トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

鳥さんの子育てシリーズ3(ツミ)雀鷹

猛暑がぶり返してきましたが、お互いに体調を崩さないよう気をつけましょうね。

さて、いよいよこのシリーズ第3弾です。

ほとんどの鳥さんたちは、すでに子育てを終えつつあるシーズンになりましたが、今回はこのシリーズ最終回です。

ツミ(雀鷹)ってタカをご存知でしょうか?

良く写真を撮ってると、近所の方に聞かれます。
「あの鷹は何ですか?」・・・「ツミですよ!」・・・「ツミですか?」「ツミって何ですか?」

それほど、あまり一般には知られてないタカの仲間ですが、関東地方では夏鳥として、昔から親しまれ、最近では、公園や神社など、人目に付くところに営巣してるんです。

S 左の写真は、今年、近くの神社で撮ったものですが、良く見てください。
雄の若鳥です。虹彩が赤く、腹部の模様がまだハート型なのが分かりますか?
雌の虹彩は淡黄色で雄より体は一回り大きいです。
又、成鳥になると、腹部の模様が縞模様で、もっとはっきりしてきます。

山と渓谷社「野鳥の名前」によると・・・
日本では最小のタカの仲間で、昔から雌を「ツミ」、雄は「エッサイ」(悦哉)とも呼ばれる。
悦哉の悦の意味は「喜んで従う」であり鷹狩用のタカとして、「飼いやすく、仕込みやすい鷹」の意かもしれない。
ツミの漢字名についている雀は「小さい」という意味と「小鳥を狩る」の意・・・
とある。

昨年は、町の児童公園やMFのA公園で営巣したため、雛の育ち具合など、たっぷり観察できたが、今年は、まったく姿を見ることが出来ませんでした。

ところが、今年6月頃、ある神社で偶然カラスが盛んにツミにモビング(疑似攻撃)してるところを見つけ、観察してみると、近くに営巣している様子。

7月1日、久しぶりに訪れてみると、かなり大きくなったヒナが2羽確認できたが、どうも3羽いるようである。
巣立ちまで、あと1週間ぐらいか?・・・・楽しみである。

その後、7月8日と11日に訪れてみたが・・・下の写真を見てください。

左の写真が8日で、右の写真が11日ですが、多分同じヒナだと思います。
左の写真は、まだ巣から出たばかりで、どことなく、オドオドしてますが、11日の写真では、すでに、鷹の風格が出てきてますね。

わずか3日で、これだけ成長するのですね。

78s 11s

次の写真も11日撮影したものです。

11日には、巣の中に1羽、巣の横に1羽、少し離れた木に1羽、合計3羽が巣立ったようです。どういう訳か、すべて雌のようです。

711s

雛が巣の回りで羽ばたきの練習をしていても、近くの木には若いお父さんが…

S_2

写真を撮っていると、近所のお年寄りが数人集まってこられ、「ここは、かなり前から毎年タカがいるのですよ!!」との事。

毎年、まわりに騒がれることなく、ツミが自然に人の生活に溶け込んでいる様子で、嬉しくなってきます。いつまでもこの環境が保たれればよいのですが…

最後に・・・・・昨年7月に撮った写真ですが、ツミの雄が雌の為に餌を捕ってきてえさを渡す場面です。(オスが戻ってきたとき、メスは巣で抱卵中?)見てください。

まず、雄が餌を捕ってきます。(ムクドリでしょうか)

S

次に、雌を呼んでます。(虹彩は赤色です)

S_2

雌が、雄の所へ飛んできます。(手前が雌です)

S_3

雌が、餌をゲット。(虹彩が淡黄色です)

S_4

如何でしょうか。いくら小さくとも、やはり猛禽類ですね。迫力があります。

[追伸]

Iさんから、燕の子育て最新情報です。(7月28日)
あっという間に大きくなってますねえ!!

