« 鳥見行(3)イワツバメ・キビタキ・サシバなど | トップページ | コアジサシのダイビングとセイタカシギ »

2011年6月15日 (水)

鳥見行(4)ホオアカとテンなど

今回の鳥見行最終日、朝から少しガスがかかっていますが天気は持ちそうです。

午前5時半に、オオルリポイントに向かいます。

オオルリポイントで、しばらく粘ってみましたが、今年は声も聞こえず、昨年あれほど居たクロツグミの声も聞こえません。

サンショウクイとホトトギスが居ますが、写真には撮れず!!

突如、出てきたのは・・・・・・・・・・・eye

6816_edited1s

テンのようです。道路を横切りかけて途中でUターン。こちらをじっと見ていたかと思うと・・・・・

6812_edited1s

どこかの動物園で有名な風太君みたいです。

ふかふかの毛皮に覆われてるイメージは無く、露で全身びしょびしょです。

Kさんによると、夏は手足と顔が黒くなる、との事。

結局オオルリを断念してペンションに戻ります。

朝食後、オーナーのKさん達とペンション周辺を探索。bread

ノジコが居ます。アオジに似てますが、鳴き方が全然違います。

真上に止まったのですが、ピンぼけ写真です。・・・・・・・残念!

ペンション周辺では、キビタキ・ノジコ・アカゲラ・クロツグミ・ゴジュウカラ・ヤマガラ・アオゲラなどがみられ、夜は近くでフクロウが鳴いてます。

ペンション近くの水溜りでは、カラスアゲハが3頭舞ってました。光の加減で瑠璃色が綺麗です。

(当初、クロアゲハのつもりだったのですが、カラスアゲハだそうで、訂正します。)

Img_7717s

 

この後、オーナーのKさんから「燕温泉」の渓谷を薦められ、そこによる予定で午前9時過ぎにスノーグースを発ちます。

ナビの案内で順調に走っていたら、途中同行のMさんが草原でホオアカを見つけますが、そのまま進みます。

・・・・・・・・と、途中で通行止め!!(残雪がまだ残ってるようです。)

仕方なく、先ほどのホオアカの居た場所に戻ると・・・・・・居ました。

5707_edited1s

「ホオアカ(頬赤)」

日本では九州以北で繁殖し、北方のものは冬、暖地へ移動する留鳥です。

MFでも冬に農耕地などで見られますが、夏は高原などに移動してるようです。

ホオジロと違い耳羽の部分が赤褐色なのですぐ区別がつきます。

5948_edited1s

この草原には4~5羽程のホオアカが居るようです。

今の時期は夏羽で、色が濃いですね。

突然、目の前に止まりますが、デジスコの限界距離ギリギリで、しかも逆光です。

5974_edited1s

同じ葉の上にテントウ虫が居るのですが、気にしてない様子です。

主にクモや昆虫を食するのですが、テントウムシは無視(虫)でしょうか?(ダジャレでした!)

少し離れた所でMさんが至近距離でニュウナイスズメを撮ってましたので便乗しました。

頭が予想以上にでかいです。

6001_edited1s

 

気が付くともう11時を過ぎてます。仕方なく、燕温泉は諦めて帰路に就くことにしました。

途中I沼によって、コアジサシの様子を見て帰宅したのは午後4時ごろだったでしょうか。

走行距離:660キロ rvcar

 

Mさん、おつかれさまでした!

   

最後に、お世話になったペンション「スノーグース」さんを紹介します。

Img_7715s

オーナーはKさん、家族的な雰囲気で、気さくに泊まれます。

料理も美味しいですよ。house

冬のスキーがメインですが、最近は春先のバードウォッチングの案内などされ、初めての方も楽しめます。

詳細は下記URLをどうぞ!

http://www31.ocn.ne.jp/~snowgoose/

 Kさん、今回もいろいろお世話になりました。

 

(おまけ)

キセキレイを張り忘れてました。

5442_edited1s

以上、4回に分けて載せましたが、今回の遠征、アカショウビンは残念でしたが、まずまずの成果でした。

|

« 鳥見行(3)イワツバメ・キビタキ・サシバなど | トップページ | コアジサシのダイビングとセイタカシギ »

」カテゴリの記事

鳥見行」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ペンション素敵ですね。
森に囲まれて癒されますね。

