« ノビタキ続編 | トップページ | セイタカシギのポーズ »

2010年10月19日 (火)

ツルシギ初撮り

10月18日(月)午後、セイタカシギがいる池へ・・・・・

セイタカシギをじっくり観察してみると、実に個性がありユニークなポーズを見せてくれます。

セイタカシギがいつまで居るかわからない為、今のうちにいろいろなポーズの写真を撮っておこうと思い立ち、いつもの池に出かけてみました。

すると、見慣れないシギがいます。足とくちばしの根元が赤いので「アカアシシギ」か?

うまい具合にセイタカシギと並んでます。

4758_edited1s

しかし、なんだか違うようです。嘴が長く見えます。

HAさんにもアドバイスを頂き、嘴と顔(頭部)の比率など検討した結果、「ツルシギ」のようです。(HAさん、有難うございました。)

4777_edited1s 左の写真は「アオアシシギ」と並んだところです。

「ツルシギ」(鶴鷸)

鶴のような体形の鷸。水田に映る姿から田鶴(田に立つ鶴)を連想して「鶴鷸」となったのではないかと云われている。(山と渓谷社「野鳥の名前」)

ユーラシア大陸北部で繁殖し、ヨーロッパ南部・アフリカ・インド・東南アジアで越冬する旅鳥。

日本には、旅の途中、春と秋に飛来するが、春の方が多く見られ、秋は少ないらしい。

と云うことは・・・・・・・南へ渡る地中に立ち寄ったみたいですね。

夏羽は全身が黒く、田植えを済ましたばかりの水田に群れで入って採食したり、休んだりしている情景は美しいそうで、是非、見てみたいものです。

04788_edited1s

アオアシシギと並んでると、なんだか仲間同士見たいです。アオアシシギの嘴は反ってますから対照的です。

アオアシシギの単独写真もどうぞ!!

04515_edited1s

「アオアシシギ」(青足鷸)は文字通り、「脚の青いシギ」と云う意味です。

アオアシシギも同じように旅鳥で、春と秋に日本に飛来します。こちらの方がポピュラーなのは、やはり個体数が多いのでしょうか。

そんな訳で、今回は「ツルシギ」を載せましたが、もし、名前が間違っていたらご容赦願います。

「アカアシシギ」と並べて比較できれば確実なのですが、何せシギチ類は判断が難しい鳥さんの一つなんです。

指摘いただければ、記事も修正する予定です。

結局、この日確認できたのは、ダイサギ・チュウサギ・コサギ・アオサギ・カワウ・コチドリ・ハクセキレイ・イソシギ・コガモ(雌)・ハシビロガモ(雌)・セイタカシギ・アオアシシギ・カイツブリ・カワセミ・ツルシギなどですが、アオサギは20羽以上いました。

*次回は「セイタカシギ」のおどけた姿も掲載します。

*写真をクリックすると大きくなります。

|

« ノビタキ続編 | トップページ | セイタカシギのポーズ »

」カテゴリの記事

コメント

ツルシギとは珍しいですね。当然私は未だ見たことがありません。
此処は色んなシギチの見られる場所のようですね。

投稿: key | 2010年10月20日 (水) 09時05分

ここでいろんなシギチが見られるかどうか分かりませんが、今年は期待してます。
例年、ここでは、イソシギやアオアシシギ程度だったのですが、今年は偶然珍しいシギが入ったようです。
このまま、いろいろなシギチが入ってくれればよいのですが・・・・

投稿: ソングバード | 2010年10月20日 (水) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/37299430

この記事へのトラックバック一覧です: ツルシギ初撮り:

« ノビタキ続編 | トップページ | セイタカシギのポーズ »