« コアジサシ(小鯵刺)2012 | トップページ | コアジサシのダイビングなど »

2012年6月29日 (金)

ミドリシジミ、三度目の正直

コアジサシの続きの前に、「ミドリシジミ」を撮ってきたのでこちらを先に載せます。

A公園では、フクロウ騒ぎも収まって、やっと静かになってきました。

この公園はミドリシジミでも有名なのですが、ここ数年その数が減って、昨年も何度か訪れたのですが、結局写真に収めることが出来ませんでした。

4~5年前は、苦も無く見つけることが出来たミドリシジミですが、一部の心無いマニアが、卵を枝ごと持ち去ったり、捕虫網で根こそぎ採ったりしたせいで極端に減ってきてます。

今年も6月18・19日連続で行ってみたのですが、見つけたのは1~2頭だけ。

そして27日、今年3度目のミドリシジミ探しです。

この日も午前6時半ごろから2時間ほど歩いてみました。レンズは180ミリマクロに一脚です。

林に入ってほどなく二人の虫撮りさんが1頭の雄(♂)のミドリシジミの前で待機中のところに遭遇、早速仲間に入れてもらって雑談をしながら翅が開くのを待ちます。

8688_edited1
暫く待つとやっとミドリシジミに陽があたり始め、徐々に翅を広げだします。

ちょっと後ろの方から撮った写真ですが、あまり奇麗ではありませんね。

8708_edited1
ところが・・・・・・ここから少しずつカメラの位置を変えてみます。(もちろん同じ個体です)

8714_edited1
さらに頭の方に回り込んで撮ると・・・・見事に変身します。朝の直射日光に輝いで奇麗です。

8724_edited1_2
ミドリシジミの仲間には綺麗なものが多く、通称「ゼフィルス」と呼ばれて人気があります。

このような「ゼフィルス」と呼ばれる樹上性のシジミチョウは日本で25種類ほどいるそうで、こればかりを追いかける人もいるそうですから人気の高さがうかがえます。

埼玉県の蝶にも指定されています。

今回、やっと3度目の正直でゲットできたのですがラッキーなことに、このあとその周辺のあちこちで姿を見せてくれました。

一斉に羽化でもしたかな??????

その後集まってきた人合わせて7人の虫撮りさんたちが、あちこちでパチリ!パチリ!camera

8909_edited1_2
次は雌(♀)を紹介しますね。

雌は地味ですが、表の紋様によってA型・B型・AB型・O型に分けられます。人間の血液型ではありませんよ。

この日はB型とO型がいました。・・・・・まずはB型、青紫紋が入ってます。

(A型では青紫色の部分が橙色です。)

8807_edited1
次はO型です。紋が無く無地です。違いが分かりますか?

8904_edited1_2
このほかにA型は橙色の紋、AB型はAの橙色とB型の青紫色の両方を持ち合わせています。

今回は面白い写真も撮れました。B型2頭そろい踏みです。なんだか編隊飛行してるように見えます。

8830_edited1
記事が少し長くなりますが、次の写真はB型の雌が翅を開き始めてから開き終わるまでを撮ってみました。

8747_edited1

8749_edited1_2

8754_edited1_2

8764_edited1_2

このように早朝はまだ動きが鈍く、日が差してくると太陽の陽を受けて翅を一杯広げて体温を上げるようです。

体温が上がると活発に飛び出し、樹の高い所へ移動してしまします。

雄は縄張りを持つようで、夕刻近くになると活発に動き回りながら、もし侵入者が来ると追い出し行動をとるから面白いですね。

8918_edited1_3
雄でも光の具合で色合いが違います。上の写真はブルーに輝いてます。

8909_edited1_2

今回はラッキーな出会いがあったのですが、これ以上個体数が減ると壊滅的な状態になるかも知れません。

なんとかみんなで保護していきたいと思うのですが、心無いマニアの節度ある行動を願うばかりです。

(昆虫について記事に誤りなどがあれば指摘してくださいね。)


 

 

|

« コアジサシ(小鯵刺)2012 | トップページ | コアジサシのダイビングなど »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ミドリシジミ写真でしか見たことがありません。
まるで宝石の輝きですね。
見る角度によって輝きが変わるなんて、実物を見たら興奮して手がふるえそうです。
珍しいチョウを見せていただきありがとうございました。

