« アマサギ(飴鷺・猩猩鷺) | トップページ | まだ残ってたフクロウと昆虫 »

2011年5月13日 (金)

キアシシギ(黄脚鷸)その1

アマサギと同じ日にムナグロの群れに交じってる「キアシシギ」も観察できました。

2165_edited1s

「キアシシギ(黄脚鷸)」

シベリア方面で繁殖し、東南アジアやオーストラリアで越冬します。

日本には旅の途中、春と秋に旅鳥として渡来します。

アオアシシギなどと同じように水田や干潟・浜辺・川岸などで良く見られます。

和名の「キアシシギ」はまさに見た目通り、脚が黄色いので付けられたものです。

2227_edited1s

頭がかゆいのでしょうか??

2224_edited1s

別の個体が既に田植えの終わった田圃に居ます。

2250_edited1s

ムナグロの群れもあちこちに散らばり始めました。

2241_edited1s

ムナグロが1羽だけ近くに飛んできました。

4956_edited1s

ムナグロの別の個体が着地寸前です。ちょっと遠いですが・・・・(トリミングしてます)

4962_edited1s

このように、今の時期の田圃は夏鳥や旅鳥がたくさん来ますので、一番賑やかです。

稲が成長してくると、このようには見れません。

次回はこの田圃の様子をもう一度載せてみます。

ムナグロとキアシシギの仲の良い様子など・・・・・・・・ 

|

« アマサギ(飴鷺・猩猩鷺) | トップページ | まだ残ってたフクロウと昆虫 »

」カテゴリの記事

コメント

キアシシギも、ムナグロも綺麗に撮れていますね~

僕も昨日コムケ湖で、キアシシギを見ましたが、遠いし逆光で、全然駄目でした・・・

こちらは、近くに水田が無いので、水田の中のシギチは、新鮮に感じます。

投稿: てっちゃん | 2011年5月13日 (金) 23時35分

(o^-^o)
夜中に失礼してます。

鳥には、国境がないからいいですね。
でも、厳しい環境を生き抜いていかねばならない運命を持っています。

それだけに、美しい気がします。

投稿: 素朴な日々 | 2011年5月14日 (土) 02時43分

>てっちゃん
おはようございます。
今日は早朝からプチ遠征です。
海の無い県ですから、シギチの仲間は遠征しない限り、水田か河川しかないんです。
キアシシギやムナグロはこの時期、比較的多いですね。
 
 
 

>素朴な日々さん
確かに国境はないですね。
しかし、それぞれ縄張りを持つ鳥も多いんです。
厳しい自然環境以外に、人間の関与が左右されるから大変ですね。
人間の関与も、大きな意味で自然の流れの一つでもあるんですけどね。

投稿: ソングバード | 2011年5月14日 (土) 04時34分

おはようございます。

田植え前の田んぼは、餌の宝庫・・鳥達も良く知っていますね。
今まで意識せず見て居た鳥達・・習性を知ると興味が湧いてきますね。
渡り鳥の飛来のコース有るのでしょうね。

見てみたいものです。eye
こちらでも、田植えが始まっています。
田鋤きも盛んに行われています。
近くの田んぼ車で廻ったのですが、見る事は、出来ませんでした。
(スズメ・ツバメ・カラス)ばかりでした。weep

投稿: ひまわり☆ | 2011年5月14日 (土) 08時35分

>ひまわりさん
おはようございます。

鳥さんの通勤道路はあるようですよ。
毎年見られる田んぼから少し離れた田んぼには、全く姿を見せないケースもありますから・・・・

昨日は久しぶりにプチ遠征してきました。
快晴に恵まれ、気分一新!!

投稿: ソングバード | 2011年5月15日 (日) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/39948680

この記事へのトラックバック一覧です: キアシシギ(黄脚鷸)その1:

« アマサギ(飴鷺・猩猩鷺) | トップページ | まだ残ってたフクロウと昆虫 »