« 雨中のスイレン(睡蓮) | トップページ | フクロウ(雛の面白いポーズ) »

2011年6月 2日 (木)

久しぶりの晴れ間に(1)アマサギとチュウダイサギ

5月31日(火)久しぶりに太陽が顔を出し、午後からふらりとMFを回ってみました。

4月並みの気温だそうで、肌寒いほど。

林では、フクロウのヒナが元気な姿を見せてくれましたし、田圃ではサギの仲間があちこちに散らばっています。

今回は、まず田圃の様子から・・・・

 

この春から始まった堤防の護岸工事でダンプカーが行き来してる為、諦めていたのですが、葦原には今年もヨシゴイが渡来したようです。

オオヨシキリもあちこちでうるさく鳴いています。

毎年見られるコヨシキリを探してみたのですが、この日は確認できませんでした。

少し離れた田んぼには「アマサギ」が居ます。10羽ほどが近辺に散らばっています。

4359_edited1s

以前、別の田圃のアマサギを取り上げましたが、その時はまだ田圃に水が入ったばかりで、背景が良くありませんでした。

今回は、稲も少し伸びて背景が綺麗です。

6250_edited1s

夏バージョンの橙黄色が緑に映えます。

4295_edited1s_24381_edited1s













風が強くなって、毛が逆立ってますね。

4308_edited1s

同じ種類とは思えませんね。左の個体は完全に夏羽に変わってますが、右の個体は胸の所が少し色が付いてるだけです。若鳥でしょうか。

4298_edited1s

突然大きな口を開けた瞬間の写真と、右の写真は背中を撮ったものです。

背中の飾り羽が良く見えます(橙黄色の部分)。これが風にたなびくと綺麗な写真になるんですが・・・・

4373_edited1s4338_edited1s













嘴が赤く、「婚姻色」が出た個体です。

4418_edited1s

この田圃にはコサギ・アマサギ・アオサギ・チュウダイサギが居ますが、チュウダイサギにも婚姻色がはっきり出てる個体が居ました。

目先の部分が綺麗なブルーの色に変わっています。

4261_edited1s

「チュウダイサギ」の定義は少しややこしいのですが・・・・・・

日本で白鷺(しらさぎ)と呼ばれるのはコサギ(小鷺)・チュウサギ(中鷺)・ダイサギ(大鷺)の3種のことを示します。

日本ではこのうちコサギとチュウサギは亜種が1種で、名前もその通りで通用するのですが、ダイサギは2亜種が分布しており、それぞれ亜種の和名があります。

日本には夏鳥として飛来し、日本で繁殖するのがチュウダイサギで、シベリアやユーラシアで繁殖し、日本には冬鳥として飛来するのがダイサギ、ということで区別した方が分かりやすそうです。

ダイサギは体が一回り大きいことからオオダイサギ(大大鷺)と呼ぶこともあるようです。(「野鳥の名前」参照)

6220_edited1s

次の写真もチュウダイサギ(??)まだ夏型に変身していないんでしょうか??

口角が眼より後ろの方にあるようなのでチュウダイサギだと思いますが、チュウサギかも知れません。口に何かくわえてます。

4236_edited1s

この辺になってくるとだんだん頭が混乱してきます。

最後にちょっと気分を変えて、夏の風物詩「オオヨシキリ」です。

アマサギを追いかけてる途中の合間に撮ったので背景も良くないですが、今年の初撮りです。

4268_edited1s

次回はこの続きでフクロウ雛の「面白ポーズ」の予定です。    

   

|

« 雨中のスイレン(睡蓮) | トップページ | フクロウ(雛の面白いポーズ) »

」カテゴリの記事

コメント

sun
楽しみが続続ですね。
以前にも書きましたが、鳥には国境がないからいいですね。

人間社会は、ある意味エゴイズムで充満していて、息が詰まりそうです。

それにしても、ありのままの手付かずの自然のなんと美しいことか。(o^-^o)

投稿: 素朴な日々 | 2011年6月 2日 (木) 08時29分

おはようございます。

サギもいろいろいるんですね。
近頃・・注意して見るようになりました。eye
写真を拡大すると鳥の表情が良く解ります。
何と言えない表情をしていますね。
のどかな田園風景に素敵な写真・・癒されますね。happy01

投稿: ひまわり☆ | 2011年6月 2日 (木) 10時11分

>素敵な日々さん
いつもコメントありがとうございます。
そうですね、人間エゴの塊ですが、それも人間なんですね。(??)
この田圃では一時期、鳥の為に農薬を入れない地域を確保してくれたんですが、昨今、そうはいかなくなったようです。残念ですね。
 
 

>ひまわりさん
こんにちは。
こちら今日も朝から雨です。
のどかな風景でしょう!実はここは河川敷なんですよ。
隣にはゴルフ場もあるんです。
今の時期、稲の緑にサギの白が映えてきれいです。
白鷺を区別するのは難しいですね。注意してみてください。

投稿: ソングバード | 2011年6月 2日 (木) 16時50分

アマサギって綺麗なな色をしているんですねぇ。
特に頭から胸にかけての明るい茶色がいいですね。
水田の緑にぴったりです(*^_^*)

投稿: mio | 2011年6月 2日 (木) 17時11分

>mioさん
今晩は!
アマサギの夏羽です。冬にはこの亜麻色は無くなって真っ白になります。
亜麻色は、このような緑に映えるから好きです。
亜麻色、昔こんな歌詞の歌がありましたね。(年が分かります・・・・)

投稿: ソングバード | 2011年6月 2日 (木) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/40224041

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの晴れ間に(1)アマサギとチュウダイサギ:

« 雨中のスイレン(睡蓮) | トップページ | フクロウ(雛の面白いポーズ) »