« 避暑を兼ねてプチ遠征(2)コルリ・キクイタダキなど | トップページ | 公園散策(ヒメウラナミジャノメなど) »

2011年7月 7日 (木)

今年もアオバズクがやってきた

近くの公園のアオバズクが今年もやってきたようです。

相変わらず日差しが強い午後、様子を見に行ってきました。

松の木に1羽居ます。

昨年と同じ穴に営巣したようで、外には多分雄だと思いますが、ジッとこちらを見ています。

雌は抱卵中?

7226_edited1s

松の木の中で暗くて、あまりいいところではありません。

デジスコでは少し近すぎるのですが、松の邪魔な枝がカットできるので好都合です。

こちらを睨んでるようですね。

7269_edited1s_2

アオバズクにとって今の時間帯は、人間時間と正反対の真夜中のはずですね。

もちろん眠いでしょうから、うつらうつら sleepy

7241_edited1s

しかし、樹の下を人が通ると・・・・警戒を怠りません!

7209_edited1s

ここも、もう少し大きく撮ってみましょうか。精悍な猛禽類の顔です。

7202_edited1s

今度は少し詳しく観察してみます。

アオバズクは黄色い虹彩が特徴ですが・・・・・・・・・・ここで視覚の体操です。

 

次の2枚の写真の違いが分かりますか?

この2枚は同じ位置からの連続写真の一部ですが・・・・

分かり辛ければ、画像をクリックしてください。少し大きくなります。

7242_edited1s7249_edited1s

















目を見て下さい。eye

黒い瞳の大きさを見比べて下さい。右の方が少し小さいのが分かりますか。

もちろん、アオバズク君が少し明るい所に焦点を合わせたからなんです。

人間も同じですが、この瞳は光を調整するために大きくなったり小さくなったり・・・・

フクロウの仲間は夜行性ですから、夜行動するときは瞳の部分が大きく広がり、黄色い虹彩が細くなってしまいます。

昼間だからこそ、このクリッとした目が良く目立ちます。

次の写真は、器用に足で口元付近を掻いてます。気持ちよさそうですね。

7289_edited1s

暫くすると、さすがに眠いのか、盛んに欠伸をし始めました。

7323_edited1s

7月中旬ごろには、かわいいヒナの姿が見れると思いますが、何とか昨年同様巣立っていけるよう暖かく見守りたいと思います。

これからもアオバズクの様子は連載で書いていくつもりですが、暖かく見守る為にも、観察期日より遅らせてアップします。

   

|

« 避暑を兼ねてプチ遠征(2)コルリ・キクイタダキなど | トップページ | 公園散策(ヒメウラナミジャノメなど) »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
アオバズク、いいですねぇ。
私も今年は静岡で探してみます。
是非撮りたい鳥ですよ。

投稿: FUJIKAZE | 2011年7月 7日 (木) 22時54分

 今晩は、アオバズクのいろいろな表情、とてもいいですね。ユーモラスな顔もあれば、猛禽らしい鋭い顔。黒い瞳の話も勉強になります。

投稿: ヨッシー | 2011年7月 7日 (木) 23時28分

>FUJIKAZEさん
おはようございます。
いまちょうど営巣の時期ですから、一番観察できる時期ですね。
神社など比較的身近な所で見れますから是非探してみてください。
見れるといいですね。
 
 
 

>ヨッシーさん
おはようございます。
松の木の中で、写真的には条件が悪いです。
でも表情だけ見ていても面白いですね。

投稿: ソングバード | 2011年7月 8日 (金) 05時53分

近くの公園で見られるんですか。
まだ本物は見たことないのですが、わりと普通にいるんでしょうか。
寝ていても人が通るとパッと目を開けて警戒しているなんて
人間とは大違い、野生の動物は違いますね。
これからのヒナの成長が楽しみです(^_^.)

投稿: mio | 2011年7月 8日 (金) 09時37分

この公園のアオバズクは順調に抱卵しているようですね。
未だ卵を産む前に一度見に行きましたが、無事に雛たちが誕生し成鳥になるよう祈っています。

投稿: key | 2011年7月 8日 (金) 12時49分

>mioさん
神社や公園などの木の穴などに営巣しますので、比較的見やすいフクロウの仲間です。
毎年同じ所に来てくれることが多いので、皆さん心待ちにされてます。
夜行性なんですが、いつ寝てるのでしょうね。
ヒナもかわいい(??)ですよ。
 
 
 

>keyさん
そうです、順調なようです。
7月中旬以降にはかわいいヒナが見れると思います。
昨年同様無事育ってほしいですね。

投稿: ソングバード | 2011年7月 8日 (金) 17時24分

ソングバードさん、こんばんは♪
いつもありがとうございます。
アオバスク君は目をぱっちり開けている時はきりっと引き締まった顔がとても
かっこいいですね。
でも口元を掻いたりあくびをしているところはとても愛嬌があって微笑ましいです^ ^
どこかのお爺さんみたい!
ヒナも大きいのてしょうね。
すばらしい観察日記にポチッと☆

投稿: ごてまま | 2011年7月 8日 (金) 18時18分

ソングバードさん、ポチできませんでした><

投稿: | 2011年7月 8日 (金) 18時22分

>ごてままさん
こんばんは!暑いですね。sun
有難うございます。
「御爺さんみたい!」、確かにそうですね。
フクロウの仲間はみんな賢者らしく風格がありますよ。

ごてままさんの綺麗なブログ、いつも拝見してますがコメントの多さにビックリです・・・・・w(゚o゚)w

投稿: ソングバード | 2011年7月 8日 (金) 21時16分

>????さん
有難うございます。
ココログメンバーでないと「ポチッと」出来ないかもしれません。
コメントは届きますから大丈夫です。
また訪問ください。

投稿: ソングバード | 2011年7月 8日 (金) 21時19分

heart04
ホンニ、カワユスナァーsign01

ヒナが生まれたら、どんなに可愛いことでしょう。
カラスなんかには狙われませんか?paper

投稿: 素朴な日々 | 2011年7月 8日 (金) 22時36分

>素敵な日々さん
おはよう!
カラスやヘビが天敵です。
中にはヒナが巣立ち寸前に巣から落ちてしまうこともあります。
自然は厳しいですね。人間様が手出せけすることは出来ません。

投稿: ソングバード | 2011年7月 9日 (土) 05時58分

アオバズクが営巣できる樹は貴重な存在になっているのではないでしょうか。
鋭い目付きが猛禽ですね。可愛い雛が見られれば…期待したいですね。

投稿: noharatugumi | 2011年7月 9日 (土) 18時05分

>noharatugumiさん
営巣できるような木も少なくなってるのでしょうか。
このまま無事育って、代々ここに来てくれると嬉しいのですが・・・・

投稿: ソングバード | 2011年7月 9日 (土) 21時23分

アオバズク、良いですね~まだ見た事ありません。

道南、道央の方では、繁殖しているようですが?こちらに居るのか、分かりませんです?

色んな表情があって、見ていて面白いですね。

投稿: てっちゃん | 2011年7月10日 (日) 12時53分

>てっちゃん
北海道のシマフクロウにはかないませんが、やっぱり猛禽の仲間ですね。
アオバズク、こちらでは神社などで営巣し、よく話題になります。

投稿: ソングバード | 2011年7月10日 (日) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/40702040

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もアオバズクがやってきた:

« 避暑を兼ねてプチ遠征(2)コルリ・キクイタダキなど | トップページ | 公園散策(ヒメウラナミジャノメなど) »