« カワセミ物語(1) | トップページ | コサメビタキとフリスビードッグ »

2010年9月10日 (金)

カワセミ物語(2)飛び込み

今回は、カワセミの飛び込みシーンです。

Img_0893s カワセミが魚を捕るシーンは、だれもが「一度は撮ってみたい!」写真の一つではないでしょうか。

ところが、これが結構大変で、根気と忍耐・タイミングは当然ながら、写真の腕前、カメラとレンズの性能にかなり左右されるようです。

ましてや自然の状態で、撮るには、カワセミの生態や餌場・そのカワセミの癖を熟知しておかないと、なかなか偶然で撮れるものではないと最近、特に感じます。(ラッキーチャンスは別ですが・・・)

一番、撮りやすいのは「お立ち台」から飛び込んでくれる場面。
カワセミ君は、枝や竿などを立ててやると、そこに止まる習性があるようで、この写真などは典型的ですね。

しかしこのような写真は、自然ではありませんし、みんな同じような写真になってしまします。

次の写真は、お立ち台から飛び込んだところを撮ったものですが、左の写真は、見事にファインダーからずれてます。(水しぶきがきれいので載せてみました)

右の写真は、連続写真ですが、残念ながら顔が見えません。いつも、こんなものですね。(笑)

Img_1595s Img_1596s











次は、小魚をくわえて、飛んでいるところを狙ったものです。(左の写真)距離があれば狙えますね。

右の写真は、ホバリングから飛び込んで、上がってきたところですが、背景が悪いですね。

Img_4566s








Img_0571s_2






次は、水浴びのシーンです。

良く見て下さい。餌を捕るときの飛び込みと少し違うのが分かりますか?

4663s 4654s








水面で、僅かですが、留まってます。こういうときは、同じ場所から、何度も飛び込んでくれますから、結構撮りやすいんです。

4691s4692s_2










このように、いろいろ楽しませてくれるカワセミ君ですが(カワセミ物語(1)でも触れたように)、結構、環境適応力が強く、悪臭がしそうなドブ川でも見ることが出来ます。

次の写真がそうですが、かえって、きれいに見えますね。

Img_5130s

最近は、温暖化の影響でしょうか、一説では、カワセミの最近の年間産卵回数は3~4回で、今までより増えてるそうです。
その分、寿命が短くなっているようですが、本当のところはどうでしょうか???

他にも写真はたくさんあるのですが、、改めてマイ・フォト「カワセミ」に掲載していきます。

次回は「ドアップ写真」の予定です。

*画像をクリックすると、大きくなります。

|

« カワセミ物語(1) | トップページ | コサメビタキとフリスビードッグ »

カワセミ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

9月18日(土)柏のフォトスリー・柏かわせみの会第13回展を見てきました。川を整理・清掃し環境整備の上、かわせみを撮り続けて居られる団体です。以前は、餌採り、求愛、子育て等が多かったのですが、今回はやや背景を考慮して、鳥以外とのバランスを配慮した絵柄が増えた様に思いました。最近は、鳥だけでは会員が集まり難いとかで、花、風景を加えてフォトスリーと名付けられた様です。全紙サイズですが、皆さんシャープなピントでした。経験者によりますと、鳥はデジタルに最適な被写体だそうです。
Song Birdさんの9月度作品はすごいピントで、綺麗な露出ですね。この猛暑の中、良く出掛けて居られますね。体を大切に!
私は、同窓会x2、父母の墓参を兼ねて、9月12日~15日京都へ行き、京都御所を見て来ました。蒸し暑く、参りました。

投稿: SPAT | 2010年9月21日 (火) 23時02分

SPATさん、おはようございます。
そうなんです。鳥の写真は、一瞬のシーンを逃さないよう、連写を多用することが多く、デジタルに向いてるのかもしれません。
夏の盛りの時期は、鳥枯れで、花や虫や風景を撮りに行くことが多いですね。(秋・冬・春が最盛期です)
私も、SPATさんのような写真を撮れるよう努力してますが、やはり感性の違いは感じますね。

また、京都の写真楽しみにしてます。
私も、10月に、京都へ行く予定ですが、「墓参り」も兼ねてますので、写真が撮れるかどうか???

投稿: ソングバード | 2010年9月22日 (水) 05時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/36650452

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミ物語(2)飛び込み:

« カワセミ物語(1) | トップページ | コサメビタキとフリスビードッグ »