« 大磯のアオバト(1) | トップページ | ひまわり(向日葵) »

2011年8月12日 (金)

アオバト(2)

アオバトの第2弾です。

今回はすべてデジスコで撮った写真と動画です。

写真はクリックで少し大きくなります。

動画は三角印をクリックしてください。

アオバト(緑鳩・青鳩)

日本では留鳥または漂鳥で、九州以北に住み、北海道・東北では冬季南下します。

ここ照ヶ崎のアオバトは10月頃までで、冬は西に移動してるそうです。

森林や山の中では、なかなか表に出てくることはなく、夏場塩分をとる為に海岸などに出てくる時が一番観察しやすいようです。

鳴き声はヨーデルの裏声のような「オーア アーオ オアオー オー」と鳴くらしいのですが、今回は聞くことが出来ませんでした。

今回、一番近くに来た時に撮ったものですが、雌ですね。

8278_edited1s

漢字では「緑鳩」または「青鳩」と書きますが、青は古語で緑の事を指しますので「緑鳩」という字を当てたことも頷けます。

次の写真は連続写真です。

群れの中の1羽が、まず最初に降り立ちます。

7963_edited1s

 

7964_edited1s

すると、その後から次々と仲間が降りてきます。

7980_edited1s

写真に写ってない右の岩場にはもっとたくさんのアオバトが降りてます。 

7982_edited1s

次の写真同じ位置から撮ったものですが、今度は、打ち寄せる波に驚いて飛び立つ所です。

8012_edited1s

面白い事に、一番最初に降りた個体が最後まで残っていました。

8013_edited1s

次も連続写真です。結構大胆なようで、神経質な性格も併せ持ってるようです。

8127_edited1s

降り立ったら落ち着いてしばらく居るかと思うと・・・・・

ウミネコが近くを飛ぶだけで、飛び立ったりしますから、岩場に留まる時間は短いです。

8133_edited1s

やはり、波が打ち寄せると、一斉に飛び立ちます。。

8134_edited1s

今度は、岩場から「ヨイショッ!」と移動した瞬間ですが、脚を見て下さい。

ライチョウの脚のように白いスラックスをはいてるように見えます。

一般の鳩では見られません。尾羽の下尾筒の部分の模様も独特ですね。

7953_edited1s

今度は動画です。

もちろん、デジスコのコンデジ30Sのハイビジョン動画で、少し離れた小さな岩に何羽か降りた時の様子です。      

途中何人かの鳥撮りさんが加わったり、帰られたり・・・・・・

磯遊びの人や釣りの人達も徐々に増えそうですから、ここでの撮影は、やはり早朝がベストのようです。

|

« 大磯のアオバト(1) | トップページ | ひまわり(向日葵) »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私にとっては珍しい鳥なので、面白かったです。
脚が、本当に、鳩とは思えませんね。
飛んでいる鳥がはっきり、くっきりと写っていて、感心しました。
動画も、やっぱり、面白いですdog

投稿: ぽこりん | 2011年8月12日 (金) 20時14分

>ぽこりんさん
有難うございます。
私にとってもアオバトは初めてだったので、撮りまくってきましたよ。(笑)
動いてる鳥も、ちょっとコツを覚えると結構撮れるようになります。
動画は、私自身も気にいってます。
第3弾もお楽しみに・・・・

投稿: ソングバード | 2011年8月12日 (金) 21時25分

白いスラックスの話など解説と写真が適切です。さらに動画を見ていると臨場感あふれ行った気分になれます。そして、いつかは行ってみたいと…。

投稿: ヨッシー | 2011年8月12日 (金) 22時50分

凄いですね、全部デジスコで撮影されて、これだけ撮られるなんて・・・やっぱり有名なポイントなので、大砲持ったバーダーも、たくさん来ているのでしょうね?

投稿: てっちゃん | 2011年8月12日 (金) 23時30分

shineこんばんは~。
夜中まで起きてて見る価値、本当にマジでありました。

淡谷先生のkissmark言葉を拝借して、「たいーした、たまげだ。」(笑)

とにかく理屈ぬきに、annoyビンビン伝わってきます。
何がって、言葉で説明できないのが、ちと悔しいのですが、heart02自然の美しさが凝縮されています。

投稿: 素朴な日々 | 2011年8月13日 (土) 02時12分

>ヨッシーさん
有難うございます。
機会があれば、是非行ってみてください。
早朝出れば1時間半ほどで行けますよ。
この日は、ほかの寄り道しなかったので、お昼前には自宅につきました。
 
 
 

>てっちゃん
この日は、太陽ギラギラで、SSも稼げるので絞り込めました。
被写界深度が結構深く、前後のピントも合いやすかったです。
大砲の列、この日は少なかったですが、土・日は多いと思いますよ。
 
 
 

>素敵な日々さん
有難うございます。
ここまで褒められると、「穴に入りたい・・・」心境です。
確かに自然の営みに接してると、理屈では考えられないことが多いですね。

投稿: ソングバード | 2011年8月13日 (土) 06時31分

普通のハトからかけ離れた色合いがとても珍しく♪
波のしぶきなんか怖くないんですね〜
ソングバードさんの、お写真は私にとっては見た事のない
珍しい物ばかりですhappy01

投稿: 大海 | 2011年8月13日 (土) 09時49分

>大海さん
緑色のハト、普通では想像できませんね。
写真楽しんで頂いて有難うございます。

自然を感じて表現する方法は人それぞれです。
大海さんの表現力や観察力、私にとっては羨ましい限りです。good

投稿: ソングバード | 2011年8月13日 (土) 16時46分

大磯…僕もいつか行ってみたいと思っているんですが…
なかなか見ごたえがありますね。波に呑まれてしまう個体もいると聞いたことがありますが…
アオバトの鳴き声…山で聞いていますが…ちょっと不気味な感じすら受けます。

投稿: noharatugumi | 2011年8月13日 (土) 16時54分

アオバト、色が綺麗ですね~
海岸で鳩って意外な感じがしましたが
塩分をとりにいくなら納得ですね。
大磯にいるということは稲毛の浜などでも見られるのかしら。
暑いので出かけられるかどうかわかりませんが・・・。
早く涼しくなってほしいですね(;_;)

投稿: mio | 2011年8月13日 (土) 20時01分

>noharatugumiさん
少し遠いですが、最近首都高が大橋JCまで抜けたので思ったより早く行けます。
一度行く価値はあるポイントです。時期さえ外さなければ空振りの心配もなさそうですよ。
アオバトの鳴き声、赤ちゃんが鳴いてるようで、嫌がる人もいるようです。

投稿: ソングバード | 2011年8月14日 (日) 06時19分

>mioさん
アオバト、綺麗な緑色してました。
海岸線ならどこでもいるように思うのですが、千葉の海岸ではあまり聞きません。
やはり、何か条件があるのかもしれませんね。
北海道では、海岸線の砂浜で比較的容易に見れるそうですが・・・・
まだまだ暑い日が続きそうですが、体調を崩さぬよう気をつけましょうね。

投稿: ソングバード | 2011年8月14日 (日) 06時24分

一昨日、昨日と伊豆熱川に出かける途中、大磯を通りソングバードさんのアオバトを思い出しました。
長女の家族と一緒だったので、鳥見はできませんでしたが。

投稿: key | 2011年8月15日 (月) 08時15分

>keyさん
せっかく大礒を通られたのに残念でしたね。
大礒漁港前の信号から1~2分の海岸ですのに・・・・
熱川方面へ行く海岸線にはイソヒヨドリもいるみたいですよ。

投稿: ソングバード | 2011年8月15日 (月) 11時42分

アオバトは、普通のハトとは違った面白い習性を持っている野鳥なのですね。
動画入りで大変興味深く拝見させていただきました。
なぜ、塩分を補給するところを大磯に選んだのか、アオバトさんに聞いてみたいですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2011年8月15日 (月) 19時12分

>ぴょんぴょんさん
コメ、有難うございます。
そうなんです。普通のハトとは全く違う習性の持ち主ですね。
何故塩分を補給するのか?定説が無いようで、それだけ未知な鳥かもしれませんね。
動画も面白いですから、機会があれば試してみてください。

投稿: ソングバード | 2011年8月15日 (月) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/41171000

この記事へのトラックバック一覧です: アオバト(2):

« 大磯のアオバト(1) | トップページ | ひまわり(向日葵) »