« フクロウ(雛の面白いポーズ) | トップページ | コアジサシの給餌行動とアジサシ・コチドリ »

2011年6月 6日 (月)

ハナショウブ(花菖蒲)いろいろ

6月3日(金)「染谷花しょうぶ園」へ出かけてみました。

ここは毎年6月1日から1ヶ月間ハナショウブを見ることが出来ます。

ここでは300種20000株の花菖蒲が植えられてるようなんですが、この日はまだ2分咲き。

園内はガラガラで、ゆっくり写真を撮る事が出来ました。(まだ花の数は少ないですが・・・・)

7277_edited1s_2

今までハナショウブ・アヤメ・カキツバタは異なる植物という認識はあったのですが、区別できるほどの知識がありませんでした。

そこで、今回改めて調べてみました。

7289_edited1s7290_edited1s 



















ハナショウブ(花菖蒲)

アヤメの仲間で、もともとあったノハナショウブの園芸種だそうです。

花の色もたくさんあり、約5000種ほどあるといわれてます。

大きく分けて、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統に分類されていますが、最近は改良が進み、系統色が薄まってるそうです。

山形県長井市では古くから伝えられてきた「長井古種」が有名だそうです。(ウィキペディア参照)

ちなみに、ハナショウブやカキツバタは湿った所に咲きますが、アヤメは山野など渇いた所で咲きます。

ハナショウブは概ね、「大ぶりで花びらが垂れてダラリとしている。」ことで見分けることが出来ます。

7249_edited1s7308_edited1s_2



















ちなみに、一般的に使われているショウブ(菖蒲)との違いは???

「菖蒲湯」に使われるショウブはまったく異なる種類だそうで、サトイモの仲間で、花の形状も全く異なります。

葉がこのショウブに似ていて美しい花を咲かせるから「花ショウブ」と呼ばれるようになり、これが一般的にショウブと云うと花ショウブの事を指すことになったようです。

7318_edited1s

花言葉は「あなたを信じる」「優雅」「優しい心」「嬉しい知らせ」

5月5日の誕生花にもなっています。

「わが恋は ひととる沼の 花菖蒲(はなあやめ)」 泉鏡花

7311_edited1s7343_edited1s




















よく公園の池の傍に咲いてる「キショウブ(黄菖蒲)」は?

キショウブはもともとヨーロッパ原産で明治中ごろ渡来し、その後広がったようです。

キショウブは、ここでも少し取り上げたことがあります。

 

7338_edited1s7346_edited1s



















それにしてもたくさんの色があります。

それぞれ微妙に色の具合が違い、撮り飽きることがありません。

7308_edited1s_37273_edited1s



















蕾も綺麗です。

綺麗な花には当然、蝶やハチがたくさん寄って来ます。

バラハキリバチでしょうか、初めて見ました。お尻の黄色が目立ちます。

7405_edited1s7396_edited1s












この園にはアジサイも綺麗な花を咲かせるのですがまだ蕾です。

6月中旬にはアジサイとハナショウブが同時に楽しめそうです。

最後はカエデの種子です。

熟すとプロペラのように飛んで行くのでしょう!

7236_edited1s

7245_edited1s

 

*8日からプチ遠征に出かけますので、しばらく更新できません。

成果が出ればいいんですが・・・・・・・乞うご期待!   

   

 

|

« フクロウ(雛の面白いポーズ) | トップページ | コアジサシの給餌行動とアジサシ・コチドリ »

」カテゴリの記事

コメント

ガラガラの園内では、落ち着いて撮ることができてよかったですね。
どれもとても美しいです(*^_^*)

大ぶりで花びらが垂れてダラリ・・・がハナショウブですね。
キショウブは間違いなく分かるのですが、カキツバタってどんなのかしらって考えるとまたわからなくなってしまいます。
まぁ、見て綺麗だなって思えばいいんですけどね(^^♪

投稿: mio | 2011年6月 6日 (月) 15時24分

>mioさん
空いてるときは、周りにも迷惑かけずノビノビでした。
ハナショウブ・アヤメ・カキツバタ全部一度に見れる所があれば便利なのに・・・・・
多分無いでしょうね。(笑)

投稿: ソングバード | 2011年6月 6日 (月) 17時16分

私もアヤメ以外の区分、よく分かりませんで・・。
「立てばアヤメで座れば花ショウブ、歩く姿はカキツバタ」なんて言葉無かったですか?

プチ取材旅行ですか?、楽しみの画像期待してます。

投稿: Shimada | 2011年6月 6日 (月) 17時51分

 keyさんの紹介でこのブログを毎回、楽しみにしています。私も染谷には毎年行っていますが、こんなに素敵な写真は撮れません。ソングバードさんの写真を参考に挑戦してきます。私のブログで「もみじの実」と書いてしまいましたが、「カエデの実」だったんですね。遠征の写真、楽しみにしています。

投稿: ヨッシー | 2011年6月 6日 (月) 20時46分

heart02
なかなか風流ですね。
真似事でもいいから、写真やってみたいなあ。
でも時間は余りありません。
当分は、ソングバードさんのブログを拝見さていただきます。
プチ遠征の成果も楽しみですね。
期待してます。(o^-^o)

投稿: 素朴な日々 | 2011年6月 7日 (火) 01時08分

>Shimadaさん
おはようござます。
残念でした。
「立てば芍薬(しゃくやく) 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」ですよ。
私も、アヤメ・カキツバタを見た記憶が無いです。

投稿: ソングバード | 2011年6月 7日 (火) 06時03分

>ヨッシーさん
初コメありがとうございます。keyさんには時々お会いする時があります。
これからも宜しくお願いします。
写真、お褒め頂いて恐縮です。
自由気ままに撮った写真ですので、お気軽にご覧ください。
「カエデの実」、もしかしたら「モミジ」かもしれません。
この辺はあまり詳しくありませんので、間違ってるかも知れません。

投稿: ソングバード | 2011年6月 7日 (火) 06時12分

>素敵な日々さん
おはようございます。
有難うございます。
写真、機会があれば、是非お勧めします。
コンデジでOKですから・・・・

プチ遠征、ちょっと時期的には遅いのですが、天気も良さそうなので・・・・

投稿: ソングバード | 2011年6月 7日 (火) 06時15分

おはようございます。

花菖蒲・・綺麗に撮れてますね。
一枚一枚表情が、違っていて又良いですね。
花菖蒲の事調べられたんですね。
偉い!です。
私も少し利口になりました。happy01

5~6日と花と温泉(阿蘇)方面へと出かけてました。
花菖蒲が目的で出かけたのですが、今年は、開花が遅れたうえに花数も少なめでした。weep


投稿: ひまわり☆ | 2011年6月 7日 (火) 09時54分

>ひまわりさん
今晩は!
ハナショウブのこともあまり知らないので調べてみました。
あまりにも種類が多いのでビックリです。

阿蘇の写真楽しみにしてますよ。

明日早朝から戸隠、妙高行きです。

投稿: ソングバード | 2011年6月 7日 (火) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/40277330

この記事へのトラックバック一覧です: ハナショウブ(花菖蒲)いろいろ:

« フクロウ(雛の面白いポーズ) | トップページ | コアジサシの給餌行動とアジサシ・コチドリ »