« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

秋ヶ瀬公園散策(シメなど)

久しぶりに秋ヶ瀬公園を散策してみました。

春休み中なので、あちこちで子供たちの元気な声が響き渡ってます。

あちこち歩き回ってみますが、シジュウカラの声だけで林は静まりかえってます。もちろん、鳥撮りさんの姿は見えず、女性の鳥見さんとしばし談笑。

鳥があまりにも少ないことで話が盛り上がっただけ・・・・・・・weep

シメを見つけました。(本当に、”見つけた~!!”って感じ)

1465_edited1

例年、この時期のシメなど見向きもされないのですが、なぜだか新鮮です。雌でしょうか。

以前のも書いてるのですが、もう一度書いておきますね。

シメ(此女・鳹・蝋嘴)

日本では本州中部以北で繁殖するほか、冬鳥として全国に渡来しますが、場所によっては留鳥でもあります。

大きくて頑丈そうな嘴が特徴ですね。

面白い名前ですが、「シー」という鳴き声に「鳥」という意味の「メ」がついて「シメ」と呼ばれるようになったそうです。「」というのはスズ・カモと同じで、鳥を示す接尾語だそうですから面白いですね。(「野鳥の名前」から引用)

1463_edited1

ちょっと首をかしげると可愛いです。鳴き声はチッ・チッと大きくてすぐ分かります。

1478_edited1

ここでは毎年たくさんのシメを見ることができるのですが、今年は貴重品扱いされるほどですから、やはりおかしいですね。

もう1枚、尾羽の先端を少し広げた時の写真です。

1480_edited1

この林の定番、マヒワもいません、もちろんアトリやイカルの姿も・・・・・eye

ハンノキはたくさん実を付けてるのに、いるのはカワラヒワだけです。

1503_edited1

もちろん、今頃賑わってるはずのヤドリギの前には子供が遊んでるだけで、レンジャクの姿も見ることができません。

ヤドリギの実もほかの鳥が食べるためか減ってきてるようです。(実の出来が悪い??)

1540_edited1

シジュウカラだけはいつも通り元気いっぱい。

1522_edited1

結局、シメ・シジュウカラ・カワラヒワ・アオジ・ヒヨドリ・ムクドリ・ツグミ・オナガ・コゲラ・シロハラなどだけでした。

やけくそで、近くのハシブトカラスを撮ってみましたが・・・・・憎まれ者にもかかわらず案外可愛い????

1553_edited1


今回もおまけです。散策途中で撮ったものです。

次の花はなんでしょう????????

4290_edited1

ナズナ(薺)・・・・・・ペンペングサです。

有史以前に大陸から渡来した大先輩(?)ですが、花だけを撮ると結構可愛いです。

まずはタンポポをバックに・・・・

4300_edited1

今度はホトケノザをバックに・・・・・

4316_edited1

もう一つ、口直しに・・・・・光が良い具合に溶け込んでます。(これはM公園)

4181_edited1

 

   

| | コメント (38) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

公園はいよいよ春モード

見沼自然公園の河津桜の状況を見るために出かけてみると・・・・

河津桜は開花寸前です。(Iさんから、翌日(26日)には開花したとのメールを頂きました)

昨年の今頃、この公園ではマヒワの大きな群れが現われて、連日鳥撮りさんでにぎわったのですが、今は昔の話のようです。

その時のマヒワはこちらをどうぞ!

公園のあちこちにオオイヌノフグリがたくさんの花を咲かせています。

3952_edited1

この時期になると小さくてかわいい姿を見せてくれるのですが、名前の由来が「大犬の陰嚢」。

大きなイヌノフグリという可愛そうな名前が付けられてるんです。weep

その横にはホトケノザ(仏の座)ヒメオドリコソウ(姫踊子草)が群生してます。

ホトケノザは対生する葉を連座に見立てたものだそうです。(ちょっと撮った角度が悪かったのでその部分は見えませんね))

3431_edited1_2

一方のヒメオドリコソウは小さなオドリコソウという意味で、花の様子から輪になって踊る踊り子に見立てたそうです。(以上「日本の野草・雑草」より引用)

