« マヒワの当たり年 | トップページ | 越生梅林を巡る(2)梅園神社など »

2011年2月26日 (土)

越生梅林めぐり

2月25日(金)朝から晴れて、4月並みの陽気です。

さいたま市に移り住んで26~7年になりますが、越生(おごせ)の梅林には行ったことがありませんでした。

ゴルフで近くまで行きながら、いつも横目で見るだけ・・・・・今回は越生梅林とその周辺を巡ります。

現地には午前9時半ごろ到着しましたが、平日でもあり、この頃はまだ人もまばらです。

駐車場は4か所ほどあり400円、入場料は200円です。

「越生梅林」は、「水戸の偕楽園」「熱海梅園」と並んで関東3大梅林の一つとして有名です。

4451_edited1s

「越生(おごせ)」は難読地名の代表格ですが、その語源については諸説があるようです。

越生町のHPによると・・・・

平地と山地の接点に当たる越生からは、秩父に向かうにも、上州に向かうにも尾根や峠を越えなければならず、それに由来した「尾根越し(おねごし)」の「尾越(おごし)」という言葉から変化したという説が有力視されてます。

その地にある「越生梅林」は、約2ヘクタールの園内に約1000本の梅の木が植えられ、推定樹齢600年の古木もあります。

4406_edited1s 左の写真が、推定樹齢約600年の古木「魁雪」のねじれた幹です。

この写真では分からないですね。

実は気の全体を写そうとしたのですが、土産物屋(?)の壁に張り付くように立っていて、あまりにも無粋で、古木「魁雪」のイメージが壊れるので、横たわったねじれた幹だけにしました。

園内の印象は、まだ時期が早かったせいもありますが、期待したほどの感激はありません。

高台も設置されており、上の位置から写真も撮れますが、満開の時期は綺麗かも知れませんね。

「越生梅林」は南北朝時代に武蔵国小杉村に大宰府より天満宮を梅園神社に分祀する際に植えたのが起源と云われてるだけあって歴史は古く、野口雨情や佐々木信綱・田山花袋などがその風情を詩歌に残しています。

推定樹齢600年の古木「魁雪」はその頃に植えられたものでしょうか。

「入間川高麗川越えて都より 来しかひありき梅園のさと」 佐々木信綱

園内全体では、紅梅は満開の時期を少し過ぎて、白梅は4~5分咲きぐらいでしょうか。

少し早かったようで、3月上旬が見ごろのようです。

4433_edited1s

園内にはミニSLのレールが引かれ、休日には梅のトンネルの下を走るそうです。

4414_edited1s

古木も多く、歴史を感じさせてくれます。幹が横たわってますが、保護のためロープで囲われてます。

4425_edited1s

次の写真は、紅梅なのに、白い花が咲いてます。実がうっすらと赤くなる梅らしいです。

4412_edited1s

次の写真は、この園内で一番人気の白梅です。

4419_edited1s4434_edited1s












ミツバチも楽しそうに梅の花に群がってます。飛んでるものを見ると、本能的に撮りたくなります。(笑)

1267_edited1s

この園内には福寿草も綺麗に咲いていて満開です。(前ボケは紅梅の花です)

1233_edited1s

マクロでも撮ってみました。ちょっと幻想的に・・・・

1231_edited1s

梅の花もどうぞ。

1225_edited1s

午前11時頃、梅林を出るときには人も増え、ゆっくり写真も撮れません。

この後、「越生梅林」を後にして「越辺川(おっぺがわ)」周辺を散策します。

                                             ・・・・・・続く

    

|

« マヒワの当たり年 | トップページ | 越生梅林を巡る(2)梅園神社など »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

私も埼玉に住んで通算30年以上になりますが、越生梅林に行ったことがありません。熱海、水戸は行っているのに。
綺麗な梅林ですね。一度行ってみたくなりました。

投稿: key | 2011年2月26日 (土) 17時17分

こんにちわ。

歴史有る見事な梅林ですね。
600年・・・いろんな時の流れを観て来たのでしょうね。eye
梅の木も堂々としていて風情が有りますね。
ゆっくりと観て廻ってみたいものです。

マクロの福寿草・梅・・綺麗ですね。camera
ホット一息。。。いいですね。good

投稿: ひまわり☆ | 2011年2月26日 (土) 18時11分

越生の梅林、有名ですね。しかし、こちらからは少し遠く、電車の運賃もばかにならないので(電車で約2時間30分、電車賃片道1800円)まだ行っていません。古木の梅の木が歴史の重みを感じさせてくれますね。今年は行けそうもありませんので、ここで拝見させていただきます。
福寿草も咲いていたのですね。昨日は春一番が吹き、もうすぐ本格的な春ですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2011年2月26日 (土) 18時21分

keyさん、こんばんは!
keyさんもまだ行かれてなかったんですか?
越生梅林も良いのですが、越辺川(おっぺがわ)沿いに神社や寺がありこちらの散策の方が面白かったです。
3月上旬まで楽しめそうですから…

投稿: ソングバード | 2011年2月26日 (土) 21時49分

ひまわりさん、こんばんは!
年を取った樹木は見るだけでも心が安らぎますね。
人間様もそうなってほしいですね。
マクロの写真は、比較的手軽に撮れますから私は好んで撮ります。
機会があれば、普通のレンズでも工夫すれば楽しめますのでチャレンジしてみてください。

投稿: ソングバード | 2011年2月26日 (土) 21時54分

ぴょんぴょんさん、コメントありがとうございます。
確かにぴょんぴょんさんところからは遠そうですね。
福寿草の写真、実は初めて撮ったんです。
春の匂いのする花ですね。

投稿: ソングバード | 2011年2月26日 (土) 21時58分

スッカリ、春ですね~羨ましい限りです。

良いですね、原色の世界、こちらは、いまだモノクロの世界です。。

投稿: てっちゃん | 2011年2月26日 (土) 22時48分

てっちゃん、おはようございます。
そうですね。これから草木は芽吹いていよいよ春本番です。
モノクロ時間が長い方が、春に新鮮さがあって良いですよ。

投稿: ソングバード | 2011年2月27日 (日) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/39021639

この記事へのトラックバック一覧です: 越生梅林めぐり:

« マヒワの当たり年 | トップページ | 越生梅林を巡る(2)梅園神社など »