« 京都プチ旅行(2) | トップページ | セイタカシギ »

2010年10月13日 (水)

ノビタキ君は食欲旺盛

京都プチ旅行を、ちょっと中断して、息抜きに、鳥情報です。

10月12日、午後から晴れ間が見えてきたので、いつものMFに出かけてみました。

ノビタキが居ることを予想していたのですが、どうせ居ても遠いだろうと、デジイチを持っていかなかったのが大失敗でした。

現地に着くなり、ノビタキが2羽います。セイタカアワダチソウにでも来てくれないかと期待しながら、近くに待機します。

03734s

あまり人を恐れないのか、いつの間にか、そばの草の茎に止まり、いきなりバッタを捕まえ、パクリ!!!

あまりの早技に見とれ、写真を撮り損ねます。

03804s 04004s












日差しが予想以上に強く、太陽がジリジリ照りつけます。

ノビタキも、さすがに口を開け、まるで犬のようです。

合計5羽ほどが100メートルほどの範囲を行き来しているようですが、セイタカアワダチソウの花には、なかなか止まってくれません。

そんな間に、ご夫婦の鳥見人さんも含めて3人増えますが、ノビ君(?)は定期的に顔を見せてくれます。

突然、すぐ後ろの草の茎に止まったとたん、トンボを捕ったようです。

すぐデジスコを振りますが・・・・・・・・・・・・ギョッ!近すぎます!!

ワイド側でギリギリです。デジイチを持ってこなかったことが悔やまれます。

03909s 03911s












獲物が大きすぎて、しばらく悪戦苦闘していましたが(一度は獲物を落として、再度くわえ直してます)、ついにパクリ!!

03932s

それにしても、デジスコでは大きすぎました。(いずれもノートリです)

もう少し背景を入れたかったのですが・・・・

もう1枚追加です。こんな大きな獲物でも呑みこめるんです。

Dsc03898s

気がつくと、鳥見人さんがさらに3人ほど増えて、にぎやかになってきたので、今日はここで退散です。

遠くのノビタキもどうぞ。

03870s_3

 


*画像をクリックすると大きくなります。

*コメントは、記事下段の(コメント)をクリックしてください。

*サイドバーの「マイ・フォト」には、個別の写真を掲載してます。

*「ソングバードのリンク」は、お勧めのブログです。

|

« 京都プチ旅行(2) | トップページ | セイタカシギ »

」カテゴリの記事

コメント

ノビタキはトンボも食べるうんですね。驚きました。

投稿: key | 2010年10月13日 (水) 19時08分

keyさん、こんばんは。
そうなんです。私も初めて見ました。
ここのノビ君は大物食いのようで、バッタも頬張ってました。

投稿: ソングバード | 2010年10月13日 (水) 20時26分

ソングバードさん、こんばんは!

ノビタキがアキアカネ?を食べるシーンは、素晴らしいですね、モンキチョウを食べているところは、撮った事ありますが、トンボは見た事ありません。

確かにデジスコで、アップ過ぎかもしれませんが、このほうが迫力あるかも知れません?

投稿: てっちゃん | 2010年10月14日 (木) 03時11分

そう言えば、セミを捕まえたところも、撮った事ありましたが、あの時は獲物が大きすぎたのか、下に落としていました。。

投稿: てっちゃん | 2010年10月14日 (木) 03時13分

てっちゃん、おはようございます。
そうですか、セミも捕るんですかあ~。
あとさき、あまり考えずに飛びつくんでしょうね。

投稿: ソングバード | 2010年10月14日 (木) 05時59分

よく丸呑みできますね。びっくり。
先日、ヒヨドリがトンボを食べようとしてるのを目撃しましたが、なかなか飲み込めずに苦労していましたよ。
とうとう私が見ている間には呑み込めませんでした。

食事シーンは近すぎるとは思いませんでしたよ。
よくデジスコで間に合いましたね~

投稿: やまちゃん | 2010年10月14日 (木) 09時55分

やまちゃん、こんにちは。
私も、ヒヨドリは見たことがあります。
トンボを飲み込むのに、時間がかかったので、撮れたのだと思います。
比較的、余裕がありましたから…
でも、やはりデジイチの方が楽ですね。

投稿: ソングバード | 2010年10月14日 (木) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/37204359

この記事へのトラックバック一覧です: ノビタキ君は食欲旺盛:

« 京都プチ旅行(2) | トップページ | セイタカシギ »