Photo    2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

江戸東京博物館「大昆虫博」

27日は、月1回の写真部の定例会です。

今回は熱中症などで、体調を崩したメンバーもいて、欠席者が多く、出席者は13名ほど。

一人3枚ずつ持ち寄った写真を、みんなでワイワイガヤガヤと評価しあうのだが、それぞれの主張があり、これがまた楽しい。
セミプロ級の人もいるが、小生を含めて、大半が素人のレベルだから、余計楽しいのかもしれない。

この会に参加して、2年少しになるが、振り返ってみると、写真に対する考えが少し変わってきたように思う。
今までは、鳥や花を中心に撮ってきたが、この会に参加してからは、虫や風景・スナップまで手を出すようになり、幅が広がってきたようだ。(いまだにスナップ写真は苦手ですが…)

みんなで昼食をした後、ふと思い付き、江戸東京博物館の「大昆虫博」へ行ってみました。

大江戸線[両国]駅からすぐにある江戸東京博物館。
初めて見たが、結構大きな建物で、たっぷり空間が取ってあり、近代的な建物である。
平日のせいか、人はまばらで、「大昆虫博」周辺だけが、小中学生でにぎわっているだけ。
一時期云われた典型的な「無駄の象徴」の感がする。

JR[両国]駅側からみた江戸東京博物館です。隣には「国技館」があります。

S

「大昆虫博」の入り口は小中学生やその父兄の人たちでにぎわっていたが、入口にはいきなり大きなバッタのオブジェがあり、驚かされる。

S_2

これは期待できるかも?と入場料1300円を支払って会場の中へ…

S_3 中は9つのゾーンで出来ており、昆虫の展示だけでなく、[日本の四季と虫]や[虫シアター][虫と遊んで学ぼう][昆虫ラボ]などがあり楽しませてくれそうです。

又、虫オヤジで有名な養老孟司氏・奥本大三郎氏・池田清彦氏などがナビゲートするコーナーもある。

中に入るなり、原色鮮やかなチョウなどが展示され、結構迫力があるが、外国種が多い。

さらに進むと、蝶だけでなく、甲虫類も多く展示されていて、標本の状態が非常に良いため、迫力がある。
小学生などにはやはり甲虫が一番人気らしく、にぎわっていた。

蝶をはじめ、日本種の昆虫の展示が予想外に少なく、ガッカリ!
やはり、地味で小さい種類が多いため、展示映えしないのでしょうかね。

S_4

こんな昆虫が展示されてます。

S_5 

大好きなギフチョウです。

S_6

中にも大きなオブジェがありました。

S_7

その他、昆虫ロボットなどわずかな展示がありましたが、大したことはなく、とってつけたような展示内容でした。

ちょっと面白かったのは、「東京の虫たち」のゾーンで、やくみつる氏が作った番付表。
全部読めるでしょうか?頭の体操です。(画像をクリックし、大きくして楽しんでください。)

Img_0396s

東京の昆虫たちの増減表を、相撲番付風に書かれたものですが、正解は、下の写真を見てください。

Img_0398s Img_0397s

                                                           

一回り見学してみましたが、今回の見学を独断と偏見で評価すると…

どうも、1300円の入場料の価値はなさそうです。

もちろん、きれいなチョウや大きなクワガタ・カブトムシが多く展示されてるものの、大半が外国種の昆虫であり、身近な昆虫はほとんどありません。
(派手で綺麗な昆虫はほとんど外国種だから、ある程度は仕方ありませんが・・・)

他のコーナーは残念ながら、昆虫マニアにはとても満足の出来る出来栄えではありませんでした。

ソングバードとしては、今のところ、鳥さんの方が興味があるが、写真のテーマを増やすには、昆虫にも興味を持つことが必要かな?

ちょっと話は脱線しますが…

昆虫の種類は、地球上に約100万種類が確認され、さらに毎年数千種以上の新種が発見され続ける可能性があり、総数は500万種類がいると云われているそうです。

当然、人類が滅びても、昆虫類は悠然と生き残るに違いありません。

又、昆虫だけではないのですが、最近は、あらゆる生物分野で外来種がはびこってきてる、と思いませんか?
この時代、ある程度はやむを得ないと思いますが、「日本の固有種、がんばれ!!」と声援を送りたいと思います。

1時間ほどして外に出てみると・・・・暑い!!

