« チョウトンボの交尾など(ベニイト・コフキトンボ) | トップページ | ブログ開設一周年(おもしろ写真加工) »

2011年7月13日 (水)

原市の古代ハス2011(2)

原市沼の古代ハスは「行田の古代ハス」のDNAを持つハスですが、もともとハスはインド亜大陸原産で、地中の地下茎から茎をのばし水面に葉を出します。

茎には通気の為の穴が通っています。(レンコンを想像してください)

花は白またはピンクで、早朝に咲き昼には閉じてしまいます。

果実の皮はとても厚くて、土の中などで長い間発芽能力を失わず、1951年(昭和26年)3月、千葉市にある東京大学検見川厚生農場の落合遺跡で発掘され、大賀一郎博士が発芽させたのが「大賀ハス」です。今は千葉県の天然記念物に指定されています。

「大賀ハス」は放射性炭素年代測定により約2000年前(弥生時代後期)のものと推定されました。

一方、行田市のごみ焼却場建設予定地からは、およそ1400年から3000年前のものが発芽し「行田蓮」と呼ばれ、今では行田市の天然記念物に指定されています。

8800_edited2s

他にも中尊寺の金色堂須弥壇から発見され、800年ぶりに発芽した「中尊寺ハス」があるそうですから、古代ハスの定義も難しそうです。(ウィキペディア参照)

8183_edited1s8212_edited1s





















前回に続くシリーズですが、今回は少し変わった格好のハスの花です。

最近は品種改良された園芸種も多く、この古代ハスとは区別されます。

それでは同じ古代ハスと呼ばれてる「大賀ハス」と「行田蓮」はどう違うのかな????

俄然興味がわいてきて調べてみましたが、はっきりしません。ただ、大賀ハスの花びらは14~15枚で、行田蓮は17~18枚。行田蓮の方が多いようです。

また、花の色も大賀ハスの方が薄いらしいのですが、一度比べてみたいと思ってます。

8196_edited1s

ハスの花は開花したばかりの花も綺麗のですが、形の変わったものや、散り際の花も趣があります。

特に変形して咲いてる花を見ると、「何故?」

人生と同じようにハスの花にも紆余曲折があるようです。happy01

8206_edited1s

 

8744_edited1s

既に散ってしまった後ですが、大きな実も出来ています。

8360_edited1s

ここでは、10000株ぐらい植えられてるのでしょうか?

徐々に咲いては散り、咲いては散りを繰り返し、お盆ぐらいまで楽しめるそうです。

8740_edited1s8746_edited1s



















写真を撮る時、人の好みにも寄りますが、私がどちらかというとアンダー気味でキリッとした写真を好んで撮ります。今回は写真ソフトで少し趣向を変えてみました。

8345_edited2s

少しぼかして見たかったのですが・・・・・ 

8736_edited2s

デジタル写真の便利な所ですね。

最後は、いつもの滴写真です。

8387_edited1s

最近は「古代ハス」もいろいろな所に種が配布され、比較的簡単に見れるようになりました。

我が埼玉では、やはり「行田蓮」系が多いようです。

千葉県では「大賀ハス」系なんでしょうか?

 

次回は「原市沼」の事を書いてみたいと思います。

写真は「ハチとハス」です。      

 

|

« チョウトンボの交尾など(ベニイト・コフキトンボ) | トップページ | ブログ開設一周年(おもしろ写真加工) »

」カテゴリの記事

コメント

ハスにもいろいろな種類があるのですね。

暑さしのぎをしてるトンボも面白かったです。
こういうポーズは見たことないですね~

投稿: やまちゃん | 2011年7月13日 (水) 08時47分

こうしてハスの花を見ると綺麗ですね。
行田ハスと大賀ハスは同じ古代蓮でも異なるのですね。知りませんでした。
見沼の民家園の蓮は行田ハスだそうですね。改めてよく見てみたいと思います。

投稿: key | 2011年7月13日 (水) 08時55分

>やまちゃん
北海道ではトンボの種類少ないそうですね。
こちらは、毎日蒸し風呂のようで、鳥撮りどころではありません。
ハスもあちこちで見られますが、案外奥が深いようです。

