« びっくり雛祭り | トップページ | 久しぶりのカワセミなど »

2012年2月24日 (金)

アメリカコハクチョウ

Yさんから、T沼にアメリカコハクチョウマガンがいるとの情報を得て、早速出かけてみました。

昨年もアメリカコハクチョウが来ていたのですが、中途半端な写真しか撮れなかったので、今回はそのリベンジです。

現地に着いたのが午前10時頃でしたが、すぐ目の前に2羽いました。

6240_edited1
あまりにも簡単に見つかったので拍子抜けです。

まだ氷が融けていない水面ををよちよち歩いています。

6248_edited1
アメリカコハクチョウ

冬季、コハクチョウなどと一緒に北海道や本州に飛来しますが数が少ないです。

特徴は嘴で、オオハクチョウやコハクチョウと違ってほとんどが黒く、眼先の部分に小さな黄色斑があります。

たまにコハクチョウとの交配種も混じるようですが、交配種は、この黄色い部分が少し大きいです。

オオハクチョウが氷を割って進んだ後をアメリカコハクチョウが続きます。

手前2羽はオオハクチョウです。

6260_edited1

オオハクチョウが縦列に並んで氷を割って進みます。

6246_edited1
11時ごろには氷も融け出し、対岸からオオハクチョウやコハクチョウがこちらに移動してきます。地元の人の話では、今年はオオハクチョウやコハクチョウ合わせて250羽ぐらいいるだろうとのこと。

7016_edited1

アメリカコハクチョウもやっと水面を気持ちよく・・・・

6394_edited1
体が大きい方は、嘴の黄色い部分が少し大きいですね。

6396_edited1

この後、ほかのオオハクチョウなどの群れに紛れてしまい探すのが大変です。

次は、ちょっと雰囲気を変えて。。。。。。。。。。。camera

オオハクチョウが雪をかぶった「男体山」をバックに飛ぶ姿をどうぞ。

まずは左から右へ…(左側の富士山の頂上部分のように見えるのが男体山です)

6361_edited1
そして右から左へ…・

6676_edited1
そして、もう1枚。

6679_edited1
ところで・・・・もう一つの目標・・・・マガンは????

かなり遠い所の30羽ぐらいいるのですが、全く動く気配がありません。

6942_edited2
この後、完全なお昼寝タイムに突入!sleepy

ついにここを撤収するまでに起きることはありませんでした。weep

ちょっと時間が遅かったようですね。

この続きはお楽しみに・・・・・










|

« びっくり雛祭り | トップページ | 久しぶりのカワセミなど »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。実はアメリカコハクチョウ、よく分からずに撮って、家に帰って整理しているときに嘴の色の違いに気付きました。男体山をバックにした飛翔写真、さすがです。私もこういう写真が撮れるようなりたいものです。マガン、お昼寝タイムで残念でした。

投稿: ヨッシー | 2012年2月24日 (金) 21時55分

こんばんは。
アメリカコハクチョウという白鳥が居るんですね。
びっくりです。アメリカに多いのですか?
雪の男体山をバックに…素敵ですねdog

投稿: ぽこりん | 2012年2月24日 (金) 22時15分

男体山をバックに飛ぶオオハクチョウ素晴らしい写真ですね。
まだ、氷が張っているのですか!

オオハクチョウが氷を割って進むなんてはじめて知りました。

投稿: nampoo | 2012年2月24日 (金) 22時24分

雪の山と鳥が飛ぶ姿、ため息が出るぐらい美しいですね~!
鳥が飛んでいる姿はもちろん美しいなぁ~って思いますが、
水鳥がスイスイと水面を移動した後に出来る波紋も、
とてもなめらかな感じで美しいなぁって思います。
下から5番目みたいな波紋がくっきりした美しい写真を見ていると、
きれいだなぁ、優雅だなぁって思います^^

投稿: 音函 | 2012年2月24日 (金) 22時32分

こんばんわ^^ オオハクチョウにコハクチョウと仲良く並んで進む姿も面白いです(=^▽^=)  たくさんの仲間が集まって賑やかだったんですねhappy01
男体山をバックに飛んでる写真もバッチシscissors そのシャッターチャンスってすぐに来たんですかね~????大変だったのかな…camera

投稿: momoちゃん | 2012年2月24日 (金) 23時39分

こんばんは^^
山をバックに飛翔お見事ですね♪羽根も止まって、雄大な
感じが伝わってきます♪
私も撮りたくなりました(*^^*)

