« ツルシギ初撮り | トップページ | セイタカシギの飛翔 »

2010年10月21日 (木)

セイタカシギのポーズ

以前、カワセミのコーナーでも触れましたが、鳥撮りを始めたころは出来るだけ大きく撮りたくて、デジスコの接眼レンズも倍率の高いものを揃えたり、テレ端で撮ったり、結果的に失敗の連続でした。

最近は、遠くても背景のいいものを撮ろうと心掛けてますが、なかなか上手くいきませんね。

又、ゆっくり時間をかけて撮れる鳥さんは、いろいろな仕草が面白いので、敢えて枚数を多く撮るようにしてます。

今回は、比較的近くで観察できる環境だったので、セイタカシギのいろいろな仕草を中心に撮ってみました。

左の写真は、夕日に染まって少し赤くなってますが、一本足で器用に立ってます。

keyさんはこの長い足を折って寝ているところを観察されたそうで、その姿を想像するだけでおかしくなります。

この2枚は遠景なんですが、私のお気に入りです。

Dsc04031s 04590_edited1s












次の写真は、羽繕いをしているところです。特に右のポーズが面白いのですが、いずれの写真も気持ちよさそうにまぶたを閉じてます。

04669_edited1s 04702_edited1s












左の写真は、水浴びをしているところですが、他の鳥のように羽をバタバタさせず、静かに体を水に潜らせるだけです。

Dsc04645s Dsc04664s













この羽繕いは、実に入念に時間をかけてやりますね。それだけ大事な作業なのでしょう。

大きなアクビもしますよ。

Dsc04043s

餌を捕るときは、泥の中を突っつきながら歩くのですが、水があるところでは・・・・

04599_edited1s

背中が良く見えます。右の写真は、特に仲良しの仲間らしく、いつも一緒です。ちょっと首をかしげてかわいいです。

Img_6577s04455_edited1s_2 


















最後の写真は、敢えてトリミングで大きくしてみました。画質は荒れてますが、どうですか?かわいい愛嬌のある顔ですね。

6584s
如何ですか?まだまだあるのですが、今回はこの辺で・・・・

次回は、優雅な飛翔です。



 

|

« ツルシギ初撮り | トップページ | セイタカシギの飛翔 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/37333905

この記事へのトラックバック一覧です: セイタカシギのポーズ:

« ツルシギ初撮り | トップページ | セイタカシギの飛翔 »