« ベニイトトンボも増えてきた | トップページ | シオカラトンボによく似たコフキトンボ »

2012年7月24日 (火)

2012古代ハス最終回

今回は今年の古代ハス最終回です。

原市の古代ハス、今年は結局2回、行くことになりました。

1回目は少し早かったのですが、雨が上がった直後、2回目はちょうど満開が少し過ぎた頃。どちらも趣が違います。

3792_edited1
2回目は汗を拭き拭きの蒸し暑い日でしたが風もなく撮影日和でした。でも、散りかけの花もたくさん混在してます。

3787_edited1
もちろん花が散ってしまった後のハスの花托もたくさん見られます。

古代ハスの花托は、いわゆるレンコンと呼ばれるハスの花托よりだいぶ小型みたいです。

ハスの花托の形は蜂の巣のように見えますが、ハスの古名が「はちす」と呼ばれた所以で、「はす」はその「はちす」が変化したものだそうですから面白いですね。

この穴一つ一つがレンコンの穴につながってるそうですが、果たして???

3637_edited1
まだ若い花托を上から写してみると・・・・・ハスの実がなんだか小さな虫が顔を出してるように見えます。

古代ハスの実が食べれるのかどうかわかりませんが、ハスの実は昔から健康食品として珍重されていたようです。

3772_edited1
花托が枯れてくるとこんな形になりますが、これを生け花などにも使うようですね。

3731_edited1
またまたこんな蕾を見つけました。必死に起き上って花を咲かせようとしています。

3652_edited1
一方、こちらでは、起き上がる力もないのでしょうか、ハスの葉に横たわった蕾です。

3651_edited1
もうすぐ花びらが全部落ちてしましそうな花も、よく見ると美しい造形を保って存在感があります。

3797_edited1
下からも狙ってみましたが、残念ながら青空バックという訳にはいきませんでした。

3711_edited1
ハチなどの昆虫も多いのですが、ちょうどオオシオカラトンボが、蕾に・・・・

3694_edited1
アジサイをバックに・・・・

3670_edited1
こんなところに咲いてる花も見つけました。

んっ!!地面から咲いてる????

3729_edited1

今回の古代ハスシリーズ、結構長くなってしましましたね。

今回で、古代ハスのシリーズは終わりますが、ハスの花が枯れた状態も絵になるらしく、もし撮ることが出来れば、改めて載せます。













|

« ベニイトトンボも増えてきた | トップページ | シオカラトンボによく似たコフキトンボ »

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/46397699

この記事へのトラックバック一覧です: 2012古代ハス最終回:

« ベニイトトンボも増えてきた | トップページ | シオカラトンボによく似たコフキトンボ »