« いよいよキビタキ | トップページ | セイタカシギシリーズ(夕日に染まるセイタカシギ) »

2011年10月14日 (金)

曼珠沙華・最後の赤いじゅうたん

「巾着田の曼珠沙華まつり」も10月10日に終息しましたが、このところ鳥さんの記事が続いていたので、気分転換で、巾着田の遅咲きエリア最後の満開状態を載せてみました。

(載せよう載せようと思ってる間に時間が過ぎて遅くなってしましました。)coldsweats01

巾着田の「遅咲きエリア」の曼珠沙華です。

0958_edited1s

午前9時ごろの様子です。

0927_edited1s

 

金子みすゞもこんな詩を詠んでます。

0938_edited1s    曼珠沙華(ヒガンバナ)

          村のまつりは
        夏のころ、
        ひるまも花火を
        たきました。
 
        秋のまつりは
        となり村、
        日傘のつづく
        裏みちに、
        地面(ヂベタ)のしたに
        棲むひとが、
        線香花火を
        たきました。
 
        あかい
        あかい
        曼珠沙華。

 

 

まさに曼珠沙華一輪だけ見ると線香花火のようですね。

こんな発想が出来るみすゞの詩の魅力を改めて感じます。

 

 

今回は所用の為コメント欄を閉じてます。次回からよろしくね!!

 

 

|

« いよいよキビタキ | トップページ | セイタカシギシリーズ(夕日に染まるセイタカシギ) »

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/42498751

この記事へのトラックバック一覧です: 曼珠沙華・最後の赤いじゅうたん:

« いよいよキビタキ | トップページ | セイタカシギシリーズ(夕日に染まるセイタカシギ) »