« 八重ヒマワリ | トップページ | 大宮公園 ア・ラ・カ・ル・ト(ホシホウジャク) »

2011年9月 4日 (日)

機材紹介・ササゴイ

ブログに写真を掲載してると、時々、機材の問い合わせを頂きます。

以前、このブログでも簡単に紹介したのですが、ここで改めて詳しく紹介しておきますね。

私の場合、鳥の写真に限ると飛び物を撮る時はもちろんデジイチを多用しますが、写真の60%はデジスコを使用しています。

デジスコのメリットはいろいろな所で紹介されていますので詳しくは述べませんが、個人的には・・・・・・・・

「軽い」・「安い」・「高倍率が楽しめる」の3点だと思います。

次の写真は距離は概算150メートル先、荒川対岸のササゴイです。

デジスコ使用で35ミリ換算約2340ミリに相当します。

併用してるデジイチEOS-7Dに、仮に800ミリの大砲+1.4倍のテレコンを付けても35ミリ換算約1790ミリですから、いかに高倍率か分かりますね。

最高35ミリ換算約3990ミリまで可能ですが、そこまで上げると遠くのものはブレで鮮明な写真は撮れません。(少なくとも私の技術では・・・)

もちろん、季節によってはゆらぎの影響などで、鮮明な写真は望めません。

8316_edited1s

現在使用してるデジスコ機材は・・・・

フィールドスコープ:ニコンED82  コンデジ:メインがキヤノンIXY30S、サブがソニーW300

接眼レンズ:径82使用で38倍  三脚:マンフロット  雲台:ベンロのジンバル雲台

こんな感じです。

Img_0927sImg_0928s













もちろん、鳥を補足するための照準器は必須アイテムです。

Img_0929sImg_0930s













撮り方は・・・・・・

まず照準器で鳥を補足した後、スコープのリングでピントを合わせます。(マニュアル)

そしてレリーズを半押しし、コンデジのAFを合焦させ、ピントリングで微調整してシャッターを切ります。

この動作を一連で一気にやる訳ですから、動きが早い鳥には苦労します。

次の写真のように、ジッとしてくれる時には、遠くてもこんな写真が撮れます。(約50メートル先、35ミリ換算約3200ミリ)

8445_edited1s

ササゴイが、近くまで来てくれました。ちょっとピンアマですが35ミリ換算約3200ミリの画像です。

8360_edited1s

高倍率の良さに気を良くして、最大限まで使うと倍率が高すぎて少しの振動でブレブレ写真の連発です。

その為、普段はワイド側でケラレが出ないカメラ本体の焦点距離7~11ミリ(35ミリ換算約1500~約2300ミリ前後)の範囲を使用しています。

《ちなみに現在メインで使用しているコンデジキヤノンIXY30Sの焦点距離は4,9~18.6ミリ(フルサイズ35ミリ換算28~105ミリ) 連写速度:3.7枚/秒です。焦点距離の換算はここに+フィールドスコープの38倍が乗算されますので、すごい倍率になります。》

次の写真が、今回一番安定した焦点距離で撮った写真です。

毛繕いのシーンですが、フィールドスコープ倍率:38倍 概算距離:約50メートル ISO:200 f:5.6 SS:1/800 焦点距離:9ミリ(35ミリ換算約1900ミリ)

8428_edited1s

動画を撮る時は、もちろんカメラは動画モードで、上記の一連の動作をした後、レリーズを押します。

動画撮影には7倍の接眼レンズにDMX-HD1000を使うこともありますが、最近は、写真と動画が同時に可能なデジスコ(30S)を使ってます。

比較的近くに来た時の動画です。

次の動画を見て下さい。後半、明らかに風の影響でプルプル震えてます。ズームアップすると良く分かります。

明らかに高倍率に上げた時の失敗例です。距離は約70メートル

 これだけ高倍率なので鳥撮りには向いてるのですが、さすがに動きが早い対象物は苦手ですね。

中には、カワセミの飛び物やツバメなどを写真で撮られる神業を取得されてる鳥撮りさんもおられるのですが、とてもソングバードには出来ません。

そこで登場するのが、もちろんデジ一眼です。

カメラは、主に鳥や昆虫用はEOS-7D、花や風景はEOS-40Dの2台を使い分けてます。

特にEOS-7Dは動画撮影にも便利です。

鳥撮りで一番多用するレンズは400ミリですね。(35ミリ換算640ミリ)

