« オオタカ(自然界の厳しさ) | トップページ | トモエガモ(巴鴨) »

2011年12月25日 (日)

チョウゲンボウ

前回のオオタカとは違って青空バックのちょっとさわやかな写真です。

オオタカを見た後、公園内の道を走ってると道路端の電波塔にチョウゲンボウがいます。

車を止めて近づいてみますが、逃げようとしません。

何か獲物を食べてるようです。車からあわててデジイチを取り出して撮ったものです。

4511_edited1s

しばらくすると飛び出すのですが、さすがに手持ちのままで待つのは疲れます。

そして飛び出します。

4569_edited1s

この後、近くの高い木にとまりますが柵があって近寄れません。

しばらく様子を見てると……

4599_edited1s

そしてゆっくり旋回しながら・・・・

4603_edited1s_2
またまた同じところまで戻って行きます。

食べ残しの餌が気になったのかな??

4555_edited1s_3

しばらく待ってみましたが、全く動く気配なし。

こちらが根負けして、退散です。

それにしてもこの日は久しぶりに猛禽デーの一日でした。

 

|

« オオタカ(自然界の厳しさ) | トップページ | トモエガモ(巴鴨) »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
チョウゲンボウ、カッコイイですね。
特に2枚目の写真、羽が美しいnote
機能美と言うんでしょうかねえdog

投稿: ぽこりん | 2011年12月25日 (日) 11時21分

オオタカにチョウゲンボウ…猛禽類が続きますね。
背中の茶色・尾羽の灰色と黒色の配色が大好きです。

投稿: noharatugumi | 2011年12月25日 (日) 15時12分

青空にチョウゲンボウ、映えますね~羨ましいです。

トビモノも、バッチリですね。

それからYouTubeに行って、オオタカの動画も拝見しましたよ、やっぱり迫力ありますね。

投稿: てっちゃん | 2011年12月25日 (日) 17時01分

こんばんは!
私も今日、チョウゲンボウを撮りました。
しかし、「飛び」は難しいですね。
私の腕ではまだまだです。
「飛び」を上手く撮るコツを教えてください。

投稿: FUJIKAZE | 2011年12月25日 (日) 20時05分

同じ猛禽類でも今回は青空に舞うチョウゲンボウ、
細かいところまで見れて、素晴らしいと思いました。

同じ猛禽類でもチョット優しさが見えました。

投稿: でこっち | 2011年12月25日 (日) 21時28分

青空の中でのチョウゲンボウの飛翔素晴らしいですね。
猛禽類の中ではとても可愛らしい顔をしていますね。
実物は見たことないのですが。

投稿: nampoo | 2011年12月25日 (日) 21時52分

チョウゲンボウ、やっぱり羽が綺麗ですねhappy01羽ばたいてる姿も良く撮れている事cameraチャンスはいつあるか分からないから、カメラは必需品ですね~up

投稿: momoちゃん | 2011年12月25日 (日) 22時07分

こんばんは^^
猛禽続きですねー!
チョウゲンボウは私の大好きな鳥さんです♪
いいですねーーー!手持ちでの飛び出しもバッチリで素晴らしいです!こんな素直な良い子、逢いたいですね♪猛禽だけど・・可愛いんですよね♪

投稿: ミント | 2011年12月25日 (日) 22時18分

(*゚▽゚)ノこんばんはー

スピード感があるなあ~

でも、よく追っかけられる・・・と感心。

デジカメでさえ、物を見失う私。ひたすら見入るしかないなあ。

羽の1枚1枚がきれい。怖い話だったはずが、うっとりするのはなあ~ぜ?

投稿: こころぐ郁美 | 2011年12月25日 (日) 22時33分

こんにちは。
これがチョウゲンボウなんですね。美しい鳥ですねぇ。
思ったよりくちばしが小さめで、一方目は大きめに感じました。
何と比べてそう思っているのか自分でもよく分かりませんが(^^;)
ほんと、小さな猛禽のモズ、オオタカ、チョウゲンボウと
まとめてお会いになりましたね。

投稿: ポージィ | 2011年12月26日 (月) 11時52分

>ぽこりんさん
こんにちは。
タカ類は羽が綺麗だけでなく識別するのに大切なんです。
飛ぶための究極のデザインでしょうね。

 
>noharatugumiさん
こんな日は初めてですね。
これだけ見れただけでも大満足ですよ。
色の配色もよくて、青空に映えました。

 
>てっちゃん
You Tubeご覧になりましたか?
有難うございます。
もっと厳しいシーンもあったのですが、アップしませんでした。
これだけ短時間に猛禽類に会うと楽しいですね。