3422_edited1

先日、風の為に撮れなかったネコヤナギ(猫柳)が花を咲かせてます。

3521_edited1

違う角度から撮ってみましたが、赤い色が奇麗です。

3478_edited1

逆光で撮ってみると綿毛がまだいっぱい残ってます。

この銀白色の花穂を猫のしっぽに見立てたことが名前の由来だそうです。

3540_edited1

さらに奥にはサンシュユ(山茱萸)の花が咲いてました。

3657_edited1

サンシュユ(山茱萸)、えらく難しい漢字ですが、もともと中国及び朝鮮半島が原産地で中国名をそのまま読んだものだそうです。

日本では、江戸時代享保年間に朝鮮経由で漢種の種子が持ち込まれ、薬用植物として栽培されるようになったようです。

3757_edited1

真横から見るとこんな形です。

3703_edited1

小さな花ですが、蕊がまるでカタツムリの角みたいで面白いです。

「茱萸」はグミのことで、秋にはグミのような 実がなるそうです。(ウィキペディア他参照)

3658_edited1




(おまけ)

昨夜(3月26日)は、西の空で、金星・月・木星がほぼ等間隔で並ぶ天体ショーが見られましたね。

実はソングバード君、そのことを全く知らず、晩酌でほろ酔い気分 bottle

女房殿に云われてのそのそとベランダへ・・・・・・

慌てて三脚を組み立てて写したものの、どうもピントが合ってるような合ってないような???

とりあえず酒のせいにして…・証拠写真をご覧ください。(時刻:午後7時30分頃)

4076_edited1

ISO感度を上げて、遠景で撮ると・・・・

4078_edited1 

・・・・・・・・・お粗末さまでした。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ 

      

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

椿

カメラで悪戯をした後、椿が咲いてるのを見つけました。

ここは風もさえぎられて、ゆっくりと撮れそうですが、まだ一種類しか咲いてません。

3056_edited1

奇麗なピンク色の椿です。

3081_edited1

椿の種類っていったい何種類あるのでしょう。

現在、日本では約3000種類を超える品種が栽培されていて、花の形で分類すると、一重咲き、八重咲き、千重咲き等など約10種類の花形があるらしい。

バラなどと同じように、新しい品種も続々と作られてるようで、これは奥深い花のようです。

この写真の椿は花形の分類では千重咲きの「乙女椿」のようです。

3015_edited1

マクロで撮ると、なんだかバラの花のようです。

まだまだ蕾の方が多くて、その蕾も撮ってみます。

葉の間に僅かに差し込んだ光と一緒に撮ってみると、どこか幻想的です。

3109_edited1

まだまだ硬そうな蕾もありますが、撮ってみると案外面白い模様をしてるのが分かります。

3077_edited1

真上からも撮ってみました。

3102_edited1

3074_edited1

もうすぐ咲きそうな蕾です。こうしてみるとやはり自然の息吹を感じますね。

3065_edited1

椿はもともと日本原産の常緑樹で、野生種の標準和名はヤブツバキだそうです。

以前、「武士はその首が落ちる様子に似ているというのを理由にツバキを嫌った。」という話を聞いたことがありますが、それは幕末から明治時代以降の流言だそうです。

これは一度じっくり調べてみたくなってきました。

今度機会があれば椿の写真と同時に載せてみたいと思います。

 

| | コメント (33) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

風の悪戯

このところ、雨模様の日が続いたり、たまに晴れても風が強かったり、絶好の鳥撮り日にはほかの野暮用が入ったりでブログネタも途絶え気味ですが・・・・・

そんなある風の強い日、いつものM公園の様子を見ようと、食後の運動を兼ねて散歩です。

池にはオナガガモやコガモなどが残ってますが、数は極端に減ってます。大半が旅立ったようです。

旅立ちは一斉に・・・という訳にはいかないようですね。

どのようにして旅立ちの順番を決めるのでしょうか?????不思議です。

風は強いですが、満天の青空です。赤いマンサクの花が青空に映えます。

3115_edited1

ネコヤナギは大分膨らんでいて、低い所で一つだけ花が開いてますが、風に揺られてとても撮れる状態ではありません。

しからばと・・・・・・スローシャッターで……(f:32 1/6秒)

2903_edited1

なかなか面白そうなのでいろいろ撮ってみました。上と同じ被写体ですが…(f:32 0.8秒)

2932_edited1

もちろん、ピンとなんて合わせられる状態ではありません。

風の強さとSSを組み合わせると・・・・・(f:22 1/3秒)(f:32 1/6秒)

2942_edited1

2923_edited1

調子に乗って…・(f:22 0.8秒)・・・・今度は枝も面白い動きをします。

2961_edited1

ネコヤナギ全体を入れると・・・・(f:25 0.8秒)・・・・こうなると何が何だか分かりませんね。(?_?)