帰りはJR[両国]駅に出て帰りましたが、ホームから、今話題の「スカイツリー」です。

S_8 S_9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

鳥さんの子育てシリーズ2(アオバズク)

毎日暑い日が続きますね。

鳥枯れのこの時期は、トンボ撮りに出かけるのですが、さすがこの暑さでは、躊躇します。

そんな訳で、今回は子育てシリーズ第2弾「アオバズク」(青葉木兎)です。

アオバズクは各地の身近な公園や神社で観察され、この時期になるとブログなどの話題になることが多い猛禽類です。

S 日本ではほぼ全国に分布し、関東では夏鳥です。

ハトと同じぐらいか小さいぐらいの大きさです。

フクロウの種類でよくみられる、兎の耳のような羽角(ウカク)はありません。

虹彩は黄色で、ぎょろ目がかわいいですね。

他のフクロウ類と同じように夜行性で、小鳥や昆虫類を食べてますが、卵を抱くのはお母さん、お父さんは外で見張り役のようです。

左の写真は、昨年撮ったものですが、昼間は、巣の近くの枝でじっとしたままで、愛嬌もありません。(たまに目を開けます。)

雄と雌の区別がつきません!!

山と渓谷社の「野鳥の名前」によると、アオバズクという名前は、落葉樹の葉が芽生え、青葉若葉の季節に渡来するので「アオバズク」と命名されたらしい。

ズクはフクロウ類の一部を示す名称で「木兎」と書くらしい。

神社や公園などの木のホコラに営巣するため、人の目にも止まり、鳥撮り仲間だけでなく、散歩途中の人たちも和ませてくれる。

昨年は2か所で楽しませてくれたが、その内の一つは、ヒナが巣立った後、強風で木が倒れ、今年は別の場所を確保したようだ。

もう一か所は、残念ながら、巣がヘビに襲われ、巣を放棄してしまったらしい。
今年は、観察されていないようだ。やはり自然は厳しいものですね。

次の写真は、昨年育ったヒナですが、この巣の木は、すでに倒れてしまってありません。
雨が降ってきたらどうするのでしょうね。心配になります。

S

巣がヘビに襲われたと思われるアオバズクの親です。(昨年の写真です)
この写真を撮ったときには、巣の中には、まだ卵か小さなヒナがいたのでしょうね。
それにしても大きな目です。

S_2 

[今年も元気に巣立ちました。]

いつもの公園では、今年も元気に営巣し、3羽巣立ったようです。

巣の中から小さなヒナが顔を出してる写真もあるのですが、今回は見沼のケンケンさんが、巣立った直後の写真を撮られてますので、お借りしました。

見沼のケンケンさんも鳥撮り仲間ですが、雛の巣立ち直前から1週間、毎朝午前4時ごろから観察を続けられたそうです。(脱帽…)

暗くて、SSが上がらず、かなり苦労されたようです。

ご苦労された傑作写真をご覧ください。

まずは、巣立ったばかりの雛です。
巣から近くの枝に移動したばかりで、まだ不安そうな顔をしてますね。
1日おきに3羽のヒナが巣立ったようです。
しばらくの間は、近辺で狩りの練習でしょうか。

Photo

巣の近くでは、親がじっと見守ってます。

Photo_2

セミを捕ってきたようです。

Photo_3

子育てが終われば、南の方へ渡っていくのでしょうか。

追伸

見沼のケンケンさん、写真ありがとうございました。

巣が特定される写真は掲載を控えました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

鳥さんの子育てシリーズ1(ツバメ)

先日、鳥仲間のIさん宅に伺った折、玄関先にあるツバメの巣を見せてもらった。

毎年来るのだそうだ。

軒下のツバメの巣はよく見かけるが、こんなに近くで見たのは初めてである。

ヒナが孵って間もないそうで、親がエサを運んでるらしい。

その後、その写真を送ってもらったが、かわいいヒナが親からえさをもらっている。

まずはIさんから送っていただいた写真から…

Photo

Photo

夏が近づくといつの間にか町中を舞い、秋の気配がする頃、いつの間にかいなくなってるツバメですが、身近にいる夏鳥の割には、関心がない。
それだけ、人の生活の中に溶け込んでるということなのだろうか。

