« カワセミ物語(2)飛び込み | トップページ | キビタキも »

2010年9月12日 (日)

コサメビタキとフリスビードッグ

9月12日、今日は久しぶりに、早朝からA公園K森へ行ってみました。午前6時過ぎから2時間。

コサメビタキやムシクイ類が入ってると聞いていたのですが、聞こえるのはシジュウカラとモズ・コゲラの声のみ。モズも久しぶりですが、姿は見えません。

少し離れたところでは、ガビチョウが大きな声で囀っています。

少しやぶの中に入ると、猛烈な蚊の襲来で、あわてて飛びだします。

まずは、今日の収穫のコサメビタキ(小鮫鶲)です。春や秋の渡りの時期に、この公園にも姿を見せます。

Dsc01984s ヒタキの仲間で、スズメより小さい、目がクリッとしたかわいい鳥です。

雄も雌も同じ色をしてますが、白いアイリングが特徴です。

サメビタキとよく似ていて、間違えることが多いです。(目先の色で見分けることが出来ますが、森の中では、判断し難いです。)

見晴らしのいい木の枝で、飛んでる昆虫をフライングキャッチして捕え、又枝に戻るヒタキ類の特徴を見ることが出来ます。

この枝の横にはコムクドリも居ましたが、撮り損ねました。


Dsc01920s Dsc01955s












虫(毛虫?)を捕まえてます。何度か振り回しながら、食べてしまいました。

Dsc01925s

次はガビチョウです。台湾や中国南部などに分布している鳥ですが、外来種で、1980年代から各地で、野生化し、繁殖しています。誰かが放鳥したのか、飼われていたのが逃げ出したのでしょう。大きな声で囀るので、すぐに分かります。(クロツグミの声に似てます)

Dsc01867s

コサメビタキを撮ってる隣の広場では、ワンちゃんが「フリスビードッグ」の練習中です。ちょっとお断りをして、写真を撮らせてもらいました。

すごいスピードで、フリスビーを追いかけます。大会に出る準備をされてるようですが、ワンちゃんもすごい迫力でした。大会頑張ってほしいですね。

Img_4902s

|

« カワセミ物語(2)飛び込み | トップページ | キビタキも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/36693104

この記事へのトラックバック一覧です: コサメビタキとフリスビードッグ:

« カワセミ物語(2)飛び込み | トップページ | キビタキも »