« アリスイ(蟻吸) | トップページ | ハジロカイツブリとマヒワ(30S試し撮り) »

2010年12月10日 (金)

今年を振り返る(今年初めて出会った鳥)

冬鳥のシーズンと云うのに、このところ鳥さん情報があまり聞こえてきません。ベニマシコやルリビタキなど単発的には聞くのですが、どうも芳しくないようです。

先日撮ったタゲリのポイントも、今は影も姿も見えません。

M公園でもホオジロ・カワラヒワ・ツグミ・タヒバリ・アオジ・コサギ・アオサギ・オナガガモ・コガモ・ヒドリガモ・オオバン・モズ・ハクセキレイなど一般的な鳥ばかりで、ジョウビタキも見かけません。

A公園も同じような状況です。

MFでは12月末ごろまで、こんな状態が続くのでしょうか?

そこで、今回は番外編で、今年初めて出会った鳥さんを挙げてみました。

今年、撮影リストに追加できたのは、ケアシノスリ・サンコウチョウ・レンカク・アカエリヒレアシシギ・セイタカシギ・ツルシギ・ウズラの7種類でした。

今回は、特に印象に残った5種類を載せてみました。

まずは「サンコウチョウ(三光鳥)」から・・・・・

すでにブログに掲載済みの写真ですが、実はまともな写真はこれ1枚だけなんです。(申し訳ない(´Д⊂グスン)

S

遠くて暗くて、ブレブレン連発でした。この時期のA公園ではちょっとフィーバーでしたね。

次は、瞬間的に大フィーバーした「レンカク(蓮角)」です。

00368_edited1s

近くの調整池に突然現れたそうですが、2~3日程で抜けてしまった為、撮れた人はラッキーでした。

私は連絡を頂いて、すぐに駆けつけた為、人も少ない早い時期に短時間でタイミング良く撮れました。

普段は水面をハスやスイレンが覆う池や沼に棲み、翼角に角質の突起があるので「蓮角」と呼ぶらしいです。

アジア南東部では留鳥、中国南東部では夏鳥、日本には稀に渡来し、越冬した例もあるらしい。(「野鳥の名前」より)

この時期、茨城県でも渡来したらしく、鳥見さん達もかなり押し掛けたようですが、こんな近くで見られるとは夢にも思いませんでした。

例外なく、ここでも大フィーバーで、地元の人たちとのトラブルもあったようです。最近、こういう種類の話を良く聞くのですが、悲しいですね。
携帯やネットが発達している現在、ある程度やむを得ないと思うのですが、最低限のマナーは守りたいものです。

話が少し横に逸れましたが・・・・・・



如何ですか?いかにも南国の鳥のようで、首筋の金色と長い尾羽が目立ちます。

00398_edited1s

もう1枚、右向きです。

00462_edited1s

そして、10月には「アカエリヒレアシシギ(赤襟鰭足鷸)」です。

この鳥はブログにも多くの写真を載せましたが、羽を痛めていて、鳥見さん達が心配していたのですが、無事旅立ったようです。(A公園)

03340_edited1s

11月に入ってから、楽しませてくれたのが、「セイタカシギ(背高鷸)」「ツルシギ(鶴鷸)」でした。

ブログにもたくさん載せましたから、記憶に新しいですね。写真は2羽一緒に居るところです。(I沼)
残念ながらここのフィールドは、来年3月まで大工事中で、今は目新しい鳥さんは見当たりません。

4758_edited1s_2

これら以外のケアシノスリやウズラなどは、すでに掲載してますので、バックナンバーでご覧ください。

振り返ってみますと、、私が、今まで撮り終えたのが、今年の7種類を追加しても、やっと150種ほどです。(スズメなども含めて)
最近の鳥図鑑には約500種類ほどの種類が掲載されていますが、やっと30%に達しただけです。

もちろん、特定の地域にしかいない種類や、希少種などもいますので、私的には何とかこれから最低200種類までは撮ってみたいと思っています。

その為には、やはり、MFだけでは限界があり、今まであまり挑戦していないシギチ類や猛禽類を狙う必要がありそうですね。

出来るだけ早く200種に到達できるよう、頑張ってみます。

「来年からは少し鳥見行きを増やして遠征もしたいなあ!」なんて思ってます。

とは云うものの、毎年顔を見せてくれる常連さんを撮り貯めて、いろいろな表情を残していくのも面白いので、やはりこの世界、奥は深いです。

以上、突然の番外編でした。

 

|

« アリスイ(蟻吸) | トップページ | ハジロカイツブリとマヒワ(30S試し撮り) »

」カテゴリの記事

コメント

今まで撮れた鳥は150種ですか、私は未だ110種余りです。もっとも見沼田圃に拘っているためでもあるのですが。
レンカクは来た初日に出会って一応写真を撮ったのですが、こんなに鮮明な写真は撮れませんでした。

投稿: key | 2010年12月10日 (金) 16時05分

こんにちは。
レンカクと言う鳥を見せて頂きビックリ 美しいですね!

150種も撮られたとのこと凄いですね、200種到達頑張って下さい。
いつも 丁寧な ご説明と美しい写真
楽しみにしています。

投稿: yae | 2010年12月10日 (金) 17時27分

keyさん、こんばんは!
同じフィールドで110種類と云うのもすごいですね。
これからは、新しい種類を増やすこともそうなんですが、ちょっと面白そうなシーンも撮りたいと思ってます。

投稿: ソングバード | 2010年12月10日 (金) 21時34分

yaeさん、こんばんは!
いつも有難うございます。
レンカクは、私も初めての鳥さんです。こんな鳥を日本で見られるとは思いませんよね。
200種類までは、早く到達したいですね。

投稿: ソングバード | 2010年12月10日 (金) 21時39分

レンカクって、ホント綺麗な鳥ですね、日本に来るような、鳥じゃないようです??

サンコウチョウも、こちらでは見る事の出来ない鳥なので、羨ましいです。

投稿: てっちゃん | 2010年12月11日 (土) 00時36分

てっちゃん、おはようございます。
そうですよね。
レンカクもサンコウチョウも、ちょっと変わった風貌で、日本の鳥らしくないですね。

投稿: ソングバード | 2010年12月11日 (土) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/37968726

この記事へのトラックバック一覧です: 今年を振り返る(今年初めて出会った鳥):

« アリスイ(蟻吸) | トップページ | ハジロカイツブリとマヒワ(30S試し撮り) »