« レンジャクに未だ遭遇せず | トップページ | ビンズイとヤマガラ »

2011年1月12日 (水)

ルリ男君とジョビ男君

1月11日(火)晴れ

今日は午前中時間があったので、K公園へルリビタキの雄探しに出かけてみました。

毎年この公園で楽しませてくれるのですが、今シーズンは雌に会っただけで、雄には会えてませんでした。

所要があった為、観察時間は1.5時間。午前9時ごろに到着すると、まっすぐルリビタキのポイントに向かいます。

近くにジョウビタキの雄がいます。適当に撮って、先を急ごうと数歩進んだ時、突然ルリビタキの雄が現れました。

4563s

ラッキーです。少し若そうな男の子ですが、ぜいたくは言えません。

少しの間、同じ枝に留まってくれたので、ゆっくり撮れますが、暗くてバックもあまり良くありません。

4582sルリビタキ(瑠璃鶲)

冬鳥のように思われてますが、留鳥で、繁殖期は亜高山帯の林などに居て、非繁殖期は山地や平地の林などにいます。

ツグミの仲間で、スズメより少し小さいです。

冬場には都市公園などでも見られますが、雄の綺麗な瑠璃色の成長羽に達するまで3年ほどかかると言われています。

雄の幼鳥の頃は、雌に間違える時があるほどです。

前にも書きましたが、日本には、瑠璃色をした鳥が4種類います。
ツグミの仲間のルリビタキ・コルリ、ヒタキの仲間のオオルリ、カラスの仲間のルリカケス

コルリとオオルリの写真は、左のサイドバーにあるマイ・フォトの「青い鳥」を見て下さい。

英名はRed-flanked Bluetailで、脇腹の羽毛が赤褐色であることを良く言い表してます。

雌と比べてみましょうか。左が雌です。右がオスの背中部分です。

3921_edited1s4509s














藪に近い暗いところから少し明るいところに出てくれました。

同じ個体なのに、色合いが違いますね。暗いところの方が瑠璃色が強く出ますね。

4591s

もう少し明るいところに出てきました。

4622s

どうですか。白と瑠璃色と赤褐色・黒のバランスがいいですね。次は真横です。

4636s

途中、ジョウビタキの雄が現れて、ルリビタキを追い立てますが、それにもめげず、結構長く楽しませてくれました。

ジョウビタキ君もどうぞ。左が雄ですが、せっかくなので以前撮った写真ですが、雌も並べてみました。

4778s0087s














人懐っこくて、カメラのそばを飛び回ります。得意のポーズです。

4791s

そろそろ時間が来たので引き揚げます。

今日は、朝は冷え込んだのですが、日中は気温も上がりそうです。やはり、こんな日の方が、鳥も活発に動くようです。

本来、ツグミとモズを取り上げる予定だったのですが、ルリ男君が撮れたのでこちらを優先しました。

*今回「マイ・フォト」にコミミズクを追加しましたので、見て下さい。

サイドバーの「マイ・フォト」にあるコミミズクをクリックしてください。アルバムが出てきます。      

|

« レンジャクに未だ遭遇せず | トップページ | ビンズイとヤマガラ »

」カテゴリの記事

コメント

ジョウビタキ、まだ見たことありません。
人懐こいとは・・・ うらやましいです。
どの写真も、かわいく撮れてますね。

投稿: やまちゃん | 2011年1月13日 (木) 08時09分

はじめまして。
yahooのkeyさんのブログではお世話になっています。
こちらにも遊びに来させていただきますので、
どうぞ、よろしくお願いします。

素敵な写真をお撮りになられますね~。
なかなか野鳥写真が撮れない僕にはうらやましい限りです。

ルリビタキは、いつ見ても何度見ても、きれいでかわいいですね。
とは言っても、この冬はルリビのオスにはまだ出会っていませんけど・・・。
夏に、繁殖地付近まで登ってみましたが、メボソムシクイの声がするだけで、ルリビの囀りは聞けませんでした。
あのやわらかい囀りの声も魅力です。

光の具合によって瑠璃色も随分と変わって見えるものですね。
とくにオオルリの場合は、日陰に入ると真っ黒になってしまいますよね。
冬は葉がない分、撮影はしやすいのでしょうか

投稿: オコジョ | 2011年1月13日 (木) 13時11分

ルリビタキの光の具合による色々な姿を見せていただき、ありがとうございます。
ルリビタキは渡り鳥と思っていましたが留鳥なんですか、認識を新たにしました。

投稿: key | 2011年1月13日 (木) 14時36分

皆さん、コメントありがとうございます。

やまちゃん
北海道では、ジョウビタキの数も少なく比較的珍しい鳥のようですね。
こちらでは、比較的見やすい典型的な冬鳥の一つです。
北海道にも行くよう、こちらから追い立ててみましょうか。(笑)


オコジョさん、ご来場ありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いします。
オコジョさんのブログにもお邪魔します。
ルリ色は光の具合で全く違う色のように見えますね。
冬は確かに葉が無い分撮りやすいのですが、留る場所によっては枝がうるさい時がありますね。


keyさん
そうなんです。ルリビタキは留鳥らしいんです。
私も2年ほど前初めて知りました。
keyさんのブログのお陰でオコジョさんにもご来場いただきました。
有難うございます。

投稿: ソングバード | 2011年1月13日 (木) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/38440446

この記事へのトラックバック一覧です: ルリ男君とジョビ男君:

« レンジャクに未だ遭遇せず | トップページ | ビンズイとヤマガラ »