このレンズはオールド設計で手振れ防止もついてないのですが、単焦点レンズ独特の綺麗な写りを見せてくれます。

これに1.4倍のテレコンを付けてマニュアルで撮る事もあります。(35ミリ換算896ミリ)

動きの速い鳥(アジサシやカワセミなど)の飛翔を撮る時はもちろん、ファインダ-と同じ位置の左側に照準器をつけます。

Img_0934s

シグマの150-500ミリ(35ミリ換算最大800ミリ)を使うこともあるのですが、最近はほとんど使用してません。

花や昆虫で圧倒的に使うレンズはキヤノン100ミリマクロです。

以前は手振れ防止が付いてなかったのですが、現在は手振れ防止付きを使ってる為、三脚なしで行動範囲が広くなりました。

花や昆虫などを撮る時、70-200ミリにエクステンションチュ-ブ(接写リング)を付けて撮る時もあります。

本当は150か180ミリマクロが欲しいのですが、我が家の大蔵省が・・・・・weep

その他のレンズは・・・・・

広角レンズ:キヤノン10-22ミリ 

標準レンズ:キヤノン24-105ミリタムロン28-75ミリ

安物レンズですが重宝してるのが、キヤノン50ミリ f:1.8、1万円でお釣りが来ます。

三脚と雲台はベルボンを使用してますが、最近手に入れたKTSの自由雲台が気に入ってます。

町工場の手作り品ですが、見事にピタリと止まってくれます。

コンデジは、前述のキヤノン30SとソニーW300、スナップ用に古いG7です。

これだけのシステムで、35ミリ換算焦点距離16~約4000ミリぐらいまでカバーできます。1000ミリ前後が空白になりますが、トリミングで対応してます。

あとは本人の腕次第???weep

ちょっと記事が長くなりすぎましたね。(*_ _)人ゴメンナサイ  

デジイチ400ミリで撮った今年前半のお気に入り写真です。(前に掲載済みですが・・・・)

トリミングしてます。

2534s

ちょっと絵画風に仕上げてます。 

2161s

*ここで使用した撮影距離は、グーグルマップの距離測定で算出してます。

また、デジスコの焦点距離換算はラフに計算しておりますので、間違いがあればご指摘ください。

 

|

« 八重ヒマワリ | トップページ | 大宮公園 ア・ラ・カ・ル・ト(ホシホウジャク) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。私もデジスコに興味を持ち、EDⅡ+ニコンP5100で挑戦しましたが、ピントがいまいちでした。練習もしないまま今はほこりをかぶっています。

投稿: ヨッシー | 2011年9月 4日 (日) 22時21分

こんばんは!
デジスコいいですねぇ。
手に入れたくなってしまいます。
私、鳥は7Dとシグマの150-500×1.4で撮ってます。
これだと、晴天限定なのと小さいってところでしょうか。
とりあえず、純正500が欲しいなと思っているところです。
買えませんがね。
でもデジスコなら、なんとかなりそうかな。

投稿: FUJIKAZE | 2011年9月 4日 (日) 22時51分

>ヨッシーさん
デジスコも慣れると結構面白いですよ。
ごめんなさい。メールアドレス誤って削除してしましました。
恐れ入りますが、もう一度コメお願いします。

投稿: ソングバード | 2011年9月 4日 (日) 22時52分

>FUJIKAZEさん
こんばんは!
デジスコは慣れるまで大変ですが、コツを覚えると結構いけますよ。
(デジスコを始めた人は、慣れる前に諦める人が多いのですが・・・・・)
シグマと1.4テレコンでは厳しそうですね。
純正500も1.4つけるとAFが極端に遅くなります。
純正なら600以上の方がいいですよ。大蔵省を口説くのが大変ですが・・・・coldsweats02

投稿: ソングバード | 2011年9月 4日 (日) 23時01分

こちらこそ、お世話になります。

投稿: ヨッシー | 2011年9月 4日 (日) 23時35分

こんばんは。
デジスコ調べてたら思い出しましたよ〜、昔15年位前にデジスコが
まだデジスコと言われていなかった頃。
秋が瀬公園の鳥見で、鳥見用の倍率の高い望遠鏡にデジタルビデオカメラを
取り付けて撮影していた人たちがいたんですよ。
その頃は珍しかったんです、それがあっというまに広がったんですよね。

