« サ・ク・ラ巡り(2)大宮公園と見沼東縁アラカルト | トップページ | サ・ク・ラ巡り(最終回)さきたま古墳公園 »

2012年4月13日 (金)

サ・ク・ラ巡り(3)川越の喜多院と中院

久しぶりに川越の喜多院をIさんと一緒に訪れてみました。

駐車場に車を入れたのがお昼少し前で、すでに陽は高く昇ってます。

川越は蔵の町として有名で観光客の人たちもたくさん訪れますが、その一角に徳川家とゆかりのある「喜多院」があります。

喜多院(きたいん)

埼玉県川越市にある天台宗の寺院で山号は星野山(せいやさん)。
良源(慈恵大師、元三大師とも)を祀り川越大師の別名で知られています。

平安初期の天長7年(830年)、淳和天皇の命で円仁(慈覚大師)が建立し、当初は無量寿寺と号した。

慶長4年(1599年)、徳川家の尊崇が厚かった天海僧正が第27世住職として入寺し、寺号を喜多院と改め、川越藩主となった老中・酒井忠利は喜多院の再興に当たったそうです。

そんな訳で徳川家と縁が深く、春日局の化粧部屋などもあって中を見学できます。

中庭の枝垂れ桜です。

9582_edited1

部屋の中から見ると・・・・

9576_edited1

縁側でゆっくり時間を忘れるのもいいですよ。

9591_edited1

多宝塔にサクラが映えて綺麗です。多宝塔は昭和24年からの大修理の折、修理されたそうです。

9544_edited1

9547_edited1

そして、この境内には「日本三大羅漢」の1つ・五百羅漢があります。

天明2年(1782年)から文政8年(1825年)の半世紀にわたって建立されたもので、538体の石仏が鎮座してます。

石仏は全てが異なる表情・ポーズですが、深夜、羅漢の頭を撫でると一つだけ温かいものが必ずあり、それは亡くなった親の顔に似ている、という伝承が残っています。

いつもポスターなどに出てくる羅漢さんです。

9604_edited1

見る角度によって表情や雰囲気が違うから不思議です。

9601_edited1

9602_edited1

こんな羅漢さんも・・・・お酒を酌み交わしながら何を語ってるのでしょう。

9608_edited1

ここを訪れたら、ぜひ自分の顔に似た羅漢さんを探してくださいね。

ここから歩いてすぐの中院に移動します。

中院の枝垂れ桜は数日前に新聞報道されたため、人も例年より多いようです。

5327_edited1

大きな枝垂桜が2本あるのですが、うち1本は散り始めてました。

ツツジも見事に満開です。

9509_edited1

中院(なかいん)は、天台宗の別格本山で山号は星野山。寺号は無量寿寺。院号は中院です。

平安時代、淳和天皇の勅許で円仁(慈覚大師)が建立し、当初は無量寿寺仏地院と号し、
天海大僧正が喜多院(北院)の住職となるまでは、中院が無量寿寺の中心的な役割を果たしたそうです。

ここには島崎藤村の義母・加藤みきの墓があり藤村は頻繁に訪れたそうです。

5320_edited1

(資料:ウィキペディア他参照)

次回、桜シリーズのいよいよ最終回です。

|

« サ・ク・ラ巡り(2)大宮公園と見沼東縁アラカルト | トップページ | サ・ク・ラ巡り(最終回)さきたま古墳公園 »

」カテゴリの記事

コメント

普通の桜もいいですが、しだれ桜もいいですね。
ソングバードさんの、素晴らしいショットアングルのおかげで
さらに引き立っているようです。 石仏の表情もなんともいえない
いい感じです。

投稿: たかchan | 2012年4月13日 (金) 21時24分

こんばんは。
それぞれの桜が青空や多宝塔を背景に良い絵になってますね。
五百羅漢の表情も生き生きとして、カメラアングルの素晴らしさに感心しておりますhappy01

投稿: 山の風 | 2012年4月13日 (金) 21時46分

こんばんは!
喜多院 中を見学した事があります。
枝垂れ桜が見事ですね。
ソングバードさんのおかげで 沢山お花見でき有難うございます。
五百羅漢の表情は生きいきとしていて、ドキッとしました。
どれも素敵なお写真ですね。

投稿: zucca | 2012年4月13日 (金) 22時54分

ソングバードさん こんばんは^^
素敵ですね♪私は部屋の中からみた「枝垂れ桜」お見事ですね!
素晴らしいです!
羅漢さんも・・上手ですねぇ・・やっぱり・・景色も花も羅漢さんも!

