« 椿とヒレンジャク | トップページ | マンサクとマヒワ »

2011年3月 4日 (金)

花撮り変じてマヒワ撮り

少し風がありますが、午後から久しぶりに花でも撮ってみようといつものM公園へ出かけてみました。

公園の池近くで、鳥撮りさん達のカメラが4~5台並んでます。その中にIさんもいます。
久しぶりに会いますが、相変わらず元気そうです。

マヒワの群れがいるようで、50~60羽ぐらい(もっといるかもしれません)の大きな群れが枝から枝へ移動中です。

今年はマヒワを見かけることが多いのですが、この公園でこれだけの群れを見るのは初めてです。

撮りたい衝動に駆られながらも、取り敢えず地面の野草を探します。

コハコベ(?)とヒメオドリコソウでしょうか。(名前には疎いので間違ってたらご指摘ください)

4508_edited1s 4506_edited1s












公園内ではあまり写真の対象になる野草が見つからないので、周辺に移動します。

オジロビタキでフィーバーした場所は、今は人の影も見えずひっそりしてます。

シーンとした人気のないキャンプ場!

あまりにも静かで、、フッと・・・・・「あのフィーバーは何だったのか?」

鳥に対する餌付けの功罪があちこちで問われており、その事が頭を過ります。

そんなことを考えながら、奥に進むと綺麗なツバキが咲いてます。

4534_edited1s4539_edited1s 


















ナズナでしょうか?小さな花を咲かせてます。

4512_edited1s

周辺をぐるっと一回りすると、池のそばで、またIさんに出会います。

マヒワの群れを追いかけながら移動してるようですね。

目の前には、コサギが居ます。動きそうにないのでカメラを変えて撮ります。

1331_edited1s

双眼鏡で見ると、公園の大広場にマヒワの群れが降りてます。

こうなると、花の写真はそっちのけになりますね。マヒワ撮りに専念です。

1427_edited1s

人や犬が通りかかると一斉に飛び立ちますが、周囲を一周してまた同じアキニレの木に止まります。

1454_edited1s1408_edited1s











A公園はハンノキが多く、その木に止まる事が多いのですが、このM公園はハンノキが少なく、アキニレの枝に群がります。

アキニレの方が絵になりますね。アキニレの翼果1枚の種を食べてます。

1654_edited1s

地面に降りるときは、まっすぐ、落ちるようにはなれます。(羽を広げてませんね。)

他の枝に移る時は、しっかり羽を広げます。

1700_edited1s1641_edited1s_2




















飛び物も撮りたかったのですが、いつ飛び出すかの予想が難しく、なかなかタイミングが取れません。

なんとか撮ったものの、暗いですね。肝心の黄色が鮮明に出てません。

1714_edited1s

こんな訳で、結局、花よりマヒワの写真の方が多くなりました。

「撮れる時に撮る!」というのが私の信条でもありますので、ご勘弁・・・・

来年、これだけのマヒワが見れる保証がありませんので、敢えて重複して取り上げてみました。

ただし、マヒワの飛翔は今回初めてです。

今回の写真はすべてデジイチを使用してます。

(花:40D+100ミリマクロ     マヒワ:7D+456) 

*写真をクリックしてください。少し大きくなります。      

|

« 椿とヒレンジャク | トップページ | マンサクとマヒワ »

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

野の花がいろいろ咲いてきましたね。花を撮るのも楽しみな季節になってきました。マヒワは今日も健在でした。でもそろそろ帰る準備ですかね。オジロビタキの餌付けの件…ほんと考えさせられますね。

投稿: noharatugumi | 2011年3月 5日 (土) 22時44分

noharatugumiさん、おはようございます。
そうですね。これから冬鳥が居なくなると花の季節です。
昨日(土曜日)公園に居られたのですか。
私も午前中マヒワを追いかけてましたから、どこかですれ違っていたかもしれませんね。
餌付けで写真、賛否論はありますが、最近の状況はちょっと異常で心配ですね。

投稿: ソングバード | 2011年3月 6日 (日) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/39090277

この記事へのトラックバック一覧です: 花撮り変じてマヒワ撮り:

« 椿とヒレンジャク | トップページ | マンサクとマヒワ »