それと言うのも、その人のホームページの写真が普通一眼レフの超望遠でも
不可能を可能にしたんで、みんながびっくりしていたんですよね。
今では簡単に取り付けられるようになってるんで、またびっくりしてます。

今はもう金銭的に不可能ですから、昔の景気の良かった頃に買った良いレンズで
撮影してます。
でも面白そうですね〜、私の所は新荒川大橋の近くですので、鳥いませんね。
秋が瀬でも行かないといませんね。

投稿: すずめ | 2011年9月 5日 (月) 03時19分

>すずめさん
デジスコって、そんなに前からあったんですね。初めて知りました。
確かに、最近のデジスコは簡単にセットできてさらに写りが良くなってるようです。
最近、カメラもレンズもサイクルが早くて、高くて手が出ません。
秋ヶ瀬は探鳥のメッカとしても有名で、シーズンになるとたくさんの方が来られますよ。
是非、行ってみてください。

投稿: ソングバード | 2011年9月 5日 (月) 07時48分

(*゜ロ゜)ノミ☆【おはようございます♪】

絵葉書のような感じ かなり技術が必要ですね
難しいのでしょうねって
鳥の止まり方も 凄いです
カメラは使い方難しいです
素晴らしい写真有り難うございます。。。。。

投稿: マーガレット | 2011年9月 5日 (月) 08時38分

ただ、闇雲にパシャパシャ写すだけの私には、
機材のことは読んでも分からないことばかりですが、
腕もさることながら凄い写真機なんですねえ。
素晴らしい写真の数々の誕生の秘密を知った気分です。
これからもたのしんで拝見させていただきます。

投稿: nampoo | 2011年9月 5日 (月) 11時57分

こんにちは、流石に凄い機材で圧倒されました、800mm、500mm、の大砲でまさしく
鳥のスナイパーですね、焦点距離換算はよく解りませんが、これだけの機材を
駆使して、使いこなし、素晴らしい写真を撮っていたのですね、
ちなみに、小生は、EOS Kiss NのEF28-90、EF90-300、
デジコンのCASIO EXILIM EX-Z40、近所散歩時のカメラ携帯
のみです。花の写真が主ですので90mmのマクロレンズが欲しいですが、カメラ自体
変えようかと思案中です。

投稿: 花の伝道師 | 2011年9月 5日 (月) 16時03分

>マーガレットさん
写真の加工はそれほど難しくはありません。
使用してるソフトは「Photoshop elements」ですが、簡単に出来ます。
最近はデジタルですから、どんな加工も自由自在です。
一度試してみてください。見違えるような写真になりますよ。

投稿: ソングバード | 2011年9月 5日 (月) 17時07分

>nampooさん
いいんですよ!バシャバシャ写すだけで・・・
私なんか、鳥を撮る時は連写を多用しますから1回で1000枚ぐらい撮りますよ。(笑)
その内、使えるのは数枚だけ・・・・・なんて毎度のことです。
最近はデジタル写真ですから、いっぱい撮りましょう!!camera
普段持ち歩くのはコンデジですから、それで十分です。

投稿: ソングバード | 2011年9月 5日 (月) 17時14分

>花の伝道師さん
こんにちは。
800ミリの大砲なんて高くて持ってませんよ!(笑)・・・・欲しいですけどね・・・・
鳥撮りは連写性能と高倍率優先ですので、どのシステムも大層になりますね。
でも、普段持ち歩くのはコンデジですよ。
タムロンの90ミリマクロは定評がありますね。
今のデジタル一眼は、特殊な機能を求めない限り良く写りますから高価なもの必要ないと思いますよ。

投稿: ソングバード | 2011年9月 5日 (月) 17時23分

こんばんは。
丁寧な記事、全部拝見しました。
スコープも7Dも同じです。しかも、この400mmも同じです。
違うのは、私のピンアマ腕前の悪さかも知れません(笑)
デジスコは、たしかに低倍率のほうが成功率が高いですね。
あと、ブレ防止のため、タイマー撮影(2秒)を使う時もあります。

