012年10月24日 (水) 21時14分

こんばんは!
川越祭りは夜のお祭りしか行った事がありませんが、
昼間も見られるのですね。
山車が見事なんですね~。
夜は 人出がすごくて歩くのに一苦労、山車をゆっくり見る余裕もなかったです。
おかげさまで 家でゆっくり見物させて頂きました(o ̄∇ ̄)/さんくす♪ 

投稿: zucca | 2012年10月24日 (水) 21時50分

豪華な お祭りですね。山車が29台って凄い!
子どもさん達も可愛い”です。
時の鐘も大勢の人に見てもらって 嬉しいでしょうね。

初めて見せていただきました。ありがとうございました。  

投稿: 初心者水彩画 | 2012年10月24日 (水) 22時48分

「川越祭り」の山車随分高いですねえ。
話には何度も聞きましたが、こんなにたくさんの山車があるとは知りませんでした。
華やかでにぎやかなお祭りなんですね。
歴史を感じます。

投稿: nampoo | 2012年10月24日 (水) 23時17分

こんばんわ(*^_^*)
豪快なお祭りですね~有名なわけですよup でも詳しい内容は知らないので
こうやって、画像やコメントがあるとうれしいですねhappy02
山車の上に乗っているのが、人なのか人形なのか解からないのが有りますねhappy01
賑やかに練り歩いてさぞ、沢山の人出だったと思いますupお疲れ様~^^

投稿: momoちゃん | 2012年10月24日 (水) 23時22分

古い町並みが残る川越に、山車、青空、華やかな賑やかな雰囲気、
お祭りの日らしい写真がいっぱいでいいですね~^^
動画があると、音を聞くことができるので、
さらに賑やかさが伝わってきました^^

投稿: 音函 | 2012年10月24日 (水) 23時23分

数日前、ちょうど川越を紹介していた番組をみていたところでした!無形文化財とは知りませんでした。歴史が感じられるお祭りですね。主人と結婚前にデートで行ったのを思い出しますo(*^▽^*)o

投稿: うずまき | 2012年10月25日 (木) 01時05分

>花の伝道師さん
おはようございます。
奥様のご実家が川越ですか、それは残念なことをしましたね。
今年は特にすべての山車が勢ぞろいするのであわてて行ってきました。
なかなかのものでしたよ。
動画も追加しました。


 
 

>ムーミンママさん
コメント有難うございます。
そう云えば秋祭り本番のようですが、地元のお祭りが無いのは残念ですね。
お囃子の音を聞いてるだけで心がウキウキしてくるのは、やはり日本人しか分からないかも知れません。

 
 

>山の風さん
おはようございます。
それは残念でしたね。
来年はぜひ足を運んでみて下さい。
本来、夜の方がいいみたいですが・・・・・・

投稿: ソングバード | 2012年10月25日 (木) 07時10分

>きなこもちさん
コメント有難うございます。happy01
ここは蔵の街で有名ですが、お祭りでも有名なんですよ。
今度は是非にお出かけ下さい。
私も初めて見たのですが、なかなか見応えがありますよ。
動画も追加しましたので見て下さい。

 
 

>御前さん
おはようございます。
本当は夜の方が迫力あるようなんですが・・・・・・
山車が29台一堂に揃うと大迫力ですよ。
私も知らなかったのですが、全国的に有名らしくて、TV中継車もいましたよ。
テレビに映ってたかも????(笑)
動画も追加しましたよ~。

 
 

>SILVIAおじさん
コメント有難うございます。
富山の風景、いつも楽しみにしてます。
川越の蔵の街をご存知でしたか。
じっくり歩いて巡るとなかなか風情のある街ですよ。
山車が29台すべて揃うことはあまりないようなのですが、それぞれ特徴があって面白いですよ。
機会があれば来年でもお越しください。

投稿: ソングバード | 2012年10月25日 (木) 07時27分

>こころぐ郁美さん
おはようございます。
ここの山車、それぞれ華やかですごいでしょう!!
四万十の沈下橋に、この山車がずらっと並ぶと迫力ある絵になるでしょうね。
合成写真でも作りたくなります。(笑)
年に一度の大規模なお祭りですが、地元の皆さんも頑張ってますよ。
動画も追加しましたので、また違った雰囲気を味わってくださいね!!!