投稿: ミント | 2012年4月13日 (金) 23時19分

こんばんわ(*^_^*)  素晴らしいお庭と羅漢さんに引き込まれましたhappy01
日本っていいですね~up 和=なごみ 最高ですよjapanesetea美味しいお茶と
和菓子で穏やかな時間を過ごせそう=^-^=うふっ♪

投稿: momoちゃん | 2012年4月13日 (金) 23時20分

枝垂れ桜、本当に見事ですね、素晴らしいですね~

五百羅漢像は、なんだか本当に、ひそひそ話が聞こえてきそうです。

投稿: てっちゃん | 2012年4月14日 (土) 00時43分

おはようございま〜す(゚▽゚*)

部屋の中から観た枝垂れ桜。。
一瞬!桜吹雪のように綺麗〜♪と、
ドキリンとしてしまいましたhappy01
それに、ひそひそ話の羅漢は、
温かみを感じますね〜confident
一度撫でてみたいなぁ。。。

投稿: 大海 | 2012年4月14日 (土) 07時11分

>たかchanさん
おはようございます。
枝垂れ桜はソメイヨシノとはちょっと違う風情ですね。
ここの石仏の中から自分の顔を見つけるのは大変です。(笑)


>山の風さん
おはようございます。
有難うございます。
喜多院の多宝塔はまだ修復されて新しく、朱色が青空に映えます。
5百羅漢の写真は雨上がりがいいそうですよ。


>zuccaさん
喜多院に行かれたことあるんですね。
もう少し早い方が枝垂れ桜も綺麗だったかもしれませんね。
お花見して頂けて嬉しいです。happy01
次は丸墓山古墳の桜ですが、お楽しみに…・


投稿: ソングバード | 2012年4月14日 (土) 10時48分

>ミントさん
有難うございます。
ミントさんの鳥写真ほど上手く写せませんが・・・・
桜の写真、やってみるとなかなか難しくて苦労します。
羅漢さんを見てると、知人にの顔がいっぱい出てきて楽しいですよ。
今度ミントさん似の羅漢さん探してみますね。(笑)


>momoちゃん
おはようございます。
喜多院の縁側に座って庭を眺めてると、心が洗われますよ。
の~んびり、時間が経つのも忘れて…・
まさに和の空間ですね。

投稿: ソングバード | 2012年4月14日 (土) 10時55分

川越、いつか訪れてみたいと思いつつ未だに訪ねたことがありません。東松山市までマイカーで出かけたことがありますが、その時には帰りに急用が発生し、残念ながら行けませんでした。
喜多院、部屋の中からの景色はまさに生の額縁ですね。
東福寺の塔頭や足立美術館の「生の額縁」を思い出しました。

投稿: country walker | 2012年4月14日 (土) 11時02分

>てっちゃん
もうすぐ北海道でも桜が見られますね。
春が遅い分、春夏一緒のような感じでしょうか?
五百羅漢、本当に538体あるのか数えたことないんですよ。


>大海さん
おはようございます。
喜多院は部屋の中から枝垂れ桜を楽しめるんです。
案外、人も少なくて静寂の中で見る中庭は最高ですよ。
ひそひそ話の羅漢さんがポスターなどに使われて有名なんですが、それぞれ特徴のある顔で何度見ても飽きません。
今度大海さんの代わりに撫でてきますね。(笑)

投稿: ソングバード | 2012年4月14日 (土) 11時04分

>country walkerさん
東松山まで来られたことあるんですね。
今度はぜひ機会を作って季節のいい時、川越を訪れてみてください。
蔵の町や周辺の寺院を歩くとウォーキングにはぴったりかも知れません。
枝垂れ桜は少し遅かったかもしれませんが、喜多院の縁側でのんびりするのもいいですよ。

投稿: ソングバード | 2012年4月14日 (土) 11時19分

凄くアングルもよくて綺麗な表現が出来ていますね。美しい枝垂れ桜ですね。私の近所にも日本中、何処を探しても無い品種の枝垂れ桜が咲くのです。それは見事で圧巻です。日本に一つだけの桜です。

投稿: 笠ぼん | 2012年4月14日 (土) 11時36分

こんにちは
テクニシャン、心地よい魅了の酔い、さすがです。

投稿: アットマン | 2012年4月14日 (土) 11時53分

こんにちは、喜多院はかなり前ですが、桜の時期に一度

行ったことがあり思い出しながら見させていただきました。

私も春の暖かな日差しの中、縁側でのんびりと庭の桜を

眺め、春だなぁ~なんて・・・

二枚目の写真から、その時のことを思い出しました。

石仏も、いろんな表情があってホントに話声が

聞こえてきそうな感じでしたね。

投稿: きなこもち | 2012年4月14日 (土) 12時15分

こんにちは
今日は由緒あるお寺の庭と桜ですね。
喜多院の、窓の中から庭を見たときの、
枝垂れの枝が一部だけ見える様子がとても
風流に感じられました。
こうした庭園は、外を歩いたときはもちろんですが
窓から眺める景色も、いろんなことが計算されて
作られているのでしょうね。
その場所その場所のすべてから違う感動が得られるなんて
素晴らしいですね。