投稿: nampoo | 2012年6月29日 (金) 20時19分

こんばんは~!
ミドリシジミって、なんてきれいなんでしょう!
雄は玉虫色で~~ブルーやグリーンに翅が輝いて 実物をみてみたいです。
雌は人間の血液型みたいな呼び方なんですね~!
O型さん 地味ですね~!
私もO型なんですけど・・…。
個体数 これ以上減らないで、回復するといいですね~。

投稿: りり | 2012年6月29日 (金) 21時10分

ミドリシジミ、初めて聞く名前だったのでどんな野鳥が見れるか
楽しみに文章を読んでいきましたら、なんと蝶々さんでした。
凄い珍しい蝶なんでしょうね・・・それに角度によって
太陽の日の光でこんなに色が変わって見れるのは素晴らしいですね!!
血液型みたいな紋様があるなんて・・・
自然は不思議だらけ!

投稿: でこっち | 2012年6月29日 (金) 21時25分

こんばんは!
ミドリシジミ、ネット上でチラと見たことがあるくらいで…
ソングバードさん、素晴らしいお写真をお撮りになれましたね!
なんて綺麗なんでしょう。♂はメタリックグリーンが見る角度によって
変化して見えて、♀も地味ながら色々な個性を持っていて。
あぁ ほんと 感動しました。これもまた自然の作り出した素晴らしい芸術。
数少ない珍しい蝶なのですか? これ以上減って欲しくありませんね。
環境破壊や捕獲など、人間の行動にかかっているのですね。
ありがとうございました。

投稿: ポージィ | 2012年6月29日 (金) 21時26分

こんばんは!
ミドリシジミ きれいですね~shine
こんなに下のほうで見られるのですね。
今月 地元の公園に3度見に行きましたが、今年はタイミングが合わず×、毎年見られるオオミドリシジミも今年は見られそうにありませんweep
美しいミドリシジミを沢山見せていただき、楽しめました。
有難うございました。
来年は増えてくれると良いですね。

投稿: zucca | 2012年6月29日 (金) 21時38分

ミドリシジミ…素敵ですね。僕も10年ぐらい前にA公園で見ています。S公園でも園内に植えられたハンノキに…今年はじめて見られたようです。僕の師匠の提案で植えられたハンノキでして…師匠もかなり嬉しそうでした。それにしても綺麗な緑色ですね。

投稿: noharatugumi | 2012年6月29日 (金) 21時51分

ほぉ~!!!
ビックリです!!
見る角度、写す角度によって、
まったく色が、輝きが、違うんですねぇ。
A型とかO型とか、型によって模様が微妙に違うようですが、
素人が見たら、みんな同じミドリシジミに見えてしまいそうですね。
いやぁ、美しい珍しいお写真を拝見できて嬉しいです^^

投稿: 音函 | 2012年6月29日 (金) 22時50分

こんばんわ(*^_^*)
珍しいミドリシジミ、初めて見ましたhappy01
家の辺りは定番の蝶ちょが飛んでいるだけだと、思います…たぶんcoldsweats01
私はAB型だから欲張りに二色…(笑)
光を浴びて輝いて綺麗なことheart04蝶ちょも奥が深いですねup

投稿: momoちゃん | 2012年6月29日 (金) 23時45分

僕はミドリシジミは、まだメスしか見たことありません。
オスの綺麗なの、撮りたいですね~どれも綺麗な色が出ていて、羨ましいです。

投稿: てっちゃん | 2012年6月30日 (土) 00時42分

>nampooさん
珍しいかどうか分からないのですが、奇麗でしょう!!
埼玉県の蝶に指定されてますので、こちらに多いのでしょうか。
今度綺麗なゼフィルスが撮れるといいですね。


 
 

>りりさん
おはようございます。
あれっ!!りりさんもO型ですか。
実は私もO型なんですよ。
ミドリシジミに当てはめると、実に地味なタイプですけど・・・・・coldsweats02
これ以上減らないよう祈るばかりです。


 
 

>でこっちさん
おはようございます。
ミドリシジミみたいに輝く鳥がいたら楽しいでしょうね。(笑)
この日は朝日で斜光が強かったので、余計に向きによって色が変わったみたいです。
血液型みたいな紋様の決め方は人間様が思いつきで付けたみたいですが、
ついつい自分の血液型に当てはめてしましそうです。

投稿: ソングバード | 2012年6月30日 (土) 05時29分

>ポージィさん
おはようございます。
この蝶は全国に分布しています。
昔はハンノキがある里山などで普通に見られたそうですが、
最近は環境の変化などでだいぶ少なくなってるようですね。
紋様は遺伝によるものだそうですから、まさに自然の営みの産物ですね。
ハンノキには鳥も良く集まるんですよ。


