« 散策 | トップページ | カンムリカイツブリ(冠鳰) »

2010年11月 9日 (火)

ジョウビタキとアオゲラ

11月8日(月)、曇りのち晴れ

今日は、自宅を早めに出て、ほぼ1年ぶりのK公園に向かいます。

ここのポイントはやはり冬鳥でしょうか?

着いた早々、早速ジョビ男君が出迎えてくれます。

Dsc06124s_2 いつものヒッヒッ、カッカッの地鳴きではなく、比較的高いところで囀っています。

非常に甲高い良く通る声の鳴き方ですが、初めて聞きました。

日本では繁殖しないようですから、この声を「さえずり」と言ってよいのか分かりませんが、「地鳴き」とは明らかに異なる鳴き方です。

縄張り宣言の鳴き方でしょうか??

秋に訪れる代表的な冬鳥ですが、モンゴルや中国北部などで繁殖し、日本では、冬鳥として、ほぼ全国に飛来します。

大きさはスズメほどです。

ジョウビタキ(上鶲、常鶲、尉鶲)

「秋に常に来るヒタキ」から「常鶲」、白髪が生えたようなオスの頭から、「老人」の意味の「尉」を使って「尉鶲」とも書く。

「上鶲」は「他のヒタキより上等に鶲」の意味らしい。(山と渓谷社「野鳥の名前」より)

私は、白髪頭の姿形から、「尉鶲」の字を当てるのが一番相応しいように思います。

地鳴きは、ヒタキ類特有の火打石を打つ音に似た「ヒッヒッ、カッカッ」と、特徴があり、近くに居るとすぐに分かります。

下の写真、口を開けて大きな声を出してるのが良く分かります。「地鳴き」の鳴き方ではないような…・

Dsc06131s

次の写真は枝かぶりですが、伸びをしたところです。羽が透けてきれいですね。

Dsc06145s Dsc06137s











池には、マガモが居ますが、ここには毎年来てるようです。(このマガモ、少し怖い顔をしてますね!)

コガモの雌とオナガガモも居ます。

Dsc06166s

途中、ルリビタキを探しながら、さらに奥に進みますが、ルリビタキの姿は見えません。

やはり、まだ少し早かったようです。

ここのジョウビタキは、人に慣れて、毎年至近距離で撮らせてくれるのですが、さすが、シーズン初めは、神経質になってるようです。

途中、何度か雄も雌も遭遇するのですが、すぐに枯れ葦の中に紛れてしまいます。

毎年楽しませてくれるベニマシコやアリスイも気配なしです。カケスの声が聞こえます。

林の中にアオゲラが2羽います。多分雄と雌だと思うのですが、小枝の間から辛うじて撮れます。(もう1羽は。木の幹の反対側で撮れません)

Dsc06219s

オオタカの声が盛んに聞こえますが、姿を見たのは1度だけ。2羽が林の上を飛んでます。

上空ではノスリにハヤブサが突っかかってます。初めて見ました。

モズも元気ですが、アオジやホオジロの数が非常に多いのに驚かされます。

帰り間際に、面白いジョビ男君とジョビ子さんに出会いました。

ジョビ男君が、かなり高い木のてっぺんで囀ってます。まるでモズやホオジロのようです。

こんな光景は初めて見ましたが、やはり縄張り宣言のようです。

Dsc06340s

最後に出会ったジョビ子さんは、人懐っこく、歩く先々の枝に止まって、こちらが追い付くまで待ってるような仕草です。(目がクリッとした美人ですよ!!)

Dsc06354s

甲高い声で鳴きます。雌もこんなに大きな声とは・・・・・

Dsc06344s

結局お昼ごろまで長居してしまいました。

今度来るときはルリビタキやベニマシコも期待できそうです。

最後に、参考までに、モズの高枝止まりを・・・・・(A公園のメタセコイヤのてっぺんです)

ジョビ男君の高枝止まりもこんな感じでした。

青空をバックに、デジスコのテレ端で撮ったものです。

Dsc06111s   

今回は、やっと冬鳥らしい写真を載せることが出来ました。

*写真をクリッククリックしてください。大きくなります。

|

« 散策 | トップページ | カンムリカイツブリ(冠鳰) »

」カテゴリの記事

コメント

ジョウビタキ、羨ましいですね、僕はまだ見た事ありません、もちろんアオゲラも・・・

こちらには、似たヤマゲラがいますが、お腹の縞模様が、ありません。

モズのバックの青空は、色が濃いですね~

投稿: てっちゃん | 2010年11月10日 (水) 02時02分

てっちゃん、今晩は。
こちらは、このところ快晴の日が続いてます。すがすがしい気分です。
ジョウビタキやアオゲラっていないのですか?知りませんでした。
しかし、そちらではそれにも増して、いろいろな種類の鳥さんが居るではありませんか!

投稿: ソングバード | 2010年11月10日 (水) 19時47分

こんにちは。
ジョウビタキは人懐っこいですね。
こちらではまだそれほどでもないのですが、
今年の春先に、オスでしたがカメラを向けると近くにやってきて、
ソングバードさんと同じように、少し歩くと先回りして留まって
こちらが近づくのを何度も待つようなことがありました。

投稿: おかりん | 2010年11月11日 (木) 12時46分

おかりんさん、今晩は。
ジョウビタキは愛嬌者で、面白いですね。
冬鳥の中では、一番早く渡来するので、初めのうちは騒がれるのですが、ほかの冬鳥が現れ始めると、あまり話題にならなくなるのはかわいそうな気がします。
その分、個体数が多いと云うことなんでしょうけど・・・・

投稿: ソングバード | 2010年11月11日 (木) 21時39分

ジョビ雄を綺麗に撮れましたね。小生は2度チャレンジして未だちゃんと撮れていません。
またジョウビタキの地鳴きは別として、囀りを聞いたことがありません。良い声のようで羨ましいですね。

投稿: key | 2010年11月12日 (金) 16時13分

keyさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
何事もタイミングのようですね。
高く大きな声は、縄張り宣言の声らしく、シーズンの初めだけなのでしょうか?

投稿: ソングバード | 2010年11月12日 (金) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/37585363

この記事へのトラックバック一覧です: ジョウビタキとアオゲラ:

« 散策 | トップページ | カンムリカイツブリ(冠鳰) »