« 御蔵のクマガイソウ | トップページ | 秩父「羊山公園」のシバザクラと箭弓稲荷神社 »

2011年4月25日 (月)

やって来たコアジサシとユリカモメ夏型

4月22日(金)、午前中時間があったので、keyさんに薦められたF村に出かけてみました。目的は完全な夏羽のユリカモの飛翔姿です。

初めて行ってみたのですが、公園周辺はジョギングや散歩の人でいっぱい!!

鳥など居そうもないのですが、取り敢えず池まで行ってみると、居ました夏羽のユリカモメが・・・・

完全に夏羽に変わってる個体、変わりつつある個体、若鳥が2~30羽程居ます。

4043_edited1s

ユリカモメは冬場、海辺付近だけでなく、かなり内陸部まで入り込んできますので、比較的簡単に見られるのですが、(上野公園の池でもたくさん見られます。)夏羽に変わると、全く違う種類のように変身します。

今まで、ユリカモメの飛翔は嫌というほど撮っていたのですが、どういう訳か、夏羽の写真がありませんでした。

今回は、夏型の飛翔姿がメインです。

まずは、ちょっと大きく撮った写真から・・・・・・・

7576_edited1s

冬型と夏型を比較してみましょうか。

顔が黒褐色なのが夏羽に変身した個体で、手前はまだ若鳥でしょうか冬羽の状態が残ってます。

7628_edited1s

次の写真は、溺れているように見えますが、水浴びをしてるところです。

頭部分がまんだらで汚いですが、夏羽に変身中です。

7695_edited1s07754_edited1s












ユリカモメ(百合鴎)

ユリカモメの語源については定説がないが、「百合鴎」とかくのは江戸末期以降のことで、「ササユリやテッポウユリのように白い綺麗な鴎」、これが語源だろうと云われてます。

一説には「ユリカモメのユリは、古語で"後"の意味で、京都の後ろの若狭から京都、鴨川にやってくる鴎」 だからユリカモメではないかと云われています。(「野鳥の名前」より)

ちなみに、歌に詠まれる「都鳥」は実際のミヤコドリではなく、このユリカモメの事を指す。という説もあるようです。

日本では冬鳥として渡来し、全国どこででも見られます。

4032_edited1s

私自身、ユリカモメも含めて「鳥の飛翔姿」は、鳥が空を飛ぶために進化してきた真髄のようなものを感じて、非常に無駄のない綺麗な姿だと思っています。

時々、同じ種類の鳥の中に高所恐怖症や飛ぶのが下手な個体がいたら・・・・・・・と思いながら、ジッと見とれる時があります。(笑)

連続写真ですが…

4034_edited1s

綺麗ですね!airplane 

ユリカモメに夢中になってると、突然コアジサシが、池に飛び込みます。

今シーズンの初認です。これからも楽しめそうですね。

次の写真は、飛びこむために反転した所です。

3950_edited1s

空が曇っていて、綺麗な写真ではありませんが、常に水面を見ながら飛んでます。

3976_edited1s

コアジサシも、飛翔の姿が綺麗な鳥の一つですね。

コアジサシの事については、また後日取り上げてみたいと思います。

3943_edited1s

このポイントは今回初めて訪れたのですが、わきには葦原もあり、面白いかもしれません。   

|

« 御蔵のクマガイソウ | トップページ | 秩父「羊山公園」のシバザクラと箭弓稲荷神社 »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ユリカモメ・・綺麗ですね。
季節によって変身。。。。素敵ですね。
飛び出す様子・・・一枚一枚の動きが上手く撮れてますね。(綺麗!)

港・・波止場に行くと時々ユリカモメが、飛んでいるのを見かけます。
でも、写真に撮るのは、至難の技・・とてもとても撮る事は、出来ません。

投稿: ひまわり☆ | 2011年4月25日 (月) 07時54分

>ひまわりさん、こんにちは!
鳥はやはり飛んでる姿が一番美しいと思いますし、一番好きなんです。(特に大型の鳥)
ユリカモメなどは比較的撮りやすいので、一度挑戦されては如何ですか。
比較的近くまで来ますから標準レンズでも撮れる時が多いです。

投稿: ソングバード | 2011年4月25日 (月) 18時00分

「ゆりかもめ」、名前からして粋ですね。
万葉集にもあったような、無かったかな?
UP画像で見ると、実に優美な飛び方、これを飛翔という?(笑)
海のカモメとは根本的に違うのですね?

投稿: Shimada | 2011年4月25日 (月) 21時56分

コアジサシも飛来しているんですね。早速ダイビング…ですね。
ユリカモメ…ほんと夏羽になるとイメージが変わってしまいますね。僕的には冬羽の方が可愛く見えて良いように思います。

投稿: noharatugumi | 2011年4月26日 (火) 00時30分

>Shimadaさん
おはようございます。
万葉集にも詠われてたみたいですよ。
海のカモメとは種類が違いますが、同じ仲間です。
「カモメはカモメnote」です。(笑)
 
 
 
>noharatugumiさん
コアジサシは今季初認です。
昨年同様M公園にも来てくれるといいのですが…
確かに冬羽の方が可愛いですね、夏羽はなんだか怖い顔に見えます。

投稿: ソングバード | 2011年4月26日 (火) 07時51分

コアジサシももうやって来ましたか。また昨年のように近くで営巣してくれると良いのですが。

投稿: key | 2011年4月26日 (火) 13時42分

>keyさん
こんばんは!
F村に来たコアジサシはどこで営巣する予定なんでしょう?
「スイレンとコアジサシ」今年も狙いたいですね。

投稿: ソングバード | 2011年4月26日 (火) 20時29分

ガングロ君、もう、こちらにも、来てるようですが、僕はまだ撮っていません・・・

緑バックの、ユリカモメ綺麗ですね~

コアジサシは、こちらでは見られない鳥ですので、羨ましいです。

投稿: てっちゃん | 2011年4月27日 (水) 00時05分

書き忘れていました、レブンアツモリソウですが、礼文島に行った事がありませんので、見た事ありません・・・

投稿: てっちゃん | 2011年4月27日 (水) 00時06分

>てっちゃん
おはようございます。
コアジサシ、そちらでは見られないんですか。残念ですね。
飛ぶ姿が綺麗なんですが・・・・

投稿: ソングバード | 2011年4月27日 (水) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/39725176

この記事へのトラックバック一覧です: やって来たコアジサシとユリカモメ夏型:

« 御蔵のクマガイソウ | トップページ | 秩父「羊山公園」のシバザクラと箭弓稲荷神社 »