 
 

>zuccaさん
おはようございます。
今回は早朝だったので、すべて足元にいた個体ばかりでした。
もう少し時間が経つと樹上にいることが多いですね。
早朝は動きも緩慢で撮りやすいのですが、背景は良くないです。
しかも斜光が強すぎて、柔らかい色には撮れずギラギラ写真ばかりになってしましました。weep
オオミドリシジミですか、一度会ってみたいですね。

投稿: ソングバード | 2012年6月30日 (土) 05時46分

>noharatugumiさん
おはようございます。
S公園でも見れたんですか。
自分で植えられたハンノキから生まれたとすると、その師匠さんも感激でしょうね。
少しずつ増えるといいですね。


 
 

>音函さん
おはようございます。
奇麗でしょう!!これが蝶の魅力なんでしょうね。
実は、この蝶以外にも光線の具合で色が変わる種類って結構多いんですよ。
今度蝶を撮る機会があれば、立つ位置を変えてみてみて下さいね。
所で音函さんの血液型は????(笑)

投稿: ソングバード | 2012年6月30日 (土) 05時54分

>momoちゃん
おはようございます。
こちらはこのところ過ごしやすい天気が続いてますよ。

この蝶はちょっと見つけにくいですが、奇麗でしょう。
こんな蝶が家の周りを飛んでくれると楽しいでしょうね。
momoちゃん、AB型ですか、私はいちばん地味で控えめなO型です。happy01


 
 

>てっちゃん
北海道のミドリシジミは少し小型のようですね。
今度是非雄を見つけてください。
奇麗ですよ。

投稿: ソングバード | 2012年6月30日 (土) 06時00分

お早うございます。

ミドリシジミ・・・始めて見ました。
神秘の輝きを放ってますね。素晴らしい!!ちょっと、溜息出ます。

翅が開くのを待つ・・・虫撮りも鳥撮り同様にかなりの忍耐が必要ですね。

投稿: けんいちろう | 2012年6月30日 (土) 07時15分

ミドリシジミ、見るのも聞くのも初めてでした。
最初の写真では普通のチョウ?
2枚目では少し蒼っぽいな、
3枚目ではなかなか綺麗だな・・・
4~5枚目になると わぁ~綺麗!
そしてA型からO型までと多彩、
そしてブルーに輝く美しい翅。。。
好い写真をありがとうございました。
後は心ない人たちによる乱獲から免れて何時までも生息し続けて欲しいものです。

投稿: country walker | 2012年6月30日 (土) 08時04分

お陰で、ミドリシジミの魅力をたっぷり味わいました。
この蝶を追いかけるファンの気持ちがよく分かります。

投稿: key | 2012年6月30日 (土) 08時26分

綺麗ですね~、一度見てみたいものです。
1番目の写真を見たら、「あら普通のだ」なんて思いましたが
見事に変身するんですね。
卵を持っていく人がいるなんて許せませんね。
花でも蝶でも見たかったらその場に行かなきゃって思いますよね。

投稿: mio | 2012年6月30日 (土) 16時42分

lovely何度も上に行ったりup下を見たりdown繰り返しました。

なんか、やいろ鳥を思いませんか?あまりにも綺麗!

県の鳥だから余計に思うのかな?

知ってると知らないではこんなに違って見えるんですね。

こちらでは、巡り合えませんか?

似てるのは、何でしょうか?何種類か似てるのがいますか?

あ~あ!!無知って・・・すみませーん!!

投稿: こころぐ郁美 | 2012年6月30日 (土) 17時56分

しばしば、当方の拙いブログにポチッとやいいね!をしていただき、ありがとうございます。ミドリシジミは、県の蝶だというのに、まだ見たことがありませんでしたが、詳しく見せていただき、感謝感激です。食草のハンノキは、あちこちに立っていますので、注意して見ることにいたします。記事に誤りなどあれば・・・と記されていますので、些細なことですが、文中に”一斉に孵化でもしたかな”と記されていますが、この場合は、”羽化”が適切ではないかと・・・もちろん、孵化して、幼虫になって、羽化しますけれどもね。下記のページはご参考まで。http://blog.zukan.net/blog/2008/08/29-829_1.php
今後ともよろしくお付き合いくださいますようお願いいたします。すばらしい写真を楽しみにしています。