ちょうど、友人からも、もっと身近な鳥をアップしてほしいと要望があったため、今回はツバメ(燕)です。

S_7 S_8

山と渓谷社発行の「野鳥の名前」によると、古名は「つばくらめ」。

「つばくら」は鳴き声から、「め」は「群れ」を意味するそうです。

又土を集めて巣を作ることから、「土喰黒女」から転じたという説もあるらしい。

右の写真は、6月にたまたまカメラの連写の練習をしていた時に撮ったものだが、巣の材料のワラをくわえています。

土とワラを一緒に運びます。

S_10

下の写真は、池の平のペンションの前で撮ったものですが、土を口にくわえてます。

S_12

子育てが終わり、秋が近づくといつの間にか、南の空に旅立っていくのですね。

本来、子育て中のシーン(特に巣の写真)は、掲載すべきではないのですが、どこのでも見られるツバメの巣ですので、Iさんに了解を得て掲載してます。

Iさんには引き続き、経過をお聞きします。

何羽巣立っていくのでしょうか?楽しみです。

追伸

こうして記事を書いてる間にIさんから21日の様子が入りました。

わずか2~3日で、こんなに成長するのですね。

71

大きなハチをくわえてます。(スズメバチ?)

72_3

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

原市の古代ハス

7月4日と6日、今年も原市の「古代ハス」を撮りに出かけてみました。

一昨年、会社のOB会の写真部主催で初めて訪れて、今年で3回目です。

さいたま市に住みながらこんな近くに「古代ハス」が楽しめる場所があるとは全く知らなかった。

地元の方たちがボランティアで維持されていて無料なのも嬉しい。

今年はいつもより早いのか、すでに満開状態でした。

持参のレンズは100ミリマクロと70-200ミリの2本。

いずれの日も雨が降った翌日の早朝ですが、こんな時は近場のポイントであることは楽で嬉しいものです。

まずは、得意の飛びもの写真です。

ミツバチが蜜を求めて群がってます。

このような写真を撮ると、シャッタースピードは?とよく聞かれますが、1/500です。

S

次は古代ハスです。

埼玉では行田の古代ハスですが、最近は古代ハスブームなのか、いろいろな場所で見られます。

S_2

S_3

S_4

ちょっと変わった雰囲気で…

S_5

ハスの葉の上の水玉が、コロコロして、まるでビー玉のようです。

そういえば、小さい頃(そのころは大阪の守口市に住んでいたのですが…)、近くにハス畑が多く、ハスの花を傘代わりにして遊んだり、ハスの実を食べたのを思い出します。

Jpgs

最後に、セスジイトトンボ(?)とハスです。

イトトンボの名前は定かではありません。間違っていたら教えてください。

S_6

勤めていたころの先輩がブログで、「行田の古代ハス」へ行かれたことを書いておられる。

それに感化されたわけではないが、来年は行田に行ってみようと思います。

先輩のブログ紹介します。(遍理(Henry)机草子)

http://d.hatena.ne.jp/henrymiura/

なかなかウンチクのあるブログで、ちょっと硬いですが、見聞が広がります。

たくさんの(?)妙齢さんたちとの交流もあり、是非どうぞ!!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年7月19日 (月)

暑い中でヨシゴイ(葦五位)

  今日は朝からアマサギ求めて、Iさんととある調整池へ…

ここは毎年この時期が来るとヨシゴイで有名な調整池です。

今日は祭日のせいか、6時半ごろにはすでに15人以上のカメラの砲列です。

ヨシゴイはすでにハスの中、とりあえずデジスコをセットし、顔を出すのを待つが「とにかく暑い!!」(@Д@;

太陽を遮るものがありません。

目的のアマサギは「先週はいたようだが、最近は顔を出さない!」との事。

とにかく、ヨシゴイを待つが、やはり暑いです。

Sハスの間から現れたヨシゴイ、とりあえず証拠写真です。

ヨシゴイ(葦五位)

コウノトリ目サギ科の鳥で、オオヨシキリと同様、夏の風物詩です。

葦の茂みに潜んで、ゴイサギに似ているのでヨシゴイ。特徴はヘビのように首をのばして、ヨシに擬態する。

はじめてこの姿を見た人はびっくり!!