投稿: ミント | 2012年2月25日 (土) 00時10分

>ヨッシーさん
マガンは残念でしたが、面白い写真いっぱい撮ってきましたよ。
あとのお楽しみ!!(笑)
ミサゴも来たのですが、カラスに追われて降りてきませんでした。


 
 
>ぽこりんさん
おはようございます。
アメリカコハクチョウ、確かに北米産のようですね。
コハクチョウに紛れて飛来しますが、数が少ないんです。
男体山、奇麗でしょう。


 
 
>nampooさん
有難うございます。
カメラの調子はいかがですか?
氷が張ったところを歩くようにして割りながら進むんです。(笑)
男体山は雪がかぶって奇麗でしたよ。

投稿: ソングバード | 2012年2月25日 (土) 07時45分

>音函さん
有難うございます。
この沼からは男体山や天気が良ければ富士山まで見えるんです。
ちょうど雪の男体山のところを飛んでくれたのでラッキーでした。
そうですね、水鳥はやっぱり水面と一緒の方がいいですね。


 
 

>momoちゃん
おはようございます。
この日の白鳥は賑やかでしたよ。
もうすぐ旅立つ準備をしてるのかも知れませんね。
男体山に向かってベンチがあるので、そこに座りながら撮ったんで楽でしたよ。
ただ、うまく山のところを飛んでくれたのは少なかったですけど・・・・・


 
 
>ミントさん
ここは今の時期、男体山や新潟の県境の山々が雪をかぶります。
ちょうどいい高さを飛んでくれました。
今回は撮ってませんが、ここは夕方、空が赤くなった時の飛びものがいいですよ。
夕刻からカメラマンが増える時もありますから・・・・

投稿: ソングバード | 2012年2月25日 (土) 07時57分

lovelyshineなんと、美しい姿。

鶴の恩返しを思い出しました。flair

こうして種類が違うのも、すぐ解っちゃうんですね。scissorsshine

解説付きで、拡大してじっとeye覗きこみます。eyeeye

で、解ったつもりかしら?首を縦に振ってる自分がおかしいです。ヽ(´▽`)/

やっぱり 感動ものは、雪山をバックに飛び立っている姿でしょうか・・・

投稿: こころぐ郁美 | 2012年2月25日 (土) 08時56分

オオハクチョウが縦に並んで氷を割るシーンは自然界を生き抜く為の
知恵なのでしょうね・・・

黄色い斑点だけでアメリカコハクチョウと良く区別されますね。
良く観察されて頭が下がります。

雪山の男体山をバックのオオハクチョウ素敵です。

投稿: でこっち | 2012年2月25日 (土) 11時02分

アメリカコハクチョウ、名前を聞くのも写真を見るのも初めてです。確かに嘴の色が異なりますがその外はよく似ていますね。
男体山を背景に飛翔する白鳥の群れ、ソングバードさんならではのショットで何時もながら素晴しいです!
男体山の山頂部分富士山と見間違えるほどですね。

投稿: country walker | 2012年2月25日 (土) 11時58分

こんにちは。
アメリカコハクチョウ という種類もいるんですね。
多くはアメリカ大陸へ行くのがたまに日本に来ちゃうんですね。
何となくコハクチョウと一緒に飛んでいたら、
あれれ?何か違う所へ着いちゃったよ!でもまぁいっか~
と思っているかどうか…(^^;)
チラと見えるアメリカコハクチョウの足も黒いですね。
足の色は他のハクチョウたちも黒なんでしょうか。
空を飛ぶ姿、優雅ですね。
でもこんも大きな体で飛ぶには相当な筋力が要りそうです。

投稿: ポージィ | 2012年2月25日 (土) 15時32分

白鳥の北帰行が始まっているのでしょうか。
深夜に、鳴きながら飛んで行く声をききました。
雪の降る東北ですが、
こんな所からも春が近づいていると感じます。

投稿: ムーミンママ | 2012年2月25日 (土) 15時36分

他の方のブログでも紹介されていますが、このT沼は水鳥の宝庫のようですね。
それにしてもソングバードさんのフットワークの良さには毎度脱帽です。

投稿: key | 2012年2月25日 (土) 17時44分

今晩は。

オオハクチョウの飛翔、優雅で雄大で絵になりますね。素晴らしい!!
溜息ついて拝見してます。

投稿: けんいちろう | 2012年2月25日 (土) 17時56分

アメリカコハクチョウは、まだ見たこと無いので、羨ましいです。

男体山バックのトビモノ、良いですね~やっぱり背景が分かる写真は、好きです。

そちらの湖も、まだ凍っているんですね。

投稿: てっちゃん | 2012年2月25日 (土) 23時18分

>こころぐ郁美さん
コメ有難うございます。lovely
ハクチョウはかなり大きな鳥ですが、こうして飛ぶ姿は奇麗ですよぉ~camera
飛ぶ時は体が重いので水面を走りながら羽をバタバタさせて一生懸命です。
まるで、メタボの誰かが走ってるみたい…・run
もうすぐアップしますから見てくださいね。