投稿: しらこばと | 2012年6月30日 (土) 21時15分

こんばんは~。
随分きれいな蝶ですね。
初めて知りました。
絶滅しないよう祈ってますdog

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2012年6月30日 (土) 22時17分

ソングバードさん こんばんは^^
綺麗ですねー!
シジミは・・あまり綺麗な蝶では無いと勘違いしていました。
こんなに綺麗な色に変化して見えるなんて、今度探しに
行きたくなりました♪マクロを持って(*^^*)

投稿: ミント | 2012年6月30日 (土) 23時47分

>けんいちろうさん
おはようございます。
蝶撮りは忍耐というか見つけるのが大変なんです。
鳥は鳴いてくれれば何とかなるんですが、蝶は鳴いてくれませんし…・(笑)
カワセミなどもそうなんですが、光の具合で色味が変わるのも面白いですね。


 
 

>country walkerさん
鳥枯れシーズンなので、こんなので遊んでます。happy01
埼玉県の蝶に指定されてるので、この蝶だけは毎年撮りに行ってます。
どこにでもルール違反の人がいますが困ったものですね。
来年あたりもう少し増えてくれるといいのですが・・・・・


 
 

>keyさん
おはようございます。
鳥のようには鳴いてくれないので見つけるのが大変です。
ましてや最近目も少し衰え、苦労します。(笑)
見沼あたりでも見れるといいですね。

投稿: ソングバード | 2012年7月 1日 (日) 07時07分

>mioさん
おはようございます。
神様は面白いものを創りますね。
光の具合でこれだけ変化するなんて・・・・・
この蝶が飛ぶ時も光が当たると青や緑の色がキラキラ輝いて奇麗ですよ。
この蝶は人気があるので標本が売買されたりすることもあるようです。
困ったものですね。


 
 

>こころぐ郁美さん
おはよう~!!
いつも有難うございます。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
そう云えばヤイロチョウも原色の奇麗な鳥でしたね。
ヤイロチョウも光の具合で7色に変化すると面白いかもしれませんね。
四万十の近くにもいると思いますが、見つけるのはちょっと難しいかも?????coldsweats01
似てるもの???・・・・・・・郁美さんの絵本の中にいるかも?????lovely


 
 


>しらこばとさん
コメント有難うございます。
埼玉県の蝶にも指定されてますので、ぜひ見てみて下さい。
奇麗ですよ。
ただゼフィルスの仲間は春から初夏(6月ごろまで)がピークなので、今年は難しいかも知れませんが・・・・
ご指摘ありがとうございます。
孵化と羽化、全然異なる言葉で、卵から成虫が出てくるはずないですよね。(笑)
よくやるタイプミスでした。早速訂正しておきます。


投稿: ソングバード | 2012年7月 1日 (日) 07時31分

>ジャネット・ぽこ・リンさん
おはようございます。
鳴かんか綺麗な蝶でしょう。
小さな蝶ですが、キラキラ輝いてました。


 
 

>ミントさん
おはようございます。
虫の事はあまり詳しくないのですが、この蝶の仲間「ゼフィルス」だけを追いかけてる人もいるそうですよ。
鳥撮りさんと似てる所があるかも知れません。
もしミントさんがこんなきれいな蝶を目の前にしたらハマるかも????
気を付けてくださいね!!(笑)

投稿: ソングバード | 2012年7月 1日 (日) 07時42分

ミドリシジミ、●が特徴かと思ってましたが、
なんて綺麗なんでしょう♪
まるで高貴な蝶のようで、「ゼフィルス」
とてもお似合いです〜happy01

↓紫陽花、楽しませていただきました。
中でも、へぇー初恋catfaceって名前があるの〜
本当!淡い初恋にピッタリ〜なんて思いました♪

投稿: 大海 | 2012年7月 1日 (日) 07時45分

蝶は動きが速いから、写真は難しそうですね。

投稿: うしだ | 2012年7月 1日 (日) 08時36分

>大海さん
こんにちは。
ゼフィルスの仲間はみんなきれいな蝶が多いみたいですよ。
ちょっと気を付けて探せば近くにいるかもしれませんよ。
アジサイの新作見て頂き有難うございます。
名前を付ける人は「エライっ!」・・・・(笑)


 
 

>うしださん
コメント有難うございます。
確かに飛んでる蝶を撮るには、ちょっとしたコツが必要かもしれませんね。
近いうちに飛んでる蝶も載せてみますね。

投稿: ソングバード | 2012年7月 1日 (日) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/45977217

この記事へのトラックバック一覧です: ミドリシジミ、三度目の正直:

« コアジサシ(小鯵刺)2012 | トップページ | コアジサシのダイビングなど »