2991_edited1

今回の写真はND4を装着して撮ってみましたが、たまにはこんなお遊びも楽しいですよ。

この後はちょっと場所を移動して、風の当たらないところで椿を撮ってみました。

次回載せますね。 

 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

白ウメジロ

少し前に紅梅とメジロを載せた後、白梅とメジロを載せるつもりが遅くなってしましました。

今回慌てて載せることに・・・・・

7599_edited1

紅梅に来るメジロの写真はハデハデだったのですが、さすが白梅は落ち着いた情景になります。

ちょっと後ろから撮ってみましたが、如何でしょう。今回のお気に入りです。

8183_edited1

次の写真は連続です。まさに飛び立つ瞬間ですが、ちょっとタイミングが早すぎましたね。

8188_edited1

8185_edited1

こんな恰好で器用に梅の花から蜜を吸ってます。

嘴の周りに花粉がいっぱい付きますが、ハチやチョウなどと同じように梅の花の受粉に役立ってるんですね。

8274_edited1

今度はちょっと梅の間から失礼!!

8224_edited1

バックに紅梅が入ります。 

7557_edited1

7533_edited1

昨年は、ここで「ジョウビタキと梅」も撮れたのですが、今年はジョビ男君の姿が見えません。

昨年の記事はこちらです。

 

 

   

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

オオジュリンも衣替え中

3月16日、今週初めから持病の腰に違和感を感じていましたが、朝から久しぶりに晴れ間がのぞいていたので、MFの田圃に出かけてみました。

さすがに春ですね。あちこちでヒバリが飛び立ちます。

アオジ、ホオジロも数が多いですね。たまたま野焼の最中で、これが終わるといよいよ田植えの準備が始まるのでしょう。

ホオアカを見つけましたが、すぐに飛び立ってしまい、はるか彼方へ・・・・・

野焼き跡にジョウビタキの雌がいます。まだ居たんですね。

1189_edited1

ところどころ葦の塊が残ってますが、オオジュリンが盛んにえさを探して出たり入ったり・・・・

1274_edited1

5~6羽ぐらいいそうです。

1264_edited1

そのうちの1羽に頭の黒いオオジュリンの雄がいます。

1283_edited1

夏羽へ移行中のようですね。

日本では冬鳥として有名ですが、東北以北で繁殖し、北海道などでは夏鳥になります。

雄の夏羽(繁殖羽)は、頭と胸元が真っ黒になり、別の種類のように変身します。

1314_edited1

背中側も見てみましょうか。頭はまだ完全な黒色にはなってませんが、変身中の様子がよく分かります。

1373_edited1

1286_edited1

次の写真は雌でしょうか。冬羽の雄と雌は見分けがつきにくいですね。

1422_edited1

オオジュリンの変身中の記事はは以前にも取り上げてますので、名前の由来など興味のある方はこちらをどうぞ。   

 

 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

曙枝垂れ

雨中の梅の続きですが、この公園にはたくさん見られる枝垂れ梅の中でも特に「曙枝垂れ」と名付けられた枝垂れ梅を載せてみます。。

この「曙枝垂れ」は早咲きの枝垂れ梅で、色はピンクでこの公園の中でも比較的早く花が咲きます。

この枝垂れ梅が好きで、毎年撮りますが飽きません。

2690_edited1

雨が降ってるのが分かります。rain 後ろは紅梅ですね。

2641_edited1

鮮やかな淡いピンクが雨に映えます。

2646_edited1

ちょっと普通の梅とは趣が違いませんか??

2698_edited1_2

枝垂れ梅の中からも撮りたかったのですが、さすがに傘をさしながらでは無理でした。

2693_edited1_3

もう一つ、違う種類の枝垂れ梅を載せておきますね。「曙枝垂れ」と違うのは色が白いだけでなく、枝分かれしたところから花が咲いてます。

2492_edited1

 

 

(おまけ)

敢えて望遠レンズで撮ってみました。開放値なのでボケ方が面白いですね。

7510_edited1

以上、連続で梅の花を載せてきましたが、梅の花一つ一つが春を運んでくる様子を楽しんで頂けましたか??

次回は白梅のメジロの予定です。   

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

雨中の梅

少し前に雨の中で梅の花を撮った写真を掲載しましたが、あの時は通りすがりだったため、今回は本格的に撮ってみようと出かけてみました。

出掛ける時は小雨模様で良かったんですが、現地に着くころにはどしゃ降り・・・・rain

折角来たのだからと、三脚に傘を差しながらの撮影です。

2508_edited1

もちろんカメラにレジ袋を使って急造の防水対策をして、さらにタオルをかぶせての花撮りです。

2546_edited1

滴を撮りたいのですが、雨が激しいのですぐに落ちてしまします。

それでもやっと・・・・・・

2591_edited1

滴の中に梅の花が入るところを探しますが、なかなか見つかりません。

2612_edited1

やっとそれらしき背景が入る滴を見つけたのですが・・・・分かりますか????