投稿: aya papa | 2011年9月 5日 (月) 18時21分

こんばんは。お邪魔いたします~!
記事を拝見いたしまして、大変勉強させて頂きました。

実は以前、コーワか、ボーグかで超望遠の世界を味わいたいと考えたことがあったのですが、あらゆる面で断念いたしておりましたcoldsweats01

今は、オリンパスのお手軽コース(換算600mm)で落ち着いておりますが、デジスコ2,000mmの世界、やっぱり憧れますね~happy01

素敵なお写真、ありがとうございましたsmile

投稿: すけたろじ | 2011年9月 5日 (月) 21時05分

>aya papaさん
こんばんは。
有難うございます。
機材の事を書いていたら、いつの間にか解説本みたいになってしましました。(*^.^*)
なかなか写真も奥が深くて難しいですね。
デジスコとデジイチの使い道をはっきり分けて使ってます。
ブレ防止にタイマー、有効かもしれませんね。
私の場合、ジンバル雲台にしてから連写で稼ぐようにしてます。
かなり歩留まりが良くなりましたよ。

投稿: ソングバード | 2011年9月 5日 (月) 21時09分

>すけたろじさん
コメントありがとうございます。
お恥ずかしい事に解説本みたいになってしましました。
私も一時、デジイチにボーグも考えたのですがシャッターブレや倍率の事を考えて止めました。
今はデジスコとデジイチの使い分けでのりきってます。
デジスコは慣れるまで大変ですが、一度コツをつかむと結構使えますよ。
機会があれば挑戦してみてくださいね。

投稿: ソングバード | 2011年9月 5日 (月) 21時22分

こんばんわ^^ 立派な機材ですねupこんなカメラで撮ってるんですね~。ちょっと同行させてもらって、覗いてみたい気がします(*^_^*)むか~し京都の竹林の写真撮影をする友人について行った事がありますが、きなが~いホントに、どれだけかかるのって…正直思いました(≧∀≦) でも、仕上がりは価値がありましたよhappy01

投稿: momoちゃん | 2011年9月 5日 (月) 22時08分

たくさん、レンズを持っておられるのですね、短焦点の方が、やはり写りが良いのでしょうね?

僕は鳥を撮るのは、100-400mmレンズ一本のみですでの、三脚をほとんど使わないので、デジスコよりも、身軽かも知れません?

デジスコを使う時は、ほとんど車の中からで、自作のカー・マウントを使っています。

投稿: てっちゃん | 2011年9月 6日 (火) 00時52分

かなりの機材をお持ちだろうと思ってましたが、
ここまで凄いプロ仕様?、とは、想像以上でした。
これだけ揃えると、普通乗用車程度?、いや、ベンツ級?

私も一時、フィルムカメラ時代、かなり凝った時期もありましたが、
レンズは、広角、普通ズーム、望遠は反射500mm、マクロ90mm位でしたが、レベルが違いますなぁ~。
今は、安価な、Nikon D3100(18~55ズーム付き)をつい先日買い替え、
ぶどうを主に、趣味の果樹類を撮っている程度です。

いや、ほんとに驚きました。

投稿: Shimada | 2011年9月 6日 (火) 11時35分

>momoちゃん
鳥を撮る時はちょっと特殊ですね。
皆さん初めはビックリされますが、高倍率のレンズが必要なので大げさになってしまします。
風景などでじっくり写真を撮られる方も多いですが、私はいたって単純で、三脚も使いませんよ。(だからいい写真は撮れませんが・・・・)
 
 
 

>てっちゃん
少なくとも単焦点の方が写りはいいですね。
ただ、近すぎる時や、ちょっと景色をという時は不便です。
シギチなんかな車からが一番良いんでしょうね。
私も自作しようと思ったんですが、つい億劫でまだ手をつけてません。
 
 
 

>Shimadaさん
台風の被害は少なかったようで良かったですね。
徐々に買い揃えていたらいつの間にかこんなことになってしまいました。coldsweats01
鳥をやりだすとある程度仕方ない部分もあるんですがこれで打ち止めですね。
でも、リタイアした今では、良い趣味を持ったと思ってますけどね・・・・ 

投稿: ソングバード | 2011年9月 6日 (火) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/41437792

この記事へのトラックバック一覧です: 機材紹介・ササゴイ:

« 八重ヒマワリ | トップページ | 大宮公園 ア・ラ・カ・ル・ト(ホシホウジャク) »