 
 

>ポージィさん
おはようございます。
そうですね、朝ドラで有名になった街ですが、蔵の街として有名です。
今まで山車は何度も見てるのですが、それぞれ趣向が凝らしてあって1台1台みんな飾りが違うんですよ。
29台が勢ぞろいする所を見たかったのですが、今回は時間の都合で見れませんでした。
機会があれば、来年でもいらしてください。
動画も追加してみました。

 
 

>ZUCCAさん
コメント有難うございます。
夜に行かれたんですか。迫力あったでしょうね。
昼間はまた違った楽しみ方が出来そうですよ。
小江戸小町やいろんな人たちの写真もいっぱい撮ってきました。
(ブログ位は載せてませんが・・・・・)
それに人が夜より少ないので山車の近くまで行けますしね。
来年は昼間にでも行ってみて下さい。


投稿: ソングバード | 2012年10月25日 (木) 07時44分

>初心者水彩画さん
おはようございます。
山車にはそれぞれ個性があって華やかでしたよ。
小江戸小町の子供たちも可愛いでしょう。
みんな一生懸命でした。
時の鐘の上からこのお祭り見たら面白そうですね。(笑)

 
 

>nampooさん
おはようございます。
ここの祭りは全国的に有名になってるようです。
今回は昼間の様子ですが、夜はそれぞれの山車に明かりがともって奇麗だそうです。
(ただし人も多いですけどね)
このような山車が中止のお祭りは全国的にも珍しいそうです。

 
 

>momoちゃん
おはようございます。
山車のてっぺんに乗っかってるのはみんな山車人形ですよ。
ただ4・5枚目は確かに人間も乗ってますね。
これは、細い路地に入る時、人形が電線などに引っかからないように見張ってるんです。
この人形も倒れるようになってるみたいです。
昼間はそうでもないのですが、夜は人でいっぱいですよ!!!

投稿: ソングバード | 2012年10月25日 (木) 07時57分

>音函さん
おはようございます。
今回初めて行ってみたのですが、蔵の街を巡行する山車はなかなか見応えがあります。
神輿とはちょっと違った雰囲気のお祭りで、京都の祇園祭を思い出しました。
来年は夜にでも行ってみようかな。

 
 

>うずまきさん
おはようございます。
久しぶりの帰国でのんびりされてますか。
ご主人とデートされた思い出の場所だったんですか。
今度機会があれば、またお二人でいらしてください。
出来れば川越まつりの時なんか面白いかもしれませんね。

投稿: ソングバード | 2012年10月25日 (木) 08時04分

川越市、憧れの土地ですが未だに訪ねたことがありません。
伝統の山車、まさに豪華絢爛といった形容がピッタリですね。
電柱の無い町並みにも溶け込んで本当に素晴しいですね~
山車の回転する様子、やはり動画の威力です。よく理解できました。

投稿: country walker | 2012年10月25日 (木) 09時37分

>country walkerさん
おはようございます。
機会があれば尋ねてみてください。
何か行事のあるときか桜の時期がいいかも知れませんよ。
蔵の街並みはその一角でしかないですが、周辺には有名なお寺もいっぱいあります。
川越祭りは今回初めてだったんですが、なかなか良かったです。

投稿: ソングバード | 2012年10月26日 (金) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/47564020

この記事へのトラックバック一覧です: 「川越まつり」:

« 京都・奈良、駆け足道中記パートⅡ | トップページ | クロハラアジサシシリーズ最終回 »