« セイタカシギシリーズ(夕日に染まるセイタカシギ) | トップページ | セグロセキレイ »

2011年10月17日 (月)

アオアシシギ

最近日課になったI沼をこの日も覗いてみると・・・・

近くの浅瀬でアオアシシギ(青脚鷸)が盛んに餌を探してます。

曇天の夕刻でかなり暗いですが、道路に車を止めて撮る事にしました。

1768_edited1s

案の定、色が出ません。特徴の脚の色も真っ黒です。

さらに、まだ夏羽のような模様が残ってる為かどことなく貧相に見えますね。o(*^▽^*)o

このアオアシシギ(青脚鷸)を見るといつも思うこと。

脚の色が青いからアオアシシギ(青脚鷸)と呼ばれてるにもかかわらず、実際の色はいわゆる青(ブルー)ではなく、緑に近い黄緑色(オリーブ色)です。

にも拘らず、アオアシ・・・・とは?

「野鳥の名前」を引用すると・・・・・・・

青は古語で緑のこと。青葉も青カビも緑色、信号の青も緑色。

脚が「青い」から「青脚鷸」

この写真では脚が真っ黒で分からないですね。在庫から載せてみます。

05234s

何か小さなエビを捕まえたようです。

1735_edited1s

見えますか??嘴が少し上に反ってるのが特徴です。 

1743_edited1s

餌を探しながら、案外早く歩き回ります。カメラで追いかけるのが大変です。 

その様子を動画にも撮ってみました。 かなり動きが早いですが様子がよく分かります。            

もちろんこの日もセイタカシギは健在です。

1683_edited1s

チュウサギでしょうか?仲良く餌を探してますね。

1700_edited1s

暫くの間、この沼の様子を観察してみます。 

|

« セイタカシギシリーズ(夕日に染まるセイタカシギ) | トップページ | セグロセキレイ »

」カテゴリの記事

コメント

アオアシシギのアオとは古語で緑だったのですね。
この青色については不思議だと思っていました。
一つ賢くなりました。
アオアシシギは嘴が反っているんですね。
見分けるときの参考になります。

投稿: nampoo | 2011年10月17日 (月) 11時19分

確かにアオアシシギの足の色は緑色に近いですね。
確かに信号機の色も緑なのに「青信号」ですから、古来日本では緑と青の区別が無かったのかも知れませんね。

投稿: key | 2011年10月17日 (月) 16時38分

まだ、シギさんが居るのですね。
ウチの方では見られないので羨ましいです。
私も鳥を見始めた時、なんでアオなのか不思議でした。
鳥の名前のルーツをたどるのも面白いかも・・・

投稿: カラー | 2011年10月17日 (月) 17時23分

こんばんは。
確かにアオアシでも青くないですね。
コメントを読んでいて、信号機の緑を
思い出しました。
続けて読んでいくと、やっぱり書いてありました。(笑)
異種が2羽っていうのも楽しいですよね。
前掲のセイタカの群れ、良いですね。

投稿: aya papa | 2011年10月17日 (月) 17時35分

こんばんは。
やはり動画にはかないませんね。
こんなにチョコマカ動き回るとは、思ってもみませんでした。
すごいですね~。
良いものを見せていただきましたdog

投稿: ぽこりん | 2011年10月17日 (月) 19時37分

>nampooさん
アオと云う言葉は日本でいろいろ使われてますが、古語の意味する言葉が結構ありますね。
アオアシシギは結構簡単に見れますので、今度探してみてください。
 
 

>keyさん
こうして名前の由来を調べてると、結構新しい発見があります。
おっしゃる通り、古来青と緑の区別が曖昧だったのかもしれませんね。
 
 

>カラーさん
こんばんは。
鳥の生態もそうなんですが、同じ鳥撮りやるならと、名前の由来を調べ始めたのですが結構面白いですよ。
今まで掲載した鳥はすべて記載してますので、暇な時にでも覗いてみてください。
ここは、アオシギ・イソシギ・ツルシギ・ハマシギ・トウネンなどのシギ類で冬の間中楽しめるんです。
今年も来てくれるといいのですが・・・・

投稿: ソングバード | 2011年10月17日 (月) 21時06分

>aya papaさん
こんばんは。
こんなことを調べてると結構新しい事が分かって楽しいですよ。
ここはいろいろなサギやシギが混在していますので面白い構図が撮れます。
夕日のセイタカシギ、お褒め頂いて有難うございます。
 
 

>ぽこりんさん
動画だと、その動きの様子が良く分かりますね。
写真だけだと、なかなかここまで表現できません。
これからもいろいろ撮ってみますからお楽しみに・・・・

投稿: ソングバード | 2011年10月17日 (月) 21時22分

アオアシシギが間近に見られていますね。確かに…足は緑色ですね。信号と同じですね。
セイタカシギとチュウサギ…なんだか親子見たいですね。笑

投稿: noharatugumi | 2011年10月17日 (月) 23時07分

こんばんは^^
まだ・・シギさんいるのですね・・
私の地元では抜けたように思います(^^;
アオアシシギさんやセイタカシギさん綺麗に撮れていますね!まだまだ楽しめそうですね♪

投稿: ミント | 2011年10月17日 (月) 23時59分

最後の写真面白いですね、上下で餌取りしていますね。
たぶんダイサギだと思いますよ、目の後まで、口の裂け目があるのが、ダイサギ特徴です。

アオアシシギの動きはせわしないから、デジスコで追いかけるのは、大変ですよね。

投稿: てっちゃん | 2011年10月18日 (火) 00時41分

>noharatugumiさん
以前から気になっていたんですが、鳥の名前の由来も調べてみると面白いですね。
セイタカシギ完全に居ついた見たいです。
 
 

>ミントさん
おはようございます。
ここのシギ類は冬場いっぱい楽しめるんです。
これからどんなシギ類が入ってくるか楽しみです。
暫くはここのレポートが多くなりそうです。
 
 
>てっちゃん
やっぱりそう思いますか。
初めは広角の具合からダイサギだと思ったんですが、体があまりにも小さいんです。
セイタカシギと比べてみると良く分かるんですが・・・・
単なる小さな個体なんでしょうかね。

確かにアオアシの餌採りの時はデジスコでは苦労しますね。

投稿: ソングバード | 2011年10月18日 (火) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/42539453

この記事へのトラックバック一覧です: アオアシシギ:

« セイタカシギシリーズ(夕日に染まるセイタカシギ) | トップページ | セグロセキレイ »