« 暑い中でヨシゴイ(葦五位) | トップページ | 鳥さんの子育てシリーズ1(ツバメ) »

2010年7月21日 (水)

原市の古代ハス

7月4日と6日、今年も原市の「古代ハス」を撮りに出かけてみました。

一昨年、会社のOB会の写真部主催で初めて訪れて、今年で3回目です。

さいたま市に住みながらこんな近くに「古代ハス」が楽しめる場所があるとは全く知らなかった。

地元の方たちがボランティアで維持されていて無料なのも嬉しい。

今年はいつもより早いのか、すでに満開状態でした。

持参のレンズは100ミリマクロと70-200ミリの2本。

いずれの日も雨が降った翌日の早朝ですが、こんな時は近場のポイントであることは楽で嬉しいものです。

まずは、得意の飛びもの写真です。

ミツバチが蜜を求めて群がってます。

このような写真を撮ると、シャッタースピードは?とよく聞かれますが、1/500です。

S

次は古代ハスです。

埼玉では行田の古代ハスですが、最近は古代ハスブームなのか、いろいろな場所で見られます。

S_2

S_3

S_4

ちょっと変わった雰囲気で…

S_5

ハスの葉の上の水玉が、コロコロして、まるでビー玉のようです。

そういえば、小さい頃(そのころは大阪の守口市に住んでいたのですが…)、近くにハス畑が多く、ハスの花を傘代わりにして遊んだり、ハスの実を食べたのを思い出します。

Jpgs

最後に、セスジイトトンボ(?)とハスです。

イトトンボの名前は定かではありません。間違っていたら教えてください。

S_6

勤めていたころの先輩がブログで、「行田の古代ハス」へ行かれたことを書いておられる。

それに感化されたわけではないが、来年は行田に行ってみようと思います。

先輩のブログ紹介します。(遍理(Henry)机草子)

http://d.hatena.ne.jp/henrymiura/

なかなかウンチクのあるブログで、ちょっと硬いですが、見聞が広がります。

たくさんの(?)妙齢さんたちとの交流もあり、是非どうぞ!!

|

« 暑い中でヨシゴイ(葦五位) | トップページ | 鳥さんの子育てシリーズ1(ツバメ) »

」カテゴリの記事

コメント

3年前までは、原市、行田の古代ハスへ毎年通っていましたが、野鳥撮影をはじめてから行ってません。来年は行って見ようと思います。またこのハスが刈取られる前に行ったことがあるのですが、水面に映る朽ち果てた古代ハスの幾何学模様も絵になりますね。季節の移り変わりを草花で感じるのが一番、身近かもしれません。

投稿: 見沼のケンケン | 2010年7月23日 (金) 05時55分

コメントありがとうございます。
そうなんです。
ハス畑は、年中、写真の対象になるようですね。
以前、「行田のハスの1年」を写真に収め、個展をやられた方がおられました。

投稿: ソングバード | 2010年7月23日 (金) 11時42分

ブログも力が入ってきましたね。さすがSongbirdさんの写真素晴らしいですね。私のブログも紹介いただき恐縮です。

投稿: henrymiura | 2010年7月27日 (火) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391983/35832542

この記事へのトラックバック一覧です: 原市の古代ハス:

» 古代ハス大輪堂々 [ローカルニュースの旅]
宮城県名取市のサッポロビール仙台工場にある庭園「ビオトープ園」で、古代ハスの花が見ごろを迎えている。開花は8月下旬ごろまで。ビオトープ園の開園は午前6時〜午後6時、入場無料。 [続きを読む]

受信: 2010年8月17日 (火) 20時14分

« 暑い中でヨシゴイ(葦五位) | トップページ | 鳥さんの子育てシリーズ1(ツバメ) »