2703_edited1

傘を差しながらの三脚使用はだんだん面倒臭くなってきた為、途中から手持ちに変えてみますが、さすがに歩留まりが悪くなります。

2579_edited1

2685_edited1

手前にボケを意識して枝垂れ梅の花を入れたつもりだったのですが、ボケ過ぎてはっきりわかりませんね。

2678_edited1

ストロボも使うつもりだったのですが、それどころではありません。

仕方なくそれらしくレタッチしてみました。

2560

紅梅はすでに満開を過ぎていて、あまり奇麗な花が無く、幹から直接咲いていた花を撮ってみました。

2525_edited1

花の形は良くないのですが、滴が奇麗でした。

2531_edited1

2624_edited1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く 

少しの間「梅シリーズ」が続きますので、今回はコメント欄を閉じてます。・・・・・次回も宜しく・・・・lovely

    

| | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

紅ウメジロ

久しぶりに晴れ間がのぞいたので、ウメジロを撮りに公園の梅林まで出かけてみます。

日曜日ということもあって花見や写真を撮りに来た人たちでにぎわってます。

紅梅はすでにピークを過ぎたようですが、白梅や枝垂れ梅などはまだ蕾がたくさんついて、満開までは少し時間がかかりそうです。

この梅林では毎年ウメジロ(梅の花に来るメジロ)を撮るのですが、今回は紅梅を中心に撮った写真を載せてみます。

7615_edited1_2

鮮やかな梅の紅色に、メジロの黄緑色が映えます。

7755_edited1_2

メジロ(目白・繍眼児)

日本では北海道西部以南に分布する留鳥ですが、北部では少なく、北海道ではあまり見られない夏鳥です。

中にはウグイスと間違える人も多いですね。(ウグイスはこのブログのタイトルバナーを見てくださいね!)

もちろん、眼の周りが白いので「目白」と書かれますが、眼の周りの白い部分が刺繍をしたような質感なので「繍眼児」とも書かれます。

「児」というのは「小さな、愛すべきもの」と意味です。(以上、「野鳥の名前」より)

眼の部分だけトリミングで拡大してみますね。刺繍をしたように見えますか???

8224_edited2

この梅林では約10羽ぐらいの群れが周期的に梅の花の蜜を吸いにやってきます。

7866_edited1

メジロ得意のポーズです。

7765_edited1_2

次の写真は、キョンシーみたいに脚を揃えて、枝に飛び移る瞬間です。

7682_edited1

梅林のあちこちに移動しますので、追いかけるのが大変です。

7984_edited1

なんだか気が付いてみると、赤一色のブログになってしましました。

次々回には白梅に来たメジロを載せますね。

(反省)

実は今回は「雨中の梅林」を載せる予定だったのですが、「ウメジロ」の方が先に整理ができたので、載せる順序が逆になってしましました。

「雨中の梅林」は次回載せますね。happy01     

| | コメント (36) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

雨上がりの梅林

先日、午前10時ごろまで降っていた雨が止み、晴れ間が出てきたので、慌てて大宮第2公園の梅林に駆けつけてみました。

陽の光で輝く滴と梅の花を撮りたかったのですが、時すでに遅しで、滴がほとんど残ってません。

仕方なく3~4分咲きの白梅や枝垂れ梅を撮ることにします。

紅梅はほぼ満開状態ですが、マクロ撮影にはあまり合いそうにないので、今回はパスです。

白梅系はまだ蕾状態が多いですね。

7230_edited1

幹にひっそりと咲く一輪の白梅です。

7236_edited1

今回は花の奥まで近寄ってみたくて、マクロレンズにクローズアップレンズを付けて寄ってみましたが、出来は芳しくありませんでした。

マクロにクローズアップレンズは合わないようです。次回はエクステを使って、寄ってみますね。

少し開いた花の中をのぞいてみました。なんだかモヤシみたいです。o(*^▽^*)o

7294_edited1

この公園には約45種類の種類の梅が植えられてるようですが、特に枝垂れ梅が奇麗です。

「曙枝垂」と名付けられた梅の花がチラホラと咲きだしてます。

7391_edited1

枝垂れ梅は、風があるとき撮るのは大変です。

枝がブラリ・ブラリと揺れます。

この写真、ランプのように見えませんか?(^.^)