 
 

>でこっちさん
おはようございます。
氷を割りながらよちよち歩く姿は滑稽ですよ。
オオハクチョウ・コハクチョウ・アメリカコハクチョウはそれぞれ特徴がありますからすぐ分かりますよ。
今度白鳥に出会えるといいですね。
男体山、まるで富士山みたいでしょう。


 
 
>country walkerさん
アメリカコハクチョウは飛来する数が少ないので、今回はラッキーでした。
ハクチョウは体の大きさだけではなかなか見分けにくいですね。
男体山、まるで富士山を少し押しつぶしたようです。
てっぺんだけ見ると間違えますね。

投稿: ソングバード | 2012年2月26日 (日) 07時22分

>ポージィさん
そうそう、まさにそんな感じで日本に来たんでしょうね。happy01
自分自身、コハクチョウと思ってるのかも・・・・(笑)
脚の色、あまり意識してみてませんでしたが、みんな黒いですね。
飛ぶ時は助走をつけながら、まるで走ってるみたいですよ。
次々回でアップしますから見てくださいね。


 
 
>ムーミンママさん
おはようございます。
そろそろ北帰行が始まるようです。
渡りが始まる前はだんだん賑やかになって順番に飛び立つそうですよ。
最後の瞬間も見てみたいのですが・・・・


 
 
>keyさん
そうですね、ここはじっくり周辺を回ってみるといろんな鳥がいるようです。
最近はどこへ行っても常連さんの鳥しかいなくて…・

投稿: ソングバード | 2012年2月26日 (日) 07時32分

>けんいちろうさん
おはようございます。
そちらの方では白鳥はいかがですか?
こちらでは川や用水沼が多いので毎年たくさんの白鳥が来てくれます。
もうすぐ北へ旅立ちますが、だんだん寂しくなります。


 
 
>てっちゃん
アメリカコハクチョウは北海道を素通りするんでしょうか。
この沼では毎年1~2羽混じって飛来します。
雪山バックもいいですが、大雪原バックのワシ・タカ類も素敵ですよ。

投稿: ソングバード | 2012年2月26日 (日) 07時38分

たぶん、ウトナイ湖なら、見られる可能性はありそうですね?コハクチョウは、北海道でも、日本海側なら、普通に見られますから・・・

投稿: てっちゃん | 2012年2月26日 (日) 12時40分

アメリカコハクチョウなんていうのもいたんですか、初めて知りました。
嘴の黄色がないので、私でもわかりそうな気がします(^^)v
一列になって氷を割りながら進む姿、まるで砕氷船のようで・・・。
飛んでいる写真、気持ちよさそうですね~。
お昼寝は、田んぼの白鳥のように水から上がってじゃないんですね(^_-)

投稿: mio | 2012年2月26日 (日) 17時07分

こんにちは。

今日は寒い一日でしたね。

こちらには、春から夏にかけて、シラサギ、ゴイサギがやって来ますが白鳥は来ませんね。近くにエサ場となる湖が無いせいでしょうね。

投稿: けんいちろう | 2012年2月26日 (日) 17時24分

>てっちゃん
アメリカコハクチョウも見れるといいですね。


 
 
>mioさん
アメリカコハクチョウはすぐ分かると思いますよ。
でも数が少ないので、たくさんのコハクチョウの中から探すのが大変かも・・・・
砕氷船??なるほどそんな風にも見えますね。
陸の上でも休むのですが、水面に浮かびながらの方が安全なんでしょうね。


 
 
>けんいちろうさん
今日はこちらもどんよりした曇り空でした。
そうですね。餌場が無いと来ないかも知れません。
有名な白鳥飛来地は、餌付で集めた経過もありますから・・・・

投稿: ソングバード | 2012年2月26日 (日) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/44249319

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカコハクチョウ:

« びっくり雛祭り | トップページ | 久しぶりのカワセミなど »