« キジとシメ | トップページ | 御蔵のクマガイソウ »

2011年4月21日 (木)

春告げ鳥

今回は春の季語としてもよく使われる「春告げ鳥」ウグイスを取り上げてみました。

毎年このウグイスを写真に撮るのですが、なかなか良い場面を撮らせてくれません。

今年こそは「桜にウグイス」を撮ろうと意気込んでみたのですが、やはりうまく枝には止まってくれませんでした。

という訳で、今回は在庫から載せます。

古来、日本人の生活に溶け込んできたウグイスですが、巷ではメジロと勘違いされてる方が結構多いんです。

「梅にメジロ」など撮ってると、良く「綺麗なウグイスですねぇ!」とよく声を掛けられます。

初めのうちは「いいえ、あれはウグイスではなくメジロですよ!」と答えるのですが、同じような問い掛けが度重なると、最近は「そうですねぇ、かわいいでしょう!」と答えるようにしてます。(@Д@;

それくらい勘違いが多いんです。

下の2枚のうち、もちろん、左がメジロ(目白)、右がウグイス(鶯)ですね。

Dsc08552sImg_0071s













そもそも、なぜ間違えるようになったんでしょうか。

多分色からきてると思うのですが、ウグイス色はメジロの方が近いイメージですね。

Img_8624sウグイス(鶯)

日本では全国で繁殖し、本州や九州では冬、暖地や低地に移動する留鳥です。

北海道では夏鳥、沖縄では冬鳥です。

冬から初春にかけて、藪のある市街地の公園でもよく見られますね。

ウグイスの語源については諸説あるようですが、「野鳥の名前」ではさえずりによる説が解説されてます。

古人が書に表したウグイスの鳴き声「ウークーイー」という音に鳥を示す接尾語「ス」が付いて「ウグイス」と呼ばれるようになったそうです。

なんだか( ゚д゚)ポカーンですが、万葉集にもウグイスを詠んだ歌が49種あるらしいですから、身近な鳥の一つであったことは確かなようです。

また古人はこの鳥のさえずりを「ホーホケキョ」と聞き「法・法華経」あるいは[宝・法華経]と聞きなしています。notenote

ウグイスの谷渡りで有名な「ケキョ・ケキョ」は雄が発する警戒の鳴き声ですが、「華経・華経」と聞きなしています。(以上「野鳥の名前より)

上の写真は以前掲載した「梅にウグイス」ですが、偶然撮れたものです。

お馴染の「ホーホケキョ」とさえずるのは、恋の季節になってからで、地鳴きは「ジュッ・ジュッ」と極めて地味な声で鳴き、藪の中にいて、なかなか姿を表してくれませんが、春、暖かくなる頃から表に出てきます。

Img_5587s

本当に地味な鳥ですが、ちょこまかと動きます。

Img_5298s

そして、恋の季節になると、あの綺麗な声でさえずり始め、縄張り宣言のためとラブコールのため、枝に上がって鳴き始めます。

Dsc09043s

個体によっては、男性陣にはうらやましい一夫多妻で、雄は抱卵や育雛(いくすう)には参加せず、多くの雌を得るために長期間さえずり続けるそうです。lovely

Dsc09035s

この鳥、以前は鳴く声を楽しむために飼われたこともあったのですが、今は禁止されています。

また「鶯の糞」、年配の方は御存じだと思うのですが、化粧品として珍重されたそうです。

Dsc09060s

ただし、このウグイスの糞は、飼い鳥のソウシチョウの糞だったとか・・・・・

いづれにしても、「春告げ鳥」・「花見鳥」・「経読み鳥」などと日本人に浸しまれてきた鳥ですから、もう一度見直してみましょう。

 

おまけに、ソウシチョウの写真もどうぞ! eye

Img_0022s

家で飼われていたものが逃げた「籠脱け」の鳥で、野生化して多数繁殖してますが綺麗な鳥です。

Img_0024s

 

|

« キジとシメ | トップページ | 御蔵のクマガイソウ »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

鶯とメジロの違い・・・私も数年前に知りました。
冬・庭に輪切りのミカンを置くようになってメジロがやって来て解りました。

鶯は、今でもたま~~に見る事は、有ります。
写真に撮りたくてチャレンジしたのですが、メジロみたいには撮れません。
一瞬のうちに飛び去ります。

お陰さまで、鳥の事が少しづつ解って来ました。
私には、鳥を撮るのは、10年早い(難しい)・・・ですね。(笑)。。。

投稿: ひまわり☆ | 2011年4月21日 (木) 20時54分

ウグイス、たくさん撮られていますね。
確かに、動き回って、撮り辛い鳥ですよね。

こちらは、メジロが少ないので、メジロと勘違いされている方は、あまり居ないかも知れません?

ソウシチョウも綺麗な鳥ですね。

投稿: てっちゃん | 2011年4月21日 (木) 23時31分

>ひまわりさん
おはようございます。
そうですね、ウグイスはメジロ以上に動きが速いし、ミカンなどに来ませんから難しいですね。
さえずる時枝に止まることが多いですよ!
身近な鳥さんを撮るだけでも楽しいですから頑張って下さい。
 
 
 
>てっちゃん
そうでした、北海道ではメジロの方が珍しいんでしたね。
ソウシチョウは、籠脱けの鳥ですが、場所によっては群れで居ますよ。

投稿: ソングバード | 2011年4月22日 (金) 06時59分

ウグイスは、我が家の近くでもよく鳴きますから、「ホーホケキョ」と、馴染み深い鳥ですね。
ただ鳴き声を聞くだけで、姿を追ったこともなく、
多分私も、その近くで鳥を見たら、メジロと区分できてないと思います。
こと鳥に関して、いい勉強になりますなぁ~、このブログ。

今日は朝からまた雨です、菜種梅雨と云うのでしょうね。
この時期は、芽出しの雨とも云って、植物がグングン伸びて緑を増す。
本来の梅雨時期とは違って、歓迎すべき春雨ですがね。

投稿: Shimada | 2011年4月23日 (土) 06時14分

Shimadaさん
おはようございます。
鳥のさえずりを聞くだけでも心が和みますよ!
こちらも雨模様です。
まだ余震も続いてますが、町は普段の姿を取り戻してます。

葡萄やサクランボの生長具合、楽しみにしてますよ。cherry

投稿: ソングバード | 2011年4月23日 (土) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/39684730

この記事へのトラックバック一覧です: 春告げ鳥:

« キジとシメ | トップページ | 御蔵のクマガイソウ »