投稿: ポージィ | 2012年4月14日 (土) 14時29分

みごとな桜写真、じっくりと堪能させていただきました^^
どれもこれも美しい!!!
部屋の中から見る桜、多宝塔に映える桜、
そしてなんといっても、中院の桜やツツジの写真は、
これぞ春爛漫!!って感じの華やかな写真ですね~^^
なかなかこういう場所に行く機会がないので、
花がいっぱいの写真を見ることができて嬉しいです^^

投稿: 音函 | 2012年4月14日 (土) 15時32分

川越の喜多院、中院の枝垂れ桜素晴らしいですね!
喜多院のお部屋から見る光景はまた格別です。
こんな所でのんびりお抹茶でも飲みたくなりました・・・

羅漢さんの表情、いいですね・・二人で何を話しているのでしょうか?
ほのぼのとしてきました。

川越には叔父叔母が住んでいて桜を見に来てと誘われますが、 
行く機会がなく今度行きたいと思いました。


投稿: でこっち | 2012年4月14日 (土) 16時02分

お寺の枝垂桜は風情がありますね。
徳川家にゆかりがあるときくと尚更(^^♪
ツツジも華やかな彩りを添えていますね。
遅い遅いと待ち焦がれていた桜ですが、あっという間に満開になって
更に山桜もツツジもシャクナゲも・・・、何もかも一斉に咲きだしてまるで東北の春のような気がします。

投稿: mio | 2012年4月14日 (土) 16時56分

庭園の美しさを引き立てる申し分のない構成に
お見事の一言です。

投稿: 里山通信風の中 | 2012年4月14日 (土) 17時46分

>笠ぼんさん
有難うございます。
枝垂れ桜は私も好きですよ。
近くに咲く枝垂れ桜、先日ブログで拝見した桜でしょうか。
色が濃くて綺麗な枝垂れでしたが…・


>アットマンさん
有難うございます。
こちらでもそろそろソメイヨシノも終わりです。あっという間でした。
これからは八重桜が楽しみです。


>きなこもちさん
今晩は。
喜多院に行かれたことあれば、様子はご存知ですね。
私が行ったときは少しピークが過ぎてました。
ここの縁側でのんびり昼寝でもしたい心境です。(笑)
来年、機会があれば再度訪れてみてくださいね。

投稿: ソングバード | 2012年4月14日 (土) 21時18分

>ポージィさん
今晩は。
ここは由緒あるところで、自宅から30分ほどで来れるのでよく訪れます。
昔の日本家屋は庭を意識した造りが多かったんでしょうね。
最近は情緒や風流を意識した家屋が少なくなりましたね。
特にマンションなどは・・・・(私もマンション住まいですが…)


>音函さん
今晩は。
桜はやっぱり寺院がよく似合いますね。
奈良や京都に桜の名所が多いことがうなずけます。
ちょっと人が多いのも難ですが、お寺の桜は落ち着きます。
これからまだまだたくさんの花が咲き始めるので楽しみですね。


>でこっちさん
川越にご親戚の方がおられるなら、来年はぜひお立ち寄りくださいね。
喜多院だけでなく、蔵の町、お芋の町ですからいろいろ楽しめますよ。
ウナギや芋料理、美味しいですよ。(花より団子)delicious

投稿: ソングバード | 2012年4月14日 (土) 21時34分

>mioさん
春が遅かったので、なんだか盆と正月がいっぺんに来たみたいに咲き出しましたね。
でも、やっぱり春の王様は桜でしょうか。
これからは八重桜が楽しめそうです。
仰る通り、寺と桜は似合いますが、最近は人も多くて…・coldsweats02


>里山通信風の中さん
コメント有難うございます。
長野の桜は少し遅いのでしょうか。
一足先に可憐な野草たちが一斉に顔を出して桜を待ってるようですね。

投稿: ソングバード | 2012年4月14日 (土) 21時41分

どの桜も素晴らしいです。
これほど大きなしだれ桜を傍で見たら、圧巻でしょうね。

羅漢様の表情どれも素晴らしいですね。

投稿: nampoo | 2012年4月14日 (土) 21時48分

>nampooさん
有難うございます。
ここな枝垂れ桜、確かに迫力があるのですが、どこか優しさを秘めた柔らかい枝垂れ桜なんです。
羅漢さんたくさんの中から、自分に似た顔を探すのも楽しいですよ。

投稿: ソングバード | 2012年4月15日 (日) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/44867401

この記事へのトラックバック一覧です: サ・ク・ラ巡り(3)川越の喜多院と中院:

« サ・ク・ラ巡り(2)大宮公園と見沼東縁アラカルト | トップページ | サ・ク・ラ巡り(最終回)さきたま古墳公園 »