投稿: ソングバード | 2011年12月26日 (月) 13時50分

オオタカに続いてチョウゲンボウと素晴しい写真に見とれております。飛翔中の写真、やはり凄いです。
電波塔から飛び出すときの撮影ははカメラのAFモードを「AIフォーカス」にして待機するのでしょうか?
自分は鳥を見たときは「AIサーボ」にしてしまいますがご教示下さい。

投稿: country walker | 2011年12月26日 (月) 13時57分

>FUJIKAZEさん
こんにちは。
飛びもののコツ、ですか。
「下手な鉄砲…」方式ですが、場数を踏むのも大切ですね。
基本的にはファインダーから外さない事!
当然のことなんですが、なかなか難しいですね。
早い対象には照準器を使いますが、持ってないときは両眼視します。
つまり、左目で対象物、右目でファインダーを同時に見るんですが、慣れると案外簡単ですよ。
後はカメラのAF任せで、連写します。(もちろんAFは追尾モードです)
カワセミなどは置きピンするときもありますが・・・・

 
>でこっちさん
猛禽類も面白いですよ。
特にチョウゲンボウは比較的簡単に見れますよ。
近くに広い田んぼや畑があると注意してみてくださいね。
上空をホバリングしながら獲物を探してるところが見れるかも知れません。
チョウゲンボウは猛禽の仲間ではいちばんやさしい顔してるかも知れませんね。

 
>nampooさん
こんんちは。
チョウゲンボウのほうがミサゴなどに比べて数段見つけやすいですよ。
今度広い田んぼや畑があるところを注意深く見てください。
電柱などにもとまります。
見れるといいですね。

投稿: | 2011年12月26日 (月) 14時06分

>momoちゃん
こんにちは。
いつもありがとうございます。
本当はいつもカメラを携行してればいいのですが、機材が重いのでそうはいかないんです。weep
でも、いつこんなチャンスに恵まれるか分からないので、持ち歩きたいですね。

 
>ミントさん
こんにちは。
私も一番好きな鳥の筆頭格ですよ。
あの何とも云えない顔が……・魅力的?
何度撮っても飽きない鳥ですね。
この日はオオタカもチョウゲンボウもゆっくり撮らせてくれたのでラッキーでした。happy01

 
>こころぐ郁美さん
こんにちは。
老眼でファインダーのぞきながら追いかけるのが大変ですよぉ~!(笑)
綺麗な羽、究極の神様の創造物ですね。
そうですね。今回の写真はさわやかなチョウゲンボウでまとめてみました。
喜んでいただいて嬉しいです。

投稿: ソングバード | 2011年12月26日 (月) 14時24分

>ポージィさん
こんにちは。
綺麗なタカでしょう。
ハトより少し大きいくらいですから、タカの中では小型のほうですね。
私はこのチョウゲンボウの顔がチ-ターに似てるので好きなんです。
今回はラッキーな出会いでしたが、こんな日は珍しいです。

 
>country walkerさん
有難うございます。
確か7Dを購入されたんでしたね。
鳥撮りの時はじっとしてる鳥と激しく動く鳥や飛びものによって設定が違いますが、
飛びものの時はAIサーボで「領域拡大AF」と「一点AF」を使い分けてます。
空などのように背景が抜けてる時は「領域拡大AF」
背景に何かあるときは「一点AF」です。
後は、AFボタンを押したまま追尾します。
AIフォーカスを使うときは止まってる鳥ですね。
釈迦に説法のような話になりましたが、機会があれば鳥も撮ってみてくださいね。
くれぐれもレンズ沼にはご注意を・・・・・

投稿: ソングバード | 2011年12月26日 (月) 14時45分

チョウゲンボウは、猛禽の中では一番好きです。
目が可愛くて、翼を広げるとカッコイイです。
同じ所に戻ってくるなんて、
よほど気になる事があったのでしょうね。

投稿: カラー | 2011年12月26日 (月) 17時02分

>カラーさん
今晩は。
私もこのチョウゲンボウが大好きです。
何度撮っても飽きませんね。
たぶん、写真では見えなかったんですが、塔の上に食べ残しの餌があったみたいなんです。

投稿: ソングバード | 2011年12月26日 (月) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/43480428

この記事へのトラックバック一覧です: チョウゲンボウ:

« オオタカ(自然界の厳しさ) | トップページ | トモエガモ(巴鴨) »