「テン」可愛い!
良く撮れましたね。凄い!
鳥たちの表情も良いですね。
囀っている時の一瞬の仕草・・・良く捕えられましたね。
遠征の様子も伝わって来ました。
知らない世界が身近に感じる事が出来。。。。
ありがとうございました。happy01

投稿: ひまわり☆ | 2011年6月16日 (木) 06時39分

テン、ですか。珍しい写真ですねhappy01
いろいろと鳥も参考になります。scissors
貴重な写真を有難うございます。

投稿: 山の風 | 2011年6月16日 (木) 06時46分

多くの鳥などに出会え、内容豊かな鳥見行でしたね。
素適な写真を堪能させていただきました。
時期的にはもう少し早い方が、もっと良かったのでしょうか。

投稿: key | 2011年6月16日 (木) 15時06分

>ひまわりさん
有難うございます。
テン、かわいかったですよ!
毛皮にされないよう祈ります。(笑)
年に一度ここに遠征するのですが鳥撮りだけでなく、心の洗濯も兼ねてます。

投稿: ソングバード | 2011年6月16日 (木) 17時34分

>山の嵐さん
写真見て頂いてありがとうございます。
山の嵐さんのブログ、私にとっては新鮮で癒されますよ。
自分の趣味の範囲内の勝手なブログですが、これからもご意見いただければありがたいです。

投稿: ソングバード | 2011年6月16日 (木) 17時38分

>keyさん
このポイントは結構たくさんの鳥が観察できますので重宝してます。
年に一度この時期に行くのですが、5月中頃がベストです。
水芭蕉などの花も楽しめますから…

投稿: ソングバード | 2011年6月16日 (木) 17時42分

こんにちは。
とっても綺麗なお写真、楽しく拝見しました。
野鳥についてはまだまだ初心者なので、
いろいろ勉強させていただきます。

ついでに↑のクロアゲハ、カラスアゲハですね。

投稿: fad-medalist | 2011年6月16日 (木) 19時08分

>fad-medalistさん
ご指摘ありがとうございます。
早速訂正します。
私にとっては野鳥以上に昆虫や花は判別が難しいですね。

投稿: ソングバード | 2011年6月16日 (木) 20時07分

 今回の戸隠への鳥見行では、いろいろな鳥に出会えたようで、羨ましいかぎりです。テンとの遭遇でびっくりされたのでは…。鳥の撮り方など勉強になります。

投稿: ヨッシー | 2011年6月16日 (木) 23時52分

凄いですね、キテンに会うなんて、凄いです、こちらのクロテン同様、昼間に会う事は、滅多にないと思います?立ち姿なんて、凄いシーンだと思いますよ?

ホウアカも、バッチリですね、今日は姿を見ましたが、撮れませんでした・・・

投稿: てっちゃん | 2011年6月16日 (木) 23時56分

heart01
I've never seen such beautifl nature in Japan recenntry.
Super! Wonderflul!
(・∀・)イイ!

投稿: 素朴な日々 | 2011年6月17日 (金) 00時24分

>ヨッシーさん
おはようございます。
テンを撮ったのは初めてでした。
手持ちでデジイチを持ってたのが幸いしました。
たまに遠征も面白いですよ。
 
 
 
>てっちゃん
有難うございます。
正式には「キテン」ですか?
突然テンが出て来て、目が点・・・・・・・eye(笑)
連続写真で走ってる場面も10数枚撮れました。
ホオアカもこれだけ近くで撮ったのは初めてです。
 
 
 
>素敵な日々さん
Thank you!
受験シリーズ、古を思い出しながら読んでますよ!

投稿: ソングバード | 2011年6月17日 (金) 06時57分

いいなぁ~!

テンどころかイタチも見かけないし・・・。
かといって熱感知センサーで撮るのも趣味じゃないし。
本物のオコジョに会ってみたい!!


投稿: オコジョ | 2011年6月18日 (土) 20時51分

>オコジョさん
このテンはホンドテンらしいです。
私もオコジョには出会ったことがありませんが、冬には白い毛に変身するのですね。
会ってみたいですね。

投稿: ソングバード | 2011年6月19日 (日) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/40403039

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥見行(4)ホオアカとテンなど:

« 鳥見行(3)イワツバメ・キビタキ・サシバなど | トップページ | コアジサシのダイビングとセイタカシギ »