7413_edited1

同じ花を裏側から撮ってみました。ちょっと雰囲気が変わります。

7396_edited1

次の写真は紅梅をバックに・・・・・

7479_edited1

こんな蕾も・・・・・・

7492_edited1

こんな小さな蕾もあと数日で満開になるのでしょう。

7489_edited1_2

陽が出てきたせいか、メジロが周りを飛び始めます。

ほぼ満開の紅梅で盛んに梅の花の蜜を求めて群れで移動します。

7503_edited1

もちろん、長いレンズを持ち合わせていないので、装着してる100ミリマクロで撮ってトリミングしてます。

7500_edited1

これでも、一応は「ウメジロ」ですのでご容赦を・・・・・・

もちろん、後日撮り直しする予定ですよ。

         

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

久しぶりの秋ヶ瀬公園散策

3月3日(土)、そう云えばこの日は「雛祭り」でした。sign03

我が家にはお歳の(??)お雛様が約一人います。virgo

いくつになってもひな祭りは楽しいらしく、そのお雛様いわく、「今日はお祝いにちらし寿司でもしますか!」…なんだかやけくそみたい!!

そして小さなケーキを2つ買ってきてささやかなお祝いをしましたよ。cake

そんな合間、久しぶりに天気が良さそうなので、いつものデジスコを担いで、リュックにデジイチを背負うスタイルで午後から秋ヶ瀬公園をぶらついてみました。

まずは田圃に行ってみましたが、鳥見さんが2組ほど・・・・

ぐるっと一回りしてみますが、めぼしいものは見つからず。

・・・・・・突然スズメやキジバトが飛び立ちます。すると・・・・上空にはハヤブサが・・・・・

かなり近かったのに、デジイチを用意してる間にかなり高いところまで上がってしましました。crying

やっと撮ったものですがトリミングしないと分からない。

7103_edited1

途中、ハシブトカラスがカメに悪戯をしてる所を見つけたのですが、これも撮り逃し、どうもこの日はよくありません。

ジョウビタキやモズはい変らず元気です。

7149_edited1
しからば、モズの飛びものでも撮ろうと待ちますがなかなか飛んでくれません。

そしてやっと、飛び出す姿勢をとったかと思うと・・・・

7141_edited1_2
まっすぐ、こちらに向かって飛びます。AFが一番苦手な真正面の飛び出しです。

7142_edited1_2
結局大した成果もなく公園に戻り、駐車場に向かう途中の広場で「ドッグ・ラン競技」をしてるのので覗いてみました。

詳しいルールは分かりませんが、結構面白いものですね。

7165_edited1_2

もちろん競技をしてるワンちゃんも必死ですが、同伴者はそれ以上。run

中にはワンちゃんが指示通り走ってくれず、会場の爆笑を誘う場面も・・・・

7173_edited1_2

軽やかなわんちゃんだけでなく、こんな大きなワンちゃんもいましたが、さすがに動きはきつそうでした。

7185_edited1_2
こんなことを楽しみながらの散策でしたが、やはり冬鳥は少なく、特にシメの姿がまったく見ることができません。

ツグミこそ最近増えてますが・・・・・

 

 

ちょっとさみしいので、2月29日に同じ秋ヶ瀬公園で撮った写真を載せておきますね。

お馴染みのカワラヒワですが、この日は風が強くて、ハンノキの上で尾羽をいっぱいに広げて器用にバランスをとってました。

尾羽が黄色くてきれいです。

1052_edited1_2
ゆらゆら揺れながら気持ち良さそうです。

1061_edited1_2
最後はメジロです。何の実(花??)か分かりませんが、盛んに突っついてました。

7060_edited1

なかなかすばしこくって大変ですが可愛いですね。

7067_edited1_2

7073_edited1
近いうちにウメジロも載せますが、それまで我慢してくださいね。

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

アオジの話と雨の梅林

冬鳥も徐々に少なくなってくる中で、今シーズン少ないながらにも健闘してるアオジをもう一度載せてみたいと思います。

今回はK公園とA公園で見つけた、きれいな個体を撮ってきました。

アオジの名前の由来などは少し前に載せてますますのでこちら をどうぞ。

まずはA公園のアオジですが、ちょっと首をかしげて可愛い仕草をします。

0987_edited1

この子は、なぜか少々近づいても逃げようとしません。

0993_edited1

そこで動画でも撮ってみました。

あまり動かないですが、奇麗な黄色いお腹が印象的です。

次はK公園のアオジです。

あまりにも近すぎるので、ドアップで撮ってみました。

0521_edited1
少し角度を変えて・・・目の周りがまるで隈が出来てるようで黒いですね。特に眼先(めさき)が黒いのがよく分かります。

0524_edited1
羽の様子を見てみましょうか。

まずは側面から・・・・・・・・

雨覆(あまおおい)の羽の様子がよく分かります。(下から順に初列雨覆・大雨覆・中雨覆・小雨覆の羽が並んでます)

風切羽も初列風切・次列風切・三列風切と下から上へと並んでます。

0545_edited1
次は背中側から・・・・・

三列風切羽がよく分かります。

0587_edited1
K公園では久しぶりのカケスもいました。

証拠写真程度しか撮れませんでしたが・・・・・

0665_edited1

そしてウグイスも・・・・・そろそろ地鳴きから囀りに切り替わる頃で、あのホーホケッキョの練習を始める頃ですね。

今はまだ藪の中にいることが多いですが、囀りが始まると、徐々に木の枝に出てくるようになります。

0598_edited1

ヤマガラが元気に飛び回っていました。

0624_edited1

そしておまけは、雨の梅林の様子です。

3月2日(金)、雨が降っていたのですが、大宮第二公園のそばを通ったので様子を見てみたのですが、まだ2~3分咲き程度で梅の花見という状態ではありません。

雨の中の花の様子です。傘さして手持ちで撮るのも苦労ですね。

2267_edited2
バックの赤い色は紅梅です。

2429_edited1
2287_edited1
この調子では、今週末ぐらいが見頃でしょうか??

「ウメジロ」もしばらくお預けですね。

梅の花の様子は、日替わりで載せていく予定です。










| | コメント (33) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

オオハクチョウの滑走とシナマンサク

いよいよオオハクチョウ・シリーズ最後の掲載です。

なごり雪が降って、いよいよ春の訪れが近くなりましたが、白鳥たちの旅立ちがそろそろ始まるのでしょうか。

MFのM公園のカモたちも大分少なくなって寂しくなってきました。

今年は白鳥シリーズを多く掲載してきましたが、今回が最後です。

6832_edited1
ハクチョウの仲間が飛び立つ時、あの大きな体が飛び上がるまで、かなり長い滑走路が必要です。

助走をつけながら、足をバタバタ、翼もバタバタさせて、前にカモが居ようがお構いなしで滑走を始めます。

6619_edited1
そして水面を走るように・・・・・run

翼の裏に水面の輝きが反射して奇麗です。

6622_edited1
さらに激しく羽ばたきます。

6637_edited1
初めの内は大きな翼の先が水面をたたきますが、やっと飛び上がる寸前の速度に達したようです。。

6649_edited1

冬鳥が少なかったせいもあって、オオハクチョウ・コハクチョウ・アメリカコハクチョウ・コブハクチョウなどを少し多めに載せてきましたが、この白鳥の姿を見れるのもあと僅かです。

また子育てして来シーズン新しい家族と一緒に無事に戻ってきてほしいものですね。


さて、マンサクの写真です。

見沼自然公園のマンサクを見に行ったのですが、この公園に咲いてるのはシナマンサクだそうですが、まだ疎らに咲いてるだけでした。

この日は曇り空で、風も強かったのですが、やっぱり難しいですね。(手持ちなので少しずつピンずれを起こしてますがご容赦を・・・・)

青空バックだと面白いかも知れませんね。

2043_edited1
なんだかごちゃごちゃしてます。

2064_edited1
枝も多くてすっきりしないので、ちょっとした裏技を使ってみました。(上の写真と下の写真)

裏技、なんだかわかりますか?・・・記事の最後に・・・・

2069_edited1
こんな色のマンサクもありましたよ。

2095_edited1
*裏技?

大したことではないのですが、黄色い花を浮き上がらせるためには、バックが暗い方がいいですね。

でも枝がどうしても写ってしまったり、暗いバックが見つからないとき時々使います。

かぶっていた黒い帽子のつばの部分を花の後ろにかざしてみました。

黒いケント紙のようなものを用意しておけば良いのですが、この時は持ってなかったので・・・・

でも、手持ち撮影で、片手に帽子、もう一方はデジイチ、縦位置の時はさすがに手がブルブル震えてきます。($・・)/~~~

これを試すときは三脚をお忘れなく!



| | コメント (22) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »