« シマアジ(縞味) | トップページ | カタクリの花 »

2011年4月 2日 (土)

ベニマシコとヨシガモ

シマアジを先行して載せましたのでS湖の観察日記が遅れてしました。

S湖にまだベニマシコが居ると云うので久しぶりに出かけてみました。

昨年12月に同じ場所でベニマシコに会って以来3ヵ月半ぶりです。

まだ雄が1羽と雌が4~5羽いるようです。

午後で、強い逆光と空抜けのため上手く色が出てませんが、以前より赤くなってるようです。

0044_edited1s

ヤナギの新芽をたくさん頬張ってるようで、口の周りが新芽で一杯です。

0062_edited1s

雌は鳥見さん達の目の前に出て来ますが誰も撮ろうとしません。しからば、かわいそうなのでパチリと1枚撮ってみましたが・・・・・

0073_edited1s

ちょっと体が膨れていて・・・・・・・・・・もう少しスマートに撮ってあげたかったのですがご容赦!!

ジョビ子さんも出てきます。どういう訳かどこのフィールドでも雌だけが残っていて雄の姿は見られません。雄だけ先に旅立ったのでしょうか。

0616_edited1s

この日ここで確認した雌は6羽です。

湖面にはオオバンとヨシガモの混群が居ます。遠くに見えるカンムリカイツブリは完全に夏羽に変わってます。距離は150メートル以上ありそうなので今回は諦めます。

2778_edited1s

ヨシガモはオス・メス合わせて20羽以上いて、時々陸に上がって草地で餌をあさってるようです。

2824_edited1s

ヨシガモ(葦鴨)

北海道で少数繁殖するようですが、日本では冬鳥で全国で見られます。

とくに雄の頭部分は赤紫色と綺麗な緑色で大変きれいです。最近は渡来数も多くなってるようで、以前より見かけることが多くなりました。

「葦鴨」の語源には特別な説が無いようですが、雄は大変美しい。つまり「容姿の良い」カモなのでヨシガモ・・・・・・・とか??(「野鳥の名前」より)

2841_edited1s

近くを人が通りかかるとあわてて飛び立って湖面に移動しますが、またぞろオオバンと一緒に草地にノコノコ上がってきます。

2805_edited1s

地味な方が雌ですが、ここでもお嬢さんを紹介しておきます。怖い目をしてますね。

9837_edited1s

もう一枚、白目をむいてるように見えますが、目蓋ですよ!!時々目を開けて、ジロリと周りを見てます。

9899_edited1s

対岸付近にはユリカモメ(??)も元気に飛び回ってますが、どういう訳か1羽だけ近くでプカプカ浮かんでました。

良く見るとセグロカモメのようです。

0242_edited1s

すぐ近くでオオバンが水面に浮かんでる小枝で遊んでいます。

2784_edited1s

最後は、春の使者「ヒバリ」と夏の嫌われ者「ムクドリ」です。ヒバリはやはり空の高い所でで囀ってる姿の方がいいですね。

ムクドリは個体だけ見てるとかわいいのですが・・・・・・・

0560_edited1s2871_edited1s













結局、この日観察できたのは、ジョウビタキ(雌)・トビ・チョウゲンボウ・カワウ・カンムリカイツブリ・カイツブリ・オオバン・セグロカモメ・オオジュリン・ベニマシコ(雄、雌)・アオジ・ホオジロ・モズ・ヨシガモ・ムクドリ・ヒバリ・カワセミ・ヒヨドリ・ツグミなどでした。

 

この日はポカポカ陽気で、さすがに歩いてると汗ばんでくるほどです。

春真っ盛りの様子で、冬鳥も今週中には居なくなるのでしょうか。

 

ここ数日計画停電も中止されありがたいのですが、節電にはこれからも継続して協力しましょう!!    

|

« シマアジ(縞味) | トップページ | カタクリの花 »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

「ベニマシコ」珍しい鳥ですね。
写真でしか見た事有りません。
水鳥達もそろそろ旅立ちの準備をしている頃でしょうね。
こちらでもカモの姿が少なくなりました。

ひばりも畦道や田んぼで、見かけます。
カップルで、空高く囀っています。気持ちよさそうに・・・・

見事な鳥の写真・・・・camera
ありがとうございました。


投稿: ひまわり☆ | 2011年4月 2日 (土) 18時45分

ヨシガモ、陸に上がったところは見たことありません。
なんだか新鮮です。
飛び写真もナイスですね!
そういえばこの冬、ヨシガモを見ずに終わってしまいました。
ベニマシコのオスも見ていません。見られる年にはどんどん目の前に現れてくれたのですが。
めぐり合わせなのかもしれませんね。
そこが鳥見の面白いところなんですが・・・。

投稿: オコジョ | 2011年4月 2日 (土) 22時18分

ヨシガモ、綺麗に撮れていますね~羨ましいです、こちらでも、撮られている方は居ます、たぶん僕も昨日見ていたと思いますが、遠くて、ハッキリとは分かりませんでした・・・

僕は、昨日ヒバリを、今年、初認しました。

ベニマシコも、まだ居るんですね、そろそろ、こちらに渡って来る頃だと思いますよ?

投稿: てっちゃん | 2011年4月 3日 (日) 00時34分

>ひまわりさん
おはようございます。
ベニマシコももうすぐ北へ旅立つ頃なんですが、毎年冬に楽しませてくれます。
夏には北海道で見れますよ。その頃にはもっと赤くなってこちらで見るよりきれいそうです。
田圃にレンゲ、空にはひばりが囀り、まさに春の景色ですね。
  
 
>オコジョさん
こちらではヨシガモが陸で葉っぱ(?)を食べてるところをよく見ます。
警戒心が強いので、なかなか近付けませんが・・・・
今年のベニマシコは、例年より数が少ないように思います。
鳥見はタイミングが合わないと、苦労しますね。

 
 
>てっちゃん
おはようございます。
ここ数年ヨシガモのトラい数は増えてるようで、観察しやすいです。
こちらでは3月29日、ツバメを初認しました。
ベニマシコも旅立ち前で、だいぶ赤くなってきました。
そちらに着くころは、もっと赤くなってることでしょうね。

投稿: ソングバード | 2011年4月 3日 (日) 07時36分

S湖もまだまだ賑わっていますね。
カンムリカイツブリの冠羽は、もうかなり長くなっているのでしょうね。

投稿: key | 2011年4月 3日 (日) 13時45分

keyさん、こんばんは!
そうですね、数えてみたら、この時期にしては結構種類が多いですね。
カンムリカイツブリはすっかり夏羽バージョンです。
10羽ほどいましたが、今度ブログにアップしてみます。

投稿: ソングバード | 2011年4月 3日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/39451283

この記事へのトラックバック一覧です: ベニマシコとヨシガモ:

« シマアジ(縞味) | トップページ | カタクリの花 »