同じように体形で似ている「ゴイ」と呼ばれる種類に、サン

S_7

カノゴイ・ミゾゴイなどがいる。

(山と渓谷社「野鳥の名前」から引用)

今日はこのような写真を撮って退却です。

本当は、ハスの花をバックの写真を撮りたかったのですが…

ここにはカイツブリもいますが、去年のように雛は確認できませんでした。

やはり1週間ほど遅かったようです。

来年、また挑戦してみましょう。(´Д⊂グスン

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

久しぶりのトンボ撮り

今日は早朝から久しぶりに近くの公園でトンボ撮り!!
自宅から車で20分ほどの距離だが、MFの一つである。
6時ごろ到着すると、すでにカワセミ撮りさんが二人ほど…

そのお二人を横目で見ながら、今日は「ベニイトトンボ」探し。
いました!いました!
身体が赤く少し他のイトトンボより大きいので見つけやすいです。
(アジアイトトンボのメスも赤いらしく間違えやすいそうです)

それにしてもイトトンボ類は種類も多く名前が覚えられない。(年のせいかも!!)
ちょっと逆光で見難いですが…
S

とにかく、この公園の池周辺には、イトトンボ類のほか、チョウトンボ・コフキトンボ・ウチワヤンマ・ショウジョウトンボなど結構種類が多く、休みの日には、わんぱく坊主達でにぎわいます。
次はチョウトンボ
この時期、ハスの花の周りを飛び回ってます。
「ハスをバックにチョウトンボ」を狙ったのですが、ことごとく失敗(悲し!!)

S_5

次はアジアイトトンボ(?)です。
間違ってたら、誰か教えてください。
S_6

弱肉強食(?)
偶然撮ったものですが、小さなクモがしっかりチョウを捕まえてます。

S_7

ここで偶然H・Aさんにお会いする。
もともとデジスコを始めた時以来お世話になってるが、鳥談義の花が咲く。
デジスコのシステムをさらにパワーアップされたようで、うらやましい~。次回会った時に拝見したいものだ!!

話をしてる最中に、コアジサシが餌取りの為、盛んに池に飛び込む。
今年は、近くにコロニーがあるらしく、ここまでえさ取りに遠征してくるらしい。
お陰で、今年は飛び込みシーンがたっぷり撮りだめできた。
6~7月初旬に撮ったものですが…

S_8

S_9

S_10

そろそろ帰ろうとしていたら、今度はIさんに声をかけられる。
デジイチで、特に綺麗どころの鳥さんばかり追いかけておられるが、良くご一緒させていただく。
またまた鳥談義。

結局10時ごろまで居たことになる。(4時間のトンボ撮り)
しかし、今日は暑い!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

ブログ始めました

今日からブログ始めました。

バードカービングの資料用に始めた鳥のデジスコ写真。
いつの間にかデジイチも加えて、地元埼玉を中心に花やチョウ・トンボ・風景なども撮り始め、ふと気付くと5年たってました。
これを機に一念発起「60の手習い?」でブログに初挑戦!
埼玉を中心に「さきたまの自然」を載せていきたいと思います。
慣れない作業で、当初は見づらいかもしれませんが、ご容赦を…
(クリックで大きな写真になります)

今回は「埼玉県の鳥」シラコバト(白子鳩)です。

写真は、昨年の11月に撮影したものですが、県の鳥と知っていたものの写真に収めたのは初めてでした。

もともと江戸時代に鷹狩り用の猟鳥としてインド(?)当たりから移入されたようですが、埼玉県のほか関東の一部に分布してます。
S

「越谷のシラコバト」が有名で、1956年に天然記念物に指定されたようです。
一時は絶滅危惧種にも指定されたようですが、今は徐々に増え、観察できる機会も増えてくるのでしょうか。

S_2

ちなみに…
埼玉県のシンボルは、シラコバトの他に、サクラソウ・ケヤキ・ムサシトミヨ・ミドリシジミだそうです。

S_3

| | コメント (9) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年8月 »