投稿: ソングバード | 2011年7月13日 (水) 18時06分

>keyさん
今回調べてみて思い白いのは、古代ハスにも微妙な違いがあるようです。
大賀ハスも一度見てみたくなりました。

投稿: ソングバード | 2011年7月13日 (水) 18時08分

heart04ここは、まるでshine極楽shineではないかと、一瞬、錯覚を覚えました。notes

投稿: | 2011年7月13日 (水) 18時16分

>????さん
有難うございます。
宗教とハスの関係も深い意味合いがありそうです。
ハスもこうして撮ってみるときれいですね。

投稿: ソングバード | 2011年7月13日 (水) 18時24分

こんばんは。
私も過去、千葉市民10年、
しかも社宅が初発掘された検見川農場のすぐ近くにあったので、
子供を連れてよく遊びに行ったものです、大変懐かしく。
しかし、その当時、大賀ハスのことが思い出せなくて、後日知り、
今では一応ハスの元祖として軽い知識を持っている程度でした。

投稿: Shimada | 2011年7月13日 (水) 21時41分

>Shimadaさん
そうでした、幕張に居られたんでしたね。
大賀ハスはまだ見たことがないので、来年あたり出かけてみようと思います。
あの社宅跡はどうなったんですかね。・・・分譲マンションになったとか??

投稿: ソングバード | 2011年7月14日 (木) 06時24分

千葉VS埼玉・・なんてことはないでしょうが
私、発見された場所が違うだけで同じものかと思っていました。
花びらの数や色など微妙に違うんですね。
千葉公園のハス、一度だけ見に行ったことがあります。
毎年友人に誘われるのですが、朝5時ごろ出かけるというのでパスしています。

暑いときにハスの滴、いかにも涼しそうでいいですね。

投稿: mio | 2011年7月14日 (木) 16時18分

>mioさん
おっしゃる通り、微妙に違うようです。
私的には2つ並べてみないと分からないような・・・・・
ハスは早朝が一番良いみたいですから、朝寝坊の人にはつらいですね。(笑)
私はあまり興味ないのですが、枯れたハスも面白いそうですよ。(写真的に)

投稿: ソングバード | 2011年7月14日 (木) 20時01分

初めまして〜♪

ハスを一つ一つの眺めてると。。なんて愛嬌があるの?
なんて気品があるの?って思うくらい。。。
表情豊ですねぇconfident
それに語りかけられてるみたいで、思わず魅了させられ、
引き込まれましたconfident

投稿: 大海 | 2011年7月14日 (木) 20時47分

moon3こんばんは、ソングバードさん。13日18時16分のコメントは私(素朴な日々)でした。

sign02なぜか、設定が変更になっていて、自分のブログや他の人のブログにも名前が出てない現象が起きていることに気づき、設定し直しました。

fuji宗教とハスの関係は深いですね。それを抜きにしても、この世のものとは思えぬ美しさや幻想的な雰囲気が画面から、じわりじわりと伝わってきます。shine

投稿: 素朴な日々 | 2011年7月15日 (金) 00時58分

>大海さん
コメント有難うございます。
確かにハスは気品がありますね。(撮った主はそんなかけらもないですが…(笑))
毎年撮るのですが、飽きない花の一つです。

拙いブログですが。これからも宜しく!

投稿: ソングバード | 2011年7月15日 (金) 06時33分

>素敵な日々さん
やっぱりそうでしたか。(笑)
夏のミステリー、「誰かなぁ?」と想像しながら結構楽しみましたよ。

投稿: ソングバード | 2011年7月15日 (金) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/40784234

この記事へのトラックバック一覧です: 原市の古代ハス2011(2):

» 中尊寺ハス 奥州藤原氏しのぶ [ローカルニュースの旅]
世界文化遺産に登録された岩手県「平泉」の中尊寺のハスが宇都宮市中岡本町でも花をつけ始めた。8月中旬まで約800年前に当時の人々を楽しませていた淡いピンク色の花を見ることができる。... [続きを読む]

受信: 2011年7月21日 (木) 21時07分

« チョウトンボの交尾など(ベニイト・コフキトンボ) | トップページ | ブログ開設一周